金の買取情報



◆ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネッ

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、数日で査定結果が出るのを待ちます。


買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、買取価格が最も気になるところです。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


不況の影響もあってか、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


買取価格には自信があります、という売り文句につられて行ってみたところ、あれやこれやと理由をつけて結局定額で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。


最近増えてきた買取ショップの中には、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

◆金やプラチナ製のアクセサリーは、昔も

金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


そうしたアイテムをお持ちの方は、お近くの金買取店で売却することもできます。


でも、ここで落とし穴があります。


本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。


そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。


リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。


家のタンスなどに眠ったままの金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。


でも、それぞれのお店で買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、事前の情報収集は欠かせません。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースも何らかの形で身分確認をしなければなりません。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


長年使っていない指輪やネックレスなどの金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属を買取してくれる店を探して、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

◆十年以上にわたって使用していない金の装飾品は案外多

十年以上にわたって使用していない金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、お店で買取を依頼するのも有力な選択肢ですね。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を粘り強く探してみるといいでしょう。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも怠ってはいけません。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。


金買取がメジャーになった現在では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるお店が最近は多いようです。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。

◆今、金の値段が高騰しているのは確かです

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは考えものです。


皆さんが思っている以上に、貴金属は買取時の値段の変動が頻繁に起こるからです。


そこで、金の相場変動に敏感になり、高くなったタイミングを見計らって売却することが大事になってきます。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


それなりの額、例えば200万円となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品に値段をつけてもらえます。


一般に、金買取という言葉からは、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。


アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、買取ショップが近所にない方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


利用を申請すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


その到着後、買取額を通知するメールなどが届きますから、自分がその金額を承諾すれば、直ちに買取金額が口座に入金されます。


昔は使っていたけど今は不要だという貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


でも、それぞれのお店で買取金額は大きく違ってくるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて慎重に店を選びましょう。


特に、売りたいものが多い場合、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、店の選択には注意しましょう。

◆金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそ

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。


18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成年に達するまでは少なくとも一人では買取を利用できません。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者が署名捺印した同意書が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止が原則としてあります。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。


とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。