金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金持ちは全ての資産を現金で持っておくな

金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


よく見聞きするのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


まず調べておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


金の購入をご検討されている方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


そういうお店で買った金なら、売却時にも不安にならなくて済むと思います。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品が案外多いものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


数千円から一万円程度のお小遣いも夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


金やプラチナなどの貴金属製品を買取店に持ち込む前に、注意するポイントがあります。


金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、実際に自分が受け取れる金額はピンキリだということなのです。


なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、何処に売るのが一番得になるか色々な情報を総動員して判断しましょう。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、店の選択がすべてです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


ネット上で信頼できるソースは実際に買取をしてもらった人の体験談です。


ネット上で簡単に見ることができます。


多くの人から好評を得ている店舗を選択するようにしましょう。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

◆金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っ

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には残念ながら詐欺のケースも存在します。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、買取価格も異様に安かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、お客さんの方から店に直接品物を持って行くのが最も一般的な方法ではないかと思います。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、すぐに現金化できるため、郵送買取などと違って安心できます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、鑑定・査定をしてもらうというもので、お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間を気にせず利用できるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を選ぶ必要があります。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも重要でしょう。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、取引の安全を守る意味でも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成年に達するまでは少なくとも一人では買取を利用できません。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。

◆不要な貴金属の売却時には、留意すべき点がある

不要な貴金属の売却時には、留意すべき点があるのです。


同量の金を買取に出す場合でも、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。


そのため、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか真剣に考えるのがいいですね。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、ここ数年で、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


最近ではさらに、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、市場での金の価格が上がる切っ掛けだったと考えられます。


昔もらったけど今ではもう使っていないような貴金属のネックレスや指輪などというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そこで役立つのが金買取ショップです。


買取ショップは非常に多くなっているので、公開されている参考買取額をもとに、最も良い条件で売却できる店はどこか、比べてみるのをおすすめします。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、よく調べて、有利な店を探してください。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどというケースが割と多いようです。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。

◆金には色々な種類があります。種類

金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と様々に色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。


近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを厳しくチェックしてください。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは知っていますか?一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


その理由には、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を行っているようです。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うお店が最近は多いようです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


金買取の利用を検討している場合は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


身につけなくなって久しい金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


買取ショップは非常に多くなっているので、サイトやチラシで買取額を調べ、一番高く売れるのはどこか、見比べて選びましょう。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、情報は隅々まで目を通しましょう。

◆金買取は誰でも手軽に利用できて便利

金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては残念ながら詐欺のケースも存在します。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


せっかくの金買取。


留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年への利用規制が原則としてあります。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、それは24金、すなわち純金の話です。


純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。