金の買取情報



◆もう使っていない金製品などの売却時には、

もう使っていない金製品などの売却時には、留意すべき点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どの店舗を利用するかで、最終的な買取価格はそれぞれ異なっていることです。


ですから、事前にホームページなどで情報収集し、何処に売るのが一番得になるか真剣に考えるのがいいですね。


金の価値が上がっている現在では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、昔より利用を検討しやすくなりました。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るようなところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかまで把握している人はあまり居ないように思います。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


昔は特にそうでした。


要因としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量が挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を担保しているのです。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限を設定しているのが普通です。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。


僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


銀行預金や投資信託などと併せて、定番といえば、金の形で資産を保全しておく方法です。


これなら景気の影響を受けませんからね。


ここで注意しなければならないのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、本物だという信頼があるので大丈夫です。

◆自分で買ったり人からプレゼントしてもらっ

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


使わない貴金属の処分に困ったときは、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段で手放すことができるでしょう。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、いわゆる「訪問購入」による被害が増えているようで、法規制も行われています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、なかなか首を縦に振らない人には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、素人の私にも優しい印象でした。


買取金額もそこそこの値になったので、利用してみて正解だったと今では思います。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない指輪やネックレスなどの金製品を持て余している人は案外多いようです。


ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


これはあくまで純金の価格ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

◆ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネッ

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、数日で査定結果が出るのを待ちます。


買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、買取価格が最も気になるところです。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


不況の影響もあってか、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントと解釈してください。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


買取価格には自信があります、という売り文句につられて行ってみたところ、あれやこれやと理由をつけて結局定額で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。


最近増えてきた買取ショップの中には、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

◆金やプラチナ製のアクセサリーは、昔も

金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


そうしたアイテムをお持ちの方は、お近くの金買取店で売却することもできます。


でも、ここで落とし穴があります。


本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。


そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。


リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。


家のタンスなどに眠ったままの金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。


でも、それぞれのお店で買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、事前の情報収集は欠かせません。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースも何らかの形で身分確認をしなければなりません。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


長年使っていない指輪やネックレスなどの金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属を買取してくれる店を探して、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

◆十年以上にわたって使用していない金の装飾品は案外多

十年以上にわたって使用していない金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、お店で買取を依頼するのも有力な選択肢ですね。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を粘り強く探してみるといいでしょう。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも怠ってはいけません。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。


金買取がメジャーになった現在では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるお店が最近は多いようです。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。