探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆興信所を利用するにはお金がなければダメという

興信所を利用するにはお金がなければダメということはないです。


規模の大きな探偵業者ではクレジットカードでの決済に対応しています。


明細書の記載に配慮した業者も少なくないですから、調査対象である配偶者にバレる心配も要らないでしょう。


カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。


探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとからオプション料金が発生することがあります。


ただ、契約時に交わした書類には、別料金を含む料金の算定方法が記載されているでしょう。


このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。


もし不明な点があるのなら、契約書にサインする前にしっかり確認するのも大事です。


浮気の事実関係を委託調査する際には、法外に低料金だったり逆に高い料金設定であったりするところではなく、詳細なプランや金額が設定されており事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵会社を選択するのが良いでしょう。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか確認が必要です。


違法に調査を実施している業者へは委託しない方がよいでしょう。


探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、中にはとんでもない金額を請求する例もあり、注意が必要です。


調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実のところ非常に微妙です。


高額な料金を請求しておきながら、肝心の浮気の証拠が掴めないなんて無様な結果に終わらないために、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておいた方が良いでしょう。


不倫調査で探偵を頼む場合、個人に関する情報を安易に知らせたくないというのは人として正しい反応だと思います。


依頼が確定するまでの見積り段階では、個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も増えていますから安心してください。


その後、調査を依頼するには契約は必須ですし、ある程度の個人情報が知られることは不可避です。

◆探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わ

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。


言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く増えるほど高くなります。


そして、尾行時に車やバイクで移動すると、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので確認がいります。


相手に全く覚られずに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。


浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にならないのは仕方の無いことです。


浮気の調査を探偵に任せると、超小型の機材を使い相手にバレないように客観的な証拠を撮影してくれます。


浮気である証拠をカーナビによりつかめます。


見つからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられるのです。


履歴が見慣れない場所であった場合気を付けなければいけません。


それに加えて、よく給油されていた場合、車を用いてデートされている可能性はゼロではありません。


不倫行為があった場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。


とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、しばしば泥沼化してしまいます。


時には裁判を起こさなければいけないでしょうし、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらうのも「あり」ではないでしょうか。


一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。


信頼を裏切る浮気を放置するというのは不可能でしょう。


浮気の裏付けをとる方法はすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。


用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。

◆まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査は

まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。


ただ、あまり深刻にとらえる必要はないようにも思えます。


離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、否定しようのない証拠をつかんでおけば不利にはならないですからね。


興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵業者に調査を依頼するのが最もストレスの少ない方法だと思います。


浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。


それは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。


浮気しているか否かが不明瞭な場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。


証拠が揃い浮気が間違いなくなったならば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。


お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、怪しまれぬよう監視を続け浮気相手の素性を確定させるのです。


探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功した場合でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。


そのようなケースも勘案した場合、成功報酬であっても浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。


調査に対する実績なども確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。


パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが一番です。


浮気相手は遊びのつもりであまり深く考えていないケースも多いですから、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、彼らがやったことの反省を促すわけです。


探偵は頼まれたことの調査をやるだけではいいということではありません。


浮気しているかどうかを調査すると、トラブルが発生する可能性があります。


その時、どれだけ依頼者のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。


信頼してもいい探偵なのかは、どのような対応をしてくるのかなどで落ち着いて決めてください。

◆探偵を頼むには、まずは先に電話をかけましょう。それが

探偵を頼むには、まずは先に電話をかけましょう。


それがファーストステップです。


電話口での相談で相手の応対を見て、細かく相談したいと思ったら、営業所に行きます。


その場で打ち合わせをして任せても良いと判断したところで契約を締結し、そこでようやく、実地での調査が始まるでしょう。


配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の支出は覚悟しておきましょう。


探偵の調査業務にかかる料金は、浮気調査を例にとると、20万前後(期間5日)が必要です。


時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、たいていの調査であれば、50万から60万円くらいは見ておけばとりあえず安心です。


不倫の行き着く先って色々ありますよね。


浮気が露見した結果、家族がばらばらになったり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんて場合もあるわけです。


そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するパターンもあります。


やっとの思いでゴタゴタを片付けても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、求めてもムダというものでしょう。


洋服の好みが変化してきたら、怪しいです。


浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。


いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をセレクトし出したら非常に危険です。


服の中でも、きれいな下着を、身につけるようになったら浮気をしている場合が多くあります。


相手が全然知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるにはしっかりした機材と技術が必要になります。


浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠にはできません。


浮気の調査を探偵に任せると、超小型のカメラを用意するなどして相手が気づかないうちに客観的な証拠を撮影してくれます。

◆探偵御用達のツールとしては、過去には無線発信機というも

探偵御用達のツールとしては、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど調査対象の追跡性能がアップしました。


いまどきのGPSの精度はとても高く、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ相手車両の発見は容易になりました。


外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば追跡調査の確実性は著しく増すのです。


あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが調査は大体2人程度で行っているようです。


しかしまだ浮気なのかはっきりしていないケースは、まず調査員が1人で浮気であるかどうかをすることが多くなります。


浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。


大手以外にも多くの探偵業者がありますから、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。


ウェブを利用することで、興信所や探偵社の評判を見ることができます。


都内在住なら自分の住んでいる区内から好評価を得ている探偵を見つけて、話をすれば、あとは業者に任せるだけで済み、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。


一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。


もちろん、やっかみで言っているのではないです。


自己中心的な考えで、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がいつかはばれるのではと怯えて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。


略奪婚の末に入籍までこぎつけても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。


探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。


なんとなく行動が怪しいから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。


不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、証拠の精確さが大事ですから、仕事慣れした探偵に頼むのが最良の選択だと思います。