no title





3 : 14 : 5180 **





ねぇ神様はいないのかな?それとも意地悪なのですか?



ただただ怠い

起きたら貴方はいなかった



死に損ない



でもねひとつだけ言えるのは
友達には本当に恵まれたこと

ありがとう



こんな夜の中に閉じ込めないで



何度何度手首を切ろう思ったか
でももう怖くて出来ない
私は弱くなったの?それとも少しは
強くなれたのかな?



期待は裏切られるって貴方は言った
きっと私は裏切り残念賞だったの
だから終わりがきたの



私、もう生きてる意味ないやん。
ねぇ、どうしたらいいの?
このやり場のない気持ち。



ごめんなさいごめんなさい
邪魔しちゃったねごめんなさい



鳴らない携帯が憎らしい
こんなものに気持ちを左右されたくない
なのにあたしの全てになってる
馬鹿馬鹿しい