金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆リーマンショック以降、自宅にある金製品を現

リーマンショック以降、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、流行に乗るようにして、金買取に参入する業者が増えてきました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


手持ちの金製品を買取に出す時には、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。


でも、買取額は一概には言えません。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


ですから、納得いく金額で売りたいと思う方は、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることを意識しましょう。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


また、消費税の安い日本で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は街中で見かける様々な店で、貴金属の買取をするケースが増えています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるところが多くなってきました。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、専門店と並んで有力な候補になります。


金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制を設定しているのが普通です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。


とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

◆金もプラチナも高級品として有

金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかを即答できる人は少ないかもしれません。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


その理由には、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、価値の根底にあるわけです。


買取業者が自宅までやって来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限があるのが当たり前です。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないことになります。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


さらに、保護者が同意していたとしても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


なので、一度金を買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は売却できないのが通例です。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

◆金に限った話ではないですが、古物買

金に限った話ではないですが、古物買取においては、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで法律の要件を満たすことになります。


不要な貴金属をどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。


金の価値は相場でも変わる上、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額はかなり差の付いたものになるという事実です。


店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、どの店舗の買取を利用するか、じっくり検討してください。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方がここ数年で急増しています。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今では全然身に付けていないという金製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で売却できる可能性が高いです。


金製品をどこよりも高く買い取れるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、十分気を付けなければなりません。


こうした被害に遭ってしまった時には消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

◆少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製

少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、その内の一店舗を利用することにしました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。


金やプラチナなどの貴金属製品をどこかに売却したいというときには、注意するポイントがあります。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どこに持っていくかによっても実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店舗の買取を利用するか、真剣に考えるのがいいですね。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを厳しくチェックしてください。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は手を出してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。


それが本当に金製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金という印です。


もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

◆ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気な

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方が主に利用しているようです。


買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、十分気を付けなければなりません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。


そうした品物をお持ちの方は、お店で買取を依頼するのがいいのではないでしょうか。


貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、いくらの値段が付くか一度見てもらうのもいいでしょう。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


買取業者が自宅までやって来て、強引に金製品の売却を迫る迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを頭に入れておくことをお勧めします。