real time

.



1 / 4 / 684






24時間限定リアルタイム





今でも忘れない。




最悪な時でも

あなたを思えば

私は笑えた。



あなたに救われてた。




わたしがいつか

一生を振り返るときも


きっと、必ず


思い出すよ。
















あの時間、


あなたが会いに来てくれたから



最悪な時でも


私は笑えた











おごらず、


人と比べず、


面白がって



平気に生きればいい














人は、何のために生まれるのか。



遺伝子にプログラムされた



生存戦略に忠実な動物のほうが



よっぽどシンプルで美しい。




















愛することに




葛藤が生まれるのは




あらゆる選択をする余地を





与えてくれなかったから。

















決断できないのは

優しさなんかじゃない。



心を切り離し、
抑圧でもしなければ

感情の動きに振り回されて

きりがない、


自分の為よ。










"地獄とはなにか


それは、愛のない生


人を愛せぬ苦しみのことである。"


ドストエフスキー









あなたが言った

"やりたい事" が


私と同じ思いなら、


それだけで


救われるよ











魂という自然物


彼女は寂しくなったときに、アプローチしてくる男と連絡を取ったりするし甘えたことも言ったりするのに、その人とは付き合わないのである。寂しさを埋めることよりもドキドキを重視しているのか、とも考えられるがそうではない(そうかもしれないが唐突な考えである)。実は彼女の行動は実に合理的である。

そもそも「寂しい」というのは何が足りていないのかというと、「魂」である。魂というのは説明が難しいが、人からの興味関心であったり、注がれる思いなどである。我々は、大量生産のファーストフードを食べるよりも、手作りのものを食べたほうがほっこりして寂しさが和らぐし、友達が誕生日を覚えていてくれて「おめでとう」と言ってくれたら、それも寂しさが和らぐだろう。そうやって興味関心をもらえて、自分という存在を大きく感じてもらうとき、そこに「魂」が注ぎ込まれた、と校長は説明する。

校長は、愛することというのは、存在を唯一だと感じて大切にすることだと説明するが、言い換えれば「魂を注いで大切にすること」である。「魂」が愛の中身であり、それが寂しさを埋める。

問題文の彼女は、アプローチしてくれる男に寂しいときに頼ったりするが、なぜ付き合わないのだろうか。そもそも性的魅力を感じないというのもそうだろうが、寂しさを埋めるためだけだとしても付き合えないのである。なぜなら、自分が魅力を感じない存在というのは、付き合うと、寂しさを埋めてくれるどころかむしろ魂を奪われる感じがするからである。依存されたら、本当は甘えたいし魂を注がれたいのに、むしろよこせよこせと強制される感じがする。それでは寂しさは埋まらないし罪悪感ばかりが積み重なってしまう。

彼女は、言葉は悪いが、自分の調子が悪いときだけその男に甘えて、魂を注いでもらうことを利用する。しかし、例えば普通の精神状態である朝とか、寂しさが多少和らぐ平常時には、ちょっと面倒くさくなってしまうのである。だから告白されるともちろん断るし、そういう人と付き合っても安心できないのである。

だから、寂しがりの人は、自分と同じぐらいの余裕を持つ人と魂の注ぎ合いをして共鳴するか、自分より余裕がある人から魂を注いでもらって安心することが理想なのである。魂を注ぐ気になれない人から要求され奪われる感じがすると、逃げたくなる。

魂というのは、自然物の中でもド自然物で(変な言葉だが)、最も加工しづらい類のものである。例えばあの人は馬鹿だという認識を、天才だと改めることはそこそこできるし、好きから嫌いになろうと思えばそこそこできるが(感情も動かしづらいものの多少は変化させられるが)、その人の存在を小さくして「どうでもよい」にすることは難しい。魂は、自然な変化を待つしかなく、それこそ強制的にどうこうできない。だから、例えば罪悪感を背負わせたり傷つくようなことを言って、自分の魂を無理矢理引きだそうとする人がいたりすると、イラッとするのである。魂はどうにもならないから、魂を求められそうになると、逃げたくなる。

