金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金買取といっても様々な形式があります。

金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要な場合がほとんどでしょう。


最近流行りの金買取ショップでは、装飾品以外にも、様々な商品が買取の対象になっています。


金製品を買い取るなどと言われると、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などにばかり考えが至りがちですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、安心安全を求め、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。


初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかという一点に尽きると思います。


基本的な算出方法を以下に示します。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。

◆金買取の世界には、業者の方から個人宅

金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、憤りを抑えられない方も当然多いです。


こうした訪問購入のケースに対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方から好評を得ています。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、昔から資産家の間でよく使われているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


ここで注意しなければならないのは、金をどこで買うかということですね。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、失敗しないでしょう。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を行っているようです。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるところが多くなってきました。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、専門店と並んで有力な候補になります。


長年使っていない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、サイトやチラシで買取額を調べ、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、よく調べて、有利な店を探してください。

◆ここのところ、金相場の高騰に伴って、金やプラチナの

ここのところ、金相場の高騰に伴って、金やプラチナの高価買取の広告や看板が街に溢れています。


ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、ためしにgoogleなどで検索してみても、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、金の純度を示す刻印を見てください。


市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%というのが一定の目安になります。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。


そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、本当に高額で売却できるかどうか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


要らなくなった金のアクセサリー等の売却時には、留意すべき点があるのです。


金の価値は相場でも変わる上、どこに持っていくかによっても鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はピンキリだということなのです。


なので、事前にホームページなどで情報収集し、何処に売るのが一番得になるか色々な情報を総動員して判断しましょう。

◆自分で買ったり人からプレゼント

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


使わない貴金属の処分に困ったときは、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、多くの人が想像しているよりは十分高い額で売却できる可能性が高いです。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかはあまり知られていないのではないでしょうか。


プラチナの方が原則的には高価です。


昔は特にそうでした。


要因としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量が多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、あまりの希少性の高さが、その価値を形作っているというわけですね。


金製の指輪やネックレスなどは、家にずっと眠ってはいるけど、ブームが過ぎてしまったなどで何年も使わずじまいという方も多いと思います。


家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


そういう事態に直面してしまったら、運が悪かったと思って諦めることです。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


この前、身内が他界して、金の指輪を遺産として相続しましたが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、初めてなので不安も大きかったですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、素人の私にも優しい印象でした。


買取額も十分納得できるもので、利用してみて正解だったと今では思います。

◆最近は金買取を利用する方も増えてきまし

最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には買取価格が最も気になるところです。


でも、買取額は一概には言えません。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で手放したいなら、テレビやネットの情報に目を光らせ、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが大事になってきます。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金の買取で課税されることなどないでしょう。


もちろん、買取業者の方では、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、納税しています。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくといいかもしれません。


金買取のシステムは店によって千差万別です。


手数料や「目減り」などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は減ってしまう結果になります。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


後から損した気分にならないためにも、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を粘り強く探してみるといいでしょう。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。