探偵情報



◆調査会社が探偵業務で使用する道具というと、かつ

調査会社が探偵業務で使用する道具というと、かつては無線発信機を使用していたのですが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると調査対象の追跡性能がアップしました。


最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象の位置の把握は難しいことではありません。


これさえガッチリとつけることができれば、調査の精度はさらにあがります。


普段は無縁な探偵社ですが、怪しいサギまがいの業者があったりしますから、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信頼ベースで選んだほうが良いですね。


ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。


曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、わかるまでよく説明してもらった上で依頼するようにしましょう。


かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。


素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。


ただ、最近はインターネットがあることですし、調査内容の信頼度や請求などについてもクチコミ評価などを見て判断することができます。


値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、ただ高いだけのところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。


実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけ出すしかないのです。


探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。


業者の場所や連絡先等は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。


受付専任のスタッフがいて、だいたいの費用の目安の見積りが出てきます。


初回見積り無料の業者さんも多いですから、落ち着いて考えてから依頼することもできます。


興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、根本的にどういった目的があるのかを決め、事前によく話し合っておくことが非常に大事です。


別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。


その希望次第で微妙に調査内容が異なってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。

◆ホームズやポアロは別として、探偵といえば、ほとんどの人

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。


相手にわからないよう後を追って、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。


露見することはまずありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておく必要があります。


どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのがこの仕事なのです。


探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。


とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。


ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、どの地域なのかを中心に、ネット検索すれば会社の数は限定されます。


クチコミなども参考にして選んだら、電話で相談員に話してみると良いでしょう。


相手は専門家ですが、話をしてみないと、探偵社の雰囲気すら判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。


信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、評判や口コミを調べるのが大切です。


そのようなときには、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに記載された口コミを見るのではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに書かれているような口コミを確認するのがお勧めです。


その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、信頼性が高いのは明白です。


パートナーの浮気に気づいたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。


浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。


自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、離婚裁判で採用されるような証拠をゲットするのは困難でしょうから、興信所を活用することも考える価値があるのではないでしょうか。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、行動を常時監視し続け現在いる場所を把握したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。


あまり車を運転しない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる!という方法もあります。


これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

◆不倫に関する問題を誰かに相談するなら、弁護士

不倫に関する問題を誰かに相談するなら、弁護士に相談することをオススメします。


離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをもし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所とか興信所に行って相談するのがいいです。


女性の場合だと、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば絶対にしてはいけません。


興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、そこそこまとまった費用が必要になります。


探偵の調査業務にかかる料金は、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいをみておくと良いでしょう。


時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、たいていの調査であれば、数十万程度と見積もっておけばとりあえず安心です。


浮気現場の日時がわかっていると、調べる時間が少なくて済むのでそれだけ調査費用が節約できるわけです。


だからといって、浮気の日時を把握していても顔見知りにいって写真撮影をお願いすると、成功することはほぼ無い!はずなのです。


バレないで写真を撮影するには、プロに任せるのが一番でしょう。


複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。


その中で、超リーズナブルなコストテーブルや浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者もしばしば目にするようになりました。


ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もないわけではないので、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、あとで後悔することがないよう気をつけるようにしましょう。


不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気を止めることができたとしても、繰り返すことがあります。


退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メール履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。


要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが寛大すぎたことが考えられますから、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が大事だと思います。

◆探偵業者の選定には誰しも迷う

探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。


とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。


ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域を意識して、ウェブで検索してみると良いでしょう。


ある程度の選別ができたら直接電話で調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。


現場の人と話をしてみないことには、探偵社の雰囲気すら判断しようもないです。


電話から最初の一歩を踏み出しましょう。


よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。


不貞行為を責められた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになるケースもあるでしょう。


表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。


どういうルートを辿ろうと、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。


探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。


調査会社への代金の精算の仕方ですが、規模の大きな会社ならクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割OKという業者もあります。


一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、お金を貯めているヒマがないなんていう場合は、分割OKの事業者を中心にリストアップしていくといいでしょう。


大手なら近くに営業所があるかもしれません。


色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でやはり一番多い答えは、「ばれてしまったから」です。


普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。


そういったことを専門にする探偵会社に怪しい点を探ってもらう方が、確実性があるというものです。


そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、どうしても本人次第になります。


浮気調査で探偵社を使うときは、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、調査費用が安くつくだけでなく調査精度も上がります。


探偵に丸投げするのは簡単ですが、不倫の裏付けをとるために時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。


一緒にいれば判ることもありますし、記録やリサーチにいそしむと今後の大きな助けになるでしょう。

◆探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるかもしれません。


一方、時間給の方は調査員の数×調査を行った時間で費用を算出します。


調査にかかる期間が短くて済めば請求額も少額となります。


探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。


当たり前のことですが、調査員の数が少なければ安く多くなるほど高くなります。


そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので確認するべきでしょう。


浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。


共通する点といえば、メンタル面での負担が大きいことでしょう。


既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を持っている時間が長くなり、精神面や体の不調として出てきます。


そして、裏切られた配偶者もまた、情緒不安定や不眠などの症状が見られます。


もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、誰だって頭の中が混乱するものです。


徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。


浮気はどう言い訳しようと、やったほうが悪いのです。


精神的にはまだまだ慰めにならないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料を要求するのは当然のことです。


良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に依頼するようにしましょう。


土地勘がある調査員がいるほうが深い調査ができ、報告書の精度も上がるでしょう。


調査してもらう内容次第でも得意なこととそうでないこととがありますし、公式サイトや業者に電話確認してみることも大切です。