金の買取情報



◆多くの金買取は法律に則って誠実に行われています

多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


市場において金の純度を証明するため、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。


純度が高いか低いかにより、販売や買取における価格が大きく変わるのです。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするということになります。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、昔もらったものでも、年齢に似合わなくなってしまったりして長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、お近くの金買取店で売却することもできます。


ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


それでも、どうしても不安なら、思い切って専門店に売却して現金化するのも良い方法だと思います。

◆金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今は

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


純金でなければ当然それより安い額になります。


例えば75パーセントが金である18金の場合、大体3500円ほどになります。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、大体570グラムといったところでしょうか。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


昔は特にそうでした。


要因としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量を抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価格を引き上げる要因となっているのです。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるということになります。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方には嬉しいですね。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、その金額や状況によりますが、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかからないということになります。

◆近年、金の買取ショップが増え、買取価

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上がり続けているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、実質的には税金は課されないということです。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


直接お店に行かない形式の買取でも、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


買取で少しでも得をしようと思えば、念入りに業者を探さなければなりません。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントと解釈してください。


純度が高いか低いかにより、買取額は大きく変動してきます。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、買取の対価として実際に手元に入る金額は少なくなります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、強固なセキュリティが必要になるので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


それでも、どうしても不安なら、最初から現金にして銀行に預けておくのが選択肢の一つです。

◆初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイント

初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく調べてから利用しましょう。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は手を出してはいけません。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


貴金属を持て余している方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段で換金することができますね。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


理由としては、市場規模の小ささに加え、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、価値の根底にあるわけです。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


金の純度が100%未満であれば、18Kなど、数字が24以下になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手元の金を売ろうとする前に、金の相場に大きな動きがないか確認しておくのが無難です。

◆金の市場価値が上がっているとはいえ、買取の利用を急

金の市場価値が上がっているとはいえ、買取の利用を急ぎすぎるのは正直、正解とは言えないのです。


それがどうしてかというと、金というのは、とにかく市場価値が上下しやすいという性質があるからです。


なので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、最適のタイミングで買取を依頼することに全てがかかっています。


せっかくの金買取。


必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、毎日変動する相場を入念にチェックし、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるというケースが多くなっています。


相場の変動を味方につけて、高値で売れるようになれば一人前です。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


値段が崩れないのが金の魅力です。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、手元の金を売ろうとする前に、その時の相場をチェックした上で決断するのが得策でしょう。


18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、単独で買取サービスを利用することができません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、法定代理人である親が書いた同意書を求められるのが普通です。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。