金の買取情報



◆金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額の臨時収入が期待できます。


普段意識しないことですが、我々の周囲には金製品というのが結構たくさんあったりします。


その代表的なものが金歯です。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


タナボタ感覚でのお小遣いにありつける可能性が高いですから、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


いくらかでも現金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、店に行く時間がなかなか取れない人から好評を得ています。


金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。

◆金の買取を利用する際には、何より買取額を気

金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


でも、買取額は一概には言えません。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売りたいと思う方は、毎日の金相場をネットなどで確認して、相場変動の情報に強くなっておくことを意識しましょう。


金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、金の加工品がそこかしこに潜んでいるものです。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。


とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。


ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入を得られる可能性もあるので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


長年身に付けていない金やプラチナの装飾品があったら、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


売却する品物の総量が多ければ、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


金買取がメジャーになった現在では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うお店が最近は多いようです。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

◆銀行預金や投資信託などと併せて、定番とい

銀行預金や投資信託などと併せて、定番といえば、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


ここで注意しなければならないのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


初めて金を買うときには、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、不安にならなくて済むと思います。


金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限があるのが当たり前です。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないと思った方がいいでしょう。


僅かながら、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に以下の内容を頭に入れておいてください。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、持ち込む店舗により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はピンキリだということなのです。


なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、損しない売却先はどこか、熟慮して判断するべきでしょう。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、勇み足になるのは賢明ではないといえます。


何と言っても、景気の変化などにより、貴金属は価値に上がり下がりがあるためです。


こういった理由から、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。


そこのお店で売却すればいい値段になるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。

◆金の買取を利用する際には、何より買取額を

金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で手放したいなら、ネットで情報を見て、相場変動の情報に強くなっておくことを意識しましょう。


そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどの話は昔からよく聞かれます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高くなっているので、専門店で買い取ってもらったという時、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、鑑定・査定をしてもらうというもので、お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人が主に利用しているようです。

◆金の指輪やネックレス、ブレス

金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう何年もご無沙汰という貴金属のアクセサリーをずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額には十分なることと思います。


昔は使っていたけど今は不要だという金製の指輪や腕時計などがあるのならば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


でも、それぞれのお店で価格は変わるので、複数のお店の情報を比較検討して高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


売却する品物の総量が多ければ、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、取引の安全を守る意味でも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、18歳を過ぎていても未成年であれば単独では利用できないのが一般的でしょう。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、法定代理人である親が書いた同意書が必要な場合がほとんどでしょう。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、その金製品は現実にどれだけの金額を付けてもらえるのかを正確に知りたいということですよね。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、適正価格での買取が行われているのか自分で見極められるようにしておきたいですね。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


昔から資産家の間でよく使われているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


ここで注意しなければならないのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


自分も金による資産保全が気になるという方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。