金の買取情報



◆現在の金相場は、1グラムいくらという形

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


最近メジャーになっているのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、お店に行く時間がないという方のための形態と考えてもいいかもしれません。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは考えものです。


それがどうしてかというと、金というのは、とにかく市場価値の変動が頻繁に起こるからです。


そこで、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、最適のタイミングで買取を依頼することが重要です。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


昔からその代表といえば金です。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金が投資対象として魅力的である一因です。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、金の相場に大きな動きがないか確認してから売るのがいいと思います。

◆手持ちの金製品を買取に出す時に

手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売りたいと思う方は、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、その日その日の金の値段を頭に入れておくことを意識しましょう。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは知っていますか?基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。


数万円程度の買取額を得た程度なら、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


専門に金買取を扱う業者などだと、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、その利益に応じて納税しています。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


買取で少しでも得をしようと思えば、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額が一切ない店も少なくないため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


自分のことかなと思ったあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。

◆贅沢品の代名詞である金。しかし、実は我々の日常生活の

贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、貴金属と同様に扱われる金製品がそこかしこに潜んでいるものです。


例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


意外な形での臨時収入を得られる可能性もあるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


そこのお店で売却すればいい値段になるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、納得できないような安い金額で買取に応じてしまった、などという苦い経験をした方もいるかもしれません。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よく見極めたうえで利用しないといけません。


こうした被害に遭ってしまった時には弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのはあまり賢いやり方とはいえません。


何と言っても、貴金属は買取時の値段の変動が頻繁に起こるからです。


そうした事情があるので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高値になるタイミングを見逃さないことに全てがかかっています。


もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


でも、それぞれのお店で価格は変わるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


売却する品物の総量が多ければ、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、また、何より大事なこととして、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


ネット上で信頼できるソースはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


レビューで高得点を得ている業者を選びたいものですね。

◆貴金属の買取を行う店舗が最近増え

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


郵送した商品を査定してもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、どこの店に売るかを決めることです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


また、何より大事なこととして、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


信用できる情報源はそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


多くの人から好評を得ている店舗を優先して利用するのがいいでしょう。


金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金でできていたり、一部に金が使われている製品がそこかしこに潜んでいるものです。


例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


予想していなかった収入にありつける可能性が高いですから、もう使わなくなった金歯がある方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、家にずっと眠ってはいるけど、ブームが過ぎてしまったなどで何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


貴金属を持て余している方は、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。

◆ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けている

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、昔より利用を検討しやすくなりました。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかを即答できる人は少ないかもしれません。


プラチナの方が原則的には高価です。


昔は特にそうでした。


要因としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量を無視できないでしょう。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、昔からその代表といえば金です。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値崩れが少ない理由なのです。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、その時の相場をチェックする必要があるでしょうね。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、憤りを抑えられない方も当然多いです。


こうした訪問購入のケースに対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。