魂だけは加工できないし、ATMのように引き出されそうになると拒否反応が起きる、ということである。
















書かないと忘れそうだから

日本のカルチャーを取り戻す。

この地球上で
救わなければいけない存在が
たくさんある。



頑張らないと。













気持ちを向けず

そもそも彼女の学校は8割が男であり、男との接点が多い。単純に男との接点が多ければモテる確率が上がるものである。さらに彼女は、多くの人の気持ちに踏み込み、優しく接している。普通に気持ちを考えてくれてありがとうと思うだけの男もいるだろうが、そういう風に女に優しくされたことはないとか、そういう近い距離感に慣れていないという男もたくさんいるだろうから、何人かは彼女のことを意識して当然だろう。校長なんかは中学の修学旅行で、新幹線で(乗り物酔いで)嘔吐しまくっていたとき、背中をさすってくれた女子をそれだけで好きになりかけたものである。

彼女は特に、恋愛感情を持たずに、単にそれぞれの人のことを思って行動していたというのがモテることにつながった。男たちに気持ちを向けることなく、優しくしていたのである。今日はこの「気持ちを向けずに」ということの重要性をよく頭に入れておいてほしい。例えば、気持ちを向けずに褒める、気持ちを向けずに優しくする、気持ちを向けずに食事をおごる、気持ちを向けずにプレゼントをする、といったようなことである。

例えば忘年会で知り合った人のことを「うわ、めっちゃタイプ!」と思ったとする。しかしそこで恋心が動き出してしまうと、相手のことを上だと感じてよそよそしくなったり、声をかけるときに「ちょっといいですか」と慎重過ぎる入り方をしたり、相手を褒めようとしてもゾワっとされるような言葉と態度が出てきてしまうだろう。しかしよくよく考えてみて、もし何の気もない相手だったら、普通に思ったことを言えるはずである。「普段の仕事でこんなキレイな人と接する機会ないから(笑)」と、下心がなければ、気持ち悪さがなく言えるはずである。好かれる保証は全くないものの(むしろ何もなく終わることがほとんどだろうが)、これを徹底的に偽装したほうが良い。

なぜ「気持ちを向けずに優しくする」などの行動を勧めるのかというと、理由がいくつかある。

一つは押しつけがましさがなく、重さもないからである。だから相手が逃げたり構える必要がないし、単純に嬉しくてありがたい。二つめに、問題文もそうだが、何人もの人を網にかけることができるからである。浮気でもないし、おかしなことをしているわけでもないから、いろいろな人にどんどんやって問題ない。三つめに、相手と対等かそれ以上に余裕があって価値があるように偽装できるからである。

特に三つめの「相手と対等かそれ以上に余裕があって価値があるように偽装できる」という点は大事である。

例えば校長は大学時代にスキースノーボードのサークルに入っていたが、3年生のときに一年生の女子がゴーグルを紛失してしまい、(みんな滑りにいってしまったのだが)校長は「そりゃ大変だ」と思い一生懸命に探していた。このときは本当に下心の一つもなく、まぁ相手に恋愛感情までは芽生えていないだろうが、後々に「あの後、あの子、ものすんごく感動してたよ」という話を他の人から聞いたのである。もしそのとき最初から下心があってかっこつけようと思っていたらそうはならなかったろう。

相手に気持ちを向けておらず、単にゴーグルがなくて大変だという気持ちで探していたのだが、相手からすれば、自分に気持ちを向けない下心のない人が優しくしてくれたのである。これは価値の高い人から優しさが降ってくるような形になり、恋愛感情が発生しやすい。自分より価値が高いように思える人から優しさが降ってきたり(上から下にくる)、自分より価値が高いように見える人の役に立てそうな気がする(上に対して自分が上れそうな感じがする)など、「上と接近する」ときに恋愛感情は発生しやすい。だから「相手のことを気にせず優しくする」というのはとても効果的なのである。

