探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、相手

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、感情に任せてトラブルになる可能性も想定しておかなければいけません。


興信所の調査員に依頼すると、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、シロウトが行うよりずっと上手に証拠を集めることができるでしょう。


裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。


夫が浮気しているところを奥様がつかまえて、おぞましい戦場になるシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。


夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、相手を刺したり、殺してしまうプロットもサスペンスにはありがちです。


浮気の現場を直接つかまえるのも方法としてアリです。


離婚になってもいいと思う場合は、取っていい行動といえるかもしれないです。


不倫問題を相談したいと思うなら、弁護士に相談することをオススメします。


離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをよく考えてから相談するといいでしょう。


もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。


相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、近所の噂のタネになりたくない時は絶対にしてはいけません。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに設置して、行動の様子をリアルタイムで監視し今いる場所をモニターしたり、記録されたデータを後で読み出し分析することもできます。


車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなどの身の回り品にGPS端末を隠くしておくこともできます。


それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。


不倫というのは一生続けられるものではありません。


浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展するケースもあるでしょう。


表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る例もないわけではありません。


金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。

◆このごろは技術が進み、個人でもGPS機能を使えば

このごろは技術が進み、個人でもGPS機能を使えば浮気を発見することが容易になりました。


スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に持たせることができれば、誰でも簡単に、相手の現在位置が分かってしまうのはすごいですね。


マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、便利です。


ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。


よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、相手を否定しないこととかですね。


要望やお願いはいっぱいありますが、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。


それに、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。


一家の主である彼を第一に考え、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、家庭内も円満で浮気される心配もないと思うのです。


私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。


費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査してから調査会社へ依頼することです。


難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。


毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査なのです。


毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってきた時間、電話がかかってきたならば掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。


単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査する相手と親しいほど調査していることに気づかれやすい上、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も無視できないでしょう。


探偵社に頼めば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、シロウトが行うよりずっと上手に証拠を集めることができるというものです。


調査がバレてしまっては元も子もないのですから。


世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性も浮気しますよね。


町内会や仕事先。


子供や自分の習い事。


人妻だって人と会う機会は多く、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。


そんなわけで浮気に抵抗感のない女性が右肩上がりに増えていますし、旦那様側が探偵に相談するケースも多くなっているようです。

◆不倫には代償がつきものとは言いま

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届く可能性はあります。


気になるのがその金額ですが、先方が離婚するかどうかで差があります。


離婚に至っていないにもかかわらず高額すぎる慰謝料請求があった場合、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談することです。


探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。


その会社の評価や口コミ情報を調べることを強くお勧めします。


評価が芳しくない探偵では、高額な追加料金が上乗せされたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。


一定以上の評価を得ている業者なら、悪質な請求をつきつけられる可能性もないわけですし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。


パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、そこそこまとまった費用が必要になります。


探偵業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいはかかるとみておけば間違いありません。


調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、何を依頼するにも概ね5、60万程度と考えていれば足りるでしょう。


不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。


100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。


ただ自分がそうしたいからという理由で、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、知られたらみんな去っていくと怯えて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。


不倫経験者なんかと結婚しても、また同じことが今度は自分にあるのではと考えると、ストレスは相当なものでしょう。


探偵に浮気調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしに頼むことはできないので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力やプロとしてのリテラシーの低さのあまり、お金を溝に捨てるような事態になる危険性もあります。


困ったことにならないためにも、利用者のクチコミ等をチェックして信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

◆浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は一般的に「実費

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。


時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で計算した費用です。


調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。


興信所と探偵事務所の違いとしては、あまり無いのではないかと言っても良いでしょう。


共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。


ただし、あえて言うと依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。


探偵を頼むには、ひとまず電話をかけて話をしてみることからスタートです。


電話口での相談で相手の応対を見て、さらに話を詰めたいと思ったら、事業所へ行くという運びになります。


相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、依頼することを決めたら契約を締結し、そこでようやく、探偵による調査が開始されます。


不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。


探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、料金面での不安はなくなりました。


悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、先方の営業所は避けて、人の出入りが多いファミレスやカフェで顔合わせするという手段もあります。


違法な勧誘を未然に防ぐことができます。


浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。


でも、探偵へ依頼すると結構なお値段なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。


探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所の違いで料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがいいでしょう。

◆探偵を使ってパートナーの不倫を調べ

探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかを明確にしておくのが非常に大事です。


パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などを区別して、伝えておく必要があります。


どこに主眼を置くかにより探偵の調査内容に違いが出てくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。


ふつうの金銭感覚でいうと、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように感じることがほとんどでしょう。


そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、不倫の決定的証拠が得られなかったら、お金の無駄どころではありません。


結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。


しかし、高額な代金を請求するところが調査能力が高いかというと、それは一概に決めかねるところがあります。


勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、クビにするというのはできないようです。


ただ、職場の規則やパートの契約書などの、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、具体的な処分はないまま済んでいるようです。


探偵会社あるいは興信所の相違点は、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。


両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような似たような仕事をしています。


でも、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。


複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。


その中で、超リーズナブルなコストテーブルやなんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増加する傾向にあります。


とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、正式に契約してしまう前に価格や内容をよく確認し、トラブルにはまらないようにしましょう。


質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。