看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師の働き先といえば、病院

看護師の働き先といえば、病院という考えが一般の考えでしょう。


しかし、看護師の資格を活用できる職場は病院以外にも多々あります。


保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役目です。


それに福祉施設には医師が常に居るところは少なく医療行為の大半を看護師がやります。


育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが良いでしょう。


子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多いですが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。


常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。


シフトの具合によっては仕方がないとしても、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。


なので、育児中であってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。


子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。


基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。


看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、大半の人は賞与が出てから退職するため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。


ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、焦らず比較検討するとよいでしょう。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで待機すると無駄がないでしょう。


看護師の存在は法律上、医師の診療を補助する役割と定められています。


医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。


ですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験豊富な看護師であれば、部分的に医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。

◆そこそこ昔のことではあるものの、労働環境のあまり良くな

そこそこ昔のことではあるものの、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は広く考えらえていた節があります。


しかしながら、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。


というのも、看護師の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。


つまり看護師というのは高給を得られる仕事であるのは確実です。


どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。


それに、やはり患者さんの家族の方から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。


よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、辞めてしまおうと思って、悩むでしょう。


医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。


明らかな違いといえば、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり適切な薬を出すことが主な業務とされます。


他方、看護師の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。


働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。


一般的に看護師の多くが女性なので、複雑な人間関係がつくられているところもよくあります。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも良いと思います。


今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


職場では女性が多数で、男性との出会いというものが少なくて、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。


街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。


しかし、たとえカップルが成立してもお互いの休みが合わなかったりと上手くいくケースばかりではないのが現実です。

◆看護士の求人はいくらでもありますが

看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人があるとは限らないものです。


看護師の資格を所持している方で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいとほとんどの方が思っています。


希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。


医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によってもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。


日勤と違って夜勤は医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。


今どきの交代制勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。


外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、看護師経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。


妻が看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので困った事を覚えています。


どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつに「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。


何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仲間うちだけに伝わるようにしたものでどこでもよく通用します。


このエッセンという言葉自体には、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。


医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。


看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。


することは多く、責任は重く、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。


それらを承知の上でなお、看護師になろうと選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。

◆一般的に、看護師として勤務する

一般的に、看護師として勤務する人は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。


さらに、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。


お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。


看護師のための転職サイトの中に、祝い金をくれるところがあります。


転職をしてお金を受け取ることができるのは嬉しい気持ちになりますよね。


けれど、お祝い金を受け取るためには条件がないことは少ないので、事前にしっかりと確認しておくようにするのが良いでしょう。


そして、祝い金のないサイトの方がその他のサポートが良いこともあります。


看護師の国家試験に合格することよりも、断然に看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。


看護学校はかなり厳しく、レポートの提出が遅れたりテストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。


それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人はぜひ看護師として現場に出て欲しいですね。


医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は神経を張りつめていることが多く、そうこうしているうちに自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知り、実行しているかということも、この先も長く続けたい場合は重要視した方が良いようです。


検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。


一般的に、注射が好きな人は稀でしょうが、注射されるなら出来るだけ痛くないように打ってもらいたいと思うのが普通です。


ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。


こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

◆資格の面からみると看護師の資格というもの

資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、看護師として勤務していない時間があっても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。


その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人手不足であるということが大きな原因といえます。


どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合により五十代でも復帰できます。


あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。


職場が保育園となると、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。


ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。


仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。


ちなみにエッセンとは何かといいますと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。


医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな時代の名残ですが、とにかく今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。


看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。


第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。


それから、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。


それらを承知の上でなお、看護師になろうと目指そうとする人が大勢いるというのは、短所を帳消しにできるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。


看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、はじめにどのような労働条件を求めているかをリストアップするのがよいでしょう。


ナイトナースはできない、休みの日が減るのは困る、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、望む職場環境は人それぞれです。


今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。