探偵情報



◆探偵が行う浮気調査でも失敗することがな

探偵が行う浮気調査でも失敗することがないことはないのです。


探偵が浮気調査の専門家だとしても、成功しないことがごく稀にあります。


パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。


それに、浮気調査実施中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。


GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、移動の様子を常時監視し現在地を把握したり、データログを後から読み出し様々な分析をすることも可能です。


車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段は持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。


これで、相手がどこに立ち寄ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。


浮気の事実関係を委託調査する際には、びっくりするするほどに低料金だったり高料金に設定されている事務所ではなく、料金設定が細分化されていてそれ以上、料金がかからないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。


そして、業者として届け出をしっかり行っているのか確認が必要です。


違法に調査を実施している業者へは依頼は控えた方が良いでしょう。


興信所や探偵を利用する事由の大半は、不倫(の疑い)の素行調査です。


挙動不審なところがあるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。


とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠が明白であることが大事ですし、その道のプロを利用するのが一番だと思います。


パートナーが浮気していると分かっても別れたくなければ密会の場面に行こうとするのはやめるべきです。


浮気の事実を突き止められると、相方がひどく感情的になってしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうことがあるでしょう。


その上、浮気相手との会話によって精神的に、大きく消耗することになります。

◆不倫の証拠をおさえるための素行調

不倫の証拠をおさえるための素行調査は、探る相手が顔見知りですから、露見しやすいですし、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もあります。


探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるというものです。


調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


実際、もう離婚になってもいい!その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。


しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。


信頼している人を連れて行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。


あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に依頼すると良いです。


社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。


しかし、もしバレても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で解雇することはできません。


けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の社内の秩序や風紀をみだす畏れという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。


ほとんどは言葉だけでの注意であって、具体的な処分はないまま終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。


頻繁に掛かってきたり繰り返しまた定期的に、取り合っているとなると浮気相手と連絡をとっているという見込みはある程度間違いないと思われます。


その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。


そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。


昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。


調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりないです。


もし依頼するのが浮気調査などであれば、同じものと思っていただいて支障はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。


もっともジャンルごとの得手、不得手は、業者によって異なるため、契約前に把握しておきたいものです。

◆時々、探偵社で浮気調査を依頼

時々、探偵社で浮気調査を依頼したあと、請求額でもめるケースがないわけではありません。


先に見積もってもらった金額に諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、あわてて契約の解除をしようにも、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。


契約書にサインする前にチェックは入念にすることを強くおすすめする次第です。


そのときの説明で納得がいかなければ、ほかのところを探せばよいのです。


興信所や探偵選びで迷ったら、人が動く範囲は決まっていますから、地域を意識して、ウェブで検索してみると良いでしょう。


クチコミなども参考にして選んだら、相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、話してみることをお勧めします。


とにかく話を聞いてみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないです。


電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。


たとえ不倫調査という正当な理由があっても、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。


現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。


2000年代中頃にこの法律が制定される前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為による被害から個人を保護するために施行されました。


探偵業者に調査を依頼する場合、一般的な調査費用の相場を理解していないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。


おおむね2時間の調査で2万円超は計算しておくと確実です。


一般的に言えば「高い」と感じますよね。


たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、依頼者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。


最新技術の普及により、個人でもGPS機能を使えば浮気をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。


気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持ってもらうことで、今いる場所が分かってしまうのはすごいですね。


マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、相手の不倫を自力で見つけたいときはこれを使ってみるのも手ですね。

◆探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行す

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。


難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみるとそう簡単ではなく相手に勘付かれずにつけるのはとても技術がいるでしょう。


勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。


相手の行動を見逃さないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。


浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。


もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、証拠さえ入手すれば、後はとことん「報い」を受けてもらうことができます。


ときには浮気の相手方の職場やPTA、家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。


転職や家庭崩壊など、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。


調査業者を選定するときに気になってくるのが、諸経費や料金のことです。


ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで増減します。


素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、3万円以下、2万円以上です。


相場には幅がありますから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。


もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので調査にかかるお金は少なくなります。


だからといって、浮気の日時を知っているにしても見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、ほとんど駄目でしょう。


ひそかに証拠を握りたいときには、探偵を雇うのが賢明でしょう。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。


携帯電話は浮気相手との連絡手段として当たり前のように使われるからです。


近年、メールやラインで連絡をことも増えていますが、やはり、相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。


ふとした時に電話している可能性は十分考えられます。

◆非嫡出子でも認知を求めることがで

非嫡出子でも認知を求めることができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。


いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。


浮気だからと認知に消極的なときは、家裁に訴えることもできます。


子供なんて出来てしまったら大変ですから、浮気をやめてもらわなければ長期的に見てかなりの不利益があると思っていいでしょう。


不倫の行き着く先って色々ありますよね。


浮気の事実が知られ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてことも考えなければなりません。


また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。


どういうルートを辿ろうと、本当の意味での幸せなんてありません。


夫婦関係にある人の浮気を調べるのを調査員に行ってもらう場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を契約を交わす前に取り決めます。


1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査が長期になれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。


調査する人の所属するオフィスにより、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。


探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っているケースも見られます。


高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、必ずしも比例するとは言い切れません。


成果があればこその対価であるのに、不倫の証拠が得られないなんてことにならないよう、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいは知っておくと良いでしょう。


どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのが一般的かつ確実だと思います。


きちんとした会社に仕事を依頼するには、いくつかのところを比べてみるのを強くおすすめします。


調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいはおさえておきたいところです。


不当な高値請求の業者を避けるための自衛策でもあります。