看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面に

看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面について分かっておく必要があります。


まず、手術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、看護師の成長に役立ちます。


考えられる短所はといえば、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、腰を落ち着けて患者の看護を実践するのが難しいことです。


若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は女性が担うものというイメージがありました。


しかし今日では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。


実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。


女性的な優しさも大切ですが、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師に求められる要素だといえるでしょう。


看護師の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は看護師の代表的な仕事ではないでしょうか。


普通、好んで注射をされに行くような人は稀なタイプだと思いますが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないように注射してもらいたいですよね。


とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。


上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。


笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師は人気が高いと思うのですが、意外と未婚の人が多いようですね。


調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が言えますね。


晩婚の理由として多いものは、出会いが無かったり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。


社会に出たばかりの新卒看護師や、他の病院から転職してきた看護師の場合、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。


ただ働きで残業をさせるのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。


就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。

◆看護師というと病院に勤めているイメージがありますが

看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として保育園があることを知っていますか?こうした保育園を職場にするとなると、子どもの世話が好きな方であれば、ぴったりの職場でしょう。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。


病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、それぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。


または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、750万円位だと言われているようです。


看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので借り入れをしようとしている場合にも大体の場合、スムーズに審査を通ります。


ただ、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそうとは言えないことも多いです。


スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと非常勤でなく、正職員として働いているような安定している看護師に限って言えることであり、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。


一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。


個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。


退職時につく手当、退職金はどうかというと、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。


個人病院はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。


決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。


看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。


実際にはどのくらいのレベルになるのでしょうか。


調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%前後となっています。


実際の試験の内容も、今までの授業でしっかりと勉強していれば合格できますので、そこまで取得が難関な資格という訳でもないようです。

◆子育てを優先するために転職をする

子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。


特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、昼間のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが良いでしょう。


子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多くいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、これを行なう病院がかなり増えました。


看護師の個々の能力を、間違いなく測定し、評価をつけられるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。


そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。


こうして定期的にどう評価されているか知ると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。


今日のところ、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。


けれども、看護師国家試験の勉強をして3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。


就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。


昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。


しかし、家の都合によって会社勤めをしていました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、現場で看護助手として働くと同時に資格も取れるそうなのです。


看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。


もはや日本は超高齢化社会です。


病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。


看護師らの労働環境はあまり良くはなく、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死に至った看護師もいました。


たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。

◆看護師免許を取るには、何通りかの道すじが考えられます。

看護師免許を取るには、何通りかの道すじが考えられます。


看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが突然、試験を受けることは認められていません。


試験を受けさせてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうちどれかの学校で、看護について勉強するという条件があります。


看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったシンプルな仕事でもないため、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。


向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。


規模の大きい病院に移って働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。


激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、回復して退院した患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。


それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、最高にやりがいを実感できます。


看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。


そういう訳で、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、退職したいと願ってしまうでしょう。


いま日本においては、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。


とは言っても、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国しなければならないと決まっています。


就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。


ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


いわゆる課長職でも、その年収は企業によって違うように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。


または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、750万円位だと言われているようです。

◆あまりイメージに無いかもしれ

あまりイメージに無いかもしれませんが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、理想的な職場だと思います。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする必要不可欠な仕事なのです。


修学旅行やツアーなどに随行して、イザというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。


結婚していて子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を望んでいるものです。


病院以外を職場とするのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。


看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。


それに、どのような条件を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。


将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に合った転職先の情報を集めるようにしましょう。


年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。


多くの方が看護師を続ける動機として欠かせないものに年収が高いということがあります。


新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。


しかし、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんに返していかなければなりません。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


一般的に、注射が好きな人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないようにしてもらいたいのが人情でしょう。


とは言うものの、看護師の技術によっては注射が得意な人と不得意な人がいますから、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。


たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。