金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるよう

高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、安心安全を求め、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも一つの手でしょう。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


その理由には、レアメタルの中でも突出している希少性の高さの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額で買い取ってくれるのかという一点に尽きると思います。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。

◆貴金属の買取を行う店舗が最近増えて

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示する必要があります。


郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することによって店はお客さんの身分確認を行います。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは普段意識することがないでしょう。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、レアメタルの中でも突出している希少性の高さの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を担保しているのです。


金買取を利用してみたいと思っても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


数日と経たない内に、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、それは24金、すなわち純金の話です。


例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


もう使っていない金製品などの売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、持ち込む店舗により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はそれぞれ異なっていることです。


ですから、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、損しない売却先はどこか、よく検討して判断する必要があります。

◆金というのは特別なものではありません。日常

金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、必需品の中に隠れた金が結構たくさんあったりします。


中でも金歯はよく知られていると思います。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


金の買取を利用する上で、気にすることは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


広告に出ている買取額以上に、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを入念に考えないといけません。


少しでも怪しげな点がある店は利用しないほうがいいでしょう。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


金の買取を利用する際には、買取価格が最も気になるところです。


でも、買取額は一概には言えません。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、実際の買取額もそれに応じて変わります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額での買取をご希望の方は、毎日の金相場をネットなどで確認して、価値が上がるタイミングを見計らうことが大事になってきます。


金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


早ければ翌日には、買取額を通知するメールなどが届きますから、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、直ちに買取金額が口座に入金されます。


金の市場価値が上がっているとはいえ、価値が高い内に急いで売ろうというのは得策ではありません。


それがどうしてかというと、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格がコロコロと変わるためです。


なので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高くなったタイミングを見計らって売却することに全てがかかっています。

◆ショップやネットなどの金買取の市場では、装飾品以外

ショップやネットなどの金買取の市場では、装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。


金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


便利な金買取ですが、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


銀行預金や投資信託などと併せて、よく見聞きするのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金をどこで買うかということですね。


自分も金による資産保全が気になるという方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも失敗しないでしょう。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、どこのお店に持ち込めばいいのか最初は迷うものですよね。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは当然ですよね。


いいお店を選ぶ時の要点は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


口コミでの人気が高ければ、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていると言えます。


初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。

◆貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の

貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだという意味です。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、本当に自分が受け取れる額は少なくなります。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


自分のことかなと思ったあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で売却できる可能性が高いです。