金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかか

少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、続きを聞いてみたくなりました。


いわく、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば高値で買取してくれるというのです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


調べた結果、御徒町のあたりに、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その内の一店舗を利用することにしました。


店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと色々な種類があるのです。


金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取額の通知を受けたら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人から好評を得ています。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。

◆不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、その日その日の相場を把握した上で、売却の時期を決定するのです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まることがほとんどです。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


金の価値が上がっている昨今、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を取り扱うようになりました。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるところが多くなってきました。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、専門店と並んで有力な候補になります。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


昔から資産家の間でよく使われているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


まず調べておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


自分も金による資産保全が気になるという方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。

◆金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲

金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を見極める方法で迷うというのはよく聞く話です。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、誰だって考えることですよね。


売却するお店を決める時に役立つのは、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


ネットレビューで高評価のところは、それだけ買取に満足だったケースが多いということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


街頭だけではなく、ネットにおいても、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


金の買取を掲げている店舗では、本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。


金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。

◆金の価値が上がっている昨今、実に多くのお

金の価値が上がっている昨今、実に多くのお店が買取サービスを取り扱うようになりました。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うところが多くなってきました。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。


つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


また、消費税の安い日本で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


最近流行りの金買取ショップでは、本当に多くの種類のアイテムを売却することができます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。


金の売却において押さえておくポイントとしては、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


買取価格で後悔しないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、買取のタイミングを決めるべきです。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するケースが普通です。


上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では手数料や「目減り」などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は減ってしまう結果になります。


なんだか損した気分になりますね。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。

◆誰でも気軽に利用できる金買取ですが、

誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、相場というか、現実に何円くらいの価格で買い取ってくれるのか見込額を知ることだと思います。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか判るようになっておけば怖いものなしですね。


普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


お店のほうでは、取引の量が個人とは違いますから、しっかり利益を計上し、結構高い税金を課せられているでしょう。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのが得策ですね。


2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、やや遅めのペースながら、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


最近ではさらに、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出しにストップが掛けられました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、買取市場における金の価格が上昇する要因だったと考えられます。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、お客さんの方から店に直接品物を持って行く形式が普通ですね。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれる場合が多いため、十分納得のいく金額で買取してもらうことが可能なのです。


都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


サイト上で大体の買取価格を載せている業者も多いようです。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


出来る限り高い値を付けてもらうには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。