日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

13383  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


忍空のup、ついにキターーーっっっ\(゜∀゜)/

これこれ、これが観たかったのおおおおおお!!!!!!


昨日、おととい、土日で休みだった間は、私は、彼のことを思い出すたんびに、彼には彼女さんがいるかもしれないんだし!って思うようにして、何とか彼への想いを少しでも遠ざけようとしていた。

うん、彼に彼女さんがいると思えば、やっぱり彼への想いは薄らぐ気がしたよ。

そして、テッちゃんに泣きついてみる妄想を、してました!!(爆)

テッちゃんは……、それでもまだ完全に前みたいに私の中に戻ってきてくれてはいないけど、でも、幾分は妄想ができました\(^o^)/

やはりリアルの男性には敵わんよなぁ。

でもテッちゃんは二番目に好きな男の人だ!と思うことにして、けっこう妄想頑張ってたんですよ土日(笑)

もう半ば無理矢理ですよね(^_^;)

無理矢理テツヤの妄想をする!!

んでも、私の中から遠くなっても、テッちゃんは、完全にはいなくならなくて、たとえ遠いところでも、まだちゃんと居てくれてる。

私は、ずっと変わらずにテツヤのことは好きなんだ。

ただ、そこに、リアルで好きな人ができてしまっただけ。

だから、どうか、テッちゃん……今の辛い私を救ってくれ!救ってくれ!って、心の中で切に訴え続けた。

好きだよテツヤ、今でも。

で、そうやって彼を自分の心からなるべく遠ざけようとしてた私だけど、仕事に行って彼に会っちゃったら、また気持ちがぶり返したりするのかなぁーと、思って、仕事行くのがなんかちょっとユウウツ気味だった今日だよっ!!

そんでも仕事は行かなきゃなんないから、今日も張り切って出勤致しました。

そしたらぁぁぁ、、、

えっ、今日も彼は社内で受付!?!?Σ(*゜Д゜*)

ええええええ!!!!!!

後で事務員に今日の受付のメンツを聞いてみたら、今日は午前中からの事務員が、労働時間調整のためにさっさと早くに帰ったんだって。

それで、夕方出勤の事務員が来るまでは、彼に受付に居てもらうのだと。

ああ、じゃ今日は夕方からは彼は配達員と集配に行っちゃうのね。

それはちょっと寂しいことだなと思ったけど、しょうがない……。

我慢するのは少し大変だけど、我慢するしかなかった私(;_;)

でもね、今日はね、なんっか暇でさ!

月曜はいつも比較的仕事が楽なのだが、今日は特に、暇でさぁあ!!

私も暇だが、受付も客が少なくて、彼もとても暇そうだったの。

それで彼、けっこう作業場にも出てきてくれて、なんかね、外での作業も色々手伝ってくれてさ。

ってか、まず、私が出勤した時点で、受付の台車に荷物があんまり乗ってなかったし。

彼が受付やってる日は、いつもそう。

彼が受付でない日は、受付の台車に荷物が山盛りてんこ盛りで、私はまずそれを片付けることから仕事が始まる。

でも彼が受付の日は、彼がなるべく片付けていてくれるから、いつもあんまり台車に荷物残ってないのよ。

今日もそうだった。

更に今日は、いつもは私が作業場の奥から出してきて設置している作業台が、もう既に設置されていてさ!

私、出勤するやいなや彼に、今日はあの台が出してあるんだね珍しいねって言ってみたら、なんと彼が設置しといてくれたとの事。

はぁあーー、まっじ助かるわ!!

ホントさっすが彼だわっ!!

私「助かります!ありがとう!」って言ったよ。

それから私が仕事を始めたら、彼も客がいない間は、作業場に来てくれて、色々気にかけて手伝ってくれて。

少ない荷物を台車に移し替えるのとか、私がやろうとしたら、彼が「やりますよ」って言って、やってくれたりとかぁあ!

あと雑談も少しして、最近支店長がやり出した、新しい配置のしかたがどうも仕事やりにくいとか、あそこに置いてあるパレットボックスは使ってもいいのかなとか、ここに置いてある荷物は昼間の到着便で来た荷物じゃないよね?とか、まぁ色んな話をちょこちょこしました。

そして、彼は夕方までは受付業だから、あんまり長時間作業場にいるわけにはいかないから、程よいところで受付に戻ったけど、私はまた一人で作業場で仕事して、それが一段落したら受付に行ったの。

で、彼に「ホンット○○くん(彼)色々やってくれて助かるよ!!」って言ったのよ。

もう、私の本心ですよね。

まじで彼が社内に居ると、本当に本当に色んなことやってくれて、私は助かりまくって、仕事がやり易くってしょうがない!!

