金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金の相場が上がっている近頃、自宅にある金製品を現金にで

金の相場が上がっている近頃、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


今までに経験がなかったですから、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、試しにネットで検索してみたのです。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


この前、身内が他界して、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。


肝心の金額も予想以上のもので、思い切って利用してみてよかったです。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、そういう電話は初めてだったので、話だけでも聞いてみることにしました。


そうすると、貴金属製品で不要な品をその業者に売却できるという話でした。


それなら色々あったなあと思って、利用してみてもいいかなと思いました。


近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、ためしにgoogleなどで検索してみても、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

◆中学生や高校生など、18歳未満

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書がなければ買取してもらえません。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適正価格で見積を出してくれますから、郵送買取などと違って安心できます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているお店も少なくないですから、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


金の買取を業者に依頼するにあたって押さえておくポイントとしては、相場について正しい情報を持っておくことです。


なるべく高価の買取になるように、相場を欠かさずチェックして、買取のタイミングを決めるべきです。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。


相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。


ここ数年、金の市場価値が上昇しているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、本当に自分が受け取れる額は減ってしまう結果になります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

◆長いこと自宅に眠っている金製

長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を確認してみましょう。


市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%というのが一定の目安になります。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも選択肢の一つです。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは普段意識することがないでしょう。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


その理由には、金と比べても圧倒的に少ない産出量が多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、価値の根底にあるわけです。


不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


他の種類の営業電話はよく受けますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


いわく、手持ちの宝飾品や貴金属で今は使っていないものがあったら高値で買取してくれるというのです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


金買取業者は大抵の場合、トラブルを避けるため、年齢制限があるのが当たり前です。


そのため、未成年の人は買取を利用できないと思った方がいいでしょう。


僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

◆お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべ

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の装飾品が沢山あるという方もいるでしょう。


タダで手放すのは惜しいという場合には、お店で買取を依頼するのをオススメします。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、実際にその品物が何円くらいになるのかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金の相場が上がっている近頃、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で売却できる可能性が高いです。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


純金でなければ当然それより安い額になります。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

◆昔買った貴金属のアクセサリーなど

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方も一定数いるでしょう。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


金買取を利用する時のポイントとして、勇み足になるのは得策ではありません。


その理由としては、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。


そこで、金相場の変動をチェックしておいて、上がるところまで上がったタイミングで手放すことを意識するといいでしょう。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店は手を出してはいけません。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、この頃までに、少しずつとはいえ、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出しにストップが掛けられました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。