金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆世界的な不況で金の市場価値が上が

世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、その需要に応じて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。


しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


なので、手元の金を少しでも高い値段で売りたいと思う方は、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取金額の連絡が来たら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならネットで24時間いつでも申し込めるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人が主に利用しているようです。

◆金の買取を利用する際には、いくらで

金の買取を利用する際には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


ですから、納得いく金額で売却することを望むなら、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが重要だといえます。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金の買取を業者に依頼するにあたって留意すべき点は、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、いつ買取に出すかを決めましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるのが一般的といえます。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


もう要らなくなった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、複数のお店の情報を比較検討して高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、思い立ってすぐさま買取店に走るのは考えものです。


皆さんが思っている以上に、景気の変化などにより、貴金属は価値に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、金の相場変動に敏感になり、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。

◆プラチナと言われてプレゼント

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、勿論、金買取の対象になります。


初めて金買取を利用する際のスタートラインは、店の選択がすべてです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


多くの人から好評を得ている店舗を選びたいものですね。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で確認に変えるのが一般的です。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、売りたい金製品はいくらの値段を付けてもらえるのかという一点に尽きると思います。


基本的な算出方法を以下に示します。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

◆金買取を利用してみたいと思っても、近く

金買取を利用してみたいと思っても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


しばらくして、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、直ちに買取金額が口座に入金されます。


これまで金の買取を利用したことがない場合、良い買取店を見極める方法で最初は迷うものですよね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰でも同じだと思います。


売却するお店を決める時に役立つのは、口コミやレビューなどでの評価です。


ここで評価が高い店であれば、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。


金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、成年に達するまでは買取を断られることが多いようです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


金買取がメジャーになってきていますが、前に私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。

◆貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さ

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、郵送買取など、直接店に行かないケースでも、やはり本人確認は必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


長年使っていない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。


金買取を利用するにあたっては、お店選びで最初は迷うものですよね。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、誰でも同じだと思います。


いいお店を選ぶ時の要点は、「利用者からの人気」が第一です。


ネットレビューで高評価のところは、トラブルと無縁のちゃんとした店であると言えます。


初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。


金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。