探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆探偵の調査能力というのは、会社の規模によ

探偵の調査能力というのは、会社の規模によるところも大きいです。


広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。


また、大規模な業者では調査に従事する職員の指導育成が徹底しており、それは仕事の成果にも表れてくると思います。


配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が良いかと考えます。


そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。


違法に調査を実施している業者へは浮気調査の依頼をやめておきましょう。


念願だったパートの仕事。


子供が10歳になったのを機に始めたのですが、そこの店長さんと親しくなって、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。


子供ができてから今までの間、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、挙動があやしいと、すぐ主人にバレて、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、私のほうは慰謝料請求された上、離婚する羽目になってしまったのでした。


浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。


とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。


探偵への浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所の違いで金額は異なりますので、依頼する前には見積もりをお願いするのがいいでしょう。


もしも、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。


ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり夫婦の関係が冷め切っていたときは慰謝料をもらうことはできません。


慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、夫婦の歳、結婚年数など色々な事を考えて裁判所に委ねることとなります。

◆最近は興信所も探偵も、取り扱い業務は違

最近は興信所も探偵も、取り扱い業務は違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。


離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、確実に浮気した(している)証明というのが不可欠です。


裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。


仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に効果を発揮します。


W不倫、しかも職場って多いんですよね。


ただ、知られたところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇はできないのが現実です。


そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といったところに抵触すれば解雇もないわけではありません。


せいぜい上司から注意される程度で、それ以上の処分にはならずに済んでしまうことのほうが多いでしょう。


身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。


安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、もっとも相談員さんの対応が良かった興信所に依頼しました。


調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠を見てしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。


僕の会社の後輩なんですが、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいのだそうです。


結構マジメな話です。


わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではとアドバイスしたんです。


なんだか妙に納得されました。


興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、追加で料金を請求されたという事例もあります。


その時は、まず契約書を確認しましょう。


そこには別料金を含む料金の算定方法がはっきり書かれているはずです。


だからこそしっかりと確認することは欠かせないのです。


また、不明なことがあるのなら、契約する前に納得がいくまで質問するのも重要ではないでしょうか。

◆異性として見られた嬉しさから応

異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。


失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。


もし、今の家庭環境に不満でも、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、お気楽すぎるのではないでしょうか。


浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。


不倫より先に解決策もあったでしょうし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。


冷静になって悔やんでも始まりません。


もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので調査費用のお財布への負担を減らせるのです。


そうは言っても、とても浮気をしているときがわかっていたとしても友人を説得して写真撮影をお願いすると、無駄足になることが多いでしょう。


勘づかれないように写真を撮りたいときは探偵を雇うのが賢明でしょう。


浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、どのような調査が行われるかにもよりますが2人で調査することが多いようです。


しかしまだ浮気が確定でない場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認を浮気をしていることがはっきりとしたら、再度計画を立てて調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。


興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。


それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて得だと思う人もいるかもしれません。


しかし、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、お断りというパターンもあるようです。


当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに高額な請求が来ることもあるので注意してください。


私は大手探偵社の調査員をしていますが、不倫の証拠集めには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも不可欠だと思います。


その上、突発的な事態に対し、速やかに対処する判断力も大事です。


なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、依頼者に不利益をもたらしかねませんので、細やかな注意を怠らないことが探偵としての常識なのです。

◆どのような行為をしているか記すことで浮気の証

どのような行為をしているか記すことで浮気の証明をできることもあります。


大抵、人の日々の動き方にはパターンが定まってくるものです。


ところが、浮気をしてしまっているとそのパターンが揺らぎます。


揺らぎの出た曜日、時間帯を断定ができたら注意して動きを観察するようにすると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。


ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りするシーンは決定的です。


撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースが非常に多いです。


証拠として認められる品質のものを入手したいのだったら、探偵業者を利用したほうが賢明でしょう。


浮気があったがために当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、家裁での調停に持ち込まれる場合もあります。


調停の場では家事調停委員を間に入れて公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当人同士や親戚内で話し合うよりも比較的円満に話し合いが進められる点で頼もしいシステムです。


普段どおりのあなたのままで大丈夫です。


まず探偵に関して言うと、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、まず身分を明かしておいて正面からの調査を行う傾向にあります。


すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと結論できそうです。


興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、気にするなというほうが無理でしょう。


無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。


信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、いきなり向こうの会社に行くのではなく、喫茶店やファミレス等で打ち合わせさせてもらうのも手です。


不当な契約の強要を避けることができます。

◆知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といってもちょっと気がひけますよね。


もし最初から実名で相談することに抵抗を覚えるというのであれば、名前を明かさずに相談できる業者も少なくないですし、うまく活用して、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくようにするといいでしょう。


これから探偵業者を使おうと思ったら、ひとまず電話をかけて話をしてみましょう。


電話を通した相談で感触が良く、細かく相談したいと思ったら、事務所まで出向くことになります。


そこで契約に必要な説明を聞いて、任せても良いと判断したところで契約を締結し、そこでようやく、本当の調査が始まるのです。


法律の中では、婚姻関係にある人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを不倫と定義しています。


すなわち法律の上では、肉体関係を持っていなれば一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。


自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。


探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をやってもらうことはできませんから、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。


コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチでお金を溝に捨てるような事態を招くおそれがあります。


困ったことにならないためにも、ネットで情報を調べて、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。


不倫というのは一生続けられるものではありません。


配偶者や職場に浮気がバレた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。


表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。


落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。