葉酸、妊活の情報



24時間限定リアルタイム

◆妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたら

妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。


中でも特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は最も注目したい効果です。


今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが良いと思います。


今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。


代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が難しくないですからおススメですね。


サプリメントや錠剤にもなっている葉酸は妊娠初期の摂取によって胎児の細胞分裂を順調にするなど発育にとって非常に効果的な面があるという説があります。


葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物にたっぷり含まれていますが、いろいろな会社から発売されているサプリメントでも十分摂取できるので、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が必要な量の摂取を心がけましょう。


昨今、巷で「妊活」が話題となっています。


妊活というのは、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。


言うまでもないことですが、夫婦の営みを持ったとしても必ずしも妊娠できるということではありませんので、子を授かりたい夫婦にとっての確率を上げるための活動ということになります。


あわせて、授かる赤ちゃんが健康であるためのいろいろな活動も含まれます。


葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。


葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。


ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。


仮にサプリメントを摂っていないとしても、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。


ですから、サプリによる摂取が無くても食事によっても、ある程度は摂取できるのです。


待望の子供を授かって、極力身体に良いことをするように努めました。


妊娠初期は特に注意が必要だと母も医師も異口同音に言っていました。


多くの本や雑誌、インターネット上の記事に積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたのでサプリメントで、葉酸を補うことにしました。


つわりのため食事ができないときもありましたが、何とかサプリを飲むことができたため食事をとれないときも飲めて安心できました。

◆葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。


例えば寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。


妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。


そのため良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、気を付けてください。


理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。


しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。


葉酸サプリを活用すれば、摂取量も簡単に管理できますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には大変便利だと思います。


マカというサプリの名前を聞いたことがある人も多くいると思います。


これは、とりわけ男性のスタミナアップという部分にばかり注目されるサプリですが、それだけではありません。


子供を授かろうとして妊活真っ只中の女の方の血行を良くするような効果が期待できるので、妊娠しやすい体づくりに役立ちます。


それに加えて、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、妊活の目安ともなる基礎体温も正常となりますので、体内の安定を図るのに寄与します。


葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。


しかし、大切な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。


これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。


ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。


実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。


胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。


私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、雑誌やインターネットのサイトで妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば障害の発生予防や発育の促進に役立つとあちこちに書かれていたので、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。


後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。


一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければどの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。


妊活で必要不可欠なことといえば毎日かかさずに基礎体温をつけるということです。


基礎体温を測って分かることは身体の状態の把握が可能で、妊娠可能な状態かどうか、妊娠をしているかどうかや、排卵日の予測など知っておきたいことがわかります。


ちなみに言うと、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

◆妊活している時に気にかけるべ

妊活している時に気にかけるべきなのはストレスへの対処です。


ストレスによる筋肉の緊張は、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。


その結果、妊娠に重要な、卵巣や子宮の働きが落ちます。


仕事を続けていてストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、この際、休職してしまうことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。


水溶性ビタミンとして知られる葉酸は水に溶けやすいのが特長なので、たくさん摂取しようと、一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。


葉酸をサプリメントなどから摂取する場合も、その性質を考えて、一度に大量に飲むのではなく時間をおいて飲んだ方が良いと意識しながら摂っていかなくてはなりません。


食事から必要量の葉酸を毎日摂ろうとすると、かなり気を遣うので、少しでも多く摂取するのはもちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。


サプリメントの一つに、マカというものがあります。


これは何かというと、とりわけ男性のスタミナアップという部分にばかり注目されるサプリですが、それだけではありません。


赤ちゃんを妊娠しようと、妊活をしている女性の、血行を良くするような効果が期待できるので、妊娠しやすい体を作るためには有用です。


それのみならず、ホルモンのバランスを整えてくれるという働きもあり、妊娠するためには重要となる基礎体温の変化も正常な状態になっていくので、女性の体の中を安定させることに寄与します。


実際に妊娠してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。


ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。


葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。


しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。


中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。


妊活の最中はいつにも増して色々と注意しなければなりません。


一例として、風邪薬を飲むことについては、それほどまでに深刻な影響は及びません。


けれど、子供を授かることになにかよくない影響が出たら、と心配ならば、風邪薬の服用の可否を、医療機関に尋ねてみましょう。

◆妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていまし

妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。


問題なく妊娠中期に入った直後にカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、毎日たくさんの牛乳を飲みました。


自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、お腹の調子が悪くなってしまいました。


そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄剤を飲む羽目になりましたが、結果的には、始めからカルシウムや鉄分が入っているマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。


妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。


具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。


あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。


幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがちょっと大変だ、と感じる場合は、是非、サプリメントを利用してみてください。


サプリメントであれば簡単に済ませられますね。


ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身の血液循環をよくすることはかなり知られています。


血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰痛や肩こりの他、冷え性や不妊の原因とも言われているので、そのような症状に思い当たるところがあれば意識して葉酸を多く摂るようにすると改善されることもあるようです。


また、ビタミンEを同時に摂ると血行改善効果は相乗的に高まると言われます。


妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。


この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。


しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。


それが葉酸の摂取です。


ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性にあるとは限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。


男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。


葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。


ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。


妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。


葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。


葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。


その場合には添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。


ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが大事です。

◆近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まってい

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。


こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。


実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。


こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用しているケースもよく耳にします。


妊娠がわかったその時には、葉酸の摂取がとても大事になります。


葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育はある程度助けられますし、母体の健康を維持するためにも必要になってくるビタミンです。


他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけではなかなか摂取できません。


食事だけで摂ろうと考えるよりサプリメントなども活用しましょう。


栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。


どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。


葉酸が豊富に含まれる食材は何か調べるのが大変、必要な量の葉酸を摂れるくらい食べるのは無理と頭を抱える方は、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。


母体と胎児の健康のためにどうかがんばって葉酸を摂っていってください。


葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからカルシウムも摂取しなければと思って牛乳を毎日大量に飲んだのです。


妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようでお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。


そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄剤のお世話になりましたが、結果的には、始めからカルシウムや鉄分が入っているマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。


葉酸という栄養素は妊娠初期に多めに摂ると胎児に神経系の問題が起きるのを防ぐなど順調な発育を促す作用があることが通説になっています。


葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物に比較的多めに含まれています。


より手軽に摂取するためにはサプリメントも多数ありますから、妊娠中、あるいは妊活中の女性には摂取を続けることが望ましいのです。