探偵情報



◆実際の浮気調査では、調査員は何

実際の浮気調査では、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査は大体2人程度で行っているようです。


しかしまだ浮気なのかはっきりしていないケースは、まず調査員が1人で浮気であるかどうかをすることが多くなります。


浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度話し合いをして調査員の数などの詳細を決めていきます。


探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。


ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、あらかじめ複数の業者に見積り依頼しておくことが、後悔のない会社選びに繋がると思います。


それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、効率良く調査できるので、費用圧縮になります。


探偵の看板を掲げるには資格や免許はこれといって要求されません。


ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可を受けることが大原則です。


安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。


浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で、頼めば得になるかと言えばケースバイケースでそうでないこともあります。


成功報酬と言えば、一般的には調査を不成功で終わった時、料金の支払いをしなくてよいので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


ですから、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って選んでいる人さえいるのす。


探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をしてもらうことは正直ムリですので、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチでお金を溝に捨てるような事態に発展することがあります。


失敗しないよう、契約する前にネットの評判などを調べてみて、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

◆これから探偵を雇うつもりでいたら、その調査にど

これから探偵を雇うつもりでいたら、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを調べておかないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。


なにせ、時間あたり1万円程度を予想していると間違いありません。


たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、費用負担は増えるだけですから、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。


パートナーに浮気され裏切られた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。


経験値の高いプロに相談することで、心の傷を癒し、前進していけるのです。


信頼していた相手に裏切られたことで別れたあとも人間不信を引きずってしまい、建設的な考え方ができなくて悩んでいるような人も少なくないです。


離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。


このごろは技術が進み、個人でもGPS機能を使えば浮気を容易に把握できるようになりました。


GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持ってもらうことで、今いる場所を特定できてしまうのです。


法律に触れることはないので、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、GPSが役立つかもしれません。


探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますがだいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。


当然ですが、調査員の数が少なければ安く多ければ多いほど高くなります。


そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので確認が大切です。


不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の訴えを行ってもおそらく不利になると思います。


なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないことがあるからです。


また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。


誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのに納得できる人はいませんよね。


そうならないために、調査で証拠を確保することをおすすめします。

◆一時的な遊興や逃避で始めた交際だ

一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。


その許す事ができない行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。


浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはりスマホや携帯電話ですよね。


ライン、メール、フリーメールなどを駆使して相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。


浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。


パート、PTA、習い事など、女性なりに出会う機会なら色々あり、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。


そんなわけで浮気に抵抗感のない女性が右肩上がりに増えていますし、不倫調査で探偵社を訪れる男性は増えているようです。


たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。


安易に一社に絞り込まず、契約前にいくつかの会社に見積りしてもらうのをおすすめします。


また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、費用圧縮になります。


まず探偵について見てみるならば、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから表立った調査をしているようです。


探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と結論できそうです。


常に相手が警戒している場合、自力で不倫の証拠を押さえることは、至難の業です。


でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と何かと便利に使えるでしょう。


ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。


調査費用はかかりますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。

◆一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。探偵

一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。


探偵のアルバイト情報を調べれば、求人情報が表示されます。


これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所も多いのです。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報を教える必要があります。


バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。


浮気をしている事がSNSを通じて、バレてしまうこともあります。


SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでついうっかりパートナーが、プライベートを事細かに書いてしまう事がありがちではないでしょうか。


時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を書き込んでいる可能性もあるのです。


相手のアカウントを知ることができるなら検索してみて下さい。


素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方でターゲットの調査にあたることもあります。


相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。


交友関係を絞っていき、必要があれば周囲に聞き込みなどを行うことがあります。


それに、あくまでも企業秘密で、教えてくれない調査方法もあり、結構ハードな世界のようです。


浮気調査を探偵に依頼するとき、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。


探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。


探偵業法が2007年に施行される以前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、業者の違法行為による被害を未然に防ぐべく定められました。


以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、これは浮気しているなと思いました。


相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)チェックしてみましたが、きっちりロックでガードされていて、見れなかったんです。


泥沼は嫌なので、これは探偵の出番かとも思うのですが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、最初の一歩を踏み出せないでいます。

◆浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調

浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。


しかし、探偵に依頼するのは費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。


探偵に浮気の調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いすると良いでしょう。


浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても、離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。


ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。


請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。


男手一つで育てることも、また同様に簡単に仕事と両立することはできないでしょう。


浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは困難でしょう。


しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても何かと便利に使えるでしょう。


ですから、不倫をしているなと思ったら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。


多少出費はかさみますが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。


たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくるのは覚悟しておかなければなりません。


慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、向こうが離婚したかどうかで相応の差が出てきます。


離婚「しそうになった」からといって高額すぎる慰謝料請求があった場合、すぐ返事をせず、弁護士に相談するほうが良いでしょう。


探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。


浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、なんだかとても「得」に見えますよね。


ただ、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、長期間にわたる調査が必要な場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。


また逆に成功したときに、思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので注意してください。