金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を

金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、実際幾らくらいの金額で売却できるかという見積を事前に立てられることです。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はその都度変動しています。


その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか注意深く判断してください。


不況の影響もあってか、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


十年以上にわたって使用していない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


そうした品物をお持ちの方は、お店で買取を依頼するのがいいのではないでしょうか。


貴金属の買取を受け付けているショップもここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。


少しでも怪しげな点がある店は手を出してはいけません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。

◆最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取

最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額を取らない店も中にはあるため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、それをビジネスチャンスと見てか、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどというケースが割と多いようです。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


買取に行ってそういうことになったら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、金の指輪を遺産として相続しましたが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、本当に大丈夫か心配だったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、終始良い雰囲気でした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、利用してみて正解だったと今では思います。

◆金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナです

金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


金に代表される貴金属はその典型です。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、実際に買取に持ち込むなら、事前に金の相場に大きな動きがないか確認する必要があるでしょうね。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が多くなっていると聞きます。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、売却を渋る場合には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


後から売却をキャンセルされまいと、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


手数料や「目減り」などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


買取時、こういった費用を取る店だったら、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて慎重に店を選びましょう。


特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。

◆お手元の金製品を買い取っても

お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり押さえておくポイントとしては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


少しでも高値で手放すことができるよう、その日その日の相場を把握した上で、最適のタイミングで買取に出しましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


金買取を利用するにあたっては、良い買取店を見極める方法で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは誰だって考えることですよね。


お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店舗も見られます。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、念入りに業者を探さなければなりません。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が引かれないところも多いですから、店舗選びの際の参考にできます。


金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制を定めているとところが大半でしょう。


そのため、未成年の人は買取を利用できないというのが原則です。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも選択肢の一つです。

◆今、金の値段が高騰しているのは確か

今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。


それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段に上がり下がりがあるためです。


なので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、丁度いい時を狙って売ることが大事になってきます。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりして長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、金の加工品があちらこちらに存在しています。


その代表的なものが金歯です。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


意外な形での臨時収入にありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、買取を断られることが多いようです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。