探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
でも、探偵へ依頼すると結構なお値段なので、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵さんへの浮気調査の依頼には、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで配偶者に浮気がバレてしまったというケースが多くみられます。



高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインのトークやメールなどに浮気の証拠が残っていると考えられます。

いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。探偵が何もミスをしなくても、依頼者のちょっとした言動でパートナーが警戒心を抱くことになって証拠集めがやりにくくなり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。成功報酬にするのかどうかについても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。

当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならないことも考えなければなりません。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。


金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、心の底から安心して幸せになるという到達点は、期待するだけ無駄です。
よく不倫のきっかけとして言われるのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったということに集約できるようです。
恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。そういった事態を避けるには、お互いの話に耳を傾け、不安なこと、不満なこと、いろんなことを話してみて、認識するのも大事なのではないでしょうか。

◆GPS端末は、車の使用者に見つからない

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、行動を常時監視し続け現在地を確認したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。移動手段に車を使わない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。
これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。
探偵社には調査報告書というものがありますが、書式は一定ではないようです。



ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの使用が前提なら、やはり証拠として認められるよう、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと困りますよね。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社を選ぶようにすると良いでしょう。浮気の事実が判明し、離婚のための裁判になると、浮気していたという証拠がなければいけません。

証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。

近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用されるケースがあります。探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。
ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要はないようにも思えます。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、不利にはならないですからね。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵に相談するのがいいでしょう。探偵業者にかかる費用には幅があって、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。
調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、一概に釣り合っているとは言えません。


けして安くはない代金を支払った挙句、不倫の証拠が得られないなんて無様な結果に終わらないために、契約前に調査費用の平均値ぐらいは知っておくと良いでしょう。

◆不倫に対して慰謝料を請求する際

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。

不倫相手を特定してから3年間、でなければ不倫行為から20年間が請求期限となります。

仮に時効直前でも裁判に訴えることで、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。時効が迫っているなら、訴訟に踏み切ることも選択肢に入れてみましょう。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、料金の発生しない無料相談を活用すると安心で良いでしょう。
家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、見聞きもしたことのない業者に個人情報を伝えて調査してもらうのは、どうしたって不安なものです。

安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。
不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。



探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、料金面での不安はなくなりました。

信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、先方の営業所は避けて、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで打ち合わせさせてもらうのも手です。

違法な勧誘の防止にもなるので安心です。



離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。



でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考える必要はないようにも思えます。

不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、その証拠を握っておいたほうが有利なのは確かです。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、モヤモヤしているのが嫌ならその道のプロ(探偵)に相談するのがいいでしょう。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行時間が短い探偵の方が少ない費用になります。

よって探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンをよく知っておくことが大切です。


最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからずお互いにとってメリットのある依頼になります。

◆よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。パー

よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、離婚されたり、高額な慰謝料を要求される場合もあるわけです。

表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。落ち着く先は色々ですが、本当の意味での幸せなんてあるわけがないのです。
不倫調査で興信所を利用するなら、妥当な価格というものをあらかじめ調べておきたいものです。

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者だってないわけではありませんから注意が必要です。
さらに、見積り時点では安くしておきながら、規定外作業や割増時給だの、割高な支払いを要求されることもあるので、契約前に料金の発生条件について、確認しておかなければいけません。近年SNSの利用者が急増しているせいか、それが元で不倫が判明するといったケースが増えています。


配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると疑ったほうがいいかもしれません。


配偶者の態度とSNSは不倫をしているかどうかの判断材料になるかもしれません。

立ち寄る場所がわかる機械を利用して、行きつけの場所の情報を探してその近所をウロウロしていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。


あまり予算が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのもひとつの方法ではあります。GPS端末が付けられていることが知られてしまう恐れもあります。


ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。



しかし、それは大きな間違いです。


この二つには大きな違いが存在するんですよ。


何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業を始める際は、探偵業法に定められている通り公安委員会に開業届や誓約書等を出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。

管轄官庁による管理が必要なほど専門的な仕事をこなすのが探偵社です。

◆GPS端末を使い、良く行く場所を調べて

GPS端末を使い、良く行く場所を調べてその近所をウロウロしていれば、必ず来るはずなので不埒な行為を押さえることができるでしょう。



あまり予算が無い場合には、地図情報システムで調査するのもひとつの方法ではあります。

その機械を付けている事が知られてしまう事があります。


単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も想定しておかなければいけません。興信所の調査員に依頼すると、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。
興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。
でも、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、大幅値引きな価格を提示したり、一律価格を謳う会社が増えてきました。
ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあるので、契約する前に、納得できるまで説明を聞き、請求トラブルにならないよう気をつけるようにしましょう。

成功報酬と言って誤解されがちなのは、もし浮気調査の依頼したとすると調査期間が3日間あったとして、その3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査に関しては成功ということになります。実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ浮気の証拠がつかめないまま、調査期間を終えてしまい事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。