金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆リーマンショックからこっち、金の価格

リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、ネットで情報収集することもお勧めです。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、慌てて売るのはよくありません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私もタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


とはいえ、初めてのことで、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。


少しでも怪しげな点がある店は買取を依頼するべきではありません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時からここ数年で、やや遅めのペースながら、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


最近ではさらに、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出し制限も発動されました。


こうした事態もまた、金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。

◆近頃は、金の高価買取を掲げる

近頃は、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、慌てて売るのはよくありません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、考えなしに店を決めようものなら、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないと思った方がいいでしょう。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


なので、一度金を買っておけば、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


また、消費税の安い日本で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取額の通知を受けたら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人が主に利用しているようです。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定料、手数料などといった諸費用を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、色々な名目で買取額が減額されて、買取の対価として実際に手元に入る金額は減ってしまう結果になります。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、費用の有償・無償はチェックしておいてください。

◆贅沢品の代名詞である金。しかし、実は我々の日常生活の中

贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、必需品の中に隠れた金が案外多いものです。


その代表的なものが金歯です。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


タナボタ感覚でのお小遣いにありつける可能性が高いですから、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害が最近増えているようです。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


後から売却をキャンセルされまいと、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら実質的には税金は課されないということです。


この前、身内が他界して、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、素人の私にも優しい印象でした。


肝心の金額も予想以上のもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。

◆タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の装飾品

タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取サービスを利用して現金化するのを検討してもいいと思います。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


少し前に、祖母の逝去に伴って、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取額も十分納得できるもので、思い切って利用してみてよかったです。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどというケースが割と多いようです。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。


18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、20歳未満は古物売買の利用はできないところがほとんどです。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。

◆金の価格高騰に伴い、友人が金を売却して

金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


よほど大量の取引をしていない限り、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、しっかり利益を計上し、納税しています。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


その業者によれば、貴金属製品でもう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。


せっかくの金買取。


気を付けなければならないのは、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


なるべく高価の買取になるように、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるケースが普通です。


相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、よく見聞きするのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも不安にならなくて済むと思います。