金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆手持ちの金製品を買取に出す時には、

手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


ですから、納得いく金額での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことが重要だといえます。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも選択肢の一つです。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。


そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうスタイルが最もオーソドックスでしょう。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、その場で現金を受け取れますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるショップも増えてきましたので、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、買った金を買取店に持って行って売ると、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


なので、一度金を買っておけば、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。

◆リーマンショックからこっち、金の価格が高

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金買取を扱うお店も増えてきたので、昔より利用を検討しやすくなりました。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


もちろん、両者は別物です。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、流行に乗るようにして、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。


あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、試しにネットで検索してみたのです。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。

◆若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう全然使

若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


自分のことかなと思ったあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額には十分なることと思います。


残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方がここ数年で急増しています。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、なかなか首を縦に振らない人には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者はもちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


ここ十年くらい、金やプラチナの高価買取の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


銀行預金や投資信託などと併せて、よく見聞きするのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも不安にならなくて済むと思います。

◆原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、

原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示を求められるのが普通です。


買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの話はネットを見ていても散見されます。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中にはこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


せっかくの金買取。


気に留めておくべきことは、相場について正しい情報を持っておくことです。


なるべく高価の買取になるように、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、いつ買取に出すかを決めましょう。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。


相場の変動を味方につけて、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかという一点に尽きると思います。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


金の国際価格はドルで表されています。


それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こうした基本的な計算法を活用し、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、ずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。


調べた結果、御徒町のあたりに、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。

◆今は金の価値が上がっている時代で

今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


そのようなケースでは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、大体3500円ほどになります。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系の広告や看板が街に溢れています。


WEB上でも、ためしにgoogleなどで検索してみても、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。