金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆贅沢品の代名詞である金。しかし、実は我々の日常生活の中

贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた金が案外多いものです。


その代表的なものが金歯です。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


タナボタ感覚でのお小遣いにありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害が最近増えているようです。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


後から売却をキャンセルされまいと、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら実質的には税金は課されないということです。


この前、身内が他界して、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、素人の私にも優しい印象でした。


肝心の金額も予想以上のもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

◆タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の装飾品

タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取サービスを利用して現金化するのを検討してもいいと思います。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


少し前に、祖母の逝去に伴って、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取額も十分納得できるもので、思い切って利用してみてよかったです。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどというケースが割と多いようです。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。


18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、20歳未満は古物売買の利用はできないところがほとんどです。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

◆金の価格高騰に伴い、友人が金を売却して

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


よほど大量の取引をしていない限り、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、しっかり利益を計上し、納税しています。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


その業者によれば、貴金属製品でもう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。


せっかくの金買取。


気を付けなければならないのは、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


なるべく高価の買取になるように、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるケースが普通です。


相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、よく見聞きするのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも不安にならなくて済むと思います。

◆少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかか

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、続きを聞いてみたくなりました。


いわく、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば高値で買取してくれるというのです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


調べた結果、御徒町のあたりに、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その内の一店舗を利用することにしました。


店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと色々な種類があるのです。


金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人から好評を得ています。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。

◆不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、その日その日の相場を把握した上で、売却の時期を決定するのです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まることがほとんどです。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


金の価値が上がっている昨今、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を取り扱うようになりました。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるところが多くなってきました。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、専門店と並んで有力な候補になります。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


昔から資産家の間でよく使われているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


まず調べておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


自分も金による資産保全が気になるという方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。