金の買取情報



◆純金以外にも、金には沢山の種類があ

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。


もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、注意するポイントがあります。


金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はピンキリだということなのです。


なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


最近、身内が亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、結果的には正解でした。


よほど大量の取引をしていない限り、金の買取で課税されることなどないでしょう。


お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、その利益に応じて何重もの税金を支払っていることでしょう。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのが得策ですね。

◆要らなくなった金のアクセサリー等をどこかに

要らなくなった金のアクセサリー等をどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。


金の価値は相場でも変わる上、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額はピンキリだということなのです。


なので、事前にホームページなどで情報収集し、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。


金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られることになります。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


しかし、たとえ親の同意があっても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、流行に乗るようにして、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを頭に入れておくことをお勧めします。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、金の指輪を遺産として相続しましたが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、終始良い雰囲気でした。


肝心の金額も予想以上のもので、結果的には正解でした。

◆今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色

今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


最たるものが金でしょう。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手元の金を売ろうとする前に、金の相場に大きな動きがないか確認する必要があるでしょうね。


ここ十年くらい、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


どうせ不要の品物を売るのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。


あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。


それが本当に金製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって買取額は大きく変動してきます。


金を買取に出そうと考えたとき、候補に挙がってくるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。

◆金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、

金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が多くなっていると聞きます。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、簡単に応じないと見るや、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


貴金属を持て余している方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額には十分なることと思います。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、勇み足になるのは賢明ではないといえます。


皆さんが思っている以上に、貴金属は買取時の値段に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高値になるタイミングを見逃さないことが大事になってきます。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額を付けてもらえるのかという見積を事前に立てられることです。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。

◆昔もらったけど今ではもう使っていないよ

昔もらったけど今ではもう使っていないような指輪やネックレスなどの金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属を買取してくれる店を探して、サイトやチラシで買取額を調べ、より高い値段で買取してくれるのはどの店か複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


とはいえ、初めてのことで、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、WEB上で情報収集することにしました。


調べた結果、御徒町のあたりに、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することで法律の要件を満たすことになります。


近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を十分見極める必要があるでしょう。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、事前に入念に確認することが大事です。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは普段意識することがないでしょう。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、元々の埋蔵量の少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価格を引き上げる要因となっているのです。