金の買取情報



◆もう何年も使っていないプラチナや金製の指輪などの装飾品

もう何年も使っていないプラチナや金製の指輪などの装飾品はどなたにもあるかと思われます。


そうした品物をお持ちの方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことがいいのではないでしょうか。


貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、安心安全を求め、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも選択肢の一つです。


少し前の話ですが、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


今までに経験がなかったですから、買取してもらうお店をすぐには決められず、WEB上で情報収集することにしました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、何年も使っていない貴金属製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


自分のことかなと思ったあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。


最近、身内が亡くなり、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、利用してみて正解だったと今では思います。

◆買取ショップに金を持ち込む時、一番

買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、売りたい金製品はいくらの値段になるのかを正確に知りたいということですよね。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものか判断できるようになっておくといいでしょう。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、かつては気に入って使っていても、年齢に似合わなくなってしまったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


そうしたアイテムをお持ちの方は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


でも、ここで落とし穴があります。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


鑑定士にそのように言われたら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、その店が本当に信用できるのかどうかを入念に考えないといけません。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。

◆金のネックレスやブレスレットといった

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


主な買取対象といえば金ですね。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で換金することができますね。


これまで金の買取を利用したことがない場合、どこのお店に持ち込めばいいのか迷うというのはよく聞く話です。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、当然ですよね。


売却するお店を決める時に役立つのは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、お客さんからの満足度が高いのが容易に見て取れます。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。


リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金製品の買取をしてもらう際には、お客さんの方から店に直接品物を持って行くケースが最も多いようです。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、その場で現金を受け取れますから、不安要素はありません。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているケースが最近は多いですから、その場でよく考え、本当に納得してから買取してもらうことが可能なのです。

◆手元にある金を高値で買い取ってもらい

手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくのも怠ってはいけません。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、鵜呑みにしないことが大事です。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


しかし、郵送で買取を行う場合、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


買取で少しでも得をしようと思えば、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、店舗選びの際の参考にできます。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。


色々と聴いてみたら、貴金属製品で処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。


それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。

◆金の買取において、少しでも高値を付けても

金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を当たるというのが基本ですね。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


金の市場価値が上がっているとはいえ、勇み足になるのはあまり賢いやり方とはいえません。


あまり意識されないことですが、金というのは、とにかく市場価値に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、丁度いい時を狙って売ることが大事になってきます。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


十年以上にわたって使用していない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


タダで手放すのは惜しいという場合には、専門のお店で売却することをオススメします。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、実際にその品物が何円くらいになるのか一度見てもらうのもいいでしょう。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私もタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ネットの情報に頼ることになりました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。