葉酸、妊活の情報



◆実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。


受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。


そのため、葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。


受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。


妊活中は栄養にも気を配りたいものです。


そういった意味でも果物を積極的に摂る事は良い効果が望めますから、実施していただきたいですね。


とはいっても、ただ摂取するのではなく、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できたら一番良いのではないでしょうか。


果物によっては体を温め、冷えの改善や予防に効果が高いものもあるそうです。


ぶどうやオレンジ、桃やさくらんぼ、リンゴなどが該当するのですが、とは言っても、いつでも生のものを入手できるとは限りませんよね。


そういう場合は、ドライフルーツでも効果が期待できますよ。


大体いつ頃から妊活し始めたらよいのか分からない女性も相当数いると思います。


その問いに対する答えとしては結婚しているしていないにかかわらず、将来妊娠を希望している女性であれば、常日頃から行うべきものと言うこともできます。


妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠をしやすくする体にするために行う活動全般のことを意味します。


なので、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。


妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。


葉酸の成分には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。


それに、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。


ほかにも、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。


夫婦共に是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。


ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。


葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。


なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。


食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも良いと思います。

◆葉酸はどのように摂るのが一番

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。


葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。


その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。


ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。


サプリメントであれば簡単に摂取できますから、おススメです。


赤ちゃんを待っている方は葉酸を欠かさず摂ることが必要です。


どうして必要なのかといえば子供に起こる先天性障害の可能性を下げられるからです。


とは言っても、摂りすぎはどうなのかが悩ましいところです。


葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息の発症を招くことがあります。


たくさん摂取すれば良いのではないことを知っておいてください。


胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。


食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。


しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。


殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。


胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。


しかし、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要不可欠な栄養素です。


なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。


私も好きなのですが、妊活中でも、コーヒーのような飲み物が好きで、飲むことが多い人は気を付けましょう。


コーヒーに含まれているカフェインというものは、体を冷やしてしまうという効果を持ちます。


冷えてしまうと血行不良になってしまい、妊娠するのに大切な、子宮の機能低下を起こすのです。


コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。


本格的に妊活を始めようとしている方は、まずは産婦人科等で必要な検査を済ましておくのが良いでしょう。


検査結果に問題が無くても妊娠に適した体づくりのためのアドバイスや基礎体温から排卵周期を知ってちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導をしてもらえますので、安心です。


妊娠が発覚する前段階で専門の医療機関を受診しておくのをお勧めします。

◆葉酸は加熱によって失われやす

葉酸は加熱によって失われやすいため、葉酸摂取を目的とした調理において、注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。


葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。


とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。


加熱が必要な食材やメニューの場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通す程度にした方が良いです。


こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを利用するのが良いでしょう。


妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。


ベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。


葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。


やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと応援しています。


これから妊娠したいと思っている方はビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。


最大の理由は、妊娠初期に発生する先天性の障害の危険を低くする効果が確認されているためです。


とは言っても、摂りすぎはどうなのかが心配されます。


過剰摂取で起きる問題として、将来的に喘息を発症する可能性があるようです。


過剰摂取にはくれぐれも気をつけて欲しいものです。


妊活中に黒豆茶を飲むことについてですが、実際、とても合理的なものだと言えます。


その理由としては、黒豆茶はカフェインを含有していないため、妊活にも安心な飲み物ですし、イソフラボンという黒豆の成分が女性ホルモンと似た作用が働く可能性があるからです。


イソフラボンを摂取しておけば体のバランスを整えてくれますから、欠かさずに黒豆茶をホットで飲むことで、さらなる効果が期待できますね。


全ての妊婦から見て、いろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。


葉酸といえば、葉物の野菜に多く含まれると考えてください。


主な食材と言えばほうれん草とか枝豆が挙げられます。


中でもほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も豊富に含んでいることで知られており野菜の中でも、おすすめできるものです。

◆妊娠初期の胎児にとって非常に重要

妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われるのが、葉酸というビタミンです。


さて、葉酸を多く含む食品というとほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。


納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材です。


また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。


毎日の献立の中に入れていき、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。


イチゴは葉酸を豊富に含んだ食材なので、おやつならイチゴが良いでしょう。


妊娠前もそうですが妊娠中も同じように可能な範囲で体に悪いものを排除していないといけません。


なので、たばこを吸わないよう心掛けましょう。


タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、体にとっては有害です。


習慣的にタバコを吸う方は、禁煙のスタートも妊活に繋がるはずです。


妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。


ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。


厚生労働省の発表によりますと、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。


この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。


一口に葉酸の摂取といいますがいくつか考えられるでしょう。


すぐに実践できそうなのが毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。


現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日続けるのはかなり困難だと言えます。


効率的な葉酸の摂取という面からみても、サプリなどを併用する方が現実的です。


いつ飲めば良いかというと、食事後が最も効果的です。


妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。


食事内容はもちろん、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。


妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。


こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。


ですから赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。


ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話ですから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。

◆これまでほとんど便秘することはなかった

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方はけっこう見受けられます。


大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸の中で細菌が正常に働いていないとどんなに栄養素を摂取しても十分吸収されません。


腸内細菌の働きで、葉酸をはじめとした栄養素が身体への取り込みが正常に行われるので、葉酸など栄養素を十分に摂取したければ、腸内環境を正常に保つことを意識していくべきです。


葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、妊娠中期に入った頃、突然、そういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、毎日たくさんの牛乳を飲みました。


今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていて却って体調が悪くなってしまったのです。


その後は、血液検査で引っかかり、貧血の診断を受けて鉄剤のお世話になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなサプリを探して飲むべきでしたね。


妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを食べるようになったという妊婦さんも大勢居ます。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。


そのため調理の際の加熱によって熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。


一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りていないかもしれません。


流産を経験しています。


ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい一年位たってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。


身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動を始めてみました。


結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。


皆さんご存知のように、妊活中の方にとっては体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。


なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、子宮や卵巣の機能を不調にさせるおそれがあるからです。


冷えの放置は厳禁です。


冷えに悩まれている女性は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を温めながら、冷えをとるようにすると良いでしょう。