金の買取情報



◆金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャ

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


最近メジャーになっているのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも、やはり本人確認は必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で手放したいなら、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことを意識しましょう。

◆少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の

少し前に、祖母の逝去に伴って、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


少し前の話ですが、金買取のお店を利用したことがあります。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、買取してもらうお店をすぐには決められず、試しにネットで検索してみたのです。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる業者も多いようです。


しかし、郵送で買取を行う場合、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


出来る限り高い値を付けてもらうには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、金製品というのが案外多いものです。


中でも金歯はよく知られていると思います。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


タナボタ感覚でのお小遣いをゲットできるチャンスですし、もう使わなくなった金歯がある方は、迷わず買取に出してしまいましょう。

◆消費増税が思わぬ儲けのチャンスだ

消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書がなければ買取してもらえません。


金の市場価値が上がっているとはいえ、思い立ってすぐさま買取店に走るのは賢明ではないといえます。


何と言っても、僅かな情勢変化により、金は買取額の変動が頻繁に起こるからです。


そのため、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。


買取店に金製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。

◆今は金の価値が上がっている時代です。金製のアクセサリ

今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


買取店でそう言われてしまったときは、運が悪かったと思って諦めることです。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で買取額は大きく変動してきます。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、手放す際には、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくのも重要でしょう。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなどと言うからお店に行ってみたら、納得できないような安い金額で買取に応じてしまった、などという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

◆手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、手数料や

手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくといった工夫もできるといいでしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


さらに、保護者が同意していたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、他と比較検討しないままお店を決めたら、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、大体3500円ほどになります。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上に達するには、必要な量は550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。