探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びてい

スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこから浮気がバレることが増えているのも、当然かもしれませんね。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えていいでしょう。


配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。


本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。


その許す事ができない行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。


相手の浮気を裏付ける方法というと色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。


ライン、メール、フリーメールなどを駆使して不倫相手と連絡をとっている可能性があります。


同じ電話番号の人から何度も繰り返しまた定期的に、電話番号があるとしたらその電話の相手が浮気相手という確率は非常に高いと言えます。


そういったことに気付いたらその電話をしている相手を、断定することができますね。


しかしパートナーの警戒心が強いとなると、電話での連絡を浮気相手ととったのちには電話履歴を消していることも多々あり得ることです。


昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は違いがありません。


共によく扱うのは、相手方の不倫を理由に離婚するなら、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。


自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、その道の専門家に頼んだほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。


仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に役立ってくれることでしょう。


探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。


どんなところが高い技量を持つかというと、企業規模も確実に影響してきます。


全国各地を営業エリアとしているところは、機材や調査手法の刷新に余念がなく、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。


一般的に大手の会社というのは、調査に従事する職員の教育にも積極的でそうしたところが調査報告書にも反映されているように思えます。

◆一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが

一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、追加費用を加算したりして高額な請求を行っている会社もあるようです。


高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、必ずしも比例するとは言い切れません。


成果があればこその対価であるのに、不倫の証拠が得られないなどということにならないために、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておいた方が良いでしょう。


不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気をやめさせることに成功しても、再々繰り返す場合があります。


休日に家族と過ごす時間が減ったり、携帯にロックをかけるようになったりして、浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。


そもそも前の浮気時の対応が手ぬるかった可能性も高いので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置も考えなければなりません。


興信所に調査を依頼するには、とりあえず電話をかけます。


心配なら非表示でかけるのもOKです。


電話を通した相談で感触が良く、詳細を打合せたいというときは、事業所へ行くという運びになります。


相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、信頼できる会社だと思ったら契約書を交わし、そこから調査が始まります。


あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。


ただし、配偶者が不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。


慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど総合的に判断して裁判所に委ねることとなります。


夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもそんなに珍しいものではありません。


物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは経験が物を言う仕事です。


調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、プロに任せるのが一番安心です。

◆相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。


特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚とは、そう簡単にすることができないものです。


請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。


男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。


不倫の調査は対象と近すぎる間柄の人が行うと、追跡が発覚しやすいばかりか、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も無視できないでしょう。


同じことでも探偵に依頼すれば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く目的を完遂することができるはずです。


私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。


簡単です。


真正面からスパッと訊いてみましょう。


普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。


短い質問なら簡単に答えれば良いのに、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。


後ろめたいことを隠しているときは、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。


目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は簡単にわかるものです。


探偵社の調査代金の決済(支払い)方法は、全国展開しているような大手だとクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割に対応しているところもないわけではありません。


早く浮気の証拠が欲しいけれども支払いでためらっているのであれば、分割払い可の業者を見つけると機会を逃さなくて良いですね。


私ではなく職場の同僚の話です。


彼の妻が元カレと不倫していて、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいみたいなんです。


気持ちは分かりますが裁判となるとお金がかかるものですよね。


写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、慰謝料を求めたうえで、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと提案してみました。

◆法律の上で、結婚した人が自分から夫婦ではな

法律の上で、結婚した人が自分から夫婦ではない異性と性的関係になることを不倫とよびます。


と言うことは法律の中では、肉体関係を持っていなれば食事や遊びに行ったとしても、浮気とは言えないということになります。


性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。


たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくるのは覚悟しておかなければなりません。


一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で当然ながら差があります。


仮に離婚せずに多額の慰謝料を請求してきたときは、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしましょう。


浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。


確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。


普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあると思っていてください。


一方で、浮気するだろうという日が調査の前に分かっていれば、1日で十分な証拠が集まることもあります。


安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。


おそらくそれは少し昔の話でしょう。


手抜きをしたってお客にはわからないからです。


近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、業者の誠実さなどはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。


値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところであれば、あとで後悔することもないでしょう。


探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法でターゲットの調査にあたることもあります。


追尾調査、張り込みは基本ですし、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、必要があれば周囲に聞き込みなどをすることもあります。


業者によっては、社外の人間にはクライアントでさえ知ることができない調査方法も存在するらしいです。

◆不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、訴訟で

不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、訴訟では思うような結果にならないかもしれません。


つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否するということも、起こりうるからなんですね。


そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。


誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのに納得できる人はいませんよね。


そうならないために、あらかじめきちんと調査しておいたほうが良いでしょう。


興信所や探偵選びで迷ったら、そこで目安になるのは「地域」です。


誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、どの地域なのかを中心に、ネット検索すれば会社の数は限定されます。


そこそこ絞り込みができたら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。


とにかく話を聞いてみなければ、探偵社の雰囲気すら判断しようもないです。


電話から最初の一歩を踏み出しましょう。


浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。


そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。


探偵への浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所それぞれで金額は異なりますので、依頼する前には見積もりをお願いするのがいいでしょう。


浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって別途、代金を請求されるというケースがあるようです。


驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。


オプション付加条件や料金テーブルがはっきり書かれているはずです。


したがって契約書にはよく目を通して理解しなければいけません。


もし不明な点があるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも大事だと思います。


一般的に浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように感じることがほとんどでしょう。


割安だからと安易に業者を頼んだものの、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、お金の無駄どころではありません。


大事なのは調査の能力の高さですが、すごい料金をとっていても必ずしも調査能力が高いわけではないのが素人目には判断がつきかねます。