金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠って

金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


買取店でそう言われてしまったときは、泣き寝入りするしかないですね。


タンスの奥に仕舞いっぱなしの貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。


そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みを考えてみてはどうでしょう。


「高価買取」などの看板を掲げたお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


少し前に、祖母の逝去に伴って、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、利用してみて正解だったと今では思います。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

◆長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのな

長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスの売却を望む方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、続きを聞いてみたくなりました。


電話の人が説明してくれたところによると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


手持ちの金製品を買取に出す時には、何より買取額を気にされていることでしょう。


それはその時によって異なるとしか言えないのです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことに努力を捧げてもいいと思います。

◆金を買ったはいいが、どうやって保管す

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、強固なセキュリティが必要になるので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、結果を左右するのは純度というわけです。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、相場について正しい情報を持っておくことです。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるケースが普通です。


上手く相場の波に乗り、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


金を買取に出す上で、まず大事なのは店の選択がすべてです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


信用できる情報源は口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取金額の連絡が来たら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、お店に行く時間がないという方を対象としたサービスといえるでしょう。

◆金買取業者の中には、ネットで

金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店舗も見られます。


直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


数万円程度の買取額を得た程度なら、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


金買取を行っている業者のほうは、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。


金を買取に出そうと考えたとき、候補に挙がってくるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。


近頃は、実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、続きを聞いてみたくなりました。


電話の人が説明してくれたところによると、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、利用してみてもいいかなと思いました。

◆不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金にできな

不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金の買取を業者に依頼するにあたって気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するのが原則です。


相場の確認を欠かさず、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、当然ですよね。


売却するお店を決める時に役立つのは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


多くの人が良かったと言っているお店は、トラブルと無縁のちゃんとした店であると見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、利益分を届け出て多額の税金を納めていることと思います。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのが得策ですね。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


一般に流通している金製品には、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


純度が高いか低いかにより、買取額は大きく変動してきます。