探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。


浮気調査をしてもらおうと決めたところで、「ここがいい」なんてアテがないのが当然です。


興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、まともに届出を出している会社なのかは、この番号を見れば確認できます。


つまり、業者のウェブサイトに許認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。


近年SNSの利用者が急増しているせいか、SNSから浮気が露見してしまうことが増えているのも、当然かもしれませんね。


配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていると考えてもおかしくはないでしょう。


相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。


完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、きちんとした不倫の裏付けをとって、不倫の慰謝料を求めるというのが一番です。


不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないことも多いです。


慰謝料を求めることにより、不倫の罪や現実を思い知らせることができるのなら、ぜひやってみるべきです。


一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。


探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。


ネットを活用すれば、そこを利用した人のクチコミ評価などを知ることができるでしょう。


自分が住んでいる近くで満足度の高いところを選んで、相談や事前見積りをしてもらえれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。


夫の浮気が心配で調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。


話に出てくる探偵というのは単純で、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。


相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、プロに任せるのが一番安心です。

◆探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分

探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。


実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査中の食費が加わることもあるでしょう。


そして、時間給とは何人で何時間調査したかで費用を算出します。


短い期間で浮気調査を終えると支払いも安くすみます。


この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例も増えています。


高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインのトークやメールなどに浮気の証拠が残っているかもしれません。


しかもロックをかけているのだったら、不倫の証拠はスマホの中にあると考えて間違いないでしょう。


素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのがもっとも確実です。


良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、いくつかのところを比べてみるのが大事です。


調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは知っておきたいものです。


不当な請求を行う業者にはまらないようにするためには必要なことです。


探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。


営業所の住所や連絡先などは、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。


相談してみると、どの程度の調査でいくら位のコストになるか見積りが出てきます。


費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。


見積りをもらってから、価格と調査内容を照らしあわせて検討するといいでしょう。


普通の仕事への対価と比べると、不倫調査で探偵を利用するコストはけして安いものではありません。


でも、安さ重視で業者を選んでも、肝心の不倫の裏付けができなければ、お金の無駄どころではありません。


大事なのは調査の能力の高さですが、料金が高いほど、調査能力が高いかというと、それは素人目には判断がつきかねます。

◆探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しよう

探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。


心から信用のできない人間と、死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。


さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を求めれば、二人が別れることは間違いないでしょう。


不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにしてもらうことは不可能ですから、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、お金を溝に捨てるような事態になる危険性もあります。


あとになってガッカリすることがないように、依頼前に情報収集を行い、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。


特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、双方には明らかな相違点があるんですよ。


便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、興信所や探偵社のほうは、その地域の警察署を通して公安委員会に開業届や誓約書等を出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。


管轄官庁による管理が必要なほど専門的な仕事をこなすのが探偵社です。


社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。


しかし、もしバレても、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇することはできないようです。


そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったものに相当すれば懲戒もありえますが、せいぜい上司から注意される程度で、処分といえるほどのものはなく曖昧に済まされることが多いです。


例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのは避けましょう。


浮気の事実を突き止められると、配偶者が浮気を正当化したり逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうこともあります。


加えて、浮気相手と話をしたことによって大きなストレスになってしまうのです。

◆知らない探偵社に個人的に相談するのは気がひけるこ

知らない探偵社に個人的に相談するのは気がひけることでしょう。


もし最初から実名で相談するのが嫌でしたら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる事業者も存在します。


うまく活用して、信頼できそうなところだと感じたら、あらためて個人情報を伝えるというふうにもできます。


探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、繰り返すことがあります。


休日に家族と過ごす時間が減ったり、メール履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。


もともと最初の浮気への対応が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が必要でしょう。


自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら浮気している現場に直接行くことはするべきではありません。


浮気の事実を突き止められると、妻または夫の頭に血が上って居直ってしまって元の関係に戻ることができなくなってしまうこともありえます。


また、浮気相手と接触してしまうと精神的に追い詰められてしまうかもしれません。


探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、行動範囲、交友や家族関係、仕事先など分かる限りのことを伝えると、費用を抑制できます。


探偵に丸投げするのは簡単ですが、肝心の証拠を掴むまでに時間も費用もかかってしまいます。


そばにいれば気付くことも少なくないでしょうし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのが良いと思います。


どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、地域性を尊重するのは良いことです。


たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に限定すれば探偵の数も絞れます。


地元に精通していれば、それだけ深い調査ができ、克明な報告を得ることができるでしょう。


調査してもらう内容次第でも得意なこととそうでないこととがありますし、先にウェブで情報収集しておき、業者に電話確認してみることも大切です。

◆レシートとかクレジットカードを見ると、

レシートとかクレジットカードを見ると、浮気の証拠をみつけることもできるでしょう。


最初に、普段立ち寄らないような毎回、コンビニのレシートを視界に入ることが多くなったら、その近辺に普段から向かっていることになるでしょう。


そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。


浮気の証拠は携帯からもつかめます。


なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うことは当然考えられます。


近年、メールやラインで連絡をことも多くなったとはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。


ですから、空き時間に電話することは十分考えられますね。


配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、素人が浮気の証拠をつかむことは現実的ではありません。


でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を有利に進める材料になります。


これは浮気しているなと気づいたら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。


いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。


浮気調査を探偵に依頼するとき、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。


ご心配なく。


探偵業法を遵守していれば違法ではありません。


法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの問題を防止するべく定められました。


探偵を使い慣れている人はいないでしょう。


不倫調査を頼みたいと思っても、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然とも言えます。


興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、申請が認可されると認可番号が交付されます。


届出をした正規事業者であるかは番号を見れば判断がつきます。


少なくとも会社のサイトや広告等に番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。