金の買取情報



◆業者の人間が突然自宅を訪れ、しつこく金を買い取ろう

業者の人間が突然自宅を訪れ、しつこく金を買い取ろうとしてくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。

業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、憤りを抑えられない方も当然多いです。

こうした訪問購入のケースに対しては、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを覚えておき、いざという時に備えてください。買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのかを正確に知りたいということですよね。

品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はドルで表されています。それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。
すると、日本国内の金価格が算出できます。

よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、候補に挙がってくるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が私の周りにも多くいます。
そんな人もご安心下さい。

デパートで買取を実施する場合があるのです。
催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。手持ちの金製品を買取に出すとしても、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。
どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは当然ですよね。

いいお店を選ぶ時の要点は、「利用者からの人気」が第一です。



ネットレビューで高評価のところは、それだけ買取に満足だったケースが多いと見ていいでしょう。

初心者の方でも当てにできる指標になりますね。

万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式にも同じように本人確認が求められます。
最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで確認に変えるのが一般的です。

◆金のネックレスやブレスレットといった装飾

金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。
24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。

それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で売却できる可能性が高いです。金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金製品というのが割と色々な形であるのです。

例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。
装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。



タナボタ感覚でのお小遣いを得られる可能性もあるので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。

少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。

なにぶん、そうしたことは初めてだったので、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、WEB上で情報収集することにしました。
その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。
様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。


貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムが買取の対象になっています。金というといかにも富豪の趣味という気がして、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


金歯などは典型的な例でしょう。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。
金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを厳しくチェックしてください。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は買取を依頼するべきではありません。買取金額だけが高くても油断はできません。手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

◆買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れにな

買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。貴金属を持て余している方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。

金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。



純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で換金することができますね。

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、お店の人に確認してみるといいかもしれません。デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。

そこで役立つのが金買取ショップです。

買取ショップは非常に多くなっているので、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、一番高く売れるのはどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、よく調べて、有利な店を探してください。

依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が増えているようで、法規制も行われています。

この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。
後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者はもちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。
こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。不要な貴金属を買取店に持ち込む前に、次のことに気をつけてください。
金の価値は相場でも変わる上、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。


店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。

◆手元にある金を高値で買い取って

手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を当たるというのが基本ですね。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも怠ってはいけません。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の指輪やネックレスなどはどなたにもあるかと思われます。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取店に持ち込んで買取してもらうことがいいのではないでしょうか。


金・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


金買取がメジャーになった現在では、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱う事例が現在では多くなっています。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、品物を送る専用の容器が送られてくるので、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


早ければ翌日には、電話やメールなどで査定額の提示があるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


ここ数年、金の市場価値が上昇しているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、原則としては、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

◆金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今

金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上を超えるような量というと550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


金の買取を業者に依頼するにあたって押さえておくポイントとしては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、相場を小刻みに確認しておき、売却の時期を決定するのです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。


相場の変動を味方につけて、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる店舗も見られます。


直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形が基本であるといえます。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、初めての人でも安心して利用できます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるケースが最近は多いですから、満足いくような価格で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。