看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめる

主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般企業においては課長の役職相応でしょう。


いわゆる課長職でも、その年収は大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。


または、公立と民間、地域によっても差があって、例えば、公立病院の場合、おおよそ750万円前後だと見られています。


海外で医療に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った看護師の方が増えています。


海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。


当たり前の事ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。


看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。


看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。


看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を示し続けています。


看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格を勝ち取ることのできる試験です。


自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくないです。


看護師としての技量を高めておくことで、収入アップを目指すこともできます。


その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分で自分にピッタリな職場を探してみることは重要です。


内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。


看護師の職は特殊な仕事と認識されることが多いですが、とはいえ、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。


看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドがしっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。

◆看護師という仕事に就いていると、

看護師という仕事に就いていると、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。


それと関係があるのか、着飾った人が多く見受けられます。


そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。


勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているといったケースもよくあるみたいです。


給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。


あまりイメージに無いかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。


保育園に勤めるということで、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。


高校に進むときに進学先が衛生看護科だと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師になるのに最短の道を歩むことができるでしょう。


ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。


また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが準備期間が足りないために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。


病院に初めて看護師が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、100パーセント希望通りにしてくれるケースも多いですが、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。


病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、充分に考えられた配属であることが殆どです。


それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。


看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。


また、病棟勤務と違い、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。


勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者で待合室がいっぱいになり、対応には時間がかかるでしょう。


クレームが入ることもよくあります。


どんなスキルが必要になるか、ということもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

◆看護師の国家試験に受かることよりも、看護

看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。


看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れたり試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年が決まってしまうようです。


厳しい学校を卒業して、国家試験にも受かった人にはできれば、看護師の職についてもらいたいですね。


日本全国の看護師の年収は平均437万円程度です。


けれども国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため年収は平均593万円ほどになるのです。


公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合ですと、看護師より平均年収が70万円ほど低いです。


看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をもらえるサイトが存在します。


転職をしてお金を受け取ることができるのはハッピーですよね。


けれど、お祝い金を受け取るためには条件がほとんどの場合にありますから、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。


それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実のサービスな場合があります。


働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。


病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。


変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。


また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。


新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。


病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、出された答えとしての配属であることが多いようです。


ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。

◆医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務

医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。


日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


そして、病棟勤務とは違って、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。


例外を除いて、夜勤ももちろんありません。


忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。


外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。


働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。


よく聞くのは不規則な休みでしょう。


折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。


あるいは、単純に休みが取れないということも珍しくありません。


規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。


かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。


でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。


なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。


受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校という二つがあります。


大学の特徴を挙げると、最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。


それに対して専門学校は、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、そういった経験を生かして即戦力になれます。


さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。


看護師となるための国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を示し続けています。


看護師の資格のための国家試験は大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできれば合格可能な試験です。

◆病院勤務で看護師として働く場合、

病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。


そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。


そうすることで、それを活用できる場所で働けるようになるはずです。


なので、夜勤を希望したいと言っておけば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。


そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。


看護師の当直が16時間などに及ぶ長い拘束時間となっていて仮眠を勤務時間中にとることができるのです。


国の指針により月に8回までと定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。


勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり過労になりやすいのも離職する看護師が多い理由の一部と思われます。


キャリアアップを志して転職する看護師も存在します。


能力を磨いておくことで、高収入を狙うこともできます。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分がぴったりだと感じるところを探してみることは重要です。


自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。


働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。


病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、土日が休日になるでしょう。


まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。


また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土日は休みでしょう。


少子化や高齢化のために、医療関係者も、まだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。


ですから、今でさえ足りていない看護師ですが、今後もそれが継続すると考えられています。


毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。