金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆お手持ちの金製品を売却したい方は、お客さん

お手持ちの金製品を売却したい方は、お客さんの方から店に直接品物を持って行く形式が普通ですね。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、適正価格で見積を出してくれますから、郵送買取などと違って安心できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるお店も少なくないですから、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討して慎重に店を選びましょう。


高価な品物であればあるほど、店の違いによって金額も大違いになりますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、その店が本当に信用できるのかどうかを入念に考えないといけません。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は買取を依頼するべきではありません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


こうした費用を有料にしている店舗では、これらが差し引かれることで、買取の対価として実際に手元に入る金額は少なくなります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。


ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

◆金製品を売却したいと思っても、

金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込めばいいのか迷うというのはよく聞く話です。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは利用客としては当たり前の話です。


初めての方が注目するべきは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、トラブルと無縁のちゃんとした店であるのが容易に見て取れます。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格を付けてもらえるのか見込額を知ることだと思います。


基本的な算出方法を以下に示します。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、昔より利用を検討しやすくなりました。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


もう何年も使っていない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


そうした品物をお持ちの方は、お店で買取を依頼するのも有力な選択肢ですね。


金・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


少し前の話ですが、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どこに売ったものか迷い、ネットの情報に頼ることになりました。


調べた結果、御徒町のあたりに、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。

◆最近はやりの金買取。色々な形式があるようで

最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むケースが最も多いようです。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


これはあくまで純金の価格ですから、純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、大体570グラムといったところでしょうか。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


今までに経験がなかったですから、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ネットの情報に頼ることになりました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、思った以上の値段が付いたので満足しています。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、やはり自宅保管では心配なので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも良い方法だと思います。

◆ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの金

ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの金製品を持っている人は、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、店の違いによって金額も大違いになりますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


買取額の通知を受けたら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時から今までの間に、徐々にですが、金の市場買取価格が上がってきています。


近頃はそれに加えて、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出しにストップが掛けられました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も買取市場における金の価格が上昇する要因の一つになったとみられています。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気を付けなければならないのは、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するのが一般的といえます。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


金製品の買取をしてもらう際には、お客さんの方から店に直接品物を持って行くスタイルが最もオーソドックスでしょう。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている店舗も多いですので、満足いくような価格で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。

◆最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定に

最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は減ってしまう結果になります。


なんだか損した気分になりますね。


買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間を気にせず利用できるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人から好評を得ています。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。


買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、相場変動の情報に強くなっておくことを意識しましょう。