看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、

看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、分かっておく必要があります。


これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師としての技術が学べることです。


残念なことは、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。


看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。


今、働いている仕事場では扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。


そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。


病院に初めて看護師が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人材を管理する人の胸三寸で確定されたりすることもありそうです。


全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、検討された結果であることがほとんどでしょう。


ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。


正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。


卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、専門学校に入学するための予備校に通う人も増えています。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。


看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の看護師は病院で働いています。


もちろん、その他のところでも、看護師の仕事は色々あります。


職場となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。


こうした職場で看護師として活躍する人もじわじわ増えています。


必ずしも病院でなくとも働く場所も多いですから、自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。

◆看護師となるための国家試験は、年に1度

看護師となるための国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。


看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。


准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが絶対条件です。


卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。


ですから専門学校に入学するための予備校があるほど、難関なのです。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校が行っている通信教育課程がありますから、働きながら勉強することが出来ます。


看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。


看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。


ただ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、場数を踏んでいる看護師であれば、それなりの医療行為も認めるべきだと思っています。


看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。


特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。


育児の間のみ看護師をお休みするという人もいますが、お金がないと子育てに困りますので、資格が活用できる転職先を見つけた方がいいでしょう。


看護師に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長や総看護師長がトップにあたります。


どういう人が出世するのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周りの人間の信頼を得るように努力することが必要だと言えます。


もちろん、階級が上がればその分、より多くの給料を受け取れるはずです。

◆学校は看護学校を卒業しました。そ

学校は看護学校を卒業しました。


そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。


辞める時には、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。


けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。


そこではたと困ってしまったことがあります。


情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。


検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。


病気になって気落ちしていると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のある仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。


こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。


看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。


看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。


看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には表に出ていないものも数多くあります。


看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、仕事場のカラーといったこともチェックできます。


こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをしてもらえるケースもみられます。


よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。


なので、辛いと感じることも多いでしょう。


特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。


昼夜にわたる、大変な仕事によってどうしようもなく疲労を溜めてしまい、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い巡らすようなことになるのです。


看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。


たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、負の動機であった場合、それだけで評価を下げることになりかねません。


要因として現にあったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。

◆知人が看護師として働いていた

知人が看護師として働いていたのですが、病気のためにいったん退職しました。


でも、病気を治したら早めに復職して今も看護師の職についています。


空白期間が出来ても、資格があれば早々に復帰できますね。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。


看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。


どうしてこの仕事場がよいのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはそれほどシンプルなものではありません。


高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが労働条件のメリットを出すよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが採用に結びつきやすいと思います。


看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。


過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、不満を転職理由にしてしまったら、相手側の心証を悪くしてしまいます。


実態としてはその通りだったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、ポジティブな印象を与える応募動機を言えるように準備しておきましょう。


業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りというものが必要になります。


入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々についてこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。


申し送りは、素早くスムーズに行うことも求められます。


看護師の資格を手にするには、何通りかのコースが挙げられます。


看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますがいきなりは受験できません。


試験を受けるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必須になっているのです。

◆職場において、仕事のできる看護師を目指すには、

職場において、仕事のできる看護師を目指すには、一にも経験、二にも経験となります。


事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。


そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で働く場所を変えようとするケースもあるようです。


救急や最先端の医療を行なう大きな病院などでさらに能力をアップさせたいと願う、大変に積極的な仕事の選び方です。


多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは社会問題に繋がっています。


代表的な要因として仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。


法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間も長くなりますから、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。


また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。


看護師として、毎日激務をこなしているうちに、つらいこと、大変なこともあります。


楽ができる病棟はどこだろう、と頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。


なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟として知られているのは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。


しかしながら、医療機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、業務のハードさについては差があります。


よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。


そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。


急いで転職してしまうと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の条件に合う職場を念入りにチェックしましょう。


ですので、自分の中で条件をハッキリさせることが重要です。


看護師としての働き方はいろいろあります。


正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。


では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が普通のようです。


これを単純にパートの時給とみると結構良いように思えますが、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。