金の買取情報



◆貴金属買取を扱うお店では、意外なほど

貴金属買取を扱うお店では、意外なほど様々な種類のものが買取の対象になっています。


「金の買取」などと言うと、投資目的の地金を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


数万円程度の買取額を得た程度なら、金の買取で課税されることなどないでしょう。


お店のほうでは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て課税されているはずです。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのもいいでしょう。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。


貴金属を買取してくれる店を探して、サイトやチラシで買取額を調べ、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報収集を怠らないことが肝要です。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、実際幾らくらいの金額での買取が見込めるのかを正確に知りたいということですよね。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


こうした基本的な計算法を活用し、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。

◆プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値崩れが少ない理由なのです。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手放す際には、金の相場に大きな動きがないか確認してから売るのがいいと思います。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限があるのが当たり前です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


自分のことかなと思ったあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


主な買取対象といえば金ですね。


最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で手放すことができるでしょう。


金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式にも同じように本人確認が求められます。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。

◆金を買取に出そうと考えたとき、一

金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


金の相場が上がっている近頃は、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


WEB上でも、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属がある人は多くいるようです。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、実際にその品物が何円くらいになるのか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


電話の人が説明してくれたところによると、貴金属製品で不要な品をその業者に売却できるという話でした。


確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、試しに査定してもらうことにしました。

◆金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用

金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、それをビジネスチャンスと見てか、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、査定してほしい品物を入れて送り返します。


その到着後、買取価格がメールなどで知らされるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


しかし、郵送で買取を行う場合、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


そうすると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、試しに査定してもらうことにしました。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


こうした費用を有料にしている店舗では、当然、そのぶん実際に受け取る金額が随分減らされてしまうのです。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。

◆家に眠っている貴金属を買取してもらおうか

家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、一般的に利用されているのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も一定数いるでしょう。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートならば信用もあるということで、街の買取ショップより人気の場合もあります。


金やプラチナ製のアクセサリーは、十年以上前に買ったものでも、ずっと使い続けるのが嫌でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


買取店でそう言われてしまったときは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、良い方向への変化が期待できると思います。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、法定代理人である親が書いた同意書が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


長年使っていないアクセサリーや腕時計といった金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。


そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。


貴金属を買取してくれる店を探して、サイトやチラシで買取額を調べ、最も良い条件で売却できる店はどこか、比較検討するのが賢いやり方です。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報収集を怠らないことが肝要です。