金の買取情報



24時間限定リアルタイム

◆金の買取において、少しでも高値を付けて

金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを粘り強く探してみるといいでしょう。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも重要でしょう。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、上手い話に騙されないようにしましょう。


不況の影響か、金買取の相場が上がり続けているようなので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、実質的には税金は課されないということです。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を確認してみましょう。


ニセモノの金でなければ、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金と解釈してください。


もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどで何年も使わずじまいという方も多いと思います。


捨てるのもしのびないという人は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


買取店でそう言われてしまったときは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

◆金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほし

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかをよく検討した上で利用する必要があります。


ちょっとでも悪評判が付いている店は手を出してはいけません。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


買取金額の連絡が来たら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。


18歳に達していない青少年は、責任を取れないので、法律の規定により金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成年に達するまでは売却できないのが通例です。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。


タンスの奥に仕舞いっぱなしのプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。


もう使わないことが分かりきっているなら、専門のお店で売却することも有力な選択肢ですね。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街頭、ネット問わず多いですから、高値が付くかどうかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。


例えば75パーセントが金である18金の場合、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


それなりの額、例えば200万円に達するには、必要な量は大体570グラムといったところでしょうか。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。

◆手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるな

手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、納得できないような安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、本当に自分が受け取れる額は随分減らされてしまうのです。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


買取を利用する際には、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


そのため、少しでも高い金額で手放したいなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、相場変動の情報に強くなっておくことが重要だといえます。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる業者も多いようです。


直接お店に行かない形式の買取でも、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


出来る限り高い値を付けてもらうには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。

◆もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、

もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


ただし、同じ量の金でも店によって買取金額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、それだけお店の選択が重要になるのです。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも怠ってはいけません。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金を買取に出す上で、まず大事なのはどのお店に買取をお願いするかということです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、何より大事なこととして、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


信用できる情報源は口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


レビューで高得点を得ている業者を選びたいものですね。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


先日、祖母が鬼籍に入り、私も遺品の指輪をもらったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取金額もそこそこの値になったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。

◆近年、金の買取ショップが増え、買取価格が

近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかからないということになります。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


それは24金、すなわち純金の話です。


純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない指輪やネックレスなどの金製品を自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そんなときは買取ショップで換金しましょう。


貴金属を買取してくれる店を探して、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どこが一番高値を付けてくれるか比較検討するのが賢いやり方です。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。


金買取のシステムは店によって千差万別です。


専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


せっかくの買取で後悔しないように、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、納税しています。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのもいいでしょう。