酵素ダイエット情報



◆ダイエットに酵素を使用するにあたり、意外と楽し

ダイエットに酵素を使用するにあたり、意外と楽しいのは「ドリンクの割りかた」です。


酵素ドリンクのフレーバーと好相性の組み合わせを見つけることでおいしく飲みやすくなり、味の変化も楽しめ、ウェブなどで味の情報交換をする楽しさは、料理コミュニティサイトのそれと同じでしょう。


手軽なところでは、炭酸水。


混ざりやすいので、朝、思い立ったときにすぐ作れます。


炭酸ならではのサッパリ感が気分をリフレッシュしてくれますし、酵素の匂いや味があとに残りにくいです。


ノンカロリーで満腹感が得られるほか、胃腸の動きを活発にしてくれるので代謝も良くなる点が嬉しいですね。


一方、午後や空腹時に欲しいのは、コクですよね。


それなら豆乳はいかがですか。


とくに豆乳は、満腹感が得られます。


カロリーレスではありませんが、大豆イソフラボンは美肌効果がありますから、ダイエット中の肌つやをキープするのにも役立ちます。


いまどきの酵素ドリンクは配合も味も種類が豊富で、自分好みの味を選べるのが嬉しいですね。


フルーツ系フレーバーの優光泉「梅味」は、甘みも味もすべて天然成分なので、香りがよくて甘さも残らないため、ファンが多いです。


水以外では炭酸割りが、梅サワーのようなサッパリ美味になるのでイチオシです。


ベジライフ酵素液のような、黒糖っぽい味の酵素もあります。


90種類もの材料を使っているのに、味の仕上がりは薄め。


薄めずに原液そのままで飲めます。


楽しむなら、100%ジュースやミルク割りが良いでしょう。


野菜の苦味やえぐみも感じませんし、野菜系が苦手な人でもOKです。


最近よく聞くベルタ酵素も、フルーツフレーバーの中では特においしく飲みやすいです。


黄桃やアプリコットのような味なので、ヨーグルトにかけたときのデザート感が、ダイエット中には嬉しいです。


アレルギーを持っている人の場合、酵素ダイエットに必要不可欠である酵素食品、ドリンク類やサプリの中身についてアレルギーの原因物質が含まれていないかを、確かめてください。


意外といろいろな材料から製造されておりますので、重ねてご確認ください。


そして、アレルギー反応が出そうなものは避け好みのジュースやサプリを選び、酵素ダイエットを試してみてはいかがでしょうか。


酵素摂取を開始、持続させた結果体質改善による、アレルギー症状の軽減があったという例があるということです。


3日間ほど酵素ダイエットに取り組み体重計の数字が減ったら、効果ありと判断する人もたくさんいますが、成功したかは不確かなものです。


一週間もしないうちに体重計を見てがっかりすることもあるので、ダイエットの成功は最低1ヶ月痩せている状態を保つことができてから判断した方がよいでしょう。


よくありがちなのですが、酵素ダイエットを過信して普段より多く食べてしまえば、今までの努力は崩れ去ります。


珍しい酵素製品があるのでご紹介します。


野草原液“酵素八十八選”。


民間薬として使用されている野草60種類をギュッと濃縮し、そこに果実・野菜、海藻、キノコを加え、麹菌や酵母菌、体に良い乳酸菌など31種類を配合して作られています。


防腐剤は不使用です。


香料や着色料も使わないため、仕込みごとに色の違いはありますが、天然素材由来の色、香り、効き目を大事にしています。


残留農薬や放射性物質の検査もしているので、とても安心です。


著名なモデルさんが愛飲していることでも知られていますが、酵素ドリンク八十八選は健康増進効果が高く、毎日の栄養補給にも効果的ですので、食生活や睡眠が乱れている人にも、うってつけの製品です。


