探偵情報



24時間限定リアルタイム

◆不倫に関する問題を相談するなら、弁護士がいいで

不倫に関する問題を相談するなら、弁護士がいいでしょう。


離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談するべきです。


もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。


相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば絶対にやってはいけません。


探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加で料金を請求されたという事例もあります。


その時は、まず契約書を確認しましょう。


そこには別途料金を請求することについて書かれています。


ですから、それをチェックすることは欠かせないのです。


よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも大事です。


実際の浮気調査では、調査によって一定とは限りませんが調査員が1人で浮気をしているかの確認を浮気が明るみに出てきたのなら、再度、調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。


ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って、おぞましい戦場になるシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。


ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。


情事の現場へ乗り込むのもやり方の1つでしょう。


離婚も辞さない覚悟なら、試してもいいと思います。


会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと後悔することが少ないと思います。


中小にも良い会社はあるはずですが、中には充分な調査をせずに高額な料金をとったり、費用の説明が不十分なところもあるからです。


もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども重要です。

◆夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけているこ

夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。


要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。


それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。


男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、身仕舞いに気をつけ、女らしいふるまいを心がければ心が離れることもなく、浮気もないと思っているんです。


飲食店を利用した際の領収証には、定食の数から一緒にいた人の数が記載されている可能性があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。


ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目を通すようにします。


仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると誰かほかの人と一緒にいたと判断される事があります。


よく不倫のきっかけとして言われるのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないということに集約できるようです。


異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。


浮気を未然に防止するために、お互いの話に耳を傾け、我慢したり苦しいと感じていることは何かを確認しあうのも大事なのではないでしょうか。


興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。


探偵業務にかかる費用は、不倫の調査などで3日で12万ないし14万くらいを見込んでおくといいと思います。


時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どんな調査でも50万強で予算どりしておけば充分だと思います。


今までと違った格好をするようになったら、浮気の恐れがあります。


趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。


ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを着るようになってきたらかなり怪しい臭いがします。


その中でも特に、趣味の良い下着を着用しだしたら浮気の可能性があります。

◆興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言ってもいいかもしれません。


両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような仕事内容は類似しています。


ただし、差があるとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。


夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手を否定しないこととかですね。


私なりにわがままを言ったりすることはありますが、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家計のことで責めることもしません。


男の人のプライドを大事にして、妻らしく容姿外見にも気をつけて、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、家庭内も円満で浮気される心配もないように思います。


大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、そのような業者が行う無料相談を利用するというのもありだと思います。


そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、いきなり知らない相手に浮気調査を依頼するのは、どうしたって不安なものです。


そうした心配を解消するために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。


依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、映画やドラマの探偵のような手法でターゲットの調査にあたることもあります。


相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。


交友関係を絞っていき、必要があれば周囲に聞き込みなどをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。


また、社外秘として教えてくれない調査方法もあるとも言われています。


探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は業者によってかなりの違いが出てきます。


話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、多少面倒でも複数の探偵社で見積書を提示してもらう方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。


また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を探偵に可能な限り伝えることで、調査時間の短縮になる上、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

◆よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われます

よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。


どう言い繕ったところで自分の幸福のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、うまく結婚したところで、自分たちの事情が知られたらみんな去っていくと怯えて生きていかなければいけないでしょう。


一度不倫を経験してしまうと、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。


最近の探偵業者は、無料で相談に応じてくれる場合があるのをご存知でしょうか。


初めて探偵の仕事を依頼するのですから、積極的に受けておいて損はないでしょう。


よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上でとても参考になるでしょう。


専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、混沌とした気持ちや問題点を整理することもできます。


実際、不倫行為にはまっている人は、ウツが多いですね。


考えられることは、精神的な緊張や負荷でしょう。


ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを心の中に抱えることが多くなり、それがウツにつながるのですね。


それに、取り残された配偶者も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。


パートナーがすごく用心深い場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは困難でしょう。


ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、何かと便利に使えるでしょう。


配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、探偵を雇って調査してもらいましょう。


お金はかかるものの、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。


法律的に、結婚している男女が配偶者ではない人と性的に親密になることを不倫と定義しています。


つまり法律的に言うと、肉体関係を持っていない場合には一緒に出かけたりしても、浮気とは言えないということになります。


自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

◆離婚を覚悟の上でその場合の慰謝料は少しで

離婚を覚悟の上でその場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。


しかし1人で踏み込むという方法を取ると揉め事を大きくする可能性があるので止めるようお願いします。


あなたが信頼する人と一緒に行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。


信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するという方法があります。


個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って発注者に情報提供する探偵の仕事というのは非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。


今時の業者は探偵業法のもとで営業しており、違法な仕事をすることはありません。


探偵業法が2007年に施行される以前は、個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などのトラブル発生抑止のため施行されました。


浮気調査で探偵社を使うときは、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、費用を抑制できます。


何もかも調査員にやらせようとすると、一から浮気の証拠を得るのですから時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。


生活を共にしていればわかることだってあるはずですし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと今後の大きな助けになるでしょう。


不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。


離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。


また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要になります。


どの人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。


探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域の専門性で選ぶのも手です。


相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に依頼するようにしましょう。


細かな土地勘があればあるほど、仕事を有利に進められますし、高精度な報告ができるでしょう。


調査してもらう内容次第でも得意、不得意の差が出ることですから、公式サイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。