探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆そうしょっちゅうあることではありません

そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、金銭面で揉めたパターンもあります。


先に見積もってもらった金額に尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、あわてて契約の解除をしようにも、キャンセル料をとられることがあります。


トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認しておいたほうが良いでしょう。


そのときの説明で納得がいかなければ、ほかのところを探せばよいのです。


パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。


向こうが証拠を押さえていたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。


慰謝料の額は実際、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、本当にケースバイケースで異なります。


自分に払える額でなさそうだったら、支払いの分割化や金額変更を交渉することはできます。


結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。


浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。


浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。


調査により浮気が確定した場合に、次は不倫相手を調査となります。


仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確定させるのです。


興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。


それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてなんだかとても「得」に見えますよね。


ただ、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。


当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。


探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査を依頼することはできないので、信頼性の高い会社でなければなりません。


安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、予期しなかったトラブルや金銭問題を招くおそれがあります。


困ったことにならないためにも、利用者のクチコミ等をチェックして信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。

◆探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を掴む事

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を掴む事が可能です。


配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。


ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を手に入れるとなると自分の行動が相手に見つかってしまう可能性は低くないでしょう。


理由としては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。


不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。


依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者も存在するからです。


それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、よくわからない諸経費や天候割増など、割高な支払いを要求されることもあるので、依頼する前にオプションを含む料金体系を、確認しておかなければいけません。


探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。


それはパートナーの不倫の追尾調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。


とはいっても、探偵の調査が浅かったために結果が出ないこともないわけではありませんから、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を先に調べておくのが大事です。


それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うことが結果を左右するのはいうまでもありません。


あきれた話なんですが、夫の浮気はほとんど病気なみに身についたもののようです。


独身時代からいままで、相手も複数。


常習だったんですね。


終わったものまで糾弾する気は既にありません。


何度も浮気するのって、限度があると思うんですよ。


許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がありませんし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。


どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す例も少なくないようです。


浮気現場を押さえられて、たとえその場で平謝りだったとしても、またしても我慢できなくて浮気する可能性だってないわけではありません。


思い当たるフシがあれば、調査を探偵社に依頼して、ガッチリ浮気の証拠固めをして、お灸をすえてやりましょう。

◆普段は無縁な探偵社ですが、悪質でいい加減なとこ

普段は無縁な探偵社ですが、悪質でいい加減なところもあるので、評判をよく調べ、堅実な会社に依頼すべきです。


例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。


調査費用、所要期間(時間)等については、よくよく確認した上で契約を交わすと良いでしょう。


探偵業者にかかる費用には幅があって、追加費用を加算したりして高額な請求を行っている会社もあるようです。


高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、確実にそうだとは言えません。


高額な料金を請求しておきながら、肝心の浮気の証拠が掴めないという結末にならないためには、契約前に調査費用の平均値ぐらいは知っておくと良いでしょう。


このごろは技術が進み、個人でもGPS機能を使えば浮気を簡単に見つけられるようになりました。


スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に使用させることにより、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを特定できてしまうのです。


マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これを使ってみるのも手ですね。


興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気調査で追尾対象の行動的にシロだったという事例です。


とはいえ、単純に探偵の調査が至らず証拠をあげられないというケースもないわけではなく、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を契約前に確かめておくことで回避できるでしょう。


それから、相談時に説明を怠らないことが結果を左右するのはいうまでもありません。


相手に気づかれないで、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには必要となる機材や技術があります。


せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りずに誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。


浮気を探偵に調査してもらうなら、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。

◆「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、安くは済まないでしょう。


パートナーがどういう態度をとってくるかによっても変わるでしょう。


しかし、結果的に離婚せざるを得なくなったり、慰藉料を請求されることだってあります。


不倫なんていうものは、露見してしまえば高い賠償を払ってこれからを生きていかなければなりません。


探偵に不倫調査をしてもらったあとで、オプション料金が発生することがあります。


その時は、まず契約書を確認しましょう。


そこには別途料金を請求することについてはっきり書かれているはずです。


ですから、それをチェックしておくべきでしょう。


また、不明なことがあるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも怠らないようにしましょう。


昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。


お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。


とはいえ現在は、ウェブを見れば業者の誠実さなどはクチコミ評価などを見て判断することができます。


安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いわりに調査がイマイチな会社に依頼するというのも馬鹿げています。


結局のところ、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つけるのは大事なことです。


成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に、依頼したら損しないかと言うとそうでない場合にも遭遇します。


普通、成功報酬と言えば結果として不成功となった場合、料金支払いが不要となるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。


それ故に、成功報酬の探偵事務所に特定して見つけている人もいるのです。


当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。


浮気の事実が知られ、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。


表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る場合もあります。


金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、本当の意味での幸せなんて金輪際ありえないのです。

◆探偵業者では相談の段階までは

探偵業者では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースも少なくありません。


初めて探偵の仕事を依頼するのですから、活用して損はないと思います。


相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する助けになるでしょう。


先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、混沌とした気持ちや問題点を仕切り直しできるので、おすすめです。


興信所や探偵への料金の決済(支払い)方法は、名のしれた大手探偵社等ではクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割が可能という会社もあるようです。


不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、代金の都合がつかないという場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を見つけるのも良いかもしれません。


探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。


心から信用のできない人間と、死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。


あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。


ご自身での浮気調査がオススメできない理由は、冷静でいることが難しくなってしまう可能性は否定できません。


 普段は冷静でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースがこれまでに多くありました。


無事に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。


配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったりまたは高過ぎるような金額が設定されているところではなく、詳細なプランや金額が設定されており事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前調査が必要です。


違法に調査を実施している業者へは依頼は控えた方が良いでしょう。