せきららにっき




あなたが目の前にいて
抱きしめることが出来るのなら
もうこれ以上の幸せはないの
たとえあったとしても
それはまたきっと気付けば
あなたに関することなのでしょう