金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆今、金の値段が高騰しているのは確か

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。


それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段に上がり下がりがあるためです。


なので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、丁度いい時を狙って売ることが大事になってきます。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりして長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、金の加工品があちらこちらに存在しています。


その代表的なものが金歯です。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


意外な形での臨時収入にありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、買取を断られることが多いようです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

◆消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいです

消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、買った金を買取店に持って行って売ると、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


金買取がメジャーになってきていますが、前に私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


金買取はそれまで利用したことがなく、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


一昔前と違い、今は金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、昔より利用を検討しやすくなりました。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


信頼のおける情報といえば、口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


目についた中で最も口コミの良いお店を選択すれば損することはありません。

◆最近、金の価値が上がっていま

最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だと思えばほぼ間違いありません。


純度が高いか低いかにより、専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


家のタンスなどに眠ったままの金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


とはいえ、店舗ごとに価格は変わるので、複数のお店の情報を比較検討して慎重に店を選びましょう。


高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、相場について正しい情報を持っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、その日その日の相場を把握した上で、買取のタイミングを決めるべきです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。


相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。


18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば売却できないのが通例です。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。

◆最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをは

最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをはじめとして色々なものを売却することができます。


一般に、金買取という言葉からは、投資目的の地金を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


意外なところではメガネなどです。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、強引に金製品の売却を迫る場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておいてください。


近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


買取で少しでも得をしようと思えば、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、なるべくそういう店を選びたいものですね。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


初めて金を買うときには、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も贋物の心配などと無縁で済みます。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


純度によって額は下がります。


例えば18金なら、大体3500円ほどになります。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

◆買取業者が自宅までやって来て、使わなくなった金製品を

買取業者が自宅までやって来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを頭に入れておくことをお勧めします。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも解決法としてアリでしょうね。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


金買取を行っている業者のほうは、動いているお金が個人とは段違いですので、所得額の申告を行い、納税しています。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年への利用規制を設定しているのが普通です。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。


とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。