探偵情報



◆あきれた話なんですが、夫の浮気は一時

あきれた話なんですが、夫の浮気は一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。


それも私と結婚する前から、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。


今さら知りたいとも思いませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。


妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。


許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる価値すらないような気がして、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。


同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。


しかも、事実が判明したところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのようにクビにするというのは無理でしょう。


けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、まあ現実では訓戒程度で、厳しいお咎めはなしで曖昧に済まされることが多いです。


成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を、依頼したら損することは無いかと言いますとケースバイケースでそうでないこともあります。


成功報酬の条件では結果として不成功となった場合、料金支払いが不要となるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。


だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して利用したいと思っている人もいるのです。


格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。


浮気をしているときに、分かりやすく現れるのは変化していく服装です。


おしゃれにはこれまで疎かったのに、突然、服装にこだわりができたら注意が必要でしょう。


この先浮気に進展しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。


浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても、離婚の必要性については考えるべきでしょう。


子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。


相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。


それは男性の場合であっても同様で、仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

◆探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありま

探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。


その会社の評価や口コミ情報を調べることが必要不可欠ではないでしょうか。


悪質なところだと、見積り時の説明が不十分だったり、手抜き調査や報告書作成ミスなども見られます。


定評のある会社を選べば、法外な料金をとられる危険性はないでしょうし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。


不倫していたことが問題になって家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停が必要になることもしばしばあります。


調停の場では家事調停委員を間に入れて第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも円滑で現実的な話し合いになる点で頼もしいシステムです。


あまり怖がる必要はないでしょう。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取付して、行動を常時監視し続け現在いる場所を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。


車より公共交通機関などを利用する人には、バックなどの身の回り品にGPS端末を隠くしておくこともできます。


これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。


調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。


肝心の支払いについていうと、古手の中堅以上のところでしたらクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割に対応しているところもないわけではありません。


不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、一括で払うのは難しいというときは、分割払い可の業者に依頼するといいでしょう。


大手なら近くに営業所があるかもしれません。


ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンなどは、はずせないです。


もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていない場合が多いようです。


証拠として認められる品質のものを入手したいのだったら、探偵業者を利用するほうが確実だと思います。

◆だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐ

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均では一週間以内です。


確認しておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。


調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていてください。


逆に、怪しい日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。


不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。


でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。


普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。


もし疑いをもつようなことがあれば、探偵を使って調査してもらうと、いたずらに心配せずに済み、メンタル面でもプラスになると思います。


探偵業を営むには特殊な免許資格は不要です。


ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可された会社(個人も可)になることが不可欠です。


営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。


領収書やクレジットカードから、浮気を確定することもできるかもしれません。


まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけるようになったら、普段からその近くに行っている事になります。


そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。


もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。


無視できないような悪い評判のある会社では、不当に高い料金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。


利用者評価の高い探偵業者であれば、法外な代金をとられることはありません。


不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。

◆名前の違いで悩む人がいるようですが、今の

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はその名称のみと考えていいでしょう。


両方とも探偵業務と報告を行うことは変わりないです。


もし依頼するのが浮気調査などであれば、特に気にすることはないということです。


ただ、ある程度の得意分野だのは業者によって異なるため、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。


未成年の子がいて離婚する場合、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。


ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。


調整や裁判での子供の親権というのは、同居の有無や育児への関与等に重点を置いて判断します。


つまり、子供の生育に適した環境かが優先されると考えて良いでしょう。


婚姻中に不貞行為があったために離婚話がうまく進まず、とうとう家裁での離婚調停となるケースもあります。


とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当事者のみではもつれがちなことでも、解決に向けて進展しやすいというメリットがあります。


緊張せずリラックスして臨みましょう。


興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。


それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。


一見するとオトクに感じますが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは断るときもあるそうです。


それに、浮気の裏付けがとれたときにかなりの代金を請求されることもあるので注意してください。


どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。


無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、営業所のかわりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで懇談するのも良いと思います。


違法な勧誘を避けることができます。

◆普段は浮気と不倫の違いなんて気にすること

普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。


浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、体の関係を持つことを指します。


ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを申し立てることができます。


探偵を頼んで配偶者の浮気の証拠をおさえ、不倫行為への慰謝料を要求することで現実に立ち返らせ、不倫関係を精算させるというケースも多いです。


会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。


証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかもしれません。


しかし、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。


当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときにかなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが諸経費や料金のことです。


コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変わってきます。


素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、3万円以下、2万円以上です。


安ければいいというものでもないでしょうから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。


着る洋服を見ることで決定的な浮気の証拠を発見できます。


浮気をしている人に、目立って現れてくるのは身なりの変容です。


おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、おしゃれを急にするようになったらよく見ることが重要です。


浮気へと進展しそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。


配偶者が不倫していたことが原因で離婚話がうまく進まず、とうとう家裁での離婚調停となることもしばしばあります。


とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて裁判所内で協議が行われるため、夫婦やその関係者だけで話し合うより円滑で現実的な話し合いになるというメリットがあります。


前の日はよく眠り、気楽に行くことです。