探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆探偵と興信所はどう違うのかと質

探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえばこれといってないと思って良いでしょう。


調査と報告が業務であるという点はどちらも共通しています。


もし依頼するのが浮気調査などであれば、同じと考えて問題はありません。


ただ、ある程度の得意分野だのは業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。


配偶者の不倫行為により、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。


たとえば、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。


近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりを証拠採用する例もあります。


不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。


実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。


また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。


どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。


「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、安くは済まないでしょう。


とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、慰藉料を請求されることだってあります。


不貞行為が明るみに出れば、相応の代償を払って今後の生活を送ることになります。


探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、非常に重要な問題だと思います。


探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、先方の営業所は避けて、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで相談すると良いのではないでしょうか。


意図しない契約を結ばされるといったトラブルの防止につながるからです。

◆昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いはその名称

昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いはその名称のみと考えていいでしょう。


どちらも探偵や調査を取り扱っているところは共通しています。


浮気の追跡調査などを依頼する際は、特に気にすることはありません。


とはいえ、得意とする分野についてはおのおのの会社で違ってくるので、契約前に把握しておきたいものです。


このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を容易に把握できるようになりました。


調べたい相手にGPS搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほぼリアルタイムで位置情報がわかるのです。


非合法な方法ではありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはこれを使ってみるのも手ですね。


浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調べる時間が少なくて済むので調査代金はその分安くなるのです。


と言っても、いつ浮気をしているのかを把握していても顔見知りにいって証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、骨折り損になることは確実です。


ひそかに証拠を握りたいときには、探偵に頼むのが一番いいに決まっています。


もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、双方には明らかな相違点があることにお気づきでしょうか。


便利屋でしたら無届けでも開業できますが、探偵業を始める際は、探偵業法に定められている通り公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。


法規制がない便利屋と違い、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。


どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は1週間以内には終わります。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。


浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。


一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

◆浮気を調査を依頼する時には、び

浮気を調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり高料金に設定されている事務所ではなく、より細かな料金プランが提示されていて後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が望まれます。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうかお調べください。


違法調査を実施しているところへは依頼しない方が得策です。


悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。


営業所に話をしにいった際、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は注意すべきです。


断って帰宅したあとでも、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみて間違いありません。


真面目に営業している探偵、興信所では依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。


素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのが普通です。


代金に見合った仕事をしてもらうためには、複数を比較することを強くおすすめします。


調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は理解しておきたいですね。


不当な請求を行う業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。


一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますがだいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。


もちろん、調査員が1人であれば安く増えれば増えるほど高くなります。


また、尾行のために車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので確認が大切です。


探偵社に不倫調査を依頼する際、個人情報をできるかぎり知られたくないと思うのはよくあることです。


最初の見積りのときはおおまかな情報のみでOKという探偵社が増えていますから安心してください。


それでも最終的に調査を依頼するときには具体的な契約を交わすわけですから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは避けられないでしょう。

◆行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあ

行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、その裏付けをとる必要があります。


その際、証拠となるものは、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。


自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を入手することは不用意なトラブルに発展しかねませんので、代わりに探偵社に依頼することも考えておくと良さそうです。


会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。


それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。


すごくトクな感じがします。


でも、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは断るときもあるそうです。


また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、高額な請求が来ることも多いみたいですから注意が必要です。


浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で、依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。


成功報酬の条件ではもし調査が不成功の場合、報酬を払わずに済みますから依頼者から考えると得ではないかと思うのです。


だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して利用したいと思っている人もいるのです。


興信所や探偵への料金の支払いについていうと、比較的大手事業者であればクレカ払いや分割払いOKという業者もあります。


不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、代金の都合がつかないという場合は、分割OKの事業者を探して依頼すると機会を逃さなくて良いですね。


GPS端末を使い、良く通っている地域の情報を得て張り込んでいると、いつかは来るはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。


依頼するお金が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのもひとつの方法ではあります。


位置がわかる機械が仕込まれていることが知られてしまう恐れもあります。

◆離婚を覚悟の上で慰謝料をちょっとでも多く取り

離婚を覚悟の上で慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。


けれども1人で踏み込むと、揉め事を大きくする可能性があるので止めるようお願いします。


信頼している人を連れて行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。


あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に依頼すると良いです。


浮気が判明したら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。


しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、感情的な理由が根本にあるためか、しばしば泥沼化してしまいます。


うまくいかないときは訴訟になる場合もあるため、そうなれば弁護士に相談し、問題のスムーズな進展を目指していくとよいでしょう。


探偵の一部はアルバイトのときがあるのです。


探偵のアルバイトを探してみると、なんと求人の情報があるのです。


ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。


浮気の調査をお願いする場合には、個人情報を伝えなければいけません。


でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。


探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。


挙動不審なところがあるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、ニーズに応じた調査を行います。


特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠の精確さが大事ですから、やはりプロの探偵に依頼するのがおすすめです。


探偵業者に調査を依頼する場合、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを知らないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。


おおむね時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と予想していると妥当だと思います。


時間数が増えてもディスカウントは期待できず、依頼者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。