探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆探偵を使い慣れている人はいないでしょう。いざ配偶

探偵を使い慣れている人はいないでしょう。


いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは普通だと思います。


業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、届出をした正規事業者であるかは番号を見れば判断がつきます。


ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。


パートナーがすごく用心深い場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは無理というものです。


ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、何かと便利に使えるでしょう。


これは浮気しているなと気づいたら、探偵を雇って調査してもらいましょう。


いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、浮気相手と出かけているときの写真等、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。


たとえ不倫調査という正当な理由があっても、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。


現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。


平成19年に探偵業法が施行されるまでは、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの被害から個人を保護するために策定されたのです。


小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では調査を依頼するときは代金が必要になります。


スタッフが行う調査の内容により、コストテーブルも変わります。


素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。


期間、季節、時間帯などによっても料金に差は出てくるので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、それだけ多くの費用を必要とします。


不倫する人というのは明るそうに見えても、ウツが多いですね。


考えられることは、精神的な緊張や負荷でしょう。


交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、不安やストレスを感じることが多く、症状として出てくるのです。


浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだって不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。

◆配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のよう

配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。


なるほど、もっともです。


でも、そう難しく感じるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。


不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、その証拠を握っておいたほうが絶対的に有利というものです。


興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。


面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。


携帯も隠すし、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。


私たち夫婦の身近な人間なのかなと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。


こうまでしてあるからには、もう、探偵の出番かとも思うのですが、主婦のへそくりもないので、ためらっているところです。


探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫の有無を調べる追跡調査です。


探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で解説します。


一番多い手法としては、依頼者から得た情報を元に追跡します。


いわゆる「尾行」です。


対象に気づかれては元も子もないので、ここぞという日時に限定して追跡し、浮気の裏付けをとります。


一番明らかな証拠は写真ですね。


素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのがもっとも確実です。


きちんとした会社に仕事を依頼するには、少し手間をかけても複数の会社を比較することがコツです。


とりあえず料金体系や業界相場あたりは知識をつけておきましょう。


不当な高値請求の業者を避けるための自衛策でもあります。


成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に、頼めば得になるかと言えば実際にはそうでない場合もあります。


普通、成功報酬と言えば結果として不成功となった場合、お金を払わなくても済むのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。


ですから、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って見つけている人もいるのです。

◆浮気している人の嘘ってけっこう

浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。


それには真正面からスパッと訊いてみましょう。


普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。


ちょっと質問しただけなのに、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。


心に負い目があると、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。


視線もキョドりますし、目線を追うと分かります。


こちらが落ち着いているほど効果的です。


成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、仮に浮気調査について依頼した場合にはその際の調査期間が3日間だった場合、その3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。


実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい成功報酬として料金を支払うのです。


浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。


しかし、探偵に依頼するのは調査料金も安くはないですから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。


探偵へ浮気調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所の違いで価格はそれぞれ異なるので、依頼する前には見積もりをお願いするのがいいでしょう。


行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、証拠を探したほうがいいでしょう。


最も確実な浮気の証拠は、写真でしょう。


誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。


個人が不倫の尾行をしたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を入手することは相手に発覚するおそれもありますから、探偵業者に依頼することも考えておくと良さそうです。


ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したからというのが少なくありません。


自分とのことを考えてくれている人に対し、後ろめたさを感じるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに辟易するのです。


もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、今までの罪の意識も手伝って、精算したいという気持ちになるようです。

◆これから探偵を雇うつもりでいたら、だ

これから探偵を雇うつもりでいたら、だいたいの相場というものを知らないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。


時間あたり1万円程度を想定していると確実です。


一般的に言えば「高い」と感じますよね。


たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、支払い額に確実に影響してきますから、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。


探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから別途、代金を請求されるというケースがあるようです。


ただ、普通は契約書に、オプション付加条件や料金テーブルがはっきり書かれているはずです。


そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解することは欠かせないのです。


疑問に思ったり心配なことがあれば、契約書にサインする前にしっかり確認するのも重要ではないでしょうか。


いくら成功報酬制を採用していると言っても、仮に浮気調査について依頼した場合にはその際の調査期間が3日間だった場合、その3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。


実際には浮気していたとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、浮気調査は終了してしまい成功報酬としての料金を請求されます。


探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。


詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は用心してかかるべきです。


相談後、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。


しっかりした探偵社なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。


探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。


浮気を調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。


そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。


信頼してもいい探偵なのかは、相談する時の様子などで慎重に判断する事を心掛けてください。

◆ごく稀ではありますが、探偵に不倫

ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、請求額でもめるケースがないわけではありません。


事前に説明があった料金以外に諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合は多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。


やはり、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。


料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、ほかのところを探せばよいのです。


法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者ではない人と性的関係になることを不倫と定義しています。


と言うことは法律の中では、性的に親密な関係ではなかったなら食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえません。


男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。


問題なく探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまいパートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。


たとえ探偵が浮気調査をしても、100%成功することはあり得ないのです。


失敗した場合の代金についても、調査を始める前に決めておくことが大事だと言えます。


もし不倫をしているなら、相手の妻がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくるのは覚悟しておかなければなりません。


ひとくちに慰謝料といっても、先方が離婚するかどうかで差があります。


その時点で離婚していないのに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしてください。


浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。


不倫行為が確実ではない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。


残念にも伴侶の不実が確かなものとなったら、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。


パートナーの日々の行動を追跡したり、あるいは張り込んだり等不倫相手の正体を確認するのです。