金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆近年、金の買取ショップが増え、買取

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に次第に上がってきているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、原則としては、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会にずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、試しにネットで検索してみたのです。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。

◆高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちら

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかは知っていますか?基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、昔からその代表といえば金です。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金が投資対象として魅力的である一因です。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、売却を検討しているなら、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認した上で決断するのが得策でしょう。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を設定しているのが普通です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


最近、身内が亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、本当に大丈夫か心配だったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、素人の私にも優しい印象でした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。

◆もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている人は、買

もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


でも、それぞれのお店で価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取総額はかなり変わってきますから、事前の情報収集は欠かせません。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


電話の人が説明してくれたところによると、貴金属製品でずっと身に付けていない品があったら高い値段で買い取ってくれるそうです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物に値段をつけてもらえます。


一般に、金買取という言葉からは、投資目的の地金が一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯だって値段をつけてもらえるのです。


金の価値が上がっている昨今、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を看板に掲げています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるケースが増えてきています。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


金買取の利用を検討している場合は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、実際幾らくらいの金額での買取が見込めるのかという見積を事前に立てられることです。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。

◆金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつ

金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人が私の周りにも多くいます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるケースが普通です。


相場の確認を欠かさず、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないことになります。


とはいえ、例外的に、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人のための形態と考えてもいいかもしれません。


金買取がブームですね。


古いネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。

◆リーマンショックやギリシャの経済危機の

リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、買取価格が最も気になるところです。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことで、得できる可能性は高まります。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。