健康のために毎日飲み続けることで、早いうちのエイジングケアとしても使えるほか、肌の調子を整えたり代謝を高める効果もあり、幅広い年代に活用できます。

◆1日3食の献立のうち、1食を酵素ドリ

1日3食の献立のうち、1食を酵素ドリンクだけにする方法でダイエットする際、酵素ドリンク以外は何を摂るの?と思われるかもしれません。


野菜や果物、発酵食品です。


海藻(コンブ・ワカメ・ヒジキなど)もいいですね。


穀物も摂っていただいてOKです。


ただし、どんな穀物でもよいわけではありません。


小麦系のもの(例えばパンや麺など)ではなくて、お米を食べましょう。


献立のなかに、肉料理や魚料理を取り入れたいときには、できるかぎりカロリーを抑えられるような調理方法を選んで調理することが大切だということです。


また、食品添加物を多く含有しているようなものはなるべく食べないようにしましょう。


酵素さえ飲めば痩せていくと思ったのに違う、そのわけはやみくもに酵素を取ったところで1日中ゴロゴロしているような状態ではプラス効果はなく大切なことは「睡眠」なのです。


ぐっすり寝ることが、痩せる体作りの一歩です。


美しく痩せたい人が注目しているのが酵素を使ったダイエットです。


毎日摂取する食事のうちの一回分の代わりに僅かな量の酵素ドリンクを食事とするダイエット方法です。


酵素ドリンクしか飲まない場合は、すぐに腹ペコになってしまうのではないかと考えてしまいがちですが、野菜ジュースといったもので水分を多くして飲むようにすれば、腹持ちのいい状態に体を調整することができます。


他にも、ヨーグルト、豆乳に入れて摂取することもできますし、空腹感を感じたくない人は入れるものでコントロールするといいですね。


美肌と酵素ダイエット。


両方の効果が得られるよう有効成分を厳選してブレンドしたのが、ベルタ酵素ドリンクです。


ここに含まれる165種類の酵素は、すべて体に必要なものばかり。


栄養不足やアンバランスな状態から、正常な状態になるよう働きかけてくれるでしょう。


これだけの栄養素を含むのにローカロリーなので、これなら肥満につながることもないでしょう。


ベルタならではの豊富な酵素が体全体の代謝を促し、脂肪燃焼とともにデトックスの効果が得られます。


20代を過ぎると急に体質が変わって太りやすくなったという話をよく聞きますが、それはカロリーの過剰摂取だけが原因ではなく、酵素不足や、不要物質の蓄積によるものであることが少なくありません。


