金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆プラチナと言われてプレゼント

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、勿論、金買取の対象になります。


初めて金買取を利用する際のスタートラインは、店の選択がすべてです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


多くの人から好評を得ている店舗を選びたいものですね。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で確認に変えるのが一般的です。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、売りたい金製品はいくらの値段を付けてもらえるのかという一点に尽きると思います。


基本的な算出方法を以下に示します。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

◆金買取を利用してみたいと思っても、近く

金買取を利用してみたいと思っても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


しばらくして、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、直ちに買取金額が口座に入金されます。


これまで金の買取を利用したことがない場合、良い買取店を見極める方法で最初は迷うものですよね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰でも同じだと思います。


売却するお店を決める時に役立つのは、口コミやレビューなどでの評価です。


ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。


金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、成年に達するまでは買取を断られることが多いようです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


金買取がメジャーになってきていますが、前に私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。

◆貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さ

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、郵送買取など、直接店に行かないケースでも、やはり本人確認は必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


長年使っていない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。


金買取を利用するにあたっては、お店選びで最初は迷うものですよね。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、誰でも同じだと思います。


いいお店を選ぶ時の要点は、「利用者からの人気」が第一です。


ネットレビューで高評価のところは、トラブルと無縁のちゃんとした店であると言えます。


初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。


金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。

◆金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


貴金属を持て余している方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を行っているようです。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる店も一般的になってきたのです。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


金製品を売りたいという方は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を提示する必要があります。


対面でない場合、商品を発送する際にそういった身分証の写しを一緒に送ることで法律の要件を満たすことになります。


金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


いきなり家にやってきたかと思うと、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


不況の影響もあってか、手持ちの金を売却したい人が増えているので、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

◆多くの資産がある方は、なるべく形をバ

多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


昔から資産家の間でよく使われているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


金の購入をご検討されている方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も贋物の心配などと無縁で済みます。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、大切なのは純度だということです。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、やはり自宅保管では心配なので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるということになります。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。