金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金の買取を業者に依頼するにあたって気に留めておく

金の買取を業者に依頼するにあたって気に留めておくべきことは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


買取価格で後悔しないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、最適のタイミングで買取に出しましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが一般的といえます。


相場の変動を味方につけて、高値で売れるようになれば一人前です。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ひとまずネットで情報を集めてみました。


調べた結果、御徒町のあたりに、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その内の一店舗を利用することにしました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


お手持ちの金製品を売却したい方は、お客さんの方から店に直接品物を持って行くケースが最も多いようです。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で売却できます。


安心して利用できますね。


今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、昔もらったものでも、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


鑑定士にそのように言われたら、運が悪かったと思って諦めることです。

◆金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


サイト上で大体の買取価格を載せている店舗も見られます。


直接お店に行かない形式の買取でも、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


金の買取は、古物の取引になるので、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、ネットを通じて郵送で買取を進める場合にも同じように本人確認が求められます。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで必要な手続きに変えるというのが普通です。


18歳に達していない青少年は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成人しない内は、買取を断られることが多いようです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参を求められるのが普通です。


タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品はどなたにもあるかと思われます。


そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを検討してもいいと思います。


貴金属の買取を受け付けているショップもあちらこちらにありますので、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


これまで金の買取を利用したことがない場合、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは誰でも同じだと思います。


お店選びの最もわかりやすい基準は、口コミやレビューなどでの評価です。


多くの人が良かったと言っているお店は、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていると言えます。


初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。

◆リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取って

リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金買取がブームですね。


古いネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


一般に流通している金製品には、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だという意味です。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。


金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金買取を扱うお店も増えてきたので、昔より利用を検討しやすくなりました。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。

◆純金以外にも、金には沢山の種類があること

純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは1000分の750という純度です。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。


手持ちの金を買取してもらうときに、大切なのは純度だということです。


昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムをお持ちの方も多いと思います。


ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、一番高く売れるのはどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかは知っていますか?一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金と比べても圧倒的に少ない産出量が多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、あまりの希少性の高さが、価値の根底にあるわけです。


リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


WEB上でも、ためしにgoogleなどで検索してみても、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、候補に挙がってくるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も多くいるのではないでしょうか。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


デパートならば信用もあるということで、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

◆金買取を利用する上では店のシ

金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


買取を利用する際には、この点を確認しておくことをお勧めします。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、単独で買取サービスを利用することができません。


さらに、取引の安全を守る意味でも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


よく見聞きするのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


しかし気になる点もあります。


それは、金をどこで買うかということですね。


金の購入をご検討されている方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


そういうお店で買った金なら、売却時にもセーフティですよね。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなど、数字が24以下になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどのバリエーションがあります。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、大切なのは純度だということです。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が次第に上がってきているので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。