金の買取情報



◆この中には初めて金買取を利用する方も

この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


そして最も基本の部分としては、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


信用できる情報源は実際に買取をしてもらった人の体験談です。


ネット上で簡単に見ることができます。


レビューで高得点を得ている業者を見極めて利用してください。


この前、身内が他界して、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、終始良い雰囲気でした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金と解釈してください。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。


ここ数年、金の市場価値が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、例外も多いですが、基本的には税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。

◆金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意して

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく検討した上で利用する必要があります。


少しでも怪しげな点がある店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


金の買取が今流行りですね。


近年では、色々な店舗で貴金属の買取サービスを看板に掲げています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うお店が最近は多いようです。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は売却できないのが通例です。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。


ここ十年くらい、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


街頭だけではなく、ネットにおいても、気になって検索してみたら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

◆高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣わ

高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、強固なセキュリティが必要になるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


それでも、どうしても不安なら、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも一つの手でしょう。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、一般的に利用されているのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、街の買取ショップより人気の場合もあります。


金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、その店が本当に信用できるのかどうかをよく調べてから利用しましょう。


少しでも怪しげな点がある店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスの売却を望む方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。


もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。


元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、手元の金を売ろうとする前に、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認した上で決断するのが得策でしょう。

◆日常の生活の範囲内にも、貴金

日常の生活の範囲内にも、貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。


意外な形での臨時収入にありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で換金することができますね。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなど、数字が24以下になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどのバリエーションがあります。


金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。

◆ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親の同伴か、同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形式が普通ですね。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれる店舗も多いですので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


金製品をどこよりも高く買い取れるなどと言うからお店に行ってみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で金を手放してしまったという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


最近増えてきた買取ショップの中には、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。