「気持ちを向けずに」取る行動の威力をよく心得ておいてほしい。そしてこれは、練習すればそこそこできるし、相手との力量差(ゾーンの差)にもよるが、これが効く相手の範囲を練習によって広げることができるのである。













覚悟


「どうせやらなきゃいけないことだから」と頭で考えることは簡単なのだが、心でそう捉えることはそう簡単ではない。その業務はどうせやらなきゃいけないこと。事実そうだと分かっていても、心がついていかないのが彼女である。一方で同僚は、その事実に覚悟していた。

覚悟というのは、未知のことについて何か辛かったり大変になるということを想定し当然のこととして受け入れること、またはすでに辛いことや大変なことについて、仕方がないこと、どうにもならないこと、前提として踏まえなければいけないこと、として受け入れることである。

例えば失恋という悲しいことがあったとき、-100ぐらいの損失があるとして、それはとてもつらいことである。彼氏彼女がいなくなったという状況にずっとつらい思いをして、仕方がないことだ、もうどうにもならないことだ、と受け入れて-100を消化するまでには時間がかかる。そのつらい状況、-100の世界に無理矢理に心を殺して合わせて行く、というのが覚悟である。「うだうだ言っても仕方のないことだから」と。

職場の同僚は、その業務に対して心をアジャストさせていった。心の自然な動きにまかせず、心を殺したのである(殺したというほどたいした業務ではないかもしれないが)。ビジネスの世界ではそのほうが効率的で合っているだろう。逆に問題文の彼女は、この点では向いていなかったと言える。

あまりに小さい子供は無理だが、そこそこの年齢になると、泣きわめいている幼児でも「泣こうがわめこうが無駄」だと悟った瞬間に涙が止まるものである。欲しいおもちゃが手に入らない絶対的な事情を理解したとか、幼稚園で親から離れると確実に昼過ぎまでは来ないことを理解したとか、そういうときに心は傷つき覚悟ができて涙は止まる。家庭環境がひどい人ならば、それは恒常的に続くものだから、あまり泣かなくなるし、制御しようと思わなくても勝手に感情は抑圧されるだろう。うだうだ言っていられないからである。

覚悟をしなければいけない状況というのは、決して幸せなものではない。誰でも傷つきながら育たないといけないのは確かだが(全員が大人になる過程で傷ついて自立心を養っている)、この「覚悟」というものを激しく強要される人生ならば、心はみずみずしさを失うし絶望的にもなるだろう。覚悟というのは、何かを得るため、何か良い状況を維持するために持つのは良い。覚悟に見合ったものが手に入れば、殺した心も報われ、いつか心も修復できるからである(例えば成長のための適切なタイミングの覚悟は後で報われるから良いだろう)。しかし覚悟でもしないとやっていけない状況、強要された理不尽な覚悟には、ポジティブな見返りがないことも多いから、そういう状況ならないほうが良い。

うだうだできるなら、そうしたほうが心には良い。しかし、心に良いことだけでは生きていけないから、それがとても厄介な問題である。今日は、覚悟というものの性質を知って、(心を殺すことを強要される状況はどうにもならないとして)うだうだ言う、うだうだ言わない、をほどよく使い分けていってほしいと思う。














悪循環

なんだか大変なことが起きてしまった感があるが、元はと言えば、第一希望の会社に落とされたことがきっかけであった。そこから彼は自信をなくし、次々と落とされ、就職活動の動き自体も鈍くなってしまった。彼女にも振られるし、大学にも行きづらくなるし、というあたりはもう最初のきっかけとは関係がなく、厳しい言い方をすれば、彼の自滅であった。

