金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、

自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、不安要素はありません。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っている場合が多いため、満足いくような価格で買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、本物の金でないことはすぐにわかります。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく検討した上で利用する必要があります。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


リーマンショック以降、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、流行に乗るようにして、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

◆金の価値が上がっている現在では、実に多くのお店

金の価値が上がっている現在では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、昔より利用を検討しやすくなりました。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、考えなしに店を決めようものなら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


お手持ちの金製品を買取に出す際、押さえておくポイントとしては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、その日その日の相場を把握した上で、いつ買取に出すかを決めましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。


相場の確認を欠かさず、最も高い時期に手放しましょう。


金買取を利用するにあたっては、どこのお店に持ち込めばいいのか迷うというのはよく聞く話です。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。


お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。


口コミでの人気が高ければ、それだけ買取に満足だったケースが多いということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。


金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


数万円程度の買取額を得た程度なら、金の買取で課税されることなどないでしょう。


もちろん、買取業者の方では、動いているお金が個人とは段違いですので、しっかり利益を計上し、何重もの税金を支払っていることでしょう。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、どうにも不安な方は、事前に調べておくというのも一つの手だと思います。

◆これまで金の買取を利用したことがない場合

これまで金の買取を利用したことがない場合、良い買取店を見極める方法で迷うというのはよく聞く話です。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのは誰だって考えることですよね。


では、どんな基準で選べばいいのか。


ポイントは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


口コミでの人気が高ければ、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているのが容易に見て取れます。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


それは24金、すなわち純金の話です。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金は、重さで言えば大体570グラムといったところでしょうか。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


広告に出ている買取額以上に、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は買取を依頼するべきではありません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取となればそれより若干安くはなるものの、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。


長年身に付けていない貴金属があれば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


でも、それぞれのお店で価格は変わるので、ネットで事前に情報を調べて高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、店の選択には注意しましょう。

◆世界的な不況で金の市場価値が上が

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、その需要に応じて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。


しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


なので、手元の金を少しでも高い値段で売りたいと思う方は、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取金額の連絡が来たら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならネットで24時間いつでも申し込めるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人が主に利用しているようです。

◆金の買取を利用する際には、いくらで

金の買取を利用する際には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


ですから、納得いく金額で売却することを望むなら、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが重要だといえます。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金の買取を業者に依頼するにあたって留意すべき点は、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、いつ買取に出すかを決めましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるのが一般的といえます。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


もう要らなくなった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、複数のお店の情報を比較検討して高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、思い立ってすぐさま買取店に走るのは考えものです。


皆さんが思っている以上に、景気の変化などにより、貴金属は価値に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、金の相場変動に敏感になり、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。