魔法よとけないで





時をかける少女





帰らなきゃいけなかったのに

いつの間にか夏になった

お前らといるのがあんまり楽しくて





こんなの知らない
こんなの疲れた
わたしにも笑ってよ



昼顔もっかいみたい
全部よかった



毎日会うほど寂しく感じる
これっぽっちもわからないだろうけど



離れるのが惜しい

そう思ってほしい