看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆病院は清潔感が大切ですが、そこで

病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。


患者からどう見えているのかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。


病院の雰囲気や方針次第で、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておきましょう。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。


働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。


勤務している今の職場で扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。


看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり勤め先によっても違ってきます。


現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。


2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。


しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。


日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、大変な目にあったりもします。


そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。


全体的に見て、比較的忙しくない病棟とされるところは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。


とはいっても、病院にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。


仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


やはり、女性が多い職場ともなると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。

◆看護職の人が職場を移る際も、面

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。


面接担当官に悪印象だと、看護職員不足であるにもかかわらずご縁がなかったということにもなるのです。


言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。


身だしなみを整えきちんとした格好をして、イキイキと応対するのがポイントです。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の医療機関の場合は、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。


個人病院はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、結局は院長先生の考え次第となるようです。


公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。


意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。


慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。


そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。


どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。


女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。


日常的にそんな環境に接しているといい加減、疲れてしまうかもしれません。


でも、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだとわかっておけば、冷静でいられるでしょう。


一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。


ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。


また、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。


将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、看護師としてのやる気も高まります。

◆産業看護師とは一般企業に勤務する看護師

産業看護師とは一般企業に勤務する看護師をいいます。


看護師といったら病院あるいはクリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあってそこで働いている人もいます。


仕事の中身や役割は勤務会社により多様ですが、従業員の健康を守り管理することは必ずすることだと思います。


一口に看護師と言っても、部署が違えば、看護師として必要になる技術やケアのやり方も違ってきます。


ローテーション研修は、看護師にとってひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。


看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の意欲も上げられると言われています。


看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。


勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。


緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、少々混乱してしまいそうなくらいに忙しい日もあるでしょう。


多くの方が看護師を続ける動機としてとても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。


卒後間もない看護師の場合も、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。


しかし、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。


世間では、看護師は別名「白衣の天使」ということからも世間一般では好意的な印象を与える仕事であると思います。


とは言え、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。


良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。

◆病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者

病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤で働く必要のある仕事です。


夜勤の時間帯については、2交代制か3交代制かでまた違っています。


一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。


就職しようとしている病院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。


医療従事者という意味では、看護師には煙草を吸う人が多くない印象がありますが、その印象は間違っておらず、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。


病院で勤める以上、煙や臭いをつけないよう、自主的に禁煙している人が多い職業であるということが理解できると思います。


すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。


看護師らの労働環境はあまり良くはなく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死してしまった看護師もいたのです。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。


スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。


万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。


ですから、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。


ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。


様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って技術を吸収したいと希望する、チャレンジ精神からきた動機です。


看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。


加えて、働く時間が規則的でないこととか、厳しい労働環境であることなどが影響して結果的に離婚してしまう方も多いようです。


お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。

◆引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際して

引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。


転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接という流れになるのがふつうです。


この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、そういった話の内容のほかに、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。


人間的な良さを相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。


外科勤務の看護師の、プラス面とマイナス面について説明しましょう。


これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、看護師の成長に役立ちます。


残念なことは、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長い間落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。


ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。


面接者の評価が良くなければ、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ落とされることもあるでしょう。


雇用の条件に恵まれているところは志願者数も多く競争率があがりますので、慢心することなく念入りに用意して就職面接当日を迎えましょう。


場にふさわしい端正な装いで、明朗快活に返答するように心がけましょう。


夜勤を含めた交代勤務が必須など多くの仕事がある看護師ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。


受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、その情報を交代する看護師に伝える必要があります。


伝言で済むものもよくありますが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。


昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。


しかし、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。


ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。


思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働く事も出来ますが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。


すると、実際に看護助手の立場で働きながら資格を取ることが出来る事を知りました。


看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。