金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金といえば純金を思い浮かべる人

金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。


金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。


近頃は、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、慌てて売るのはよくありません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、考えなしに店を決めようものなら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。


しかし、安心してください。


訪問購入については法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選ぶ必要があります。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも重要でしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、十分気を付けてください。

◆皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。

皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。


まず最初に大切なのは売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


また、何より大事なこととして、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


信用できる情報源は利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


多くの人から好評を得ている店舗を見極めて利用してください。


金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


でも、買取額は一概には言えません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、毎日の金相場をネットなどで確認して、価値が上がるタイミングを見計らうことを意識しましょう。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


買取に行ってそういうことになったら、運が悪かったと思って諦めることです。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドだという証です。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、勿論、金買取の対象になります。

◆久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私

久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、店も明るい感じで緊張しませんでした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、実際幾らくらいの金額で売却できるかという見積を事前に立てられることです。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか判るようになっておけば怖いものなしですね。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、金製品というのが割と色々な形であるのです。


例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。


意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


意外な形での臨時収入も夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは買取店に持ち込んでみるのも一興です。


金の買取は、古物の取引になるので、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も必ず身分証の提示が必要です。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、免許証などをコピーして同封することによって店はお客さんの身分確認を行います。


普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て何重もの税金を支払っていることでしょう。


一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのもいいでしょう。

◆金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金

金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


18Kは1000分の750という純度です。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうケースが最も多いようです。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、その場で現金を受け取れますから、郵送買取などと違って安心できます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれる店舗も多いですので、満足いくような価格で買取してもらうことが可能なのです。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


それは24金、すなわち純金の話です。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、大体3500円ほどになります。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、昔からその代表といえば金です。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


全世界で普遍的な価値を有していることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、実際に買取に持ち込むなら、事前にその時の相場をチェックしてから売るのがいいと思います。


不要な貴金属をどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、利用する店舗や業者により、最終的な買取価格はピンキリだということなのです。


なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。

◆18歳に達していない青少年は、古

18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかという一点に尽きると思います。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうというのが原則です。


とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握することも必須であるといえます。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金やプラチナなどの貴金属製品を買取に出す際は、考えておかねばならない点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額は全く異なるという点です。


WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びをじっくり検討してください。