お歳暮で人気のカニ情報



24時間限定リアルタイム

◆ズガニと呼ばれている蟹がいます

ズガニと呼ばれている蟹がいます。


この蟹の正式名称はモクズガニです。


モクズガニという名称ならば分かる人もいるでしょう。


これは河川で漁獲されるカニの一つで、鋏の毛が特色として挙げられます。


甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、それにしては脚の方に着目すると、長いことが特色です。


専ら蟹のお味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。


通販の購入品と偽り、蟹を突然自宅に送りつけてくる。


それがいわゆる蟹通販詐欺と言われる詐欺の手口です。


よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、支払ってしまうので詐欺師の思う壺です。


詐欺といえば詐欺なのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、何より実際に蟹はあるのだから、まあいいかと被害を訴えないケースが多くなっています。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。


モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、何と、かの有名な上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。


ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。


多くは、成体で170から180グラムになると考えてください。


ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。


食用がにとしては、昔から日本各地でいろいろな料理にされています。


おいしいかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。


産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、食べきれる量しか買わないのが普通です。


けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、あり得ないほどの量を買ってしまって、近所中に分けても、まだ余るほどの量だったということは失敗談として耳にします。


食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。


皆さんの中には、テレビで蟹通販の宣伝をしているのを見て一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。


ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。


まずはネットでテレビ通販よりも安価で新鮮な蟹を売っていないかどうか、調べてからでも遅くはないですよね。


WEB上の方がテレビ通販よりずっと多くの業者が競合しており、安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。


ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方は業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、より安心して蟹を味わうことができるでしょうね。

◆これからの季節が美味しい蟹。さて、蟹にも種類や呼び方が

これからの季節が美味しい蟹。


さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。


それぞれに味が違い、個人によって好みもバラバラだといえますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことが必要だといえます。


蟹の中でも特に多くの人から人気があるものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。


どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にするのが蟹通販で美味しい蟹を味わうための基本といえます。


かにの通販と聞いて楽天を連想する人は少ないかもしれませんが、実はかにだって楽天が手っ取り早く、かつ安心な方法ですね。


これまでもいろいろな買い物をしていますが、失敗したこともありません。


よほど事情に詳しい人でもないとかにの通販会社の良し悪しなどわかりませんよね。


下手をすると詐欺集団の餌食になり、粗悪なかにを掴まされたりといったひどい目にあう危険も上がります。


掘り出し物を見つけたつもりが、まんまと罠に飛び込むようなことになりかねません。


楽天の中ならどのお店も大丈夫と思えるので、詐欺を警戒してびくびくすることなどなく、ゆったり品物を選べていいですね。


口コミやレビューが多く、評価も高いとか代引き決済が使えないと不便な場合も多いものです。


その対応をしてくれるお店だと何を買うにしても、安心できると思います。


ただ、衝動買いには気をつけるようにしましょう。


かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、そこで通販を紹介していました。


量も味もとても魅力的だし、送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。


初めて生鮮食品をお取り寄せで買ったため、テレビで見た品と違っていたらどうしようと思っていましたが、実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。


味もテレビの紹介の通り、すばらしいお年賀でした。


もちろん、今年も購入したいと思います。


通販のかには、安ければいいというわけではありません。


検品や試食ができるわけではないので、全て写真の通り、身が詰まった新鮮なものと思い込むのは間違いです。


この業者から買って大丈夫かどうかが激安通販を利用する際の最重要課題です。


初めてのかに通販ならば色々な手段でお店を探すと思いますが、お店の口コミを調べたり、比較サイトを利用したりして買う前にしっかり調べましょう。


モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、意外にも、高級食材の上海ガニとは同じ仲間なのです。


背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。


上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。


重量は全体で170〜180グラムが一般的として出回っています。


そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。


出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地でいろいろな料理にされています。

◆私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味

私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないようです。


他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見れば大変便利でいいものでしょう。


ですが、そうそう上手い話ばかりがあるものではありません。


リーズナブルだという度合いを超えて安価すぎるなら、通販のていを装った詐欺だったりすることも可能性として考慮しておかなければなりません。


トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で購入を検討するべきです。


さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。


買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。


それが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。


代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、まんまと支払わされてしまうのですね。


詐欺といえば詐欺なのですが、警察沙汰にするような大きな金額でもないし、現実、蟹は届いているのですから、警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。


通販を名乗る荷物が突然届いた場合は、まずは詐欺ではないかと疑ってみるのがいいでしょう。


蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。


他にも大阪湾や伊勢湾、有明海の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。


食用の蟹の中では特に大型であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、日本各地で食用として重んじられてきました。


渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりする方が多いようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。


蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、多くの方が真っ先に連想するのは北海道で間違いありません。


北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。


品種によって多少の差はあれど、トータルで言うならダントツで北海道が一番でしょう。


しかし、実際に北海道に行ってみると、海外から輸入した蟹を北海道内でも売っていることも少なくないようです。


日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだというイメージや実体験をお持ちですよね。


でも、中には例外もあります。


食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。


普通のお店ではなく、蟹専門店や、北海道や山陰など名産地での食べ放題コースでは、プロも認めた高品質の蟹に舌鼓を打つことができます。


でも、そうは言っても、やはり本当に極上の蟹をお求めの方は食べ放題よりも、ちゃんとしたブランドの蟹を購入するのが結局は無難な選択でしょうね。

◆ズガニという蟹を知っていますか。この蟹

ズガニという蟹を知っていますか。


この蟹の正式名称はモクズガニです。


モクズガニという名称ならば多数の人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。


モクズガニ漁は河川で行われ、とりわけ鋏に生えている毛が特徴的です。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、それを鑑みると、脚の方に着目すると、長いことが特色です。


主としてお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。


おいしいかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、予想よりも大量のかにが届いてしまったという話を聞きます。


産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、いざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、自宅で保管できない量を買うことはまずないでしょう。


残念ながら、通販では重さと大きさを実感できないので、宣伝にのせられて買ってしまい、冷蔵庫や冷凍庫に入りきれなかったという話は通販の中でも、かにではありがちです。


注文前に大きさや頭数をよく確認してください。


タラバガニの場合、どんな個体を選べばよいでしょうか。


とにかく、雄を選ぶのがおすすめです。


雌は産卵に備え、栄養分を卵に送っています。


タラバガニを食べる目的とも言える脚のおいしさを考えると雄を選ぶべきですよね。


それから、甲羅中央部にある突起の数を数えましょう。


タラバガニの特長として、突起が6つあるはずで、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。


よく似ていますが異種のかにです。


多くのブランド蟹が知られていますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。


繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。


一度その味わいを知ってしまうと、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。


ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。


脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。


ブランド蟹を注文して届いたら、念のため、タグを確認することをお勧めします。


蟹通販にも色々な商品があります。


中でもお勧めなのが、ポーションタイプの商品です。


これは、殻の剥かれた蟹の脚を詰め合わせたセットです。


「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。


どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では活蟹よりもあえてポーションの蟹を選び、蟹鍋をするのが私のイチオシです!それと、蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、せっかくですから訳あり蟹を買ってみましょう。


普通よりずっと安く蟹を味わえます。


是非試してみてください。

◆年末、テレビ番組でかにの産地直

年末、テレビ番組でかにの産地直販を取り上げていて、そこで通販を紹介していました。


みんなで「おいしそう」といったくらい、身の詰まったかにがたくさん入っていたので、ちょっと不安もありましたが、送料無料が決め手になり注文しました。


今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。


食べてみると濃い味で、嬉しいお正月になりました。


今でも家族でかにの話をします。


今年も買いたいです。


今までにかに通販を利用した方、同じブランドのかにであっても、ボイルしてあるものか、それとも活かににするかフリーズした方も多いのは仕方ないことです。


通販のかにの加工法を選ぶ余地があるならボイルではなく、活かににしてください。


どこの通販で見ても、活かにが新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。


通信販売で蟹を購入した経験をお持ちであるとか、知人が買っていたとかいう方もいるでしょう。


しかし、生鮮食品を通販で取り寄せるというスタイルに関しては、なんだか半信半疑な人もいるかもしれません。


少しばかり昔なら、通販は店頭販売より一段劣るものといわれ、通販で良い蟹が買えるという話はそう簡単には信じられませんでした。


しかし、現在では昔はなかなか買えなかった、産地直送の新鮮な蟹を通販で買うことができるケースも珍しくありません。


かにといえば脚肉、の方も多いですが、通の味は、何といっても味噌でしょう。


味噌のおいしさを堪能したいなら、もっぱら毛蟹に尽きるようです。


味噌は独特の香ばしさで、冬の楽しみにしている方が多いでしょう。


もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ワタリガニを勧める方もいます。


小さめサイズのものが多いですが、しっかりした味の味噌ですよ。


通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。


最近人気の種類としてよく名前が聞かれるのが、花咲蟹です。


茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、根室、釧路といった北海道の東の方でしか獲れない蟹ですが、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。


花咲蟹の肉は太いですが、ジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であるとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。