金の買取情報



◆金を買取に出そうと考えたとき、候補に

金を買取に出そうと考えたとき、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、本当に自分が受け取れる額は低くなることになります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


せっかくの金買取。


気を付けなければならないのは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、買取のタイミングを決めるべきです。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるというケースが多くなっています。


上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


こうした訪問購入のケースに対しては、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せるのを覚えておき、いざという時に備えてください。

◆数万円程度の買取額を得た程度なら、貴金属

数万円程度の買取額を得た程度なら、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


買取店であれば、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、事業所得として金額を申告し、課税されているはずです。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるというのも一つの手だと思います。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなど、数字が24以下になります。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと変化します。


手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


金買取を利用してみたいと思っても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、査定してほしい品物を入れて送り返します。


何日かすると、買取価格がメールなどで知らされるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。

◆昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その

昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


定番といえば、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


そういうお店で買った金なら、売却時にも贋物の心配などと無縁で済みます。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかはあまり知られていないのではないでしょうか。


プラチナの方が原則的には高価です。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、あまりの希少性の高さが、その価値を形作っているというわけですね。


金を買取に出す上で、まず大事なのはどのお店に買取をお願いするかということです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


信用できる情報源は利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


レビューで高得点を得ている業者を選択するようにしましょう。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておいてください。

◆日本経済にも大幅な景気後退をも

日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、徐々にですが、金の市場買取価格が上がってきています。


加えて、ここ最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も市場での金の価格が上がる切っ掛けの一つになったとみられています。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段になるのかという一点に尽きると思います。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものか注意深く判断してください。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


まず調べておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。


新たに金の購入を始められるなら、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も失敗しないでしょう。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、勿論、金買取の対象になります。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


全世界で普遍的な価値を有していることも、金の値崩れが少ない理由なのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、実際に買取に持ち込むなら、事前にその時の相場をチェックする必要があるでしょうね。

◆金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。


普段意識しないことですが、我々の周囲には金製品というのが結構たくさんあったりします。


その代表的なものが金歯です。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


タナボタ感覚でのお小遣いにありつける可能性が高いですから、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


いくらかでも現金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、店に行く時間がなかなか取れない人から好評を得ています。


金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。