ベルタ酵素のダイエットでは必要な成分を補充しながら代謝を促すので、健康も増進でき、体の中から綺麗に痩せていくので、ダイエット効果も持続します。


酵素風呂といえば酵素の力で発酵させた米ぬかやおがくずの浴槽に入り、体を自然発酵熱で温めるお風呂のことです。


その他、普通のお風呂のお湯に酵素液を混ぜる酵素風呂というのもあります。


酵素が活性化して生じる熱は、体を内部から温めて、新陳代謝促進が期待できます。


体の中に蓄積した老廃物や、不要な塩分または毒素を流れる汗とともに体の外へと一掃してくれるのです。


体質が改善される他、肌質の改善効果もあり、健康維持にも役立つでしょう。

◆生理が始まる前に酵素ダイエッ

生理が始まる前に酵素ダイエットをするということはできれば止めた方がいいでしょう。


生理前は痩せづらいとされている期間ですし、気持ちが不安定で、ネガティブな方向へいきやすいです。


日常に酵素をプラスすることは問題ないのですが、酵素ドリンクを食事としてとり、プチ断食をするのは、やめておくべきでしょう。


頑張りを続けても思うように体重が落ちなかったり、元の体重に戻ってしまうでしょう。


酵素ダイエットをするなら、大根おろしを味方につけてしまいましょう。


なぜ非加熱の大根おろしが効くのかというと、すりおろしで得られる辛味成分イソチオシアネートと、生の大根にある消化酵素の働きの両方が得られるからです。


消化吸収を助け、血液をサラサラにし、新陳代謝を促進してくれるため、太りにくく痩せやすい体質になっていきます。


手間がかかるので頻繁に作ることができないなら、千切りにしてサラダにするのも有効ですが、それでは、残念ながらイソチオシアネートの効果は得られません。


手間がかかっても大根おろしのほうがずっと効果が高いのです。


酵素ダイエットは難しいものではありませんが、比較的自由度が高いので、却ってどうしたらいいのか迷う場合もあるようです。


よく聞かれるのが、「酵素ドリンクはいつ飲めばいいの?」という言葉です。


原則としては、お腹が空いている時に飲むのが酵素の効果を引き出せる、最も良いタイミングです。


食事前の空の胃に酵素ドリンクが入ると酵素の吸収率が高くなり、先に胃に入れることで食事の量を制限する働きも期待できます。


飲むタイミングは食事前が良いのですが、そうして毎回胃に痛みや、むかつきを感じてしまうようなら、食事を済ませて、胃に物が入った状態で飲むようにした方が良いですね。


自分で酵素ドリンクを作り、酵素ダイエットをしている方もいます。


自宅での酵素ドリンクの作り方は難しいことはそんなにないと言えますが、注意しなくてはいけないことがあります。


酵素ダイエットにかかる費用を削減できるという良い面もありますが、どうしても手間は省けませんし、どうしても雑菌が繁殖しがちという悪い面もあります。


自家製の酵素ドリンクよりも市販のものの方が栄養においても味においても満足感が高いものとなっていて、安全でしょう。


これから酵素ドリンクを習慣にしてダイエットするなら、飲み方も効果の高い方法を選びたいですよね。


実はちょっとした飲み方のコツが、高い効果をもたらすんです。


それは、「空腹のとき」に「分けて飲む」ことです。


ヒトは空腹状態になると吸収力が向上し、また、ゆっくりと体内に取り入れることで満腹度を断然高めるのです。


あとは、お湯割りや炭酸割りもオススメです。

◆最近、何かと見聞きする酵素ドリンクには、いろい

最近、何かと見聞きする酵素ドリンクには、いろいろな味があるのですが、その中にチョコレート味があるのはご存じでしょうか。


ダイエットを行っている間でもついつい甘いものがほしくなるものですし、インターネットなどの口コミによる評価も高いみたいです。


いわゆる置き換えダイエットのためのドリンクですが、腹持ち効果はあまり高くないので、牛乳か豆乳で溶かして飲むのもよい方法です。


栄養素としてカカオポリフェノールなどが含まれていることも魅力といえるでしょう。


他のダイエットと同じように、酵素ダイエット中にもなかなか効果が表れない時期があります。


もし、プチ断食によるダイエットをするのであれば停滞期はこないでしょう。


ただし、一食だけ酵素ジュースにする方法をゆっくり行っていくならば、間違いなく停滞期を経験するでしょう。


体はある状態を保とうとするものなので、停滞期がくるのは当然のことだと思っていてください。


酵素ダイエットは、女性の間で人気のあるダイエット法なのですが、人気の訳は、ただ体重を減らせる、というだけではなく、酵素摂取のおかげで代謝が高まり、便秘が治ってきたり、肌の質が良くなってきたというような酵素ダイエットの真骨頂ともいえる効果を、多々実感できるからです。