私は、本当に彼に感謝してるんだけど、それがどこまで伝わってるんだか分からなくて、でも少しでもちゃんと伝えたいから、今日は、いつもありがとうって言った。

彼は「暇なんで」って言ってたが、まぁ確かに今日は暇だよな。

でも暇な時は、そこら辺でくっちゃべってる配達員だっているのに、彼は暇な時には何か仕事を見つけて、率先してやってくれて、特に私が楽になるようなことをしてくれるのは彼くらいしかいないから、本当に私は彼にひたすら感謝だし、彼はやっぱりスゴいなぁ偉いなぁって思う。

そして彼「忙しい時はやらないッスけどね」って続けたけども、そそそそそりゃそうでしょうよ、さすがに!(^o^;)

私、慌てて「そりゃね、いいんだよ、自分のお仕事があるときは、そっちを優先して!」って言ったけど。

そりゃあ誰だって、まずは自分の仕事をこなして、それでもし手が空いた時や暇になった時があれば、他の仕事を手伝えばいい。

もーっ、彼、真面目なんだからぁっ(^q^)

で、夕方、事務員が一人出勤してきたら、彼はバッグ背負って作業場に出てきたね。

また作業台に荷物放置していった人がいたようで、私が一人で片付けに追われていたら、彼が手伝ってくれて、ちょー助かったあああ!!

それから本当に彼は、姿を消したので、集配に行ったんだろうな。

でもね、今日は穏やかに彼と一緒にお仕事したりしゃべったりできたので、私の心は辛くない。

なんか、今日は暇だったし、夕方までだけど彼と一緒に居られて仕事も雑談も一緒にできて、良かったなあって思った。

ああ、彼と一緒に仕事したり話したり、充分にできれば、私はこんなに満たされて、心も穏やかに居られるんだなあ。

今日は、辛かったり、心乱されたり、していない。

すごく穏やかで良い気分。

やはり彼が好きだなあとは思ったけど。

仕事中に、彼の姿を見ながら、彼には彼女さんがいるかもしれないって自分の心に言い聞かせてみたんだけど、でも、彼女さんいたとしても、それでも私は彼のことが好きだなあと、思いましたね。

彼女いたって関係無いというか。

彼女いるいないにかかわらず、私はこの人のことが好きであり、それは変わらないなと。

彼の姿を見ながら、普通に、好きだと思った。

でも今日はずっと私の心は穏やかだったから、いいけど……。

また、彼と会えてもあんまり話せない日があったら、私はまた気持ちが荒れたりするのかな!?と思うと、それが嫌だ。

彼のことで、自分の気持ちが、荒れたり揺れたり辛くなったり悲しくなったり寂しくなったり、するのが嫌だ。

何があっても、今日みたいに、穏やかな気持ちで彼を好きだと想えていられればいいのに。

そう、毎日が今日みたいな気持ちでいられたらいいのだ。

あぁ……明日とか、また荒れてしまうかもしれないのが嫌だな。

荒れずにいたい。

明日は、どんな日になるだろうか。

彼と話せなくても、一緒に居れなくても、気にしないでいられる自分でいたいよ……。

んー、やっぱりどうしたらいいか分からないまま、私は今を過ごす。

ただ、少しでもテツヤが私の中に、戻ってくればいいな。

これからも、できるときはテツヤのことを考えたり想ったり妄想したりしよう。

明日のことなんて、誰にも分からない。


ホットゆずはちみつを飲んだら、体温まったし、なんか癒やされた〜(*´∀`*)

うまいな♪


それと!!

仕事中ちょっと衝撃なことがあったんだわ。

そう、私が、仕事してて、作業場から受付に入ってった時にね。

前にセンター長やってたことがある配達員と、彼が、何やら話をしていた様子。

私が受付に入る前まで、二人が何の話をしていたのかは分からないけど。

私が受付に足を踏み入れた時、配達員が「彼女の家に突然行ってきてやったぞ!」って言ったの。

で彼が「行ってきましたか」って答えて。

ん!?!?

え!?!?

「彼女」とは何だ??

私が聞いた会話はそれだけで、あと前後の会話内容がどんなんだったのかは全然分からないから、ホント二人が何の話をしてたのかサッパリ私にはチンプンカンプンなのですが。

が。

彼女って、彼女って、ややややっぱり、彼のお付き合いしてる恋人っていう意味の「彼女」ってこと……かなあぁあ????

配達員は結婚して奥様がいらっしゃる人なので、配達員の彼女ではないと思う。

とすると、これは、彼の彼女ってことだよなあ!?

家に突然行ってきたというのは多分冗談だ。

配達員、だいぶ軽い口調で、笑顔も浮かべながら言ってたから、うん、彼に冗談を言って、からかってた感じだった。

あるいは、配達員、冗談でなくて、もしかしたら、その「彼女」の家にお届けする配達物があって、仕事で本当に彼女の家に配達に行ってきた、のかもしれない。

まあ、それは冗談でも本当でもどっちでもいい。

問題なのは、「彼女」という人のことである。

うわ、これ、やっぱり、彼の彼女ってことかなあ?

やっぱり彼には、お付き合いしてる彼女さんがいるってことなのかなあああ?????

彼の「行ってきましたか」という、淡々とした答え方は、イマイチ彼の意図が読めなかったが。

うーん、やっぱり彼には彼女さんがいるのかな?いるのかな?

