看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が

看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、看護師の中でも小さな子を持つ場合には大きな不安要素となり得ます。


子供の就学前であれば24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。


そういう理由でパートで働く形に変えていくという看護師も多数存在するようです。


往々にして看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。


例として、二交代制の病院勤務のケースだと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。


労働時間が長いということも看護師という仕事が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。


数年ほど、看護師として働いているのですが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。


禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。


でも、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。


それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。


要資格の専門職である看護師ですが、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。


引っ越し、結婚、出産という類の諸事情による転職も多いですが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。


もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。


育児のために転職する看護師も少なくありません。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが良いですよね。


育児の間のみ看護師をお休みするという人も多いですが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を利用できる別の仕事を探すことを勧めます。

◆ハードワークで知られる看護師ですが

ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも仕事の一つです。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。


看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。


たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、結果として、求人が大変多いわけです。


勤務している今の職場で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。


現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。


最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、異業種に比べると高給です。


その結果かどうかは不明ですが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。


そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。


病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。


収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最高でしょう。


総じて看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。


例として、二交代制の病院勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。


労働時間が長いということも看護師という仕事が大変だと思われる一因だと思います。


病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、着実にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。


ですから当然、医療機関で働く看護師も現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等のメリットも確かにある訳です。

◆看護師になろうと思ったきっかけは中学の時の職場体験で、

看護師になろうと思ったきっかけは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに心を動かされたのが契機となりました。


将来は、こんな風に働きたいと思って看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。


確かにつらいこともあります。


しかし、看護師になってよかったです。


ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。


実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、焦らず比較検討するとよいでしょう。


とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、募集案件が多数紹介される頃まで控えるのがよいでしょう。


世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは増加傾向にあるのです。


それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを行っております。


このような事例の場合は、社員としてその会社に入社することもあるようです。


勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。


どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児と仕事の両立を図りつつ、それを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。


小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。


ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。


少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、実行している病院がほとんどのようです。


病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測ることを目的に、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。


月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年に一度だけということもあります。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、看護師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。

◆少子高齢化が進んでいることも

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、病院などの医療の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。


そういった理由で今でさえ足りていない看護師ですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。


毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、それでも看護師が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一因だといえます。


キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も世の中にはいます。


能力を磨いておくことで、収入アップを目指すこともできます。


職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に適した場所を検討することは必要でしょう。


自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。


二年ほど前から、病院事務として勤務しております。


普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが常にみなさん忙しく働かれています。


特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。


けれど、私の心配とは無縁に、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。


自分の子供と一緒に参加している看護師さんが結構目立つんです。


先生方も喜んで迎えられていて温かい雰囲気でした。


何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。


ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。


覚えておかなければいけない仕事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため酷くストレスを感じていると言えるでしょう。


そのため、うつ病を患う看護師も多いそうです。


責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。


看護士を志望する理由は実際にどのようなことをきっかけにしてこれまでに培った経験を有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。


これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないほうがいいです。

◆給料についてですが、看護師の

給料についてですが、看護師の場合は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。


では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の医療機関の場合は、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。


翻って個人病院の状況ですが、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。


友人は看護師として病院に勤めていたのですが、ある病気の治療のためにいったん退職しました。


しかし、完治させた後は、早速現場に戻って、今も看護師の職についています。


数か月間、仕事から離れていても、資格を持っていたら比較的復帰が楽になりますよね。


普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。


看護師という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。


職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇用する側が、きちんとした配慮を行うことが重要であるということに疑いの余地はありません。


スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。


起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。


なので、実地に経験していくしかない、ということです。


ところで、更なるスキル向上を狙って転職を考え始める人もいるようです。


様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。


看護師の勤めているところといえば、病院という想像が一般的でしょう。


でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は病院以外にも様々あります。


保健所で、保健師の方と協力して地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の務めです。


それと福祉施設には医師常駐のところは少なくほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。