金の買取情報



◆もう身に着けなくなり、自宅で眠ってい

もう身に着けなくなり、自宅で眠っているプラチナや金製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。


そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することをオススメします。


貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方も多くいるのではないでしょうか。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートならば信用もあるということで、街の買取ショップより人気の場合もあります。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。


もちろん、この純度が何%であるかによって市場価値は変わってくるということです。

◆お手元の金製品を買い取っても

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、相場を小刻みに確認しておき、売却の時期を決定するのです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが原則です。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。


金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


できる限り高額で手放すためには、念入りに業者を探さなければなりません。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。

◆昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいと

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。


つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、初めてなので不安も大きかったですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、店も明るい感じで緊張しませんでした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。


たくさんの商品を売る場合は特に、店の違いによって金額も大違いになりますから、店の選択には注意しましょう。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


純金でなければ当然それより安い額になります。


一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

◆金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャ

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


最近メジャーになっているのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも、やはり本人確認は必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で手放したいなら、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことを意識しましょう。

◆少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の

少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


少し前の話ですが、金買取のお店を利用したことがあります。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、買取してもらうお店をすぐには決められず、試しにネットで検索してみたのです。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる業者も多いようです。


しかし、郵送で買取を行う場合、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、金製品というのが案外多いものです。


中でも金歯はよく知られていると思います。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


タナボタ感覚でのお小遣いをゲットできるチャンスですし、もう使わなくなった金歯がある方は、迷わず買取に出してしまいましょう。