金の買取情報



◆手元の金製品を処分したいといっても、金買取を受け付けて

手元の金製品を処分したいといっても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


利用を申請すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、査定してほしい品物を入れて送り返します。


しばらくして、買取額を通知するメールなどが届きますから、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、直ちに買取金額が口座に入金されます。


もう何年も使っていない貴金属製のアクセサリーなどは案外多いのではないでしょうか。


そうした品物をお持ちの方は、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。


そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、いくらの値段が付くかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金買取業者は大抵の場合、未成年への利用規制が原則としてあります。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。


ただ、一部では、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


さらに、保護者が同意していたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。


中には高価買取を謳う広告もありますが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を小刻みに確認しておき、最も得する時を狙って売却するのです。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するのが原則です。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

◆お金持ちは色々なものに資金を投資して儲け

お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


最たるものが金でしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、実際に買取に持ち込むなら、事前に今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。


そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で買取に応じてしまった、などという話はネットを見ていても散見されます。


誠実なお店ならよいのですが、一部では残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


初めて金買取を利用する際のスタートラインは、どのお店に買取をお願いするかということです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


そして最も基本の部分としては、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


多くの人から好評を得ている店舗を選びたいものですね。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも怠ってはいけません。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。

◆もう身に着けなくなり、自宅で眠ってい

もう身に着けなくなり、自宅で眠っているプラチナや金製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。


そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することをオススメします。


貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方も多くいるのではないでしょうか。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートならば信用もあるということで、街の買取ショップより人気の場合もあります。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。


もちろん、この純度が何%であるかによって市場価値は変わってくるということです。

◆お手元の金製品を買い取っても

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、相場を小刻みに確認しておき、売却の時期を決定するのです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが原則です。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。


金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


できる限り高額で手放すためには、念入りに業者を探さなければなりません。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。

◆昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいと

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。


つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、初めてなので不安も大きかったですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、店も明るい感じで緊張しませんでした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。


たくさんの商品を売る場合は特に、店の違いによって金額も大違いになりますから、店の選択には注意しましょう。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


純金でなければ当然それより安い額になります。


一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。