なお、プチ断食実行時に酵素ジュースを飲む方法は、便秘にとても効果があり、便秘が良くなることで、体内に不要な老廃物も一層出ていきやすくなるそうです。


便秘の対策もいろいろありますが、「何をしても便秘を解消できなかった」という人には、酵素ダイエットは大変おすすめです。


一般的に、酵素ダイエットからの回復食に良い食事は、みそ汁やお粥などのカロリーが抑えられており、胃に優しいものです。


当然ですが、食事の量も考えなければなりません。


それに加え、ベビーフードはお勧めできます。


市販のベビーフードを使えば、かなり楽できて、カロリーが低く、消化もしやすいです。


加えて、噛む回数をできるだけ多くしてたくさん時間をかけて食べましょう。


酵素ダイエットの間でも現在大評判なのがお嬢様酵素というものです。


お嬢様酵素を使えば効率よく酵素断食療法ダイエットを行うことができます。


良く良く選ばれた86種の天然原材料を用いていますし、長期熟成濃縮発酵した抽出物100%使用の優良な酵素ドリンクなので、美味しくて無理なく円滑に体重減少できます。

◆一般的に、酵素ダイエットからの回復食に

一般的に、酵素ダイエットからの回復食に良い食事は、お粥やみそ汁などの低カロリーで、消化しやすいものです。


当然、量も少なくしなければなりません。


加えて、ベビーフードも良いでしょう。


既製品のベビーフードは、かなり楽できて、消化しやすく、低カロリーにできます。


さらに、噛む回数を増やして時間を掛けて食べるようにしてください。


朝・昼・夜の食事のうち、1回を酵素ドリンクのみにするというやり方で酵素ダイエット中、食べてもOKなものは、くだもの、野菜が挙げられます。


海藻も摂っていただいて結構です。


発酵食品も大丈夫です。


穀物はどうなの?と思われるかもしれませんが、食べてもOKです。


その場合、パンや麺類を摂るよりも、お米を摂ることが大切です。


魚や肉を献立に取り入れる場合は、できるかぎりカロリーを抑えられるような調理方法を選びましょう。


食品のなかには、食品添加物が沢山含まれているものもあります。


そういったものはなるべく食べないようにしましょう。


ダイエットをするにあたり、あまりにも当然のことになりますが、酵素ダイエットを実施する際にも水分補給が大切となります。


水道水ではなく、なるべくならミネラルウォーターをこまめに飲むようにして、カラダの中の水分が足りなくならないようにしましょう。


カラダにとっての水分はお茶やコーヒーだけでは補えませんし、酵素がカラダの中で働こうとしても消費されてしまって、機能が果たせませんから、水や白湯を飲むことがポイントとなります。


酵素ダイエットに使われる酵素。


体の基礎力を高めて代謝を促進させるので、内側からきれいになる効果が高いと言われています。


ダイエットの効果が出やすい体質改善効果が得られるほか、羅漢果(らかんか)など砂糖代替の甘味料を素材に含む酵素ドリンクは低カロリーで、通常の食事だけでは摂取できない栄養素がたっぷり含まれているため、豆乳や寒天などと組み合わせた置換ダイエットに使用することもできます。


私が好きなのは、「ごちそう酵素」という製品です。


リキュールのようなボトルに入っていて、見た目通りのサラッとした飲み心地で、とてもフルーティ。


炭酸で割っても、ヨーグルトにかけてもおいしく、無理なく続けられます。


漢方薬にも使われる野草を60種類以上、果物を10種類、強壮や免疫力を高める野菜などを配合し、3週間ほど発酵させてから、まろやかな味になるまで10か月ほど熟成しています。


この間に酵素の状態が商品としてのレベルになるよう管理されています。


発酵により自然な甘みが得られるので、カロリーも低く、100mlで61キロカロリーですから、カロリー制限している人でも安心して取り入れていただけると思います。


酵素ダイエットをするときに、短気集中で行う際は、おすすめなのは週末です。


そうすればダイエットのみに注力できます。


長期のファスティングをすることよりも、復食期間を長くとることを意識したほうが、体重がダイエットの前に戻ったり、それ以上に増えてしまう現象をおこしにくくできるでしょう。


ダイエットを終えたといっても、つい暴飲暴食しがちです。


結果、リバウンドすることはほぼ間違いありません。


それを防ぐ為にも、ダイエットをした後は、している最中よりも、食事に留意することが、せっかくの努力を無駄にしない為には肝要です。