金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつ

金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人が私の周りにも多くいます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるケースが普通です。


相場の確認を欠かさず、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないことになります。


とはいえ、例外的に、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人のための形態と考えてもいいかもしれません。


金買取がブームですね。


古いネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。

◆リーマンショックやギリシャの経済危機の

リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、買取価格が最も気になるところです。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことで、得できる可能性は高まります。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。

◆金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


ここ十年くらい、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といったテレビCMをよくやっている印象です。


街頭だけではなく、ネットにおいても、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選ぶ必要があります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握することも必須であるといえます。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間を気にせず利用できるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。


普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、しっかり利益を計上し、納税しています。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。

◆金の買取を利用する際には、警察の指導もあり、

金の買取を利用する際には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


対面でない場合、商品を発送する際に身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を行っているようです。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金やプラチナの買取を大きく扱うお店が最近は多いようです。


専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、実際幾らくらいの金額を付けてもらえるのかを事前に知っておくことでしょう。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーを何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


自分のことかなと思ったあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


主な買取対象といえば金ですね。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。


長年使っていない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、見比べて選びましょう。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。

◆金とプラチナはどちらが値段が高いのかはあまり知ら

金とプラチナはどちらが値段が高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


昔は特にそうでした。


要因としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、価値の根底にあるわけです。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


とはいえ、店舗ごとに買取金額は大きく違ってくるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


売却する品物の総量が多ければ、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、それだけお店の選択が重要になるのです。


金買取がメジャーになった現在では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を看板に掲げています。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるお店が最近は多いようです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


金製品を売りたいという方は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。