葉酸、妊活の情報



24時間限定リアルタイム

◆私が知る限り、妊活の際に一番、

私が知る限り、妊活の際に一番、気を付けてほしい事は、食事ですね。


妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。


妊活中の女性はいつでも妊娠する可能性があるわけです。


検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。


中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。


多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。


ですが、それより前から赤ちゃんを授かっているのです。


出来るだけ早く葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。


とりわけ妊活中は、ストレス解消に努めることが重要です。


そう考えると、お風呂でリラックスするということはいいことではありますが、あまり負荷をかけない方がいいという点では熱めのお湯に長くつかるということは避けましょう。


実は、熱は良くない影響を体に与えます。


葉酸の添加を特長にしている食品は必ず特定保健用食品のマークがついています。


消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、入念な個別審査をしてから食品が認可されれば、特定保健用食品の名称、そして、マークを使うことを認めています。


食品に特定保健用食品のマークがあれば、消費者庁の基準を満たした食品であることの明らかな証明がされているため、葉酸を強化した食品を選びたいときにも選ぶ際、ぜひ参考にしましょう。


皆さんご存知のように、妊活中の方にとっては極力、体を冷やすことを避けたいものだと思います。


冷えは血行不良を引き起こしますので、卵巣や子宮などの妊娠に大切な器官が満足に働かなくなるおそれがあります。


多くの場合、冷えは足先から感じるようです。


いま、冷えに悩まれている方は、「冷えとり健康法」などの簡単な方法で体を温めるようにしながら、冷えを改善して血行を良くするようにしてください。


妊娠中に葉酸が不足すると赤ちゃんの順調な成長が妨げられるリスクを高めてしまいます。


神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を生じる可能性がありこれが重篤だと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。


そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊娠がわかったときから、葉酸をしっかり摂っていくことが必要です。

◆妊活で必要不可欠なことといえば基礎

妊活で必要不可欠なことといえば基礎体温の測定です。


きちんと基礎体温を測定することによって身体の状態の把握が可能で、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、妊娠の可能性があるかどうかや、排卵日がいつなのかなど重要なデータを把握できるのです。


詳しく説明しますと、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことで調べることが出来ます。


妊活はきついことも多いのでその最中は心も体もダメージに弱くなっています。


もしも結果がずっと出ない場合は、中にはうつ症状が出る人もいます。


ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。


不妊治療をしなくなったら、ストレスがなくなり間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。


妊活をしたことによってつらいことが多くなってしまうということを避けるためにストレスを溜めないようにしながら継続することが重要です。


ビタミンの一種である葉酸は通常の摂取量より多く、妊娠初期に摂ると順調に胎児の細胞分裂が進むなど発育発達によい作用があるという説があります。


葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物に比較的多めに含まれています。


サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、妊娠を望んだときから、妊娠中までの女性に毎日コツコツ摂取することをおすすめします。


今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。


葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。


サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。


ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。


一般的に女性は妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。


理由はなんなのかというといつ妊娠しているのか分かりませんので妊娠しているという認識がまだない時期に、飲酒が胎児に影響を及ぼすことを防ぐという理由です。


また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり冷えを引き起こす原因となるため、妊活中の女性にとっては飲まない方が賢明です。

◆栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だというこ

栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがほとんど常識になっています。


子供が健康に育つために必要なのはもちろん、お母さんが健康に過ごすためにも葉酸は役に立つのです。


一番必要なのはいつなのかと考えてしまう方が多いでしょう。


赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。


出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。


不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。


体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。


妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるケースもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。


周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大切です。


ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、サプリメントなどを補助的に飲んでしっかり量を確保すると良いでしょう。


また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など多くの葉酸摂取を求められていても日々の献立の中で、葉酸が不十分なときや、悪性貧血の改善を目指して、鉄分とともに、良質の赤血球を増やす目的でスポット的に注射で投与することもあるようです。


妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。


もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって健全な妊娠に差し障る場合があります。


こうした問題は女性だけではなく男性側にも言えるでしょう。


女性は排卵障害、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。


ですから、妊娠を希望している場合はご夫妻で禁煙するのがおススメです。


不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、もしも妊活の結果がずっと出ない場合は、精神的に疲れてしまいます。


なので、「何年間」と期間を設けて、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうという風に事前に合意しておくのが最善策ではないでしょうか。


妊活を続ける期間を決めておけば、2人で考えて出した答えだから諦めずに取り組もうという前向きな気持ちが続くでしょう。

◆いわゆる不妊症の原因というと、排卵

いわゆる不妊症の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが考えられるでしょう。


しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。


きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。


葉酸の人体に対する作用と言えば、他の栄養素とともに血行を促進することがかなり知られています。


血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性や不妊を引き起こすともされているのでそのような症状に思い当たるところがあれば意識して葉酸を多く摂るようにすると症状の改善につながるのではないでしょうか。


また、ビタミンEを同時に摂るとさらに血行を良くする効果があります。


少子化が深刻化するにつれて、自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、今日の日本の医学において確実な産み分け方法は明らかにされていません。


そのことを分かっていて、それでもなお諦めるわけにはいかないという事であれば確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。


男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に性交渉を行えば有効なようです。


レバーやほうれん草なら、葉酸が多く含まれると知られていますが、そればかり毎日食べるのもあり得ないことで、継続して摂るのはなかなか難しいのです。


葉酸の所要量を満たしていくためには、食事からの摂取のみでたくさん摂ろうと考えるのではなく、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。


必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。


真剣に妊娠を計画している方は、産婦人科などの専門機関を受診して必要な検査を受けておくのが好ましいです。


体に問題が発見されない場合でも妊娠に適した体づくりのためのアドバイスや基礎体温を測ることで排卵の周期を測ってちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導をしてもらえますから、実際に妊娠する前から自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。

◆私としましては妊活中にはカイロがかなり

私としましては妊活中にはカイロがかなり使えると思います。


靴下を2足重ねて履いてみたり、インナーに分厚いものを選んでみたりと、あれこれ試行錯誤しても、冷え性の私の場合、すぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。


これでは妊娠しにくいのも当たり前ですよね。


しかしながら、友人のアドバイスでカイロを使ってみたところ、冷え性が改善しました。


皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、服の上から貼れば、妊活にも役立てられるはずです。


妊娠が分かった後に葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。


ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。


胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも構いません。


しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。


例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。


赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠が成立する機序を知り、また出来うるだけのコントロールを行っていくものであるということもできます。


また、何よりも重要なのは、栄養だということに関しては想像するに難くないと思います。


そうは言っても、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは困難なことだと思います。


その様な時にはサプリメントがお勧めです。


昨今では妊娠のために作られた、妊活サプリも作られました。


とりわけ妊娠中の女性ならば葉酸の摂取はとても大事です。


食材の中では、葉物などの野菜に葉酸が豊かに含まれるとされ、主な食材と言えばほうれん草、それに、枝豆が代表的です。


ほうれん草はさらに、葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も豊富に含んでいることで知られており日々の献立に欠かせない野菜と言えます。


女性の妊活時はよく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。


成分にカフェインを含む飲み物は受精卵が着床しにくくなったり体の冷えの原因にもなるので避けた方がよいです。


お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつノンカフェインのものが適しています。


成分にミネラルを多く含有しているルイボスティーや漢方薬でもあるたんぽぽ茶などは適しています。