葉酸、妊活の情報



24時間限定リアルタイム

◆私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプ

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。


初めは静観していましたが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と却下されました。


男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。


たちまち効果が出るわけではありませんが、二日酔いの症状が軽くなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。


あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、文字通りの意味で、妊娠するためにする、様々な活動を含めて使われる言葉です。


当然のことですが、性交すれば必ずしも妊娠できるということではありませんので、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠しやすくするためになされる活動だということができるでしょう。


それだけではなく、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな活動も含まれます。


妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いと広く知られるようになりましたが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。


妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。


なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、もちろん胎児の発育にとってもたくさん必要な栄養素のため、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。


妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ません。


なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。


当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。


妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。


妊活中の女性に対して、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。


葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。


もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。


ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

◆ビタミンB群の一つである葉酸は、胃に食

ビタミンB群の一つである葉酸は、胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、葉酸を最も効率よく摂取できるのは胃に何も入っていない食間なのです。


一日分の摂取量を一度に摂るよりも、可能な限り数回に分けて摂れば効果を発揮できるといわれています。


時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。


妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。


皆さんご存知のように、煙草を吸う事で人体に連鎖的な悪影響が及んで健全な妊娠に差し障る場合があります。


当然のことですが、これは女性だけではなく男性も当てはまります。


喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性は精巣機能の著しい低下が指摘されています。


妊活中の場合は夫婦で禁煙し、身近な人の副流煙を吸わないよう、周りの協力を仰ぐのが良いでしょう。


いわゆる不妊症の原因というと、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが考えられます。


しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。


両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。


女性のみならず男性も検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。


葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。


例えば吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。


妊娠初期の神経質な時期には過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてください。


葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのかすぐに分かりますから、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には是非試してもらいたいですね。


葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。


この栄養素は、妊娠初期に胎児の脳と神経系が形成される過程で、順調な発育を促す働きをするためです。


どんな食材が、葉酸を豊富に含んでいるのか調べるのが大変、毎日の献立の中に上手く取り入れられないというプレッシャーを感じるなら、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。


母体と胎児の健康のためにどうかがんばって葉酸を摂っていってください。

◆子供を産みたいと妊活に励む人は、思い切

子供を産みたいと妊活に励む人は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。


お守りの一つの、鎌倉の長谷寺というお寺は、子宝に縁があるお寺で、そこにおいてあるお守りは、妊活の疲れを癒し、気分を落ち着かせることができるでしょう。


それ以外にも、妊活に関係するお守りで、パワーストーンなどもありますので、さまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。


待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、赤ちゃんのために身体を大事にしました。


特に注意が必要なのは妊娠初期だと母も医師も同じことを言っていたからです。


多くの本や雑誌、インターネット上の記事に葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、葉酸のサプリメントを買って飲み始めたのです。


食欲が全くなくなるくらいつわりが重いこともありましたが、サプリは栄養補助食品で、薬とは違うので空腹でも飲めたのがありがたかったです。


ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。


ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。


ヨガを行う事で乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。


「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。


軽く運動する事で、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。


身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。


ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。


赤ちゃんは生まれてくると、体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、急激な発達を遂げます。


そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。


また、産後の母体が回復するためにも葉酸が必要であり、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、妊娠を望んだときから、断乳するまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。


計画的に妊活を進めるにあたっては、産婦人科などの専門機関を受診して必要な検査を受けておくのが好ましいです。


検査結果に問題が無くても妊娠のための専門的なアドバイスや排卵周期を整え、妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスも受けられますから、妊活を始めるにあたっては産婦人科や専門の医療機関を受診し、不安の少ない状態で妊活をするのが良いでしょう。

◆妊娠してから便秘がちになったという方が案外多いようです

妊娠してから便秘がちになったという方が案外多いようです。


腸の動きを活発にし、便秘を解消するためには腸の中の細菌バランスが整っていないとどんなに栄養素を摂取してもうまく吸収されないことになります。


腸内細菌の働きで、葉酸をはじめとした栄養素が吸収され、体内で使われるため、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも考えた方がいいでしょう。


葉酸が妊婦に不足しがちということで、妻は妊娠がわかった直後からサプリメントを飲んでいます。


正直、自分には関係ない話だと思っていましたがあるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「男性が飲んでも意味がない。


妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」という意見でした。


男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、自分も葉酸のサプリメントを飲み始めました。


たちまち効果が出るわけではありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。


妊娠の可能性がある女性には葉酸を毎日摂っていくことが推奨されます。


その重要な理由としては、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低減できるためです。


とは言っても、摂りすぎはどうなのかが心配されます。


子供が生まれてきた後、喘息などが起きやすくなるという説もあります。


過剰摂取にはくれぐれも気をつけて欲しいものです。


皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。


厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は最も大切な成分ですが、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。


ですから、胎児に葉酸が不足した場合、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。


こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。


食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますが身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、ある食材ばかり食べ続けるのも正直大変です。


上手に葉酸を摂れる方法の一つに手軽なスムージーも良いでしょう。


普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、飲みやすくするための果物、水分を入れれば水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。

◆葉酸は加熱によって失われやすいた

葉酸は加熱によって失われやすいため、葉酸摂取を目的とした調理において、注意してください。


具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によってどうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。


いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリを利用するのが簡単ですから、おススメです。


特別に葉酸を添加した食品はマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。


これは消費者庁認可のマークで、食品について個別の審査を行い、食品が認可されれば、特定保健用食品の名称、そして、マークを使うことを認めています。


食品に特定保健用食品のマークがあれば、消費者庁の基準を満たした食品であることの公的な証明になっているので、葉酸を添加した食品を選びたいという方は商品選択の基準になりますね。


妊活とは子供を授かるための対策で、妊娠が成立する機序を知り、出来る限りそれを利用してコントロールするものともいえます。


そしてまた、何をおいても大事だと言えるのは、ズバリ栄養であるということは分かるでしょう。


けれども、必要な栄養を完璧に摂るということはなかなかできるものではありません。


そういった場合に役に立つもの、それがサプリメントです。


最近は、サプリの中でも妊活用のものというのも出てきています。


胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。


ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いとされています。


では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。


通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。


逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。


ですから必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。


妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのは理解が進んできましたが、実際は妊娠の全期間にわたって十分な量の葉酸が、母子にとって重要な役割を果たしています。


葉酸の摂取は、妊娠後期にも胎児のすこやかな発育を促すものであり、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。


ですから、妊娠初期に限らず、妊娠中期以降も、できれば授乳中も葉酸を多めに摂ることを心がけて欲しいのです。