金の買取情報



◆近頃では、いわゆる「金プラ買取」系の店

近頃では、いわゆる「金プラ買取」系の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


WEB上でも、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。


とはいえ、店舗ごとに買取金額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


売却する品物の総量が多ければ、買取総額はかなり変わってきますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


少し前に、祖母の逝去に伴って、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取金額もそこそこの値になったので、結果的には正解でした。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、やはり自宅保管では心配なので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも選択肢の一つです。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、強引に金製品の売却を迫るという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができると覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

◆金やプラチナなどの買取ショップでは、トラ

金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限を設定しているのが普通です。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないケースが大半だと思われます。


もっとも、沢山あるお店の中には、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取に出す際は、以下の内容を頭に入れておいてください。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件がそれぞれ異なっていることです。


ですから、事前にホームページなどで情報収集し、損しない売却先はどこか、真剣に考えるのがいいですね。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、ずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、買取してもらうお店をすぐには決められず、試しにネットで検索してみたのです。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


店員さんの対応も丁寧だったし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


金買取のシステムは店によって千差万別です。


手数料や「目減り」などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


こうした費用を有料にしている店舗では、当然、そのぶん最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


後から損した気分にならないためにも、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


金を買取に出そうと考えたとき、普通に思い至る売却先といえば、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、一人で入るのは勇気が要るという方も多くいるのではないでしょうか。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。

◆金の価値が高騰していると聞いたので

金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


とはいえ、初めてのことで、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、試しにネットで検索してみたのです。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかは知っていますか?一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、レアメタルの中でも突出している希少性の高さの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を担保しているのです。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限があるのが当たり前です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。


ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


業者の人間が突然自宅を訪れ、強引に金製品の売却を迫る場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを頭に入れておくことをお勧めします。


近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、「金 買取」などのワードで検索をかけると、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。

◆金買取を利用するにあたっては、

金買取を利用するにあたっては、一番肝心なお店選びの段階で最初は迷うものですよね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰だって考えることですよね。


売却するお店を決める時に役立つのは、「利用者からの人気」が第一です。


ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であることを示しており、参考になります。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、大切なのは純度だということです。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、続きを聞いてみたくなりました。


電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで確認に変えるのが一般的です。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金の形で資産を保全しておく方法です。


これなら景気の影響を受けませんからね。


しかし気になる点もあります。


それは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


自分も金による資産保全が気になるという方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも失敗しないでしょう。

◆この中には初めて金買取を利用する方も多いと思いま

この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、店の選択がすべてです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


そして最も基本の部分としては、その店に信用と実績があるかどうかです。


信頼のおける情報といえば、利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


多くの人から好評を得ている店舗を優先して利用するのがいいでしょう。


金買取を利用してみたいと思っても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


ネットで個人情報などを登録すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


数日と経たない内に、電話やメールなどで査定額の提示があるので、自分がその金額を承諾すれば、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、納得できないような安い金額で金を手放してしまったという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


サイト上で大体の買取価格を載せている業者も多いようです。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を取らない店も中にはあるため、店舗選びの際の参考にできます。


手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を当たるというのが基本ですね。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うという努力も欠かせません。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、鵜呑みにしないことが大事です。