金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金に優るとも劣らない高級品といえば

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


それは24金、すなわち純金の話です。


一例として、18金(純度75%)ならば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。


そのため、未成年の人は買取を利用できないことになります。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなどと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で買取に応じてしまった、などという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。

◆最近、金の価値が上がっています。金製のネック

最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。


市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを粘り強く探してみるといいでしょう。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握することも必須であるといえます。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、品物を送る専用の容器が送られてくるので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


早ければ翌日には、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属がある人は多くいるようです。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取店に持ち込んで買取してもらうことも有力な選択肢ですね。


そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく調べてから利用しましょう。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は利用しないほうがいいでしょう。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

◆金の市場価値が上がっているとはいえ、思い立ってすぐさま

金の市場価値が上がっているとはいえ、思い立ってすぐさま買取店に走るのは考えものです。


何と言っても、景気の変化などにより、貴金属は価値に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。


最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、時間を気にせず利用できるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。


貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物に値段をつけてもらえます。


「金の買取」などと言うと、何百万円もする高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


金歯などは典型的な例でしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども買取ショップでは売却することができます。


金の価値が上がっている昨今、色々な店舗で貴金属の買取サービスを謳って営業しています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるお店が最近は多いようです。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。


もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、事業所得として金額を申告し、納税しています。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくことで不安を払拭しておきましょう。

◆金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠って

金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


買取店でそう言われてしまったときは、泣き寝入りするしかないですね。


タンスの奥に仕舞いっぱなしの貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。


そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みを考えてみてはどうでしょう。


「高価買取」などの看板を掲げたお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


少し前に、祖母の逝去に伴って、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、利用してみて正解だったと今では思います。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントという印です。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。

◆長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのな

長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスの売却を望む方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、続きを聞いてみたくなりました。


電話の人が説明してくれたところによると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


手持ちの金製品を買取に出す時には、何より買取額を気にされていることでしょう。


それはその時によって異なるとしか言えないのです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことに努力を捧げてもいいと思います。