看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆交代制で働く看護師の、勤務終了

交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りというものが必要になります。


患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すことが大事です。


また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うこともとても大事なことです。


看護専門職が職場を移る根拠としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、相手側の心証を悪くしてしまいます。


それがいくら事実であろうと素直に明かす意味もありませんので、建設的にキャリアを積もうとしているということを言えるように準備しておきましょう。


世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。


さらに、大きな会社になると看護師は医務室にもいて健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。


このような時は、社員としてその会社や企業に入社することもありうるでしょう。


少し前までは、看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。


日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。


給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。


少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。


お世辞にも良いとは言えない労働環境で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死に至った看護師もいました。


夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、ますます看護師の需要は高まり、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。

◆高校に進むときに衛生看護科に入学す

高校に進むときに衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早めに国家試験の受験資格を得ることができるので、一番早く看護師の資格を得ることができるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。


ちょっと前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。


看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。


女性と年収に関しては同じですが、産休や育休がないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。


看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときの考えられる良い側面と良くない側面を理解しておきましょう。


まず第一に、術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。


残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。


看護師が転職する際の要領としては、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。


それに、3ヶ月ぐらいは使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。


急いで転職してしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、希望した条件を満たす職場をじっくりと見つけましょう。


ですので、自分の中で条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。


看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。


なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のことも今の状態を把握しやすくなるようです。

◆休みが不規則なイメージのある

休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第でカレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。


何か不測の事態による緊急の出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、それでも、土日はかなり休める印象です。


あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういったところは高い確率で土日祝日は休みをとれるでしょう。


働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。


よく聞くのは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。


平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みをよく聞きます。


他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。


こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。


看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。


看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、熟慮していくのがよいです。


緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、人材募集が増加してくるタイミングまで静観することを推奨します。


特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。


他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。


小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。


ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。


看護師としての勤務は、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。


その結果かどうかは不明ですが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。


なのですが、多忙を極める仕事です。


病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというようなことがあるようです。


給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのがベストな形だと思います。

◆24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。


外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間は必然的にシフト勤務になると思います。


妻が看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。


ですから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって困った事を覚えています。


皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。


実はどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、給与が高くなるといえるでしょう。


あなたがもしも、「いいお給料で看護師をしたい」というのならば職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。


夜勤の有無によってどのくらい稼げるかが変わってきます。


特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であるとイメージされていたようなのですが、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。


イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。


看護師の給料と言えば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。


つまり看護師というのは給料の高い専門職だということです。


医療従事者という意味では、看護師には煙草を吸う人があまり居ないというイメージですが、その印象は間違っておらず、喫煙率は平均より少ないようですね。


医療施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している人が多いと見て取れます。


あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。


それは勤務先を国公立の病院にすることです。


実際、看護師の職業は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から人気なのですが、さらに公務員の待遇が付加することでさらに安定した職業になると言えます。


安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。

◆人間関係について言えば、看護師の世界は最悪

人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いということも、しばしば言われるようですが、どうやら、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。


女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。


日常的にそんな環境に接しているとあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと達観しておくのが良いでしょう。


全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。


けれども国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。


公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。


準看護師の場合だと、看護師より平均年収が70万円ほど低いです。


皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、病院などの医療の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。


なので、今でさえ足りていない看護師ですが、今後もそれが継続すると考えられています。


年々多くの看護師が輩出されているのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。


24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。


外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、経験を積む上でも殆どの人がシフト勤務になるはずです。


個人的な話ですが、妻も看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって苦労した覚えがあります。


どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や交代制による不規則な勤務形態があります。


一般的に看護師の多くが女性なので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。


夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。


転職し、もっと環境の良い職場で働くのもひとつの選択として、覚えておきましょう。