看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護士になりたい理由は転職の時の理由は前の勤務先

看護士になりたい理由は転職の時の理由は前の勤務先に関するネガティブなことは看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に見合う条件の求人があるとは限らないものです。


看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。


できれば給料が高額で職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思う人が多いはずです。


望み通りのところに転職するには、情報の収集が重要になります。


全国において、看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。


ですが国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。


準看護師の場合であると、看護師より平均年収が70万円ほど低いです。


看護師になるための手段として、皆さんご存知のように、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。


授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。


その一方で、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。


看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。


面接担当者に嫌われると、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。


当然のことながら、待遇が良い勤務先はエントリーの数も増えるため、慢心することなく念入りに用意して面接官の前に立ちましょう。


TPOに配慮した品のある服を選んで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。

◆看護士の求人はいくらでもあり

看護士の求人はいくらでもありますが、希望と一致する条件の求人が存在するとは限りません。


看護師資格を持つ方で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


可能な限り高い給料で職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。


望み通りのところに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。


比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それなりの額を受け取ることができるようになっています。


他方で個人病院の状況を見てみますと、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。


働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。


正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。


では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。


パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。


どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、主に女性が担う一般の職に比べ、相当高めの給料をもらうことできます。


責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。


他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、そうでない人たちより高めになります。


看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


しかしながら、ここ数年の間に徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは物悲しく思えますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。

◆働きながら妊娠したら、看護師と

働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。


X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、注意するに越したことはありません。


それから、薬についてですが調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。


一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。


ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。


病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。


看護師国家試験の受験生の合格率ですが、毎年90%前後のようです。


試験そのものも、学校の授業を理解していればそれほど苦労なく合格できるものですから、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。


子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。


ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も出来ますが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。


この方法で看護師の夢を叶えたいです。


大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。


勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。


いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい立ち働くことになります。


看護師という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、看護婦を雇う側がちゃんと考えてくれることが大事だというのは当然の事実です。

◆どういった医療機関で働いているかで

どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、様々な他職業と比べても、相当高めの給料をもらうことできます。


特殊な、医療現場という場所での労働ですし、多めの残業や夜勤への手当などが間違いなくもらえる、というのも大きいです。


夜勤を通常より多く入れている人ですとか急な残業を断らず行なう等々、そんな看護師なら確実に給料は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。


看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊な体制であり勤め先によっても異なってきます。


仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。


2交代制ですと約3割ですが3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。


でも、2交代制の方が休みが増えるので2交代制を望む看護師も多いです。


勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事を多くの中から選べるのがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。


単発の仕事あり、短期のものもあり、もちろん長期の募集もあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。


ですから、今現在、仕事を探している人は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。


もし転職される場合には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、注意すべきことがあります。


何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。


志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術や知識を学べるといった理由や過去の経験を生かせそうだからというような、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。


二年ほど前から、病院事務として勤務しております。


看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが皆さんいつも忙しそうです。


家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。


ですが、予想よりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時になんと子供を連れてきている看護師さんが少なくないんですよね。


先生方も笑顔で、アットホームな雰囲気でした。

◆高校に入った時点で衛生看護科を選ぶ

高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが一番早いでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが短い準備期間のために勉強したり実習をこなす量が少なくて合格するのが難しいともいえます。


看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の病院にすることです。


もともと、看護師という職業が専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だということで人気なのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればさらに安定した職業になると言えます。


安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は最大のメリットだと言えるでしょう。


すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。


これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。


厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、ますます看護師の需要は高まり、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。


看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。


どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人が足りていないことが大きな原因といえます。


どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。


一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンを組むことを考えている際、往々にして、簡単に審査に通りがちです。


けれども、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意しなければなりません。


ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規職員として勤務している安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。