看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆今流行の「街コン」では、たくさんの出会い

今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


女性の多い職場であるため男性との出会いというものが少なくて、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。


街コンの場面でも、看護師は人気があります。


ただし、たとえカップルが成立しても勤務形態が不規則なせいで、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


看護師の人が転職する時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


しかし、大変な思いをして看護師の資格を取得したわけですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。


全然違う職種でも、プラスになるところはいくつも存在します。


一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。


きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。


どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。


それから、患者さんの家族の人たちに笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、看護師になって良かった、と実感します。


生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。


なので、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。


看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。


特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。


そして、病棟勤務とは違って、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。


夜勤もありません。


忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。


どんなスキルが必要になるか、ということもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。


昨今の看護師不足は社会問題に繋がっています。


理由としては、看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。


法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事量が増加し勤務時間も長時間になって、休みを取るのも困難なのです。


また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に看護師の職を離れる人も珍しくないのです。

◆看護師というものは特殊な仕事と認識されることが

看護師というものは特殊な仕事と認識されることが多いですが、そうは言っても、労働組合のようなものがなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


看護師というものはストライキをすることも難しく、雇用する側が、ちゃんと考えてくれることが大事だというのは当然の事実です。


「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。


けれども、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意しなければなりません。


簡単にローンを組めるのは正規の職員として雇用されている看護師については言えることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。


医療従事者という意味では、看護師には愛煙家がそれほど多くないという印象を受けますよね。


実際には印象通り、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。


医療施設で働く職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識的に禁煙している人が多い職業であるということが想像できますね。


高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早めに国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師になるのに最短の道を歩むことができるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは大変です。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが準備期間が足りないために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。


看護師が転職する時のポイントは、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。


それに加え、3ヶ月程を使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。


急いで決めた仕事だと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の条件に合う職場を念入りにチェックしましょう。


このため、自らの条件をクリアにしておきましょう。

◆育児をするために転職しようとする看護師もたくさ

育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、昼間のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いでしょう。


育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もかなりいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を見つけられるといいですね。


看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。


女ばかりの仕事ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。


その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する動機となってしまう人もいます。


辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体調不良になりやすいですので、早く転職することをお勧めします。


一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。


場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、辛いことも多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて高収入を続けやすいことが分かっています。


景気に左右されないのも強みでしょう。


高給が約束された安定した業種としては魅力のある職業だと言えます。


私が看護師になった理由はまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、私は介護施設へ訪問しました。


その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。


大人になったら、こういった職業で働いていきたいというように思い続けてそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。


辛くなってしまうようなことだってあるのですが、看護師になってよかったです。


看護師が転職する際の要領としては、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。


そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。


先走って次の仕事へ行くと、再びやめることになる場合もあるので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。


そのためには、自分の希望をハッキリとさせておきましょう。

◆実は同じ看護師でも格差があるのはご

実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。


たとえば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。


時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのがパート看護師の時給としての相場です。


時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、つくづく安い値段ではないでしょうか。


看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。


あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。


料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。


ですが、近年では看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。


看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、昼間のみの勤務だったり、仕事をする日が多くない仕事だったりが選べると良いですね。


育児の大変なときのみ看護師をやめるという人もかなりいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、資格が活用できる転職先を探してみましょう。


もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。


放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、細心の注意を払ってほしいところです。


同様に、薬にも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、軽く考えない方が良いでしょう。


勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。


ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。


夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。


休日や時間休も取れますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。


特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。


しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が少しずつ増え始めています。

◆貴重な人材である看護師が必要とされて

貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでもまだまだ看護師は足りていません。


こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。


介護方面に興味のある看護師はグループホームへ勤務することも視野に入れてみてください。


仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、これが続くとどうしても多くの看護師はストレスに悩まされます。


つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、精神的なきつさも感じることになります。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。


妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として極力、放射線を浴びないようにすることです。


X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、油断は禁物です。


同様に、薬にも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。


そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。


それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。


看護師にとって当然のようにやめたいと思うことも少なくないでしょう。


重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。


そうはいっても、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと感じることももちろんあります。


時に厳しく、時に優しい諸先輩方。


周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。


産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導をしたり、鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師の募集は一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。


興味のある方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


そういったサイトでは、産業看護師の求人も掲載されることが多いです。