金の買取情報



◆金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上を超えるような量というと550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


金の買取を業者に依頼するにあたって押さえておくポイントとしては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を小刻みに確認しておき、売却の時期を決定するのです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。


相場の変動を味方につけて、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる店舗も見られます。


直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形が基本であるといえます。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、初めての人でも安心して利用できます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるケースが最近は多いですから、満足いくような価格で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。

◆皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう

皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。


まず最初に大切なのは無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


ネット上で信頼できるソースは実際に買取をしてもらった人の体験談です。


ネット上で簡単に見ることができます。


多くの人から好評を得ている店舗を選択すれば損することはありません。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


ネットで個人情報などを登録すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。


もちろん、両者は別物です。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、勿論、金買取の対象になります。


金製品を売却したいと思っても、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、最初は迷うものですよね。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


売却するお店を決める時に役立つのは、口コミやレビューなどでの評価です。


ここで評価が高い店であれば、それだけ買取に満足だったケースが多いと見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと変化します。


買取店に金製品を持ち込む際に、大切なのは純度だということです。

◆昔買った貴金属のアクセサリーなどを買

昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、どうしても信用しきれないという人も多くいるのではないでしょうか。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める事例が現在では多くなっています。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。


これまで金の買取を利用したことがない場合、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、最初は迷うものですよね。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、当然ですよね。


お店選びの最もわかりやすい基準は、「利用者からの人気」が第一です。


多くの人が良かったと言っているお店は、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、その金額や状況によりますが、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

◆最近は金買取が流行っているようですね。私

最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、金買取のお店を利用したことがあります。


金買取はそれまで利用したことがなく、どこに売ったものか迷い、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金というのが一定の目安になります。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならネットで24時間いつでも申し込めるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人が主に利用しているようです。


初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく調べてから利用しましょう。


少しでも怪しげな点がある店は手を出してはいけません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかまで把握している人はあまり居ないように思います。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


昔は特にそうでした。


要因としては、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

◆金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、

金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないと思った方がいいでしょう。


ただ、一部では、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


さらに、保護者が同意していたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


鑑定料、手数料などといった諸費用を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は減ってしまう結果になります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


数万円程度の買取額を得た程度なら、金の買取で課税されることなどないでしょう。


お店のほうでは、取引の量が個人とは違いますから、事業所得として金額を申告し、多額の税金を納めていることと思います。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくことで不安を払拭しておきましょう。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段を付けてもらえるのかという見積を事前に立てられることです。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。