金の買取情報



◆要らなくなった金のネックレスの売却を望む方は、ネッ

要らなくなった金のネックレスの売却を望む方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


それが本当に金製であれば、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだという意味です。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。


家のタンスなどに眠ったままの貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取に出すのも手です。


ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて条件の良いお店を選択するといいでしょう。


たくさんの商品を売る場合は特に、買取額にも大きな差が出てきますので、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


ここ数年、金の市場価値が上がり続けているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、慌てて売るのはよくありません。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプのところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


金の売却において留意すべき点は、買取価格の相場を把握することに尽きます。


なるべく高価の買取になるように、相場を欠かさずチェックして、最適のタイミングで買取に出しましょう。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。


相場の確認を欠かさず、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

◆最近メジャーになっているのが、直接お店に

最近メジャーになっているのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取額の通知を受けたら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人のための形態と考えてもいいかもしれません。


買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、何より買取額を気にされていることでしょう。


でも、買取額は一概には言えません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、実際の買取額もそれに応じて変わります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売却することを望むなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることで、得できる可能性は高まります。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。


鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、当然、そのぶん現実に買取額として受け取れる金額は結局、低額になってしまいます。


なんだか損した気分になりますね。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


昔買ったきりでずっとご無沙汰というプラチナや金製の指輪などの装飾品はどなたにもあるかと思われます。


タダで手放すのは惜しいという場合には、買取店に持ち込んで買取してもらうことを検討してもいいと思います。


そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、手持ちの金製品がいくらになるか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。

◆もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている

もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている人は、買取に出すのも手です。


でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


高価な品物であればあるほど、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


そのため、少しでも高い金額で手放したいなら、ネットで情報を見て、相場変動の情報に強くなっておくことが大事になってきます。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


そのため、元々金を持っていれば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


純金でなければ当然それより安い額になります。


純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


少し前の話ですが、ずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


とはいえ、初めてのことで、買取してもらうお店をすぐには決められず、WEB上で情報収集することにしました。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。

◆残念ながら金買取には悪質なケー

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案がここ数年で急増しています。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、売却を渋る場合には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、被害に遭わないよう十分注意してください。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かを即答できる人は少ないかもしれません。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を形作っているというわけですね。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うという努力も欠かせません。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは得策ではありません。


何と言っても、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格に上がり下がりがあるためです。


そうした事情があるので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、最適のタイミングで買取を依頼することが大事になってきます。

◆年間50万円以上の利益が出て

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て納税しています。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるというのも一つの手だと思います。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、ネットを通じて郵送で買取を進める場合にも同じように本人確認が求められます。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


対面でない場合、商品を発送する際に身分証のコピーを同時に送ることで法律の要件を満たすことになります。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


サイト上で大体の買取価格を載せている店舗も見られます。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、念入りに業者を探さなければなりません。


鑑定料や、買取時にかかる手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


最近流行りの金買取ショップでは、意外なほど様々な種類のものを売却することができます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。


ニセモノの金でなければ、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。