探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆この頃はついうっかりスマホを放

この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例が多くみられます。


過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴にパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されているかもしれません。


いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。


浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても、離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。


子供がいらっしゃる場合だと特に、旦那、妻の浮気が発覚したからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。


相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。


男手一つで育てる場合にもまた同様で、仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。


興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言ってもいいかもしれません。


浮気調査から身辺調査、行方不明になった人の捜査やストーカーの防止対策などの同じような仕事内容です。


ただし、あえて言うと興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。


尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が少ない費用になります。


よって探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を調べ上げることが重要です。


自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な手間をかけずに済みお互いにとってメリットのある依頼になります。


探偵や興信所といった調査業を始めるときは、特に資格や免許などは不問といっていいでしょう。


ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出を行い、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、認可された会社(個人も可)になる必要はありますから、業者選びの目安にはなります。


これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

◆興信所に持ち込まれる案件の多

興信所に持ち込まれる案件の多くは、浮気の追跡調査です。


そんな仕事を例に、プロの仕事をご説明しましょう。


普通の調査では、依頼者から得た情報を元に対象の追跡を行います。


依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、不倫の証拠写真を撮影したりします。


不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、標準的な価格相場ぐらいは知っておくべきでしょう。


相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者も存在するからです。


それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、よくわからない諸経費や天候割増など、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、コストテーブルについては事前に、納得がいくまで確認すると良いでしょう。


探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。


一方、時間給の方は調査員の数×調査を行った時間で費用が算出されます。


調査にかかる期間が短くて済めば支払い額も安くなります。


浮気に依存しやすい人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。


共通する点といえば、メンタル面での負担が大きいことでしょう。


既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを感じることが多く、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。


浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだって情緒不安定や不眠などの症状が見られます。


食事をした際の請求書には、飲食時の人の数が書いてある事があるので、浮気と特定する材料となります。


加えて、支払いをクレジットカードでした時は毎月きちんと目を通すようにします。


出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高額だったりすると誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。

◆私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。


証拠を押さえるためにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠だと思います。


ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。


対象となる人物に調査案件が知れてしまえば依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのがプロの探偵です。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して行動の様子を分析したりします。


あまり車を運転しない人の場合は、普段は持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。


そうすれば、相手がどこに行ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。


携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。


最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡を取ることが多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。


ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。


不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。


戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。


とても重要な手続きです。


認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判にまで発展するケースもあります。


子供なんて出来てしまったら大変ですから、どうにかして浮気を止めないと、いずれ大きな金銭的負担があると思っていいでしょう。


きっぱりと不倫関係を解消させるには、明確な浮気の証拠をつかみ、それを元に慰謝料請求するのが、よく効くようです。


不倫の相手のほうでは考えなしにやっているケースも多いですから、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、事態の深刻さを自覚させることができるでしょう。

◆不幸な事に、パートナーが貴方を裏切

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら相手のことはちゃんと知っておかないといけない訳ですし、複数回に渡る浮気の証拠を見せられなければなりません。


その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を準備して貰えるのです。


ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。


しかし、両者には大きな隔たりがありますから、ご注意ください。


様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届や誓約書等を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。


こうした手続きを踏んで、専業で調査業務を行う探偵社だからこそ、安心して任せられるのではないでしょうか。


探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を続けていいのかどうか心が乱れますよね。


そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずにあれこれ考えを巡らせておくべきです。


夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのも良いでしょう。


本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。


信頼を裏切る浮気を野放しにすることはできません。


相手の浮気を裏付ける方法というと色々ありますが、やはりケータイチェックでしょう。


メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで連絡をとっていると考えるのが妥当です。


いまどきの探偵業界の傾向として、相談までなら無料というところがあるのをご存知でしょうか。


大事な案件を発注するのですから、積極的に受けておいて損はないでしょう。


誠実そうな業者かどうか判断する上でとても参考になるでしょう。


専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、混沌とした気持ちや問題点を冷静に確認できるようになるというメリットもあります。

◆普段の生活にも、不倫を見分けるツボ

普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。


いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。


普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。


ちょっと質問しただけなのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。


隠し事があればあるほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。


目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもよく分かりますよ。


前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。


確証が欲しくて、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、けっこう業者さんって多いんですね。


3社ほど問合せして、一番感じが良かった探偵会社に調査してもらいました。


しばらくして報告書を受け取ったのですが、あれだけの証拠を目の当たりにすると、やはりショックでしたね。


中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。


浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、カンやコツのようなものもありますが、習熟も必要です。


想定外のことがたくさん起きますし、それをすぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。


浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないとクライアントの利益を損なうことに繋がるため、用心に用心を重ねるのがプロの探偵です。


どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、破格値で調査してくれるところとか、一律価格を謳う会社が増えてきました。


そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあり、あとになって料金が割高になることもあるので、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、トラブルにはまらないようにするべきです。


不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたことが意外に多いです。


裏切っていることに対してあらためて後ろめたさを感じるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに愛想がつきるということもあるようです。


また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、後ろめたさも手伝って、ついに別れを切り出すきっかけになるのです。