金の買取情報



◆残念ながら金買取には悪質なケースもあります

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。


お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは普段意識することがないでしょう。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさを無視できないでしょう。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、あまりの希少性の高さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品があちらこちらに存在しています。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


意外な形での臨時収入にありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。


金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。


もう何年も使っていない貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。


タダで手放すのは惜しいという場合には、お店で買取を依頼するのを検討してもいいと思います。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。

◆手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、候補に挙が

手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、候補に挙がってくるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が少なくないと思われます。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、かつては気に入って使っていても、ずっと使い続けるのが嫌で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


捨てるのもしのびないという人は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


そういう事態に直面してしまったら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムが買取の対象になっています。


金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が多くなっていると聞きます。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、なかなか首を縦に振らない人には、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを頭に入れておくことをお勧めします。

◆身につけなくなって久しい指輪やネックレ

身につけなくなって久しい指輪やネックレスなどの金製品をお持ちの方も多いと思います。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額をゼロと謳っている店も最近は多いですので、店舗選びの際の参考にできます。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのか見込額を知ることだと思います。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


近頃では、いわゆる「金プラ買取」系の広告や看板が街に溢れています。


WEB上でも、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


いくらかでも現金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。

◆金の買取は、古物の取引になるので、お客さんの身分

金の買取は、古物の取引になるので、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、郵送買取など、直接店に行かないケースも何らかの形で身分確認をしなければなりません。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には手数料や「目減り」などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


こうした費用を有料にしている店舗では、当然、そのぶん買取の対価として実際に手元に入る金額は低くなることになります。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


買取を利用する際には、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくのも怠ってはいけません。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


金製品の買取をしてもらう際には、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


WEBの場合、何より参考にできるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


目についた中で最も口コミの良いお店を優先して利用するのがいいでしょう。

◆金買取業者を名乗るものが突然自宅を

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増えているようで、法規制も行われています。


お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、なかなか首を縦に振らない人には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、初めての人でも安心して利用できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるショップも増えてきましたので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で買取してもらうことが可能なのです。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取となればそれより若干安くはなるものの、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で換金することができますね。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


もう使っていない金製品などの売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どこに持っていくかによっても実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、事前にホームページなどで情報収集し、どの店舗の買取を利用するか、色々な情報を総動員して判断しましょう。