金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気な

ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方が主に利用しているようです。


買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといったケースはよく耳にするところです。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、十分気を付けなければなりません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。


そうした品物をお持ちの方は、お店で買取を依頼するのがいいのではないでしょうか。


貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、いくらの値段が付くか一度見てもらうのもいいでしょう。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


買取業者が自宅までやって来て、強引に金製品の売却を迫る迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを頭に入れておくことをお勧めします。

◆自分で買ったり人からプレゼントして

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


貴金属を持て余している方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で手放すことができるでしょう。


不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、原則としては、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。


金の市場価値が上がっているとはいえ、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのはあまり賢いやり方とはいえません。


何と言っても、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。


そこで、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高くなったタイミングを見計らって売却することが大事になってきます。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、そして最も基本の部分としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


WEBの場合、何より参考にできるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


目についた中で最も口コミの良いお店を見極めて利用してください。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額だけに注目するのではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。


少しでも怪しげな点がある店は利用しないほうがいいでしょう。


中には高価買取を謳う広告もありますが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。

◆金買取というのが流行っているそうで

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるということになります。


また、消費税の安い日本で買った金をハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金は、重さで言えば大体570グラムといったところでしょうか。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を取り扱うようになりました。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳う店も一般的になってきたのです。


専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。


自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、専門店と並んで有力な候補になります。

◆金買取を利用するにあたっては、お店選びで頭を悩ませて

金買取を利用するにあたっては、お店選びで頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、当然ですよね。


いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。


多くの人が良かったと言っているお店は、お客さんからの満足度が高いことを示しており、参考になります。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。


近頃は、実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、考えなしに店を決めようものなら、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


そういう事態に直面してしまったら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、「18金(18K)」などの表現になります。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。

◆リーマンショック以降、金やプラチナの高価買取の

リーマンショック以降、金やプラチナの高価買取の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が増えているようで、法規制も行われています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、断ろうとすると、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


金製品をどこよりも高く買い取れるという売り文句につられて行ってみたところ、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で買取に応じてしまった、などという苦い経験をした方もいるかもしれません。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。


ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。