俺の徒然日記



24時間限定リアルタイム

コメントを書く
戻る

カカシからのいきなりのプロポーズにまた俺は一瞬フリーズした。


二人で冗談言って笑ってる最中とかにアイツは言ってくるからほんと唐突すぎて今なにが起きてるんだ?って俺のなかの時計が全てストップしやがる。


…カカシに結婚しようって言われたのは2回目だ。


最初に言われた時も俺はすごく嬉しかった。


けど素直じゃない俺は多分、嬉しいじゃなくて反対の態度を取っちまったみたいでそれからカカシは俺が大丈夫ってなるまでずっと待っていてくれたらしい。

…ほんとバカだよ…アンタ…。俺アンタに言われたことすらも忘れちまってたのに…

そんな俺を健気にもずっと待ってるなんてアンタはどこまで優しいんだ……


OKを出したあとに抱きしめてくれたアイツの手はすごく温かかった…

カカシの言葉やアイツの笑顔…俺を呼ぶ声…何もかもが心地よくて気付けばアイツの腕のなかで寝ちまってたな。


頭のなかはアイツでいっぱいだ。


これを読んだアイツはどう思うかは知らねーがこれからも毎日を共に過ごせるのがすごく嬉しい。


俺の幸せもきっと…カカシと共にあるんだろうな。




2018/09/14

□サスケ
可愛いのはアンタだろ。さすがに俺も照れる…。アンタのせいで俺の顔がずっとヘラっとしちまってるしほんと俺も暗部に入ろうかな(笑)変なこと口走りそうだから俺も退散。
09/14 23:42

□カカシ
これを読んだオレは…嬉しいけど照れ臭くて、でもサスケが可愛すぎて崩れ落ちそう。忘れててもなんでも、気にしないのに。結局こうやってまた、オレから言ってるわけだしね(笑)可愛さで語彙が消し飛んでるから撤退…。
09/14 15:28

HOME(0)

コメントを書く
戻る