探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆GPS端末を使い、良く行く場所を調べて

GPS端末を使い、良く行く場所を調べてその近所をウロウロしていれば、必ず来るはずなので不埒な行為を押さえることができるでしょう。



あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのもひとつの方法ではあります。

その機械を付けている事が知られてしまう事があります。


単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も想定しておかなければいけません。興信所の調査員に依頼すると、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。
興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。
でも、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、大幅値引きな価格を提示したり、一律価格を謳う会社が増えてきました。
ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあるので、契約する前に、納得できるまで説明を聞き、請求トラブルにならないよう気をつけるようにしましょう。

成功報酬と言って誤解されがちなのは、もし浮気調査の依頼したとすると調査期間が3日間あったとして、その3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査に関しては成功ということになります。実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ浮気の証拠がつかめないまま、調査期間を終えてしまい事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

◆浮気をしているかどうか確かめた

浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査によって一定とは限りませんが2人で調査することが多いようです。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、調査することが多いでしょう。
浮気が現実であると判明したら、再度相談をして調査の方法や人数などを決定します。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。
厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体関係があることを言うのです。

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに賠償を請求することが可能です。


興信所に調査を依頼し、不貞行為の証拠を押さえ、多額の賠償を請求することによって不倫関係を一気に解消させるような利用法も少なくないです。よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。

私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。


本心からの喧嘩に発展しそうなことは言いませんし、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、服装や美容にも気配りを忘れずに、女らしいふるまいを心がければ恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えています。

大手以外にも多くの探偵業者がありますから、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができると思います。自分が住んでいる近くで好評価を得ている探偵を見つけて、そこで話を聞いてもらえれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。尾行料金の相場はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。
もちろん、調査員が少ない人数なら安く多ければ多いほど高くなります。
そして尾行の際、車やバイクを使うと、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。

◆探偵社の評価を確かめもせず契約してしま

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。事務所に相談に行った際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意すべきです。

断って帰宅したあとでも、やたらと電話で勧誘してくるのは劣悪な業者とみて間違いありません。



しっかりした探偵社なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。
探偵の仕事は依頼された調査を行えばいいということではありません。浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。
そういう時に、一番に依頼人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用できる探偵ということです。

探偵を信頼しても良いのかを判断するには、相談中の相手の印象を見るようにしてじっくり考えて判断をすればよいでしょう。不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くのは覚悟しておかなければなりません。気になるのがその金額ですが、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。仮に離婚せずに非常に多くの慰謝料の請求があったら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうべきです。
興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような違いのない仕事です。とはいっても、違いがあるとしたら企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。
探偵を依頼することで、浮気の証拠を掴む事が可能です。相手がおかしいと思った時、証拠を自ら集めようとするでしょう。
ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようと思っても相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。その原因ははっきりしており、あなたの顔が相手に知られているからです。

◆法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性

法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係になることを不倫といいます。と言うことは法律の中では、男女関係に発展していなかったら一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。


個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。



探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、身内の方による浮気調査です。
とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをご説明しましょう。
調査方法の基本としては、事前にクライアントから話を聞き、追跡します。
いわゆる「尾行」です。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、証拠を入手します。

探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。探偵が何もミスをしなくても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい調査対象が警戒を強めてしまって証拠集めがやりにくくなり、失敗に終わる場合もあります。いくら探偵の浮気調査でも、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。



失敗した場合の代金についても、契約書を作る際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。



有名どころや老舗が絶対にハズレがないとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが間違いが少ないです。規模の小さな会社では、満足な調査をせずに完了したと偽り、金銭だけを要求してくるところや費用の説明が不十分なところもあるからです。

もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども良い検討材料になりますね。



携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめます。浮気相手への連絡手段として携帯を使われるのが当然だからです。最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をことも増えていますが、やはり、相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。



ですから、空き時間に電話することは十分考えられますね。

◆一般に知られている通り、同窓会での再会は、既婚者同士

一般に知られている通り、同窓会での再会は、既婚者同士の恋愛に発展する危険性が高いです。
以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同年代の思い出があるせいか異性に対する警戒心が薄れ、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。そういった再会を機に相手の様子がおかしければ、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。


本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

そんな不埒な行いを黙認することはありません。

不倫行為の裏付けをとる手段は定番なところではスマホや携帯電話ですよね。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで連絡をとっていると考えるのが妥当です。

パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、相応の支出は覚悟しておきましょう。


探偵の調査業務にかかる料金は、具体的には不倫の行動調査の場合、20万円(4万円で5日間)程度が必要です。



時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どのような調査を依頼する際でも数十万程度と見積もっておくと不足はないと思います。実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査員に伝えられていた場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、通常は調査をする人の数と調査にかける日数を契約を交わす前に取り決めます。

探偵の時給の相場は1万円以上ですから、浮気調査を行った期間が長期にわたれば請求される調査費用も多額になります。



調べる人の事務所により、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。