探偵情報



◆一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と近すぎる間柄の人が行うと、追跡が発覚しやすいばかりか、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も想定しておかなければいけません。


その道の専門家である探偵なら、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く証拠を集めることができるというものです。


調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金を請求されたという事例もあります。


ただ、普通は契約書に、別料金を含む料金の算定方法が書かれています。


したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。


説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約する前に納得がいくまで質問するのも重要ではないでしょうか。


興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても言い切れます。


興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような似たような仕事をしています。


でも、違いがあるとしたら興信所は、企業や団体からの依頼向けで、個人は探偵に頼るようです。


パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。


最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。


シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるのは相手に発覚するおそれもありますから、代わりに探偵社に依頼することも検討すべきです。


もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、落ち着けと言われても無理かもしれません。


徐々に落ち着きを取り戻してきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。


浮気はどう言い訳しようと、道義上許されない行為です。


気持ちの上では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。

◆パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝

パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料の支払いが発生することもあります。


浮気の証拠を提示されてしまえば、やっていた方は明らかに分が悪いです。


慰謝料として要求される金額は、50万くらいから何百万円までと本当にケースバイケースで異なります。


その額で難しいときは、減額が可能かどうか相談してみることはできます。


結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。


不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。


普通、慰謝料で請求される金額は、先方夫妻が結婚を継続するか否かで相応の差が出てきます。


離婚に至っていないにもかかわらず高額すぎる慰謝料請求があった場合、すぐ返事をせず、弁護士に相談することです。


悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。


事務所所在地や代表電話といった情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。


受付専任のスタッフがいて、だいたいの費用の目安の概算で見積りを出してもらえます。


無料で見積ってくれるところもありますし、落ち着いて考えてみると良いでしょう。


あとから内容の変更も可能です。


調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり総コストではないでしょうか。


費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で増減します。


浮気の調査のときは、1セット60分で作業するときの平均は、3万円以下、2万円以上です。


相場には幅がありますから、業者に相談して見積りをとるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。


探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。


配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。


けれども、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても自分の行動が相手に見つかってしまう事もなきにしもあらずです。


なぜでしょう。


答えは簡単で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。

◆探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、素

探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。


とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをご説明しましょう。


一番多い手法としては、依頼者から得た情報を元に調査対象の追尾を行います。


対象に気づかれては元も子もないので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、浮気の裏付けをとります。


一番明らかな証拠は写真ですね。


浮気である証拠をカーナビによりつかめます。


こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられます。


履歴が見慣れない場所であった場合気を付けなければいけません。


それに加えて、よく給油されていた場合、車によりデートしている可能性があるかもしれません。


よくあるサービス業の対価に比べると、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように感じることがほとんどでしょう。


ただ、安さで依頼したところで浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、損失は金銭的なものに留まらないですよね。


結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。


しかし、高値設定のところほど、絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは判断に迷うところです。


レシート、クレジットカードを調べると、浮気を確定することもできる可能性があります。


最初に、普段立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも見かけることが多くなったら、その周辺に普段から赴いている事になります。


そこで逃さず見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。


気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。


浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに体の関係を持つことを指します。


もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。


怪しいと思ったら興信所や探偵を雇ってパートナーの不倫の証拠を握った上、不倫行為への慰謝料を要求することで懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つような利用法も少なくないです。

◆浮気に依存しやすい人というのは、自然と「う

浮気に依存しやすい人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。


共通する点といえば、やはり精神的なストレスでしょう。


どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、精神的な疲労や不信感、無力感などを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。


その一方で、不倫された配偶者の方も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。


一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、かつては無線発信機を使用していたのですが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較するとターゲットを見失う危険性が減りました。


いまどきのGPSの精度はとても高く、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、相手車両の発見は容易になりました。


GPS を取り付けることができれば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。


探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては怖いという方もいらっしゃるでしょう。


個人情報を伝えるのが不安なら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれるところも多いですから、うまく活用して、信頼できそうなところだと感じたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすようにするといいでしょう。


SNSを通じて浮気の証跡を、バレてしまうこともあります。


SNSは名前を伏せて利用している事もあるので相手も思いがけずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちではないでしょうか。


場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットにアップしてしまう事もあるのです。


相手のアカウントを知ることができるなら検索してみて下さい。


浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調べる時間が少なくて済むので調査費用のお財布への負担を減らせるのです。


だからといって、浮気の日時をわかっていたとしても見知っている人にお願いして写真を撮るようにすると、多くが失敗するに違いありません。


知られずに証拠写真を手に入れるには、やはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。

◆浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか?

浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。


疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。


証拠が揃い浮気が間違いなくなったならば、次に浮気相手の素性を入手する必要があります。


仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。


W不倫、しかも職場って多いんですよね。


ただ、知られたところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では仕事を辞めさせることはできません。


そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、厳しいお咎めはなしで済んでいるようです。


夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。


たとえば、相手を否定しないこととかですね。


相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。


それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、外見にも気を遣い、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、夫婦円満で不倫もないように思います。


武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、相応の能力や習熟が必要でしょう。


そういった教育に配慮がないところでは、調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもないわけではなく、気をつけなければなりません。


価格に見合った技能を持った探偵に調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。


不倫というのは一生続けられるものではありません。


浮気の事実が知られ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、高額な慰謝料を要求されるケースもあるでしょう。


倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。


どういうルートを辿ろうと、本当の意味での幸せなんてあるわけがないのです。