探偵情報



◆成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に、依

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に、依頼すれば損はしないと思いがちですがケースバイケースでそうでないこともあります。


成功報酬ならば一般的な感覚としては不成功な結果となった場合、お金を払わなくても済むのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。


それ故に、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを利用したいと思っている人もいるのです。


配偶者が浮気する理由として多いのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったというものです。


恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。


理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ二人で歩み寄って、おたがい何が不満なのかを話し合う姿勢も大事なのではないでしょうか。


探偵社に任される仕事というと、その大半は身内の方による浮気調査です。


どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例におさらいしてみましょう。


調査方法の基本としては、依頼人から提供された対象情報を参考に対象の追跡を行います。


四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不倫の証拠写真を撮影したりします。


パートナーの浮気に気づいたら、ぜったい裏付けをとるべきです。


最も確実な浮気の証拠は、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。


不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を得るのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかもしれません。


夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。


しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、両方の家族同士で話し合った末、最終的に離婚という結論が出ました。


育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていかなければなりません。


感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、間に弁護士を挟んで、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書という形で残しました。

◆興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手

興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子にもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。


休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、メールや着信履歴などで懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。


要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが寛大すぎたことが考えられますから、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が大事だと思います。


時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が費用が少なく済みます。


したがって尾行依頼を探偵にするとすれば、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。


自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵にも余計な労力がかからずお互いのメリットとなります。


ほんの火遊びのつもりでも、妻からすると浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。


その許す事ができない行為を黙認することはありません。


浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。


ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡を取り合っている可能性は高いです。


いまどきの探偵業界の傾向として、無料で相談員と話ができるケースが増えてきました。


大事な案件を発注するのですから、活用して損はないと思います。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上で重要な情報が得られるからです。


親戚でも友達でもない第三者に相談することで、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。


小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では依頼する際には費用が発生します。


もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積り額も変わってくるでしょう。


単純そうな行動追跡でも、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。


どのくらいの期間を要するかでも料金に差異が出てきますので、調査が長期や長時間になればお金がかかると思ったほうが良いでしょう。

◆「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫行為の代償というのはおそらく高くつくでしょう。


とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、慰藉料を請求されることだってあります。


本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償いの生活を送る羽目になるのです。


探偵業者を選ぶなら、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることを強くお勧めします。


評価が芳しくない探偵では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、満足な調査をしていないこともあるようです。


定評のある会社を選べば、悪質な請求をつきつけられる可能性もないでしょうし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。


スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、それが元で不倫が判明する場合も増えているのです。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新しているときは、不倫相手と連絡を取り合っていると疑ったほうがいいかもしれません。


配偶者の態度とSNSはある意味、浮気の指標にもなるのです。


わけもわからず自分で動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方が良いと思います。


経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんと攫めます。


素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。


しかし、相手を責めたてても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。


そのため、確実な証拠というものが必要になります。


興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。


双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような仕事内容は類似しています。


とはいっても、違いをあげるとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。

◆探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査

探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功したケースでしか料金が発生しないという懸念があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。


そのように考えると、成功報酬制を採用している方が浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。


調査に対する実績なども確認して、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すれば心配ありません。


日頃、相手の行動の様子をよく見ておくことはだれにも頼まずにできることですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。


それに探偵に頼んだ場合には、単に浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる!という付加価値もあるのです。


着ている服を見て浮気の証拠を見つけられます。


浮気をしているときに、目立って現れてくるのは格好の変わりようです。


以前はファッションに対して無頓着だったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば用心しましょう。


この先浮気に進展しそうな人や、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。


不倫の行動追跡調査で、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。


今時の業者は探偵業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。


この法律が発効されたのは平成19年です。


それ以前は個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などのトラブル発生抑止のため施行されました。


ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。


しかし、双方には明らかな相違点があるので今一度ご理解いただきたいと思います。


便利屋でしたら無届けでも開業できますが、興信所や探偵社のほうは、探偵業法の規定通りに、公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。


法規制がない便利屋と違い、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

◆探偵社で働くには特別な資格は必要としません。その代わ

探偵社で働くには特別な資格は必要としません。


その代わり、不貞行為の調査などで成果をあげるには、しっかりとしたスキルが必要です。


まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。


しかし一部の業者ではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるという話ですし、格安というところは注意したほうが良いでしょう。


せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが担当すること。


それが、結果を出す近道です。


探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。


コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変わってきます。


浮気の調査のときは、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、2万円台と考えておくとよいでしょう。


相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが一番早い方法だと思います。


近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースが増加しています。


スマホが主流となっている今、ラインのトークやメールなどに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。


ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。


興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、別段変わりは無いと言ってもいいかもしれません。


両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような仕事内容は類似しています。


ただし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。


一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、その配偶者からしたら信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。


そんな不埒な行いを好き放題にやらせておく理由はないはずです。


相手の浮気を裏付ける方法というと定番なところでは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。


メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。