彼に彼女がいる、って、何ともややこしい書き方だが(笑)

でもな、こんだけハイスペックな彼のことだもの、彼女いたって全然おかしくない。とは前々から思ってた。

つうかハイスペックだろうが、そうでなかろうが、19歳という年齢で、彼女持ちなのは、全く普通に有り得ることですよね。

半年前に高校卒業したばっかだし、まあ高校時代から付き合ってるのかもしれないよね。

特に彼は、本当に、よくできたいい子なのだから、女の子にモテるってのも充分考えられるし、彼女いて全然おかしくない。

これはホント、私が彼を好きになった直後から考えていたことだ。

だから、ずっと、彼は付き合ってる人いるのかな、どうなのかなって、ずっと密かに気になってた。

気になってたけど、こんなプライベートなことは、彼には訊けずにいた。

でも、彼には、彼女さんがいてくれたほうが、私も諦めやすいから、いいかなって思ってた。

私なんかより、ちゃんと、彼のことを大切にできる、彼を幸せにできる、かわいい彼女さんが、いたら、いいよなと。

そんで、いつか彼には、ちゃんと幸せな結婚をして、家庭を持ってほしいかなーと。

だからね、実際本当に、彼に彼女がいるなら、そのほうがいいの。

ショック……とか、嫌だなあとか、そういうのは無い。

ま、多少は嫌かもしれないけど(笑)

でも、それでも、彼には彼女がいたほうがいい。

それで私は簡単に彼への気持ちを捨てられる……わけでは全然ないけども(^o^;)

でもさ、私は、彼を想ってはいても、彼を幸せにできるわけではないからさ。

私は心根が身勝手で自己中だから、基本的に自分の幸せだけ求めちゃって、相手の幸せとかちゃんと思いやれないのね。

たとえ男の人を好きになっても、その人のこと、あんまり大切にできないと思うんだ私。

彼のこともね。

だからね、彼には、彼を幸せに大切にしてくれる女の人が……、私ではない他の女の人が、いてくれたらいいって、ずっとずっと思っていたわ。

私よりも、ずっとずっとかわいいかわいい彼女さんが、いてくれたら。

ただ、実際に、現在、彼に彼女がいるのかどうかは分からないままだから、そこはどうなのかなーって、ずっと気になってて。

今日の彼と配達員の会話を聞いて、彼に彼女がいる可能性がとても高まったから、私はまあ衝撃っちゃ衝撃だったのです。

まー、そりゃ衝撃はあるよね!

自分の好きな人に、既にお付き合いしてる相手が他にいたとなりゃ、まず全く平静でいられるほうが奇特でしょ、そうでしょ!!

ちょーっと哀しい気もするけどね、でもそれは完全に私の身勝手で。

彼に彼女がいるなら、私は彼にその彼女さんと幸せラブラブでいてほしいし、これからもずっとそのラブラブが続くように応援していたいし、私はひたすら彼の幸せを願って見守りたい。

衝撃でも哀しくても嫌でも、私は、それでも、彼の幸せを想って願っていたい。

そして、できれば、それで私の気持ちが断ち切れれば、一番いいんですがあああ!!

でも、彼に本当に彼女さんがいるのかどうか判明したわけではないので、まだモヤモヤは残ってますが。

しかーし、彼女さんがいるという可能性は強くなったので、はい、今日のとってもとっても衝撃な出来事でした!!

くそぅ、彼と配達員の会話、最初からちゃんと聞きたかったぜい!!

もー、彼は付き合ってる人いるのかどうかハッキリ聞いてみたい。

けどな、私は彼とそこまでプライベートな話ができる間柄ではないから、聞けません。

いきなり聞いたら、彼にどう思われるだろか……。

つか私って、他の男性配達員ともみんな、プライベートな話はほぼしないから……、他の職員に彼が彼女持ちかどうか聞いてみることもできないのです。

んー、どぉなんだろねっ!?どぉなんだろねっ!?

前にさ、20代の真面目なほうの配達員くんと同期で入社した、人懐こい配達員くんがね、一人前の配達員になってから程なくして他の店舗に異動になってさ、それから時たまウチの店舗に遊びに来るんだけど。

その時、なぜかいつも彼女さんを連れて来るのね!!

何だろ、彼女さんも同じ職場の人なのかな??

ま、なかなかかわいい女の子……だった気がするんだよな、私のおぼろげな記憶では。

でさ、だからさ、いっそ彼もそんなふうに、一度ウチの店舗に彼女さん連れてきたらいいじゃねーか!って思ったのよ(^q^)

彼女連れてこいよー!!

まー、そりゃ無いかね……さすがにね。

ってか、ま、彼に彼女がいると知ったところで、私の気持ちが治まるわけでもない、けど、ね、はは……( ̄▽ ̄;)

ホントどうにもならんなぁ。


今回のスタッフイベは、どうだろ、うまくいかない気がする。

でもまだ始まったばかりだし、分かんないよね。

今回も頑張ろー♪

Rスタッフ欲しいいいい!!!!