金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆誰でも気軽に利用できる金買取で

誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段で買い取ってくれるのかという一点に尽きると思います。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


金の価値が上がっている現在では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくという努力も欠かせません。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、上手い話に騙されないようにしましょう。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、やはり自宅保管では心配なので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


それでも、どうしても不安なら、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。

◆今も昔も、金のような貴重品は保

今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも解決法としてアリでしょうね。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどというケースが割と多いようです。


もちろん、両者は別物です。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、その金製品は現実にどれだけの金額になるのかを事前に知っておくことでしょう。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


金の国際価格はその都度変動しています。


その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、買取店の提示している価格が妥当なものか注意深く判断してください。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた金が割と色々な形であるのです。


例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


タナボタ感覚でのお小遣いが入ってくることが見込めるので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、買取価格も異様に安かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。

◆金の指輪やネックレス、ブレスレットな

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段の臨時収入が期待できます。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるケースが大半だと思われます。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからここ数年で、ゆっくりとではありますが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


さらに、これも記憶に新しいことですが、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、買取市場における金の価格が上昇する要因であると言えるでしょう。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、売却を渋る場合には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、被害に遭わないよう十分注意してください。


金買取を利用してみたいと思っても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


利用を申請すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、査定してほしい品物を入れて送り返します。


数日と経たない内に、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、振込でお金が支払われます。


簡単ですね。

◆金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシス

金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。


手数料や「目減り」などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


買取時、こういった費用を取る店だったら、色々な名目で買取額が減額されて、買取の対価として実際に手元に入る金額は減ってしまう結果になります。


なんだか損した気分になりますね。


買取を利用する際には、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


最近メジャーになっているのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人から好評を得ています。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品が沢山あるという方もいるでしょう。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。


純度が高いか低いかにより、専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。

◆デザインが古いとか、年齢が合わなくな

デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない指輪やネックレスなどの金製品を自宅のどこかに仕舞んでいませんか?最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、サイトやチラシで買取額を調べ、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比較検討するのが賢いやり方です。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報収集を怠らないことが肝要です。


金買取がブームですね。


古いネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金というのが一定の目安になります。


純度が高いか低いかにより、その金製品の買取価格も違ってくるということになります。


そこのお店で売却すればいい値段になるなどと言うからお店に行ってみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で無理やり売却させられてしまったなどの経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


自分のことかなと思ったあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。


リーマンショック以降、金やプラチナの高価買取の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。