日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

20502  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


でもさぁ、でもさぁ。

休憩中に私が本音をKくんに言ってたらさ。

Kくん、「じゃあ……本番行為無しで、もう1回(ラブホに)行く?」って、言ってきたんだーよーねーええぇ!!!!

へあっ!?!?Σ(*゜Д゜*)

私は、どう返事していいか分からんかった……。

やっぱりKくんは、女の人に対して、不真面目な野郎なんだなー(笑)

彼女いるのに、彼女以外の女とそーゆー事シようと思うなんて。

なんて奴だ!!

でも私は、Kくんだからいいかって思ってる。

Kくんは、何人もの女性と付き合ってるわけじゃないし、セフレがいるわけでもなく、女遊びしてもいない……と思うのね、多分ね。

浮気や不倫はしないって、自分で言ってるし(笑)

実際、女心はあんま分かってないし、そんな様子見てると、本当にこの人は女性と交際した経験無い人だと思うんだ。

私とデートした時、色々気遣ってくれて本当に優しかったし、女の人を大切にできる人だなって思ったし、うん、Kくんチャラくはないし、DQNでもない。

だからね、Kくんなら、恋人同士でなくても、ラブホ行ったりとか、チューしたりとか、そういう事シてもいいって、私は思う。

そしてやっぱりKくんは好きな人だから、何されてもいいって思ってる。

むしろ私は、許されるなら本当にKくんとまたラブホ行きたいな〜って、思っちゃってるんだよ!!

5月に一度行ってから、また行きたいってずっと思ってきたし、今でも変わらずにそう思ってる。

でもKくん彼女できちゃったから、私とはもう行けないだろうと思ってた……。

けど、今日、Kくんのほうから、もう1回行くかと言われて、私めっちゃ心揺れたよね!!

すっごい嬉しいけど、なんか、あと1回しか許されないのかなーって思ったら、めちゃくちゃヤダ(´・ω・`)

何回でも行きたいKくんと!!!!(爆)

本当はね、本当はね、私は、「そーゆーところに行って、そーゆー事スるのは、彼女さんとじゃなきゃダメだよ!彼女さんとだけシなさい」って、Kくんに言わなきゃいけなかったし言うべきだったのだろうと思う。

でもでもでもでも、今の私はもう、もう、そんなことKくんに言えない!!

言うつもりも全く無い!!

彼女いてもいいから、私ともそーゆー事シてほしいって、すんげぇ思っちゃってる!!

不真面目なのは私のほうか!!

ああ私、こんな不真面目でサイテーな人間じゃないハズなんだけどな……。

Kくん相手だと、どうにでもなれるのか私は。

もうさ、私を浮気相手かセフレにしてくれても構わないって思っちゃってるくらいだからね私!!

もう……、Kくんに彼女いてもいいから、私はKくんと一緒に居たい。

だから私は、Kくんさえいいなら、喜んでそーゆー関係にでもなりますよ。

Kくんと一緒に居られる時間が少しでも作れるなら、私は何でもしてしまう。

Kくん……本気でまた私とラブホ行ってくれようとしたのかな!?

どこまで本気でそんな申し出してくれたんだろう!?

Kくんてさ、いまだに私のことをよく「かわいい」って言ってくれるんだよ。

今日、「かわいいってのは彼女にだけ言え」とKくんに言ったんだけどねぇ、Kくん「なんか言っちゃうんだよな」だって。

私にかわいいって言うのが、口癖みたくなってんのか!?(笑)

でもさ、ただの口癖でも、私はすごくすごく嬉しいんだよ。

好きな人にかわいいって言われたら、そりゃーー女子なら嬉しいに決まってますがな!!

でも、それでもKくんは私の恋人になってくれるわけではないから、なんか哀しくてもどかしいのだ……。

でもでも、私はずっとずっと変わらずにKくんが好きなの。

私ね、新しく誰か好きな人はできてないし、今でもずっと好きな人は変わってないよって……、つまり今でもKくんが好きなのよって意味で、Kくんに言ったよ今日。

これで何度目になるか分からん告白を、またしたわ(笑)

うん今でもね、今でもね、私はKくん貴方のことが好きなの……。

本っ当に、離れたくないの。

好きなのよ好きなのよ!!

ひたすら、ただただ好きだわ……。

本当は叶ってほしい、この恋。

でも片想いのままでもいいから、どうか、どうか、これからも貴方と繋がりを持っていたい……。

少しでも、少しでも、側に居させて下さい!!

