金の買取情報



◆自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけ

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、もう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額の臨時収入が期待できます。


最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間を気にせず利用できるので、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、あれやこれやと理由をつけて結局定額で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、色々な名目で買取額が減額されて、買取の対価として実際に手元に入る金額は減ってしまう結果になります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、この点を確認しておくことをお勧めします。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、普通に思い至る売却先といえば、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。

◆一口に金と言っても、その純度によって色々な

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは装飾品以外にも、様々な商品の買取を受け付けてくれます。


金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども買取ショップでは売却することができます。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品があちらこちらに存在しています。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


予想していなかった収入が入ってくることが見込めるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは買取店に持ち込んでみるのも一興です。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


なので、一度金を買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


金やプラチナなどの買取ショップでは、20歳未満からの買取の禁止が原則としてあります。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。


ただ、一部では、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


しかし、たとえ親の同意があっても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。

◆昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品

昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取ショップへの持込みをオススメします。


金・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


ずっと前から使わなくなってしまった指輪などの金製品を持っている人は、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


ただし、同じ量の金でも店によって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネットで事前に情報を調べて条件の良いお店を選択するといいでしょう。


特に、売りたいものが多い場合、店の違いによって金額も大違いになりますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


ですから、納得いく金額での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが大事になってきます。


金買取を利用する時のポイントとして、価値が高い内に急いで売ろうというのはあまり賢いやり方とはいえません。


それがどうしてかというと、僅かな情勢変化により、金は買取額が上下しやすいという性質があるからです。


こういった理由から、刻々と変わる相場に目をつけ、上がるところまで上がったタイミングで手放すことが大事になってきます。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、その金製品は現実にどれだけの金額になるのかを事前に知っておくことでしょう。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのか判るようになっておけば怖いものなしですね。

◆全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。そこで、

全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。


そこで、定番といえば、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


新たに金の購入を始められるなら、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにもセーフティですよね。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が最近増えているようです。


お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の指輪やネックレスなどが沢山あるという方もいるでしょう。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取サービスを利用して現金化するのも有力な選択肢ですね。


「高価買取」などの看板を掲げたお店もあちらこちらにありますので、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


初めての金買取。


どこのお店に持ち込めばいいのか頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。


ネットレビューで高評価のところは、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていることを示しており、参考になります。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。

◆税金は何をしても掛かるものです

税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


専門に金買取を扱う業者などだと、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、その利益に応じて多額の税金を納めていることと思います。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのもいいでしょう。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、お客さんの方から店に直接品物を持って行くケースが最も多いようです。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、適正価格で見積を出してくれますから、初めての人でも安心して利用できます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれる店舗も多いですので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で売却できます。


安心して利用できますね。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくことも必須であるといえます。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、鵜呑みにしないことが大事です。


近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる業者も多いようです。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


少しでも高い金額で売却するためには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、店舗選びの際の参考にできます。