金の買取情報



◆リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は色々な店

リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は色々な店舗で貴金属の買取サービスを行っているようです。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるところが多くなってきました。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、専門店と並んで有力な候補になります。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを覚えておき、いざという時に備えてください。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。


その業者によれば、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、不要な品を高値で買取してくれるというのです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


日常の生活の範囲内にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品があちらこちらに存在しています。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


予想していなかった収入にありつける可能性が高いですから、用済みとなった金歯をお持ちの人は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。

◆アクセサリーなどの金製品を手放し

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


しばらくして、買取額を通知するメールなどが届きますから、金額に同意の返事をしたら、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


18Kは1000分の750という純度です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと変化します。


金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。


原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、単独で買取サービスを利用することができません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成人しない内は、買取を断られることが多いようです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。


近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく調べてから利用しましょう。


ネットのレビューで評価が低い店などはどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、その内の一店舗を利用することにしました。


店員さんの対応も丁寧だったし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。

◆全世界を混乱に陥れたリーマンシ

全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時から今日に至るまでで、決して急速というわけではないですが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


さらに、これも記憶に新しいことですが、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、金製品の買取価格が上がる要因として機能したのではないでしょうか。


貴金属買取を扱うお店では、装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯だって値段をつけてもらえるのです。


都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店舗も見られます。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


少しでも高い金額で売却するためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、事前にこのあたりを確認しておきましょう。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかをよく調べてから利用しましょう。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。

◆貴金属はどうやって保管すればいいのでし

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は最初から現金にして銀行に預けておくのが一つの手でしょう。


金の買取を利用するとしても、買取の利用を急ぎすぎるのは考えものです。


あまり意識されないことですが、貴金属は買取時の値段に大きな変動が生じやすいためです。


そうした事情があるので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、丁度いい時を狙って売ることに全てがかかっています。


リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、これを新たな商機と見て、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気に留めておくべきことは、買取価格の相場を把握することに尽きます。


なるべく高価の買取になるように、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。


相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。


金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も一定数いるでしょう。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。

◆金やプラチナ製のアクセサリーは、かつては

金やプラチナ製のアクセサリーは、かつては気に入って使っていても、ずっと使い続けるのが嫌でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


捨てるのもしのびないという人は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。


相場よりも高い金額で金を買い取るという宣伝を信じて買取を利用してみたら、納得できないような安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、十分気を付けなければなりません。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も必ず身分証の提示が必要です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送を求められる場合が多いですね。


ショップやネットなどの金買取の市場では、本当に多くの種類のアイテムを現金化することができるのです。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、投資目的の地金が一般的にイメージされるのかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。