どうか、どうか……。


今日はですね。

Mくん休み。

この子がいないと、静かですねー!(笑)

いつもは昼間、Mくんが私に何だのかんだの喚いて、私ははいはいって聞きつつ、相手をする。

そんでこの子が散らかした荷物を私がまとめてボックスや台車に積んで、キレイにしといてあげたり……。

本当は配達員みんな自分でやらなきゃなんないのに、どういうわけかこの子は整理整頓ができないのか何なのか……私が面倒見ないとアカンくなってる/(^o^)\

で、今日はこの子がいないので、何となく作業場静かー!!(笑)

荷物もみんなまとまってて、私は作業場整理が楽々♪

だが、私に人懐こく色々話し掛けてくる男の子がいないと、ちょっと寂しいもんだねー。

まっ、でもKくんは今日も出勤してるから、いいんだ!!

うんKくんさえ居れば、私は幸せ(*´ω`*)

休憩もね、さっきまでKくんと二人きりで2階でしゃべってたの。

今日は普通に色々しゃべったよ。

でね、私、Kくんに、私の本音をいくつか正直に話しました。

Kくんが辞めたら寂しすぎて、9月からどうしよう……って事とか。

人生で一番辛い別れになりそうって事も。

でも、Kくんの側に居たい、ずっと一緒に居たいって事までは言えなかった。

彼女持ちの男の人に、それは言えなかったんだな……。

Kくんは、さすがに私がそこまで思い詰めてて深刻な事態になってるとは、思ってなかったらしい。

そんなに私に想われて、「嬉しい」とは言ってくれたけど。

でも嬉しくても、貴方は私と一緒には居てくれないのでしょう!?

ああー、切ない寂しい哀しい……。

本当に、月末になったら私はどうしよう……。

Kくん好きだよ!

今日もずっと好きだよ!!!!


あー、そんで私が2階の掃除切り上げて、階段降りてたらさ!

Kくんが小走りに階段上ってきたんだよ!!

私は、クソ狭い階段で、Kくんとすれ違うべく、端のほうに寄って、Kくんを避けた。

ちょっと体を避けるくらいじゃ、まーたこの野郎にセクハラされるんじゃねーかと思って、今回は私、自分の体を90度回転させ、壁にベタッと張り付いた(笑)

完全にKくんに触らないようにガード!!(笑)

でも背中をKくんに向けてたら絶対にお尻付近にセクハラされるだろーと思い、私は背中を壁に向け、背中を壁にベタッと張り付け、お腹のほうをKくんに向ける体勢。

これならうっかりセクハラもできまい!!(笑)(笑)

だが、すれ違い様にKくん、なんとなんと、片手をスッと私の下腹部辺りに伸ばしてきてさああああ!!!!!!

ビッックリだたよねΣ(*゜Д゜*)

さすがに本当に触りはしなかったが。

私は思い切り苦笑してやり過ごしたけどー。

でも、でも、その後、やっぱり下腹部でも触られても良かったかなとか、いや本当は触られたかったなーーとか思ってしまった私は、はい、ド変態ですすみませんごめんなさいっっm(_ _)m

うぅぅうぅぅ、Kくんのバーカバーカバーカ!!!!!!


今日の夜は。

Kくんの帰社時、私はお外に居たから、Kくんのトラックが駐車場に入ってきたのがすぐ分かった!

てか、Kくんの前に、ベテランの配達員さんが帰ってきて、私はそれがKくんのトラックかな!?と思ったんだけど、車体に貼ってあるネームプレート見たら違くてさ。

……べっ、別にKくんかどうか確認したくてネームプレート見たわけじゃないんだからねっっ!!(^_^;)

私は、昼でも夕方でも夜でも、誰かが帰社してきたら、車に貼ってあるネームプレート見て、誰が帰社したのか確認してるのですよ。

まぁ配達員が運転席から降りてくりゃ、そりゃ誰だか分かるんだけどさ、なんかさ、配達員が降りてくる前に、誰が帰ってきたんだか知りたくなっちゃうんよね。

もうこれは私の職業柄のクセみたいなもんかな。

配達員て、帰社してすぐに運転席から降りてこない場合もあるから、誰が帰社してきてんのかネームプレート見て把握するほうが手っ取り早い。

基本的に外に出ずに屋内で仕事をしてる事務員とかは、しょっちゅう外と受付を行ったり来たりウロチョロしてる私に、配達員の誰それが今帰社してるかどうか訊いてくることもしばしばある。

