金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆18歳に達していない青少年は、古

18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかという一点に尽きると思います。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうというのが原則です。


とはいえ、例外的に、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握することも必須であるといえます。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金やプラチナなどの貴金属製品を買取に出す際は、考えておかねばならない点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額は全く異なるという点です。


WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びをじっくり検討してください。

◆万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お店は

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送によって店はお客さんの身分確認を行います。


昔は使っていたけど今は不要だという指輪などの金製品を持っている人は、買取に出すのも手です。


でも、それぞれのお店で価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。


たくさんの商品を売る場合は特に、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、店の選択には注意しましょう。


金を買取に出す上で、まず大事なのはどこの店に売るかを決めることです。


価格の多寡もさることながら、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店に信用と実績があるかどうかです。


WEBの場合、何より参考にできるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


不評の店は避け、良い評価が付いているところを選びたいものですね。


十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属をお持ちの方も少なくないと思います。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、専門のお店で売却することを検討してもいいと思います。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

◆最近メジャーになっているのが、ネットで申し込め

最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットで24時間いつでも申し込めるので、店に行く時間がなかなか取れない人を対象としたサービスといえるでしょう。


金やプラチナなどの貴金属製品の売却時には、考えておかねばならない点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。


そのため、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びを真剣に考えるのがいいですね。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、この頃までに、決して急速というわけではないですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


最近ではさらに、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


まず調べておきたいのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


新たに金の購入を始められるなら、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも不安にならなくて済むと思います。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段で換金することができますね。

◆ここ十年ほどで一気に増えてきた

ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、実に多くのお店が買取サービスをするケースが増えています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳う店も一般的になってきたのです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


金製品を売りたいという方は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、やはり自宅保管では心配なので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも解決法としてアリでしょうね。


この前、身内が他界して、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、本当に大丈夫か心配だったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。


肝心の金額も予想以上のもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、昔から使われている試金石検査という方法ならば、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


金製品の買取をしてもらう際には、お客さんの方から店に直接品物を持って行くケースが最も多いようです。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、適正価格で見積を出してくれますから、初めての人でも安心して利用できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれる店舗も多いですので、満足いくような価格で売却できます。


安心して利用できますね。

◆残念ながら金買取には悪質なケースもありま

残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが最近増えているようです。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、売却を渋る場合には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。


買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。