看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師の働く職場では、人間関係が上手くいって

看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。


というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。


そんな職場の人間関係がわかってくるといい加減、疲れてしまうかもしれません。


でも、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを達観しておくのが良いでしょう。


結婚の時に転職をする看護師もたくさんいます。


パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良いでしょう。


いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をしておくと生活に余裕ができますね。


ストレスが蓄積されていると妊娠しづらくなるので、気を付けるようにしましょう。


看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をもらえるサイトが存在します。


転職をすることで祝い金を出してもらえるなんて得した気分ですよね。


けれど、お祝い金を受け取るためには条件がほとんどの場合にありますから、先にチェックしておくようにするのが良いでしょう。


また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。


皆さん想像がつくと思いますが、看護師は大半が女性なので結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、その結果、離職率が高い割合を示しています。


加えて、勤務する時間が不規則だったり、ハードな仕事内容であることが原因で離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。


自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。


子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。


しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。


転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも考えましたが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。


すると、看護助手として勤務しながら看護師資格を取る方法があることを知りました。


子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

◆看護のスペシャリスト、看護師になろ

看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。


それから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。


ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。


さて、看護師を養成するための機関といいますといくつか種類があるのですけれど、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。


街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、このイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。


街コンの場面でも、看護師は人気があります。


しかし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、仕事が規則的でないということが原因で、結局は別れてしまうケースが多いそうです。


専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


けれど、一生懸命に看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


かなり異なる職種であっても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多くあります。


頑張って得ることのできた資格ですから、使わないのは損になってしまいます。


多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。


看護師の中には女性が多く、人間関係のもめごとが多い職場も少なくないのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。


あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのも選択肢に入れておきましょう。


卒業を控えているのに、看護師の就職先が見つからずに失敗が続くという場合、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。


求人において年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては病院側が独自に何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。


具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。

◆高校に進むときに衛生看護科を選ぶと、国

高校に進むときに衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く看護師の資格を得ることができるでしょう。


ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変えることは難しいです。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが準備期間が足りないために勉強したり実習をこなす量が少なくて合格が難しいという欠点もあるでしょう。


看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてもし容態が急に変わったら大事になりますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも仕事の一つです。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。


病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。


その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に話します。


患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。


業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。


特に90年代の終わり頃でしょうか、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。


イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。


看護師の給料と言えば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。


要するに看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。


高い給料をもらっている看護師でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


一般的なほかの職業とは違って、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。


とは言え、メインで働いている職場の規定で副業を禁止、としていることもあります。


また、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。

◆看護師の勉強をするための学校には大学と専門学校という

看護師の勉強をするための学校には大学と専門学校という二つがあります。


大学の特徴を挙げると、その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。


対する専門学校については、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、そういった経験を生かして即戦力になれます。


また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。


看護師が外科に勤務する時の長所と短所を理解しておきましょう。


まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、看護師としての技術が学べることです。


短所は何かというと、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。


一般的に看護師が転職する要因は、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。


女の人が多くいる仕事ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。


人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする理由という人も存在します。


辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体を悪くしてしまうので、すぐに転職した方が良いでしょう。


24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。


勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、小さな子供がいる人でも大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。


どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。


しかし、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。


補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。


看護師の国家試験に合格することよりも、断然に看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。


看護学校というのはとても厳しいらしく、レポートの提出が遅れてしまったり試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年だそうです。


厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方にはできれば、看護師の職についてもらいたいですね。

◆意外かもしれませんが、今とは別の仕事

意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。


たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、結果として、求人が大変多いわけです。


今いる職場において、そこでの希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。


朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。


当然、休みはきちんともらえますけれど、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人もかなり多い、というのが問題となっています。


出産し、子育てを始めるとなるとどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。


とは言え、近年においては職場に戻ってきたりする人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。


看護師の仕事を選択する、よくいわれる動機の一つに「給料が高い」ということがあります。


働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも高めだといえるでしょう。


しかし、給料を多くもらうということは、自分の腕を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。


修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤をしなくてもいい職場を希望しているものです。


病院以外の場所で働くのであれば、そこで求められる専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、常に神経を使うことになりますし、そうこうしているうちに強いストレスを経験することになります。


ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。


そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を探し出せるかどうかというのは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。