看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆看護師が働く場所に、いろいろな診

看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときの良い部分と、悪い部分について知っておいた方が無難です。


まず第一に、術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師の成長に役立ちます。


短所は何かというと、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期間じっくりと同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。


看護師の勤め先といえば、病院という考えが一般の考えでしょう。


しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は病院以外にも様々あります。


保健所で、保健師の方と協力して地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。


また福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく大抵の医療行為を看護師が行います。


今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。


職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。


妻の話ですが、子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。


看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。


一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。


日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と達観しておくのが良いでしょう。


看護師といったら、昔は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。


でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。


現場で求められる看護師の能力を考えた場合、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。


母性的な優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。

◆働く時間を、自分である程度調整でき、

働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事をかなり自由に選択可能、というのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。


その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあって自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣で働いてみることも一応考えてみながら職を探すのも一つの手です。


たくさんの人と出会える街コンですがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。


職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性と出会う機会が少なく、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。


「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。


ですが、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結果として、破局、ということもままあるようです。


看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。


看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。


とはいえ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、切迫した状態では、経験豊富な看護師であれば、若干の医療的行為は行っていいのではないかと思っています。


「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて借り入れをしようとしている場合にもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。


例外として、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意する必要も出てくるでしょう。


ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規の職員として雇用されている看護師のように、安定している場合なので、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。


産業看護師は働く人の健康のために保健の指導や鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師の求人というのは一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。


興味のある方は看護師転職サイトを活用してください。


そういったサイトでは、産業看護師の求人も数多く載っています。

◆ナースが仕事を変えるときに、

ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが志願の根拠です。


どうしてこの仕事場がよいのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそれほどシンプルなものではありません。


たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか採用条件で選んだと見られるよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、将来性を連想させる志願内容が比較的通過しやすいようです。


看護師の当直が16時間などに及ぶ長い時間の勤務で仮眠を勤務時間中にとることができるのです。


国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。


勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活ができなくなったり疲れが抜けにくかったりするのも看護師が高い割合で離職していく理由のひとつの原因と考えられます。


病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかをクリアーにしておくのが大切です。


夜の勤務は難しい、休みの日が減るのは困る、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。


看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で頑張り続けることはありません。


知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。


ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。


昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、それが今まで細々と生き残ってよく使われ、親しまれている用語です。


あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。


階級が高いものは、各病院の方針によっても異なりますが、普通は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。


階級を上げる方法ですが、その病院での勤務を長くするなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。


もちろん、階級が上がればその分、収入も増えます。

◆看護師として、初めての病院で

看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるケースも多いですが、人員配置を担当する人の考え方一つで決められてしまうこともあるでしょう。


人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、検討された結果であることがほとんどでしょう。


もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。


看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。


看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には載らない場合も少なくありません。


一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、求人元を「気風」という点からも検討できます。


躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。


公務員看護師になるには、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。


看護師は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から希望者が多いのですが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。


手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは何よりも魅力的だと思います。


いわゆる看護師の人のための転職サイトの中で、祝い金をもらえるサイトが存在します。


転職してお金を受け取れるなんて嬉しい気持ちになりますよね。


けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たす必要があることがほとんどですから、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。


また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。


看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子供がいる看護師にしてみればかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。


ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。


そのため、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も相当数いると思われます。

◆看護師としての働き方はいろいろありま

看護師としての働き方はいろいろあります。


正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。


時給がどのくらいなのかというと日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが相場のようです。


パートの仕事の割には結構良いように思えますが、専門職である人命に関わる看護師であり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。


日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。


しかし国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため年収は平均593万円ほどになるのです。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。


準看護師の場合、看護師より平均年収が70万円ほど低いです。


修学旅行やツアーなどに随行して、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。


結婚していて、子供がいたりする人は土日に休めたり、夜勤がないという職場を求めています。


病院ではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。


看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、具体的には1月、6月がオススメです。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、落ち着いて情報収集するのが安心です。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで経過を見守るのが望ましいです。


看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、ブランクがあったとしても心配はいらず、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。


どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、働き手が足りていない現状が大きくかかわっていると言えます。


どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は状況次第で五十代でも復帰できます。