彼の母親は、彼の力を信じていた。というか、事実これまではちゃんと「できる子」だったから、信じるも何も、たいした失敗ではないと思っていたのかもしれない。外から見ればそうだったのである。でも彼という運転席から見える景色は違った。外からは「たかだか就職活動でしくじっただけ」だったかもしれないが、彼からは、なんだか未来が暗くなった気がするし、もうダメな感じがして、どんどん委縮したり絶望して動けなくなるのである。彼の心のめがねを通しては、状況を冷静に見ることができなかった。

たいして世の中は変わっていないし、彼の人生が激変したわけでもないのに、彼は人生を激変させてしまった。進んでそうしたわけではないが、そうなってしまうのを、どうにもできなかった。

我々の心には、景気の波のようなものがある。彼はエリートで他の人から見て羨ましいポジションにいても、グラフの傾きは下降線であった。下り坂にいる人は、心がネガティブになるし、ネガティブだと未来を想像したときも良い想像をしづらくなるから、動きが鈍くなる。例えば「資格を取る」と考えたときに、なんだかんだ嫌な印象を持つ。最後まで就職活動をきっちりやろう、とも思いづらくなる。悪い未来を想像するから、今をおろそかにしてしまい、ますます悪化する。問題文の彼はそういう状況であった。

景気の波もそういうネガティブな観測がますます状況を悪化させていくのだが(消費の冷え込み、投資の減少など)、行くところまでいくと、悪循環は多くの場合、止まる。彼の生活が荒れに荒れて、自信をなくし、やさぐれたころ、つまり彼の心が低空飛行に追いついたころ、彼は彼の力以上に自信をなくしている状態になるから、さすがに彼の力によって何か良いことが起こるだろう。例えば、本当にくだらないことかもしれないが、SNSで女友達から「頭いいよね」と褒められることかもしれない。行き過ぎた悪循環はどこかで止まり、浮上のきっかけを掴むことが多い。

前向きになってくると、希望を持てるようになって活動量が増えたり、ものごとをポジティブに捉えるようになって、例えば「べつに会社勤めだけが人生じゃないし」と思えたりして、動きが出てくる。何かがうまくいくと他のところでも笑顔になれて、新しい彼女ができるかもしれないし、友達とまた遊ぶようになるかもしれない。

たいがいこのように良い時期と悪い時期を味わうという波があるのだが、小さい波や大きい波があって、数週間規模の小さい波が、大きなうねりになって数年規模の波を作ったりする。

しかしながら問題文の彼のように、一つのきっかけから(それがもう絶望的にひどい出来事なら仕方がないが)、大きな転落をしてしまうのはあまりにもったいないだろう。悪循環が終わるのを自然にまかせておいては、被害が拡大しすぎてしまうこともある。だから「悪循環だからしょうがない。前向きになれないのだから何をしても無駄」と放置せずに、できるだけ悪循環は小さい被害で歯止めをかけ、好循環はとことん勢いに乗っかる、という心構えがあったほうが良い。

悪循環になったときはやる気をなくしたり萎縮したりしてどんどん状況を悪化させてしまうが、そういうときこそ、心のスイッチを切ってでも、前向きになれないと分かっていても、とりあえずやるべきことやできることを淡々とこなしたほうが良い。波に呑まれているときほど心を切り離し、現実的に冷静に、半ば諦め気味でとりあえず動く。心は曇り空になってしまうが、呑み込まれるより被害は「まし」であり、浮上のきっかけを掴みやすくなるだろう。そして好循環のときほど、時間を惜しんででも、勢いに乗ってとことんやりきることが大事である。

