葉酸、妊活の情報



24時間限定リアルタイム

◆妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服

妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。


一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は服用しても大丈夫です。


その一方で気を付けなければならないのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。


とは言っても、身体に影響を与える事には変わりませんので、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心だと思います。


妊活においては日常生活に様々な制限がかかることがありますが、喫煙はその最たるものだと言えます。


喫煙は人体に連鎖的な悪影響が及んで健全な妊娠に差し障る場合があります。


もちろん、喫煙の影響は女性のみの問題とは言えず、男性にも当てはまるのです。


女性に関して言えば排卵障害など、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。


ですから、妊娠を希望している場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。


もしあなたが妊娠しやすい体になりたいのなら、必須なことと言えば、良質な睡眠でしょう。


人間というものは寝不足の状態が続くと、体内の活性酸素が増加し、そのことが原因で、女性であれば卵子、男性では精子が酸化されて劣化することになります。


年齢が上がるにつれ、性機能が落ちていくのをなるべく防ぐために現在、妊活を行っている人は、十分に睡眠をとるようにしましょう。


果物を食べる事は妊活中であっても望ましいものです。


でも、どうせ食べるのなら、いっそう妊活が捗るように果物を摂取出来るのが理想的だと思いませんか?調べてみてわかったのですが、果物には体を温め、冷えの改善や予防に効果が高いものもあるそうです。


例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方は加工されたドライフルーツでも十分です。


妊娠を希望する方や計画している方が、意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。


妊活とは、夫婦生活を含めて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。


妊活中の女性は大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。


ですから、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。


特に摂取を意識して欲しい栄養素は葉酸で、妊娠初期の胎児の成長には必要不可欠のものです。


当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中に新しい命を授かっています。


妊娠は授かり物です。


実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。

◆近年、我が国では妊活に悩まされている夫婦が少なからずお

近年、我が国では妊活に悩まされている夫婦が少なからずおられると思います。


少子高齢化が憂慮され、赤ちゃんを産みたくても上手くいかなくて四苦八苦している夫婦というのは割合的には増加しています。


もっと国が総力をあげて、もっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国に変化していくことが望まれます。


子供の発育を助け、先天性障害の発生リスクを抑える栄養素として葉酸摂取の重要性はかなり知られるようになりました。


ただ、葉酸の摂取は妊娠に気づいたときでは遅いというような指摘をする方もいます。


どうしてかというと、判定が出る前のごく初期から欠かさず葉酸を摂取していることが子供の発育という観点から見れば大事だからです。


理想的には、子供が欲しいと思ったら葉酸を摂り始めることが女性に求められているのです。


私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。


上の子が男の子でしたし、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。


本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。


妊娠が発覚した後、性別が判明するまで緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。


主人も待望の女の子という事で大喜びでした。


最近、よく見かけるようになった黒豆茶ですが、このお茶を妊活中に飲むのは大変良い組み合わせなのです。


理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活にも安心な飲み物ですし、黒豆茶に含有しているイソフラボンが妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。


イソフラボンを十分に摂っておくと肉体的にも精神的にも、バランスを図ってくれますので、日々の生活の中でホットにした黒豆茶を飲むのが良いと思います。


妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。


一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば妊活中であっても服用に問題はありません。


しかし、確認が必要になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。


とはいえ、薬を服用する限り、副作用や身体への影響を考える必要がありますから、薬の種類に限らず、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心ですので、参考にしてみてください。

◆妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方も多いと思います。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。


そのため加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。


そろそろ本格的な妊活の計画を立てているご夫婦は、なにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。


こうすれば、もともと妊娠しやすい体なのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを早期に発見して、治療や処置を施すことが出来ますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


検査を受けると安心感がありますし、元気な赤ちゃんを授かるうえでも欠かせないものですから、いいこと尽くしですよね。


次は女の子が欲しいと決心してから、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを徹底的にチェックしたのです。


草食で女の子、肉食で男の子など、どこまで本当かと言いたくなりますが、自分たちでできることは全て試しましたね。


何とか赤ちゃんを授かって、普通の食事をとれなかったときも欠かさず葉酸を摂るようにしていたからなのか無事生まれてきたのは女の子でした。


熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、気を付けてほしいポイントがあります。


葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。


とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。


どうしても加熱の必要がある時には加熱時間を短時間にしてわずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。


しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。


そんな時は葉酸サプリで摂取するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。


葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。


ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。


ですが、大切な栄養素とは言っても、適切な摂取が必要です。


なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。


なぜならサプリは食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。


ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。


葉酸を摂りすぎると、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。


それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

◆最近、妊娠したら葉酸を摂るという話が

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がよく聞かれるようになっています。


母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、お母さんが健康に過ごし、無事出産できるようにするためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。


それなら、いつ摂取することが一番大事なのかとわからなくなってしまうかもしれません。


妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。


その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。


妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。


ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。


なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。


女性のみならず妊活中の男性にも効果があります。


それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。


亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。


ぜひご夫婦で亜鉛摂取を試してみてください。


ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が豊富に含まれています。


妊娠中、葉酸を摂るために上手にゴーヤーを食べて欲しいと思いますが、一度に大量に食べるのも考え物です。


ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、お腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が起きることもあります。


もしも不調が続けば、母体だけでなく胎児にも良いことではありません。


そろそろ妊活に入っていく女性が行うべきことは一番初めに、体の調子を整えて母となる準備をすることですね。


いつもの動作の繰り返しで体に歪みが生じますが、特に骨盤に顕著にみられます。


そういった歪みのせいで妊娠しにくくなっていることもあるようです。


整体院の中では不妊やマタニティに特化した治療院も増加しています。


赤ちゃんが安心して過ごせるようにするためにも定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻してください。


妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。


この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。


しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。


それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。


流産や不妊におけるリスク要因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。


特に注意すべきは精子の染色体異常です。


受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。


葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

◆妊娠前、妊娠中には可能な範囲で

妊娠前、妊娠中には可能な範囲で体に悪い影響をもたらすものを排除する方が賢明です。


なので、禁煙してください。


タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体にいいものではないことは確かです。


喫煙習慣のある方は、妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。


2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。


ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。


月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。


私の場合はそれが良かったのでしょう。


それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。


妊婦になってから少し時間が経って、十分な量の葉酸が摂れていないと感じたなら手遅れと言うことはありません。


早急に手を打ってください。


赤ちゃんの発育を助け、健康に生まれてくるために葉酸が常に欠かせません。


所要量の葉酸が摂れておらず、しっかり葉酸を摂らなければと考えるならばすぐに動き始めて不足分を補う量の葉酸を摂るように自分にできることを考え、それを実行していきましょう。


私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、どの本や雑誌を読んでもサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが胎児がすこやかに発育するのには最も良いとあちこちに書かれていたので、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。


妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。


まだ妊娠できないと悩んでいるときは、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。


基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。


基礎体温表を作るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意事項もありますから、それに従って毎日続けるのが大事です。


一日忘れても根気よく続けていきましょう。