金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆リーマンショックやギリシャの経済危機の影響

リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない貴金属のネックレスや指輪などを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そこで役立つのが金買取ショップです。


ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か色々と見て比べてみるといいでしょう。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


貴金属を持て余している方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で換金することができますね。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


いきなり家にやってきたかと思うと、強引に金の売却を迫ってくるものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、買取価格も異様に安かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


銀行預金や投資信託などと併せて、よく見聞きするのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


しかし気になる点もあります。


それは、実際にその金をどこで購入するかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。

◆これまで金の買取を利用したことが

これまで金の買取を利用したことがない場合、どこのお店に持ち込めばいいのか頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのは利用客としては当たり前の話です。


初めての方が注目するべきは、口コミやレビューなどでの評価です。


ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会にタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


とはいえ、初めてのことで、どこに売ったものか迷い、ひとまずネットで情報を集めてみました。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その内の一店舗を利用することにしました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


ネットで個人情報などを登録すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、査定してほしい品物を入れて送り返します。


しばらくして、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。

◆ここのところ金買取のCMをテレビで

ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


とはいえ、初めてのことで、買取してもらうお店をすぐには決められず、WEB上で情報収集することにしました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強引に金製品の売却を迫る場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


昔から資産家の間でよく使われているのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


まず調べておきたいのは、金をどこで買うかということですね。


自分も金による資産保全が気になるという方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも失敗しないでしょう。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


先日、祖母が鬼籍に入り、金の指輪を遺産として相続しましたが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


買取額も十分納得できるもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。

◆手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるな

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。


誠実なお店ならよいのですが、一部ではこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


こうした被害に遭ってしまった時には次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


18歳に達していない青少年は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるということになります。


また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


買取店であれば、売買で動くお金も莫大ですから、その利益に応じて何重もの税金を支払っていることでしょう。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのもいいでしょう。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、不安にならなくて済むと思います。

◆一口に投資といっても対象は色々あ

一口に投資といっても対象は色々あります。


金に代表される貴金属はその典型です。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、手放す際には、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認することをオススメします。


お手持ちの金製品を買取に出す際、必ず気にしなければならない点としては、相場について正しい情報を持っておくことです。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが原則です。


相場変動を逆手にとって、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


要らなくなった金のアクセサリー等を専門店で買取してもらうにも、事前に留意すべき点があるのです。


金の価値は相場でも変わる上、利用する店舗や業者により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はそれぞれ異なっていることです。


ですから、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかは知っていますか?基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。