看護師情報



24時間限定リアルタイム

◆収入面において、看護師という仕事は、主に女性

収入面において、看護師という仕事は、主に女性が担う一般の職に比べ、けっこう良い給料をもらうことができます。


特殊な、医療現場という場所での労働ですし、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。


どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。


看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、第一に待遇で何を重視したいのかを明らかにしておきましょう。


夜間に働くのは避けたい、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個人個人で仕事への要望は異なります。


看護職員の価値は市場では高い状態なので、負担になる労働環境で頑張り続けることはありません。


修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。


結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤が求められない職場を望んでいるものです。


病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが重要です。


女性の看護師の場合、派手なお化粧は控えて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。


ノーメイクとも違いますから、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わることは間違いないでしょう。


看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志願の根拠です。


どういう訳でその勤務場を選んだのかを好印象となるように示すのは簡単ではありません。


たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか採用条件で選んだと見られるよりは、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、前向きな理由付けの方が好まれ、合格へ近づきやすくなります。

◆看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専

看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校という二つがあります。


大学の特色は何かというと最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることとより幅広く知識を修得できるということでしょう。


それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。


加えて、学費の面についても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。


ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。


ハードな通常業務だけでなく、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業しなければならなくなることが多いです。


とはいえ、多忙を極めていてくたびれている時でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。


さっきまで愚痴っていた人が突然笑顔になるのです。


考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。


よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。


病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。


いきなり緊急手術が行われたり、人手の少ない夜間に限ってナースコールに何度も応答することになったり等々、少々混乱してしまいそうなくらいに次々と仕事が飛び込んできたりもします。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。


どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、ですから、求人だってもちろん多いです。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。


日本での看護師の年収は平均すると437万円ほどです。


けれども国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため年収は平均して593万円くらいになるのです。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。

◆ナースが仕事を変えよう思うときは、ネット上の

ナースが仕事を変えよう思うときは、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。


ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には記載されていないケースも少なくありません。


看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。


躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。


世間から見ると、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。


場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、辛いことも多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。


また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。


こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師を選ばない理由はないでしょう。


看護師になるための手段として、一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。


授業の内容などはそこまで変わらないのですが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。


それに対して、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習をすることに重きを置いているので実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。


給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤手当があることによって総額が上がっている場合が多いです。


仮にナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであればどこで働くか考える時、日勤のみではなくてハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。


当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によってどのくらい稼げるかが変わってきます。


仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。


何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。


ではこのエッセンというのは何かといえば、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。

◆卒業後、看護師の受験資格を取得できる機

卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。


それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。


最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。


対する専門学校については、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。


また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。


勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。


シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児中であってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。


子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。


なお他業種同様、8時間勤務が基本です。


看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので借り入れをしようとしている場合にも大体の場合、スムーズに審査を通ります。


とは言え、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については必ずしもそうであるとは言えません。


ローンを組むことが容易なのは派遣などではなく、正社員として勤めている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。


貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。


グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の働けるところは十分にあります。


グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。


介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみてはいかがでしょうか。


職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。


看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そのため求人の数はとても多いのです。


例えば今現在、勤め先でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。


そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。

◆ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、今はネット

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、今はネットサービスを役立てるのが大部分となってきました。


看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、支払いは発生しませんし、時間や場所を問わず気軽に転職情報を検討することも可能です。


よいジョブチェンジを実現するには、リサーチが重要ですので、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。


以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近年では男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の活躍する場面は多々あります。


年収については、女性の場合と一緒ですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より多くの経験を積むことが出来ます。


医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実は看護師の資格というものは、看護師以外の職業でも活用できるというのもよくある話です。


例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。


病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、はじめにどのような労働条件を求めているかを言語化できるようにしておきたいものです。


泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、できればお看取りの場は避けたい等、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。


看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。


病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。


日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も行い、看護師の大半はかなりの重労働をこなしているといわれています。


少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、精神的に疲れてしまったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は理解できる話です。