そうすると私は、例え配達員の姿は見えなくても、車があれば、その配達員は帰社済みで社内のどこかには居るという事を、すぐ事務員に伝えることができる。

他にも、ま、帰社した車のネームプレート見て、誰が帰ってきたのか確認しとくと、仕事上色々と便利な事もあんのよ。

んで、今日の夜は、半数以上の配達員が帰社して、あとはKくんや午後勤務のお姉さん方がまだ帰ってきてないなーって思いながら、私は外に居て仕事してて。

うん、Kくんいつ帰ってくるのかなって、そわそわして待ってるんだよ私(笑)

毎日そうです(笑)

やっぱ好きな人は、いつ帰ってくるか気になりますっ!!

他の配達員は、誰がいつ帰ってこようが全っ然どうでもいいのに。

Kくんだけは、いつ来るかいつ来るかと、気にしまくってる私だよ(笑)

んでKくんの帰社時には絶対に荷下ろしを手伝いたい私は、Kくんの帰社時に外に居れるように気を付けながら仕事しとる!

時たま、受付手伝ったり何か手が離せなくて、Kくんの帰社に気付かないままってこともあるけど(泣)

気付いた時にはKくんの荷下ろし終わってるとかねー、ショックだよねー!!(泣)(泣)

そんで今日は、私も退勤時間が迫ってきて、でもKくんは配達量そこまで多くなさそうだから、そろそろ帰ってくるかなーどうかなーって、めっちゃそわそわしてた(笑)

お姉さん方はいつも一番遅く帰社するから、今日もまだだろうなと思ってたけど、Kくんはどうなのかなーって。

そしたらトラック1台帰ってきて、これKくんかなって思ったの!

もう配達員も半数は帰ってきてて、あと未帰社なのは、お姉さん方とKくんくらいな感じだったからさー。

もう一人、午後勤務の男の子もいるけど、この子は小さなトラックで配達行ってるから、他の配達員の大きなトラックとは違うんで、この子が帰ってきた時はネームプレート見なくてもすぐ分かる!

で、二人のお姉さんはいつも一番遅く帰社するから、あとはもう、今頃帰ってくるのはKくんくらいだなと。

でも、プレート見たら、Kくんではなく、別のベテランの配達員でぇぇぇ/(^o^)\

あっ、この人もそういえばまだ帰社してなかったんだっけ!……と思いつつ。

そしたら、その後すぐにもう1台トラックが続いて駐車場に入ってきてさぁ、あー、こっちがKくんかなって思った!!

しかし、そのトラックは、私がプレートを確認する前に、なぜかまたすぐに駐車場を出て行ってしまい……。

私は「あれ!?」って思ったが、すぐにピンときた!!

あーー、Kくんのすぐ前にベテラン配達員さんが帰社したんで、Kくん、狭い駐車場に停めづらくなったんだね!!

ウチの店舗って駐車場もホント狭いから、営業車のトラックを停めるのも一苦労すんのよ。

んで多分Kくんは、大型トラックが出入りするほうの入口に回ったんだろーなと、私はすぐに思い至ったので、私は急いでそっちに走ってって、シャッター開けたった!!

開けたら、案の定Kくんがトラックを目の前に停めて、Kくん自分でシャッター開けようとして運転席から降りてきてた。

うふふ、やっぱりこのトラックKくんだったんだね〜!!

この時に初めて私は、このトラックの運転者がKくんだと分かりました。

結局、先に帰社したベテランさんもトラックを少しずらしたり何だりしてて、どうにかこうにか苦労してKくんとベテランさん駐車してたな!

本当に、ウチの店舗の駐車場、狭っ!!!!

