a bird in a caged




Because there is the past,
there is present oneself.







24時間限定リアルタイム



人の事を好きになるのって
ほんと難しいな。

どんなだったっけ。

理屈じゃないのはわかってる
気付いたら好きになってるものだというのも
この人のために何かしてあげたいという気持ちになるのも
わかってるの。

だけど
好意を寄せられても 全然そんな気持ちにならないの。

好きって言われてなんとなく付き合ってきたつもりだったけど
きっと 私も好きだから付き合ってきたんだと思うのよ。

そんな気持ちになりたいなぁ。

この人のために生きたいって
そう思えたら きっとまた何か変わるんじゃないだろうか。

コメント(0)



なんで?
こっちが気を遣わないといけないんだろう
嫌なものは嫌、その一線を越えたのは自分でしょ?

やさしくしてるからって調子乗んなよ
探り入れてるのもわかってるんだぞ
精神みじんこかよ

美味しい出汁にでもなりやがれ
コメント(0)



もうなんか なんか なんか。

どうして下心見せてくるのかよくわからないし
めんどくさいしめんどくさい。

男いらないって言ってるじゃん
勝手に好きになるのは構わないけど
下心向けるなって言ってるじゃん

いい加減にしてよ ほんと
まじめにダルいし お前なんて眼中にないんだよ 分かれ?!?!

コメント(0)



今年の夏ももう終わり あっという間。

いつもいつも季節はさっさと過ぎて行くけど
わたしはいつまでも置き去られてる

時の流れに意識がついていかない

なんとなく過ごす毎日と
なんとなく重ねている年齢と

全部なんとなく。
目的も目標も楽しみも
全部ない

ただ、可愛くなりたいだけ
卑屈な大人。

コメント(0)



あの時ああしてればとか、
あの時こうしていなければとか、

そんなんばっかの人生だけど
それでもいいやって思える人達と一緒に居られたら
もうそれで勝ち組なんじゃないかって

やっぱ思うんだわ。

コメント(0)