探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆最新技術の普及により、個人でもGPS機

最新技術の普及により、個人でもGPS機能を使えば浮気を簡単に見つけられるようになりました。


スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に持ってもらうことで、ほぼリアルタイムで位置情報が分かってしまうのはすごいですね。


それで罰則があるというわけでもありませんし、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、便利です。


ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。


時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が安い料金で行うことができます。


よって探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。


最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な労力がかからずお互いにとってメリットのある依頼になります。


興信所や探偵への料金の決済(支払い)方法は、規模の大きな会社ならローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもあります。


不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、支払いでためらっているのであれば、分割払い可の業者を最初から選ぶのも手だと思います。


興信所を使うときの代金はまちまちで、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている場合もあるようです。


しかし、高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、実際はかなりあいまいです。


高額な料金を請求しておきながら、肝心の浮気の証拠が掴めないという結果に終わらないよう、あらかじめ標準的な費用についてチェックしておきましょう。


不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいのケースもあります。


離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。


さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。


どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

◆離婚ということになっても構わない、もらえる慰謝料が多

離婚ということになっても構わない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。


けれども1人で踏み込むと、揉め事を大きくする可能性があるので止めておきましょう。


信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。


あなたが信頼できる方がいない場合、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。


パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、そこそこまとまった費用が必要になります。


探偵の相場ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、20万前後(期間5日)はかかると思って間違いないでしょう。


時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、どんな調査でも50万から60万円くらいは見ておけばとりあえず安心です。


もし不倫をしているなら、相手の妻がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくることは浮気の場合、当然ありえることです。


ひとくちに慰謝料といっても、あちらが離婚しないか、したかによって当然ながら差があります。


離婚「しそうになった」からといって一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、冷静になって、弁護士に入ってもらうことです。


探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。


子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。


請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、一人で育てていくのは容易ではありません。


男手一つで育てる場合にもまた同様で、簡単に仕事と両立することはできないでしょう。


一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、無線発信機が全盛だったころもありますが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、昔の発信機と違って対象車両の追跡に効果を発揮しています。


いまどきのGPSの精度はとても高く、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ対象の位置の把握は難しいことではありません。


外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追尾の成功率はグンと上がるのです。

◆配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むの

配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。


なるほど、もっともです。


ただ、あまり深刻にとらえるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。


不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば有利であることは間違いありません。


自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、モヤモヤしているのが嫌なら興信所に頼んでみることを視野に入れても良いのではないでしょうか。


きっぱりと不倫関係を解消させるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、それを元に慰謝料請求するのが、よく効くようです。


一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、後先のことまで考えが及んでいないという実態もあります。


賠償を求めることで、自分たちがしたことを実感させることができるでしょう。


会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。


浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、なんだかとても「得」に見えますよね。


ただ、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、日数の長期化があらかじめわかるケースではお断りというパターンもあるようです。


また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、かなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


日頃、相手の生活している様子をよく見ておくことはだれにも頼まずにできることですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全安心です。


それに探偵に頼んだ場合には、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる!という付加価値もあるのです。


別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思っている人は少なくないでしょう。


ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、女っ気のない職場環境だろうと無関心でいてはいけません。


そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。


不審な点があれば、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、気持ちの上でも安らかになるはずです。

◆成功報酬の難しいところは、例えば浮気調査

成功報酬の難しいところは、例えば浮気調査を依頼したケースでは調査期間が3日間しかなかったとしたら、3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功として扱われてしまいます。


実際には浮気していたとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。


未成年の子がいて離婚する場合、不倫していた親のほうは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。


倫理的に言うとそうかもしれません。


ただ、裁判所は違う考え方をします。


基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかや子供を育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。


要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかがカギなのです。


興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。


しかし、調査が未熟なことで満足な結果が出せないときもあるわけで、仕事を発注する探偵社のクチコミ等をあらかじめ確かめてから契約することはとても大事なことです。


また、探偵や相談員とよく話し合うことも、良い成果を得るためには重要です。


探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功したケースでしか報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合の料金が割高に設定されています。


そのため、成功報酬の方が浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。


調査に対する実績なども確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すると安心です。


探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。


実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるかもしれません。


時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で費用を算出します。


短時間で調査を完了すると請求金額も少ないです。

◆探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査

探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。


探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、察知されることはまずないといって良いでしょう。


とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。


調査が完了するまでは、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。


浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で、頼めば得になるかと言えば場合によってはそうでないこともあります。


条件が成功報酬であればもし調査が不成功の場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。


それ故に、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って利用したいと思っている人もいるのです。


略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。


もちろん、やっかみで言っているのではないです。


どう言い繕ったところで自分の幸福のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がばれるの怖さに嘘をついてずっと暮らしていくのです。


一度不倫を経験してしまうと、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。


探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかを明確にしておくのが大事です。


たとえば、別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは、はっきりさせておかなければなりません。


依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。


探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。


しかし、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、相応の能力や習熟が必要でしょう。


ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もないわけではなく、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。


金銭という対価に合った仕事ができる探偵に調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが確実な成果につながるのです。