私、Kくんが大型トラックの出入り口から入ってきても、これ駐車できんのかなーって心配になって、「えっ……大丈夫これ??」って思いつつ、傍らで見守ってたんですけど、ベテランさんがトラック動かして、どうにかこうにか上手く着車してた……。

そんで、Kくんもベテランさんも今から荷下ろしするだろーと思い、私は荷下ろし用に用意しておいたパレットボックスをガラガラと引いて、二人のトラックの荷台の前まで持ってった。

先に荷台の扉開けて荷下ろし始めたのはKくんのほうだったんで、私は今日はガッツリKくんの荷下ろし手伝った〜\(^o^)/

でもな、でもな、Kくん余計な話はしてこなくて、特に雑談は何もしなかった……。

今日は休憩中もあんまり雑談できなかったのに、夜の荷下ろし中も雑談しねーのかぁ……って、寂しい寂しい私ですた(´・ω・`)

荷下ろし中は、私から何か話題を振っても良かったのだが、何となく、何も言い出せなかったのだ……。

もう、こんなふうに荷下ろししてあげられるのもあと僅かな日数だと思うと、なんか、なんか、少しでも色んなこと話したいけど、でも、何も話せなくなった……。

私は、今はもう、Kくんと離れたくないとか寂しいとか一緒に居たいとか、そういう事ばっかり言いたくて言いたくてたまらないんだよ!!

だけどそれはKくんに言えなくて……。

だから、私からは何も話せなくなってしまう。

本当は、すごくすごくKくんと沢山お話がしたい!!

もうあと僅かな日数しか、Kくんに会って話ができないんだからさ……。

ああ寂しいよ寂しい!!!!

結局、今日はいつもよりはKくんと話せなくて、しょぼーん(o´・ω・`o)

でも話せなくても、少しでもKくんの側に居たくて、Kくんの姿を見たくて、私は、荷下ろし後に、Kくんが2階に居る時に、わざと2階の掃除をしに行きました!!

本当は2階の掃除は、もっと早い時間に、いくらでもできる余裕あったんだけどぉ。

Kくんが帰社後に2階に居る時を見計らって、私は2階に掃除をしに行った!!

あわよくば、Kくんしか2階に居ないんだったら、何か雑談できるかなーと思ったけど、2階にはKくんと、先程のベテラン配達員さんが居て、二人で何かしゃべってたから、私は何も話さずに黙って掃除をやりました。

そのうちKくんすぐにいなくなり、午後勤務の女の子と支店長がやって来て、何やらお話が始まったので、私はさっさと掃除を切り上げて、私も1階に降りました。

あーぁ、あとどのくらい私はKくんと一緒に話したり居られたりするのだろう??

残りの日数が、どんどん無くなる……。

寂しいよ、寂しいよ!!

Kくん好きぃぃぃぃ!!!!

思い切りギューって抱き締めたくてたまらない。

ギューってして、もう離したくない。

本当はKくんにめっちゃ甘えてみたい私なのだ!!

でも会社でそんなことできないし(泣)

はぁ、抱き締めたい抱き締めたい。

すごくすごく寂しい。

どうしてもKくんが好きなんだ大好きなんだぁあ!!!!


今日の仕事は暇!!

配達員の皆様も暇なようだ。

穏やかな日ですね。

雨が降ったり止んだりしてるけど。

私の心は寂しいままです。

Kくんと仕事中に、何か訊かれたり相談されたり、何か手伝ったり、休憩中に雑談したり、色々気さくに会話したりとかさ、セクハラされたりとかさ(笑)、そういう日常の日々が、もう戻らないんだなあって、しみじみ思って、すごく寂しい。

私にとっては、やっぱりかけがえのない日々だった。

Kくんと一緒に居られる時間の全てが、ものすごく貴重だ。

昨日ちょっと思ったけど、やっぱKくんの顔って、見る角度と表情によってはイケメンかもしんない……って(笑)(笑)

ああああもう、私の心は本当に色々ヤバイんじゃね!?

なんかもう、なんかもう、寂しさ哀しさ愛しさあまって、若干頭おかしくなっとるわ/(^o^)\

今日の休憩は、私が休憩入る前にKくん帰社してきて、作業場で少ししゃべったが。

それから程なくして、休憩入って2階上がって。

部屋のドア開けた時点で、人の気配がして、てっきりKくんが居るのかと思ったら、Mくんが寛いでいた!

すぐにKくんも来たけどね。

しばらく3人で休憩してました。

Mくん居たから、私はKくんとプライベートな話はできず、なんかほとんど3人とも黙ってて、それぞれケータイいじってたね(笑)

Mくんは私に、寿司の出前だのバーミヤンだのをおごれと、しばらく喚いていたけども(笑)

冗談ですよ勿論!!

私は内心はKくんと二人で色んな話をしたかったけど……。

でも何も話せなくても、Kくんが目の前に居てくれるだけで、本当に本当に幸せだな〜って思ったよ。

今日もとても好きだよKくん!!