探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆近年SNSの利用者が急増しているせいか

近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったというパターンも多くなりました。


パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えていいでしょう。


SNSに関わる相手の態度というのは、ある意味、浮気の指標にもなりえます。


ほんとに離婚してもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。


しかし1人で踏み込むという方法を取ると揉める元なので避けるのが賢明です。


あなたが信頼する人と一緒に行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。


あなたが信頼できる方がいない場合、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。


探偵による調査は高額ですから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。


テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは簡単じゃありません。


変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。


誤魔化せない証拠を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。


これから探偵を雇うつもりでいたら、標準的な料金に関する知識が不足していると、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。


1時間1万円からと考えておくと間違いありません。


仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用負担は増えるだけですから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。


ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンは決定的です。


撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが多いです。


証拠として認められる品質のものを撮影しなければ意味がないので、その道のプロである探偵に依頼するほうが現実的です。

◆W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、

W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したからというのが実に多いのです。


そこから相手に心苦しく感じたり、将来が見えない浮気という繋がりにうんざりする気持ちが出てきたりします。


また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、やましい気持ちもあってか、精算したいという気持ちになるようです。


奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。


ときには「素人探偵」が活躍したりもして、自分でもできるような気がしてしまいますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように尾行し、写真などの証拠を得るのは、簡単な仕事ではありません。


先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。


私28歳、夫36歳。


小2と幼稚園の子供がいます。


夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。


しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚が本決まりになりました。


育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって育てるわけです。


簡単なことではないでしょう。


メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士の方にお願いし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。


探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。


会社概要等は、電車や雑誌の広告などでも見られます。


専属スタッフに相談すると、ケースごとの概算で見積りを出してもらえます。


無料で見積ってくれるところもありますし、慎重に考えてみると良いでしょう。


あとから内容の変更も可能です。


パートナーの浮気リサーチを探偵に頼む時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を契約を交わす前に取り決めます。


時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、浮気調査を行った期間が長期にわたれば調査料金が高くなります。


調査する人の所属するオフィスにより、使う機器や調べていく人の才能には差があるためネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。

◆不倫された事実に気づいたとき

不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。


でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。


そのときは、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。


浮気なんていうものは、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、気持ちの上では慰めにならないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。


普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。


ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。


人間はウソをつくときほどカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。


また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。


心に負い目があると、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。


また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからもすぐ判別がつきます。


浮気調査は第三者に任せるべき理由は、冷静でいることが難しくなってしまう危険性があるのです。


どんな人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと自分を見失ってしまうケースが過去にも多いのです。


貴方自身のためにも、本来の目的を達成するためにも浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。


奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。


ときには「素人探偵」が活躍したりもして、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、経験が物を言う仕事です。


相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。


探偵を頼むには、ひとまず電話をかけて話をしましょう。


電話でスタッフと話してみて、さらに話を詰めたいと思ったら、事業所へ行くという運びになります。


話が済んで納得したら契約になります。


ここへ来てやっと実地での調査が始まるでしょう。

◆27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し

27歳の公務員(男)です。


一年前に結婚し、妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。


つい最近、彼女の不倫がわかりました。


こっちは怒り心頭なのに、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。


翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。


別居のほうがまだマシです。


妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。


謝罪も反省もないなら、私にも考えがあります。


探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域の専門性で選ぶのも手です。


相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に依頼するようにしましょう。


土地勘がある調査員がいるほうが調査に有利ですし、報告書の内容がより克明になります。


それに依頼する内容や諸条件によって向き不向きもあるようですし、公式サイトや電話で話をして確認しましょう。


浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は、頭に血がのぼってしまうかも知れません。


自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。


貴方自身のためにも、本来の目的を達成するためにも浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。


自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。


経験豊富な探偵に依頼したら、欲しい浮気の証拠がつかめます。


自ら浮気調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。


でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。


そのためには、絶対確実な証拠が必要です。


困ったことにダンナの浮気は、今回が初めてというわけではないようです。


結婚する前からと合わせると何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。


そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、男の人の浮気ってどうして直らないんでしょう。


一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす気力というのがなくなってしまって、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。

◆浮気調査はとてもプライベートなことですから、相

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人情報を教えるのは気が進まないという人も少なくないでしょう。


最初の見積りのときは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。


しかし、いざ依頼するとなると具体的な契約を交わすわけですから、必要な個人情報の記入は了承していただくほかありません。


子供のいる親が離婚する時は、浮気経験のある親というのは子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。


ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。


基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性といった点を見ていきます。


最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを重視して判定するのです。


探偵がしている仕事(行動)として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。


密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を見守り、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。


露見することはまずありませんが、調査員は対象の動きを先読みして予測しなければいけません。


どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが「ごく普通の探偵」の業務です。


不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。


つまり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。


うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、きちんと裏をとっておけば、あとはもう好きなように締めあげてやるまでです。


面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や親族などに密告する人もいるようです。


職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、碌なことにならないですよ。


それを分かってて不倫するほうが悪いんです。


問題なく探偵が調査をしていても、依頼者自身が焦ったりして調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。


浮気調査を探偵に依頼しても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。


成功報酬にするのかどうかについても、調査する前にちゃんと確認しておきましょう。