葉酸、妊活の情報



◆妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生

妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。


そのため熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。


総合的な摂取量としては不足している、という場合もあります。


皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。


厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。


実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。


そのため、胎児に葉酸が不足した場合、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。


また、ダウン症予防の有効性も認められているので、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。


葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。


それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。


胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。


しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。


中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。


果物の摂取は、妊活中の女性にとって、大変良いことは、ご存知かと思います。


とはいっても、ただ摂取するのではなく、さらに妊活に効果が出るような食べ方が出来たらもっと嬉しいと思います。


調べてみてわかったのですが、果物には体を温め、冷えの改善や予防に効果が高いものもあるそうです。


具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。


とは言っても、いつでも生のものを入手できるとは限りませんよね。


そういう場合は、加工されたドライフルーツでも十分です。


赤ちゃんがお腹にいる女性なら、すこやかな子供の発育のために「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。


その名「葉」の通り、キャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、供給源として重要なのが果物で、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。


普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので葉酸が豊富な食材について調べ、毎日の献立の中に上手く取り入れてください。

◆妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸で

妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。


例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。


妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。


ですが、それでかえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。


葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、注意するようにしましょう。


もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて簡単に管理できますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には最適な方法だと言えますね。


妊娠の確率を上げるために大変重要なのは質の良い睡眠です。


満足に眠れていないと、人間は体内の活性酸素濃度が上がり、それが原因で卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。


加齢に伴って低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、妊活中の人は睡眠不足をさけるようにしましょう。


女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということはずいぶん知られるようになりましたが、それだけでなく妊娠後期に入っても葉酸は母子ともに大事な栄養素に他なりません。


胎児の発育を順調に進めるためにも、出産まで葉酸が必要で、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。


このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで必要量は確保して欲しいと思います。


妊娠を希望して、これから妊活を始めるご夫婦であれば先に婦人科などで不妊検査を受ける事が理想的です。


そうすることで、妊娠に相応しい体ができあがっているのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが確認できますから、妊活を始める前には、ご夫婦で不妊検査を受けてみましょう。


検査の結果が問題なければ、安心して妊活に取り組むことが出来るでしょうし、赤ちゃんの健康を考えた上でも大切な検査ですから、いいこと尽くしですよね。


友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました。


ベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。


私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと以前教えてもらったことがあったので、友達にアドバイスしました。


やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思う今日このごろです。

◆今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全体の約4

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全体の約4%というのが平均的な数値です。


奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが葉酸だということが知られるようになってきました。


赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても問題ないと思ってください。


そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。


また、他のビタミンB群と同様、熱に弱いので食材を調理する手段によっては摂取量が半減することもあるくらいです。


そうかといって、生野菜などをたくさん食べるのはとても現実的ではありません。


このことを踏まえるなら、調理中も長い時間ゆでずに、湯通しで済ませるなど考えていくことが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。


葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。


サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。


とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。


もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でも葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。


近頃は多くの方が知っていることですが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。


生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく活発に細胞分裂を行いながら急激な発達を遂げます。


いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。


そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。


貧血を起こす要因と言えば、鉄分の摂取不足によると思うのが普通でしょうが、実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされ摂った鉄分が足りないことばかりが主な理由だと考えるのは正しくありません。


現実には、葉酸が足りないために起こる貧血もかなりあるので鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は葉酸の摂取も試してみると貧血の改善が見られることもあるのです。

◆妊活中であっても、コーヒーのような飲み

妊活中であっても、コーヒーのような飲み物が好きで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。


コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やしてしまうという効果を持ちます。


体の冷えによって血行が悪くなってしまい、妊娠の際に重要な子宮の動きが悪くなってしまいます。


コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、カフェインは摂りすぎないようにしましょう。


夫婦そろって本気で妊活をしようとする場合、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。


こうすれば、妊娠できる体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが確認できますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、胎児の健全な成長にも関わってきますので、検査しないという選択肢は無いでしょう。


暑い時期が来ると、自然と冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活の最中は、いつにも増して出来る限り体を冷やす飲み物は控えた方がいいでしょう。


逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。


その他の生活全般においても体を冷やさないように気を付けてください。


妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。


妊活中に煙草を吸うと、様々な悪影響が体に与えられ妊娠に適さない体になりやすいのです。


もちろん、喫煙の影響は女性のみの問題とは言えず、男性側にも言えるでしょう。


喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。


こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合は夫婦で禁煙し、身近な人の副流煙を吸わないよう、周りの協力を仰ぐのが良いでしょう。


皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。


ですが、男性にも出来る妊活があるんです。


それが葉酸の摂取です。


流産や不妊におけるリスク要因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。


特に注目したいのは、精子の染色体異常です。


これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。


葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。


ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

◆妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートし

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。


こちらの会社が販売している葉酸サプリには複数の種類のものがありますよね。


それに殆どの葉酸サプリにカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分がまとめられています。


こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。


また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。


葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特徴が分かれています。


サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。


日頃食べるものに気を遣ったり、運動を心がけたりなどの具体的に妊活をし続けて行った場合、日に日に疲労感が増してくる方もいるはずです。


そのような時は気持ちの切り替えもかねていわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。


物は試しで、神様に頼ってみるのも結果として元気が出ることになるかもしれません。


妊娠しやすくなるために、必須なことと言えば、良質な睡眠でしょう。


人間というものは寝不足の状態が続くと、体内の活性酸素が増加し、そのことが原因で、卵子、精子が酸化されて劣化することになります。


年齢が上がるにつれ、低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、現在、妊活を行っている人は、睡眠不足をさけるようにしましょう。


ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。


ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。


その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。


ヨガによって血行が良くなると、自律神経が整い、ホルモンバランスが改善していくという訳です。


妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。


わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。


少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。


赤ちゃんが母体内で順調に発育するため、重要な栄養素の一つに葉酸が挙げられます。


母体内の胎児にとって葉酸が必要なのは有名ですが、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。


妊娠初期は胎児の細胞分裂が非常に盛んで、このときに葉酸がたくさん必要になってくるので、妊娠したときのために、その前から積極的な葉酸の摂取を心がけておけば望ましいと言えます。


食事だけで、妊婦の所要量を満たすことは案外難しいので、サプリメントや錠剤、特定保健用食品を適切に使っていきましょう。