すきなのに嫌いだ




●▲■(((0:0:432)))

Yummmy!





24時間限定リアルタイム


私、国際協力がしたかったのだ。
金稼ぎではなく。
いきていける範囲であるのなら、やりたい。




感性が"完全に"自由に動けるようにした状態でほかは全部譲ってやっていきたい
土星を肩代わりしてもらえばいいのか?
実現するための形を考えたい

高学歴な世界では感性の広さ深さが失われるので良くない

どこか。
環境をどうするか。
太陽期に安定した運用を手に入れなければならない。




月のamountを十分に保つことで太陽は安定して存在できる


iPhoneから送信




本当はずっとただただ空虚だったのかも知れない!




自身で選択すれば同じ失敗は多くなく少しずつ上の次元になる。
しかし我慢で生きている場合は違う。
不快が発生する場所を避けるようになれば同じ失敗はなくなるが次元はあがらない
行動範囲はどんどん狭くなりついには何もできない言えない


きみに友だちがいないのは自分が自分にとって心地の良いくつろいだ存在になっていないから、どんな人間なのかわからずに相手を混乱させてしまうから、
その場合相手を接待する関係性しかなくなる。あるいは共依存。
さわやかなゆらぎのある風の通るハーモニーはない、