お歳暮で人気のカニ情報



24時間限定リアルタイム

◆かにの産地はどこか、挙げてみ

かにの産地はどこか、挙げてみてください。


北海道で決まりでしょう。


まあ、当然といえば当然でしょう。


毛蟹の産地に限っていえば全て北海道なのです。


それ以外のかにの産地はどこでしょうか。


北海道の他にも、おいしいかにがとれるところも覚えて欲しいものです。


一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取が有名な産地となっています。


蟹通販は便利だとよく言われますが、その最大のメリットとしてよく言われるのは、どこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹をクリック一つで買えてしまう部分だといえます。


一般店舗の場合、流通ルートを経て店頭に並ぶので、なかなか「産地直送」とはいかず、どうしても鮮度の面では劣ってしまいます。


こういう理由がありますから、美味しい蟹をお求めの方はどんなお店で買うより、通販で直接頼むのが最も賢い方法なのです。


ご馳走の代表格である蟹。


蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。


味や風味の好みは、人によってバラバラだといえますから、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことも肝要であると言えるでしょう。


中でも売れ筋の蟹といえば、タラバガニ、ズワイガニなどです。


この二つは私もお勧めです。


どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にすることが何より大事です。


松葉ガニのメスをセコガニといいます。


松葉ガニと比べてみれば、おおむね小さいカニがほとんどですが卵を抱えたかにで味も濃厚と言われており、松葉ガニよりも、通好みでファンが熱く語っています。


このかには、11月から1月までしか水揚げされないので、幻のかにといわれる所以です。


かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。


かにを買うときには、詰めを甘くしてはいけません。


何が大事かというと、おいしそうなかにが揃っているなら特に、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。


贈答用のかには特にお店の人との関係を大事にしてください。

◆かにの食べ放題は、結構よく見かけます。その味は

かにの食べ放題は、結構よく見かけます。


その味はどうかというと本当にたくさんの噂を聞きます。


地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、数は多くありませんが、専門店の食べ放題は安っぽいかにではないようです。


これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店より残念な味だとよくいわれます。


さすが専門店、という店はいくつもあり、おいしいかにをたくさん食べたい方は一度行ってみてください。


かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、おすすめは「焼きがに」ですね。


かにの醍醐味を十分楽しめますよ。


焼きがにでは解凍が重要です。


乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。


ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。


便利で知られる蟹通販ですが、ネックがあるとすれば、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。


蟹通販を利用したことがなければ、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。


しかし、実際の場合、通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。


考えてみてください。


蟹通販は漁港から直送で蟹を送ってくるので、一般的なお店で売られている蟹よりもむしろずっと鮮度の高い蟹が届くわけです。


ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、最も有名で人気があるのはズワイガニでしょう。


繊細な風味もいいですし、何より蟹本来の旨味、甘みが詰まっています。


このズワイガニの魅力を知った人は、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。


ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。


タグがしっかりしていれば、味や品質はお墨付きということです。


蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。


かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。


これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。


食用の蟹の中では特に大型であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが基本的な楽しみ方です。


また、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。

◆かに通販の盲点を知っていますか。たとえ

かに通販の盲点を知っていますか。


たとえば、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。


直接お店に行って買う場合は、実際の数がはっきりわかるので、自宅で保管できない量を買うことはまずないでしょう。


通販だと、量やかさ、箱の大きさを実感できないまま、ついつい気前よく注文してしまい、全部食べきるまで大変だったという話を噂で時々聞きますので、どうか同じ失敗は繰り返さないでくださいね。


産地直送の美味しい蟹をお取り寄せできる蟹通販。


商品のタイプにも色々ありますが、私のイチオシは丸ごと買いです。


脚だけや訳ありなど、通販では店頭であまり見かけない商品が安価に買えることで有名ですが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでもリーズナブルにお求めできるものが実は多いのです。


せっかくの旬の蟹ですから、その旨みを味わい尽くすには、丸ごとのまま茹でるのが最良なのです。


茹で蟹なら、蟹の旨みが凝縮されるので、蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。


蟹通販で蟹を取り寄せるなら、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかとお悩みの方もあると思います。


どのタイプの商品がいいかは、蟹をどう食べたいかによるとしか言いようがありません。


たとえば、蟹鍋であれば、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。


また、蟹しゃぶで味わいたい方は、活蟹が一番いいでしょうし、鮮度が気になるなら生冷凍がいいでしょう。


蟹の味わい方によって適した商品も変わってくるので、それを意識すれば、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。


かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。


かに通販といえば、ちょっと前までは新鮮な品はないというイメージが先行していました。


今の通販で買ったかにを見てください。


流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。


様々な理由から、どの店舗でも常に期待通りのおいしいかにを買えるとは言えませんから、信頼できるところから買うことが必要です。


たくさんの方とお話ししていて、味が最高なのはどのかにかという話題になりますが、ズワイガニをおすすめして、はずしたことはありません。


ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。


地域の特産品になっており、皆さんご存じの松葉ガニや越前ガニなど、ご当地ブランドのズワイガニならば味の保証ができます。


他の産地より高いのには目をつぶっていただき、ブランドズワイガニは味噌まで味の保証付きです。

◆かにがたくさん獲れる地域を探すと、北陸

かにがたくさん獲れる地域を探すと、北陸地方が目立ちます。


かにだけでなく、温泉にも入りたければ、石川県の粟津温泉はその代表です。


かにをふんだんに使った料理を食べるためにかにのシーズンには、全国から多くの客がこの温泉を訪れます。


このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。


旬のかにと温泉を堪能したい方は間違いなく嬉しい体験ができるでしょう。


通販のかにを買う時、自宅で食べる分には大変お買い得な訳あり品の詰め合わせですが、美味しければ訳なんてどうでもいい人もいるかもしれませんが、大抵は訳ありは不良品とも言えるかも知れず、分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。


何を訳と考えるかについては、お店、担当者によってまちまちではありますが、大抵、大きすぎたり、味は十分美味しくてもちょっと小さいとそれだけではじかれるのです。


人間と同じで、「みんな違ってみんないい」はずなのにそうではなく、他とのつりあいで外れるかにもあります。


気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。


正規品ってこうも厳格に選び抜かれていたんだと感動すると共に、贈り物にするんでもない限り気にする方がおかしいくらいです。


友達にも教えてあげようと思います。


買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。


それが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。


よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、多くの人はその場でお金を払ってしまうと聞きます。


きっぱり断ってもいいのですが、そこまで高い金額でもないし、何より実際に蟹はあるのだから、まあいいかと警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。


蟹通販をお得に利用したいとお考えの皆様へ。


蟹通販で気にすべき点は、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、加えて、忘れてはならないのが送料です。


送料は入念に確認しておくべきです。


蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。


送料は掛かるのか、掛かるならいくらなのか、必ず確認しましょう。


なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。


しかし、一般的には送料無料であっても、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。


蟹を食材として使う場合、「蟹がどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。


その注意点のうち特に大切なことと言えば、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。


多数の人々が解凍を早めたいと、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。


もしそのようにしてしまうと、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、じっくり、冷蔵庫内で解凍させてください。

◆中華料理、いろんなメニューがありますよね。

中華料理、いろんなメニューがありますよね。


そんな中、上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。


元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で獲れる淡水蟹の中でも、揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、オフシーズンなく味わえはするのですが、10月ごろ、メスはお腹の中に多くの卵を抱え込みます。


この時期と、オスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、極上の味として貴重な一品です。


ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。


塩分は濃くしないことを心がけて、塩味がついたな、くらいがベストです。


立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて全てお湯に浸るように注意しましょう。


そして、茹でる前に全体の汚れを落とすとみんなが気持ちよく食べられます。


かには高価で滅多に手の届かないもの。


そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。


そんなお店があったらいいですよね。


食べたい時に食べたいだけ注文するにはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。


かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、デパートやスーパーマーケットの商品だって産地から新鮮なうちに送られてくるのでしょうが、それよりも通販の新鮮で安心な高品質のかにが送られてくるからです。


生鮮食品にとって新鮮であることは何物にも変えがたいものですよね。


また、それほどの品質を保ちながら、どこよりも安い価格設定が多いと言うのですからますますびっくりですね。


オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。


通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。


最近人気の種類として花咲蟹があります。


皆さんはご存知でしょうか。


タラバガニの仲間に分類される花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味の系統としては高級感があり、通に愛される蟹だといえます。


花咲蟹には独特の甘い香味があるほか、その身には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。


ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えると言われます。


幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。


ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。


意外にも、高級食材の上海ガニとは同じ仲間なのです。


ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。


全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準として出回っています。


なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。


食用がにとしては、昔から日本各地で広く知られています。