金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべ

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の装飾品が沢山あるという方もいるでしょう。


タダで手放すのは惜しいという場合には、お店で買取を依頼するのをオススメします。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、実際にその品物が何円くらいになるのかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金の相場が上がっている近頃、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で売却できる可能性が高いです。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


純金でなければ当然それより安い額になります。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

◆昔買った貴金属のアクセサリーなど

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方も一定数いるでしょう。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


金買取を利用する時のポイントとして、勇み足になるのは得策ではありません。


その理由としては、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。


そこで、金相場の変動をチェックしておいて、上がるところまで上がったタイミングで手放すことを意識するといいでしょう。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店は手を出してはいけません。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、この頃までに、少しずつとはいえ、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出しにストップが掛けられました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。

◆金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなく

金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。


こうした訪問購入のケースに対しては、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを覚えておき、いざという時に備えてください。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


金を買取に出す上で、まず大事なのはどこの店に売るかを決めることです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


WEBの場合、何より参考にできるのは利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


目についた中で最も口コミの良いお店を選びたいものですね。


不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。


色々と聴いてみたら、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、もう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、利用してみてもいいかなと思いました。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


なので、一度金を買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。

◆これまで金の買取を利用したこと

これまで金の買取を利用したことがない場合、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、初めての方はよく迷うようです。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは誰でも同じだと思います。


初めての方が注目するべきは、口コミやレビューなどでの評価です。


多くの人が良かったと言っているお店は、それだけ買取に満足だったケースが多いのが容易に見て取れます。


金の買取を掲げている店舗では、多種多様な品物が買取の対象になっています。


金製品を買い取るなどと言われると、何百万円もする高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金製品というのが案外多いものです。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


予想していなかった収入を得られる可能性もあるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、迷わず買取に出してしまいましょう。


金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


ですから、納得いく金額で手放したいなら、テレビやネットの情報に目を光らせ、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが大事になってきます。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選択するのが何よりの基本になります。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも重要でしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、上手い話に騙されないようにしましょう。

◆高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるよう

高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、安心安全を求め、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも一つの手でしょう。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


その理由には、レアメタルの中でも突出している希少性の高さの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額で買い取ってくれるのかという一点に尽きると思います。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。