抽象的な話だが、心にも、景気循環のようなものがあるということを覚えておいてほしい。











家族を思えば

私は泣けなかったし、

この状況を嘆いてはいられないんだと


自分を奮い立たせている影で



どこか自分の未来を諦めていて

心が枯れていたのかもしれない。




だから、


打ち込めるほどに好きなものがあって


自分にとって

価値のある生き方をしている君が


すごく眩しくみえた


















100人が褒めてくれても、

たった一人が言う

「お前はゴミだ」

のほうが



胸に刺さり、

それを信じてしまうものである。



守り育てるのは難しく、
破壊するのは簡単であり、

それは心も含めて

この世の自然物すべてに言える。













あなたが

誰にも見せない

心の底で




本当に



愛してるひと














永遠の愛なんて、幻想だ。「結果として寿命が尽きるまで消えることのなかった愛」というのがあるだけだ。日々の積み重ねの結果として。危うい時期があったり、ほとんど気持ちはないけど惰性で付き合っている日々があったり、やっぱりなんだかんだ言って相手のことが大事だと思える日があったりして、そういうことの積み重ねで徐々に相手がかけがえのない存在になっていき、結果として寿命が尽きるまで一緒にいられたというのが残るだけ。永遠の愛ではないんだ。

君は「ずっと好きでいられることなんてあるのか」と言うけれども、べつにずっと好きでいる必要はないのさ。ときにムカついても、心離れても、なんだかんだ言ってやっぱり相手の存在が一番大きい、とお互いに思えていたらいいんだから。特に危機にそれが思い出せれば、それでいいんだから。永遠の愛ではないが、死ぬまで寄り添うことはできる。















日本の文化を取り戻したい。


若い私が、

ネットがブームな今の時代が、

きっとチャンスをくれるはず。。

















見える範囲の背景

職場の人が冷たい言葉を投げかけたのは、彼女の背景が見えないからである。職場から見える景色は「バリバリ働いていた女が裏で不倫をしていて、その不倫で傷ついて仕事を投げ出した」というものだから、文句の一つも言いたくなるのは分かるだろう。全体像を知っている(問題文を読んでいる)我々からすれば本当にひどい物言いだが、限られた背景までしか見えない職場の人からすれば、本当にいい迷惑だというのもよく分かる。

もっと遠い関係の人が見れば、ただの無断欠勤である。不倫という背景を知ると、背景をなまじ知っているから、余計に腹が立ってくるかもしれない。裏が分かったような気になる。しかしもっともっと実際は根深いのである。家庭環境の不利の中で必死に頑張ってきた彼女の思い、やりきれない気持ちを不倫相手に散らしながらなんとか成立していた彼女の生活、そうでもしなければ生きていられなかった彼女の心など、誰も理解はしてくれない。そこまでの背景は、なかなか人は見てくれない。

それに、背景の切り取り方によって話は全然違ってくるということを、ほとんどの人は知らないのである。職場の人は、不倫しているという噂を知って、背景を知った気になったろう。しかし何も知らないより視野が少し広がっただけで、一部分が見えただけである。一部分が見えただけでは何も分からないし、むしろ誤解しやすい、ということも分かっていないはずである。「自分から見えた範囲での感想に過ぎない」というのを職場の人が分かっていたら、そこまでひどく言えないのではないだろうか。

校長が、背景背景と口酸っぱく言うのはこういう理由がある。背景は切り離して考えることができないし、局所局所を切り抜くと誤解が生じるということ。例えば相談を受けるときには、相談を受けた範囲のことでしか分からないという自覚を校長は持っているし、背景も全てを捉えることができたとはもちろん思っていない。世の中にはびこる、狭い範囲の背景を切り抜いただけの自己責任論などは、もう最悪である。

かといって、全ての背景を把握しないと何も言えない、としてしまっては本当に物事を一切語れなくなるだろう。「どういう背景があるか分からない、これだけでは何とも言えない、こちらからは分からないことがいろいろあるかもしれない」とだけ言うしかなくなるのも、あまりに慎重すぎて建設的ではないし、有意義でもないし、面白くもない世の中である。

大事なことは、自分が区切った範囲でものを見て語っているという自覚をすること、見える範囲によって物事はがらっと変わるという認識を持つことである。

















寡黙で芯の強い女性





.




.