金の買取情報



◆これまで金の買取を利用したことがない場合、どこの

これまで金の買取を利用したことがない場合、どこのお店に持ち込めばいいのか頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは誰だって考えることですよね。


お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、それだけ買取に満足だったケースが多いと見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を形作っているというわけですね。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


他の種類の営業電話はよく受けますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、話だけでも聞いてみることにしました。


いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があれば高い値段で買い取ってくれるそうです。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


金の買取を掲げている店舗では、多種多様な品物が買取の対象になっています。


「金の買取」などと言うと、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成年に達するまでは単独では利用できないのが一般的でしょう。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。

◆金の買取店舗を選ぶ際に参考にな

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。


専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は低くなることになります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


金の買取を掲げている店舗では、意外なほど様々な種類のものの買取を受け付けてくれます。


「金の買取」などと言うと、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかにばかり考えが至りがちですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


メガネや金歯などもその一例です。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。


皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。


まず最初に大切なのは店の選択がすべてです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


また、何より大事なこととして、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


信用できる情報源は利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を優先して利用するのがいいでしょう。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


一般に流通している金製品には、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだという意味です。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度によりその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

◆もう使っていない金製品などの売却時には、考えてお

もう使っていない金製品などの売却時には、考えておかねばならない点があるのです。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。


そのため、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、何処に売るのが一番得になるかよく検討して判断する必要があります。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を当たるというのが基本ですね。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金の買取を利用するとしても、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。


何と言っても、金というのは、とにかく市場価値が上下しやすいという性質があるからです。


そこで、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高くなったタイミングを見計らって売却することに全てがかかっています。


タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の指輪やネックレスなどはどなたにもあるかと思われます。


そうした品物をお持ちの方は、買取サービスを利用して現金化するのをオススメします。


貴金属の買取を受け付けているショップも最近は増えてきましたので、本当に高額で売却できるかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。


金の買取を利用する上で、気にすることは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。


ネットのレビューで評価が低い店などは利用しないほうがいいでしょう。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。

◆貴金属の便利な換金手段である金買取。その利用におい

貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額になるのかを正確に知りたいということですよね。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、いわゆる「訪問購入」による被害が多くなっていると聞きます。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、簡単に応じないと見るや、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


後から売却をキャンセルされまいと、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、続きを聞いてみたくなりました。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、不要な品を高い値段で買い取ってくれるそうです。


それなら色々あったなあと思って、利用してみてもいいかなと思いました。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取金額の連絡が来たら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットで24時間いつでも申し込めるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方のための形態と考えてもいいかもしれません。

◆原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条

原則として、18歳未満の子供は、法律や都道府県の条例の定めに従い、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、取引の安全を守る意味でも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、18歳を過ぎていても未成年であれば売却できないのが通例です。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


自分のことかなと思ったあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段の臨時収入が期待できます。


全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。


そこで、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金の形で資産を保全しておく方法です。


これなら景気の影響を受けませんからね。


まず調べておきたいのは、金をどこで買うかということですね。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、不安にならなくて済むと思います。


お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


典型的なものが金(ゴールド)ですね。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしておくのが無難です。


近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかをよく検討した上で利用する必要があります。


ちょっとでも悪評判が付いている店は手を出してはいけません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。