金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで法律の要件を満たすことになります。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


それが本当に金製であれば、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だという意味です。


純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。


少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、終始良い雰囲気でした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、利用してみて正解だったと今では思います。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。


18Kは1000分の750という純度です。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。


手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


もう何年も使っていないプラチナや金製の指輪などの装飾品はどなたにもあるかと思われます。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も最近は増えてきましたので、本当に高額で売却できるかどうか複数のお店で見てもらって検討してみてください。

◆昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の

昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。


タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みがいいのではないでしょうか。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも最近は増えてきましたので、本当に高額で売却できるかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を当たるというのが基本ですね。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも重要でしょう。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。


リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


どうせ不要の品物を売るのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


一口に投資といっても対象は色々あります。


最たるものが金でしょう。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、念のため、買取を利用する前に、金の相場に大きな動きがないか確認する必要があるでしょうね。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを専門店で買取してもらうにも、事前に注意するポイントがあります。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。


店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。

◆金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるな

金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、査定してほしい品物を入れて送り返します。


しばらくして、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、振込でお金が支払われます。


簡単ですね。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、買取の利用を急ぎすぎるのは考えものです。


何と言っても、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。


そうした事情があるので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高くなったタイミングを見計らって売却することが重要です。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた金がそこかしこに潜んでいるものです。


その代表的なものが金歯です。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。


予想していなかった収入にありつける可能性が高いですから、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは迷わず買取に出してしまいましょう。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


自分のことかなと思ったあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額には十分なることと思います。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で買取に応じてしまった、などという話はネットを見ていても散見されます。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、十分気を付けなければなりません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

◆昔もらったけど今ではもう使っていないよ

昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムをお持ちの方も多いと思います。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、サイトやチラシで買取額を調べ、どこが一番高値を付けてくれるか見比べて選びましょう。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


手元の金製品を処分したいといっても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


日常の生活の範囲内にも、金製品というのがそこかしこに潜んでいるものです。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。


数千円から一万円程度のお小遣いを得られる可能性もあるので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


しかし気になる点もあります。


それは、金をどこで買うかということですね。


金の購入をご検討されている方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。

◆金買取は、直接店に行かなくても、ネット

金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる事例が現在では多くなっています。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。


ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの金製品を持っている人は、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


とはいえ、店舗ごとに売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、事前の情報収集は欠かせません。


貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物に値段をつけてもらえます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったというエピソードはよく聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。