日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

14105  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


いっや、まっじ、ぐったりだよ今日はーー!!

疲れすぎて、何もしたくない。

ぼくレスも、やる気がしない。

でもやるけど(笑)

今日は彼とあんまり関われなくて、ちょっと寂しかったが、私はこの寂しさと必死で戦ってるよ(^_^;)

うぅぅぅ、疲れてるせいかな、余計に寂しいのかもしれない。

夕方から受付のバイトの男の人が来て、彼はそのバイトさんに色々教えていた。

もう今の時期からバイト来てくれるのか。ありがたい。

私の仕事を手伝ってくれる作業員のバイトは、20日から来るんだっけかな。

今日、私がいきなり昼から会社に居て、「どうしたの?」と言ってきた社員が何人かいた。

でも、何も言わず、全く何も気にしていない人のほうが多かったな……ふむ。

事務員は、誰一人として何も言わず驚きもせず、私が出勤したら、平然と普通に荷物探しを依頼してきたりとかして、何だろ、事務員は私が昼から来ることを知っていた!?

昼、私が外に居たら、いつの間にか彼が帰社して、彼は私の姿を見るなり「お疲れ様です」って挨拶してくれた♪

彼は、私が昼出勤することを昨日から知っていたから、もうフツーの態度だったね。

でも、昼って、夕方よりもひっちゃかめっちゃかで、みんなバタバタごちゃごちゃしてて、なんか……昼間の時間帯は、彼に会えても、ほとんど関われなさそう……。

夕方と違って、昼間はトラックから下ろす荷物もあんまり、少ないしね。

配達員はみんな、社内作業に追われてるし、彼となんてろくろく話もできなそうだわ。

今週は4日間、彼が社内に居たけど、来週になってまた彼が普通に集配に出るようになったら、すごく寂しくなりそうで……ちょっと怖い。

今週はすごく幸せだったけど、また彼と親しい関係になりたい気持ちが強くなっちゃって、アカンのだよ。

もう、ホントに私どうしたらいいか分からない。

寂しくて辛い(´;ω;`)

彼が好きで好きで、どうしようもない。

来週から、寂しさに耐えられなくなったらどうしよう……とか、思うと、ヤだな怖いなー。

あー、でも今日ね、彼とあんまり関われなかったけど、夕方、彼が作業場に出てきた時があって、その時に少し雑談できたよ!

さっきの休憩時間の話の続きみたいなことを、話しました。

彼は、集配中いつもトラックの助手席に座ってるだけだから、まあ、先輩配達員とただしゃべってるだけだから、その間が休憩っちゃ休憩みたいなもんなんだって。

だから彼は、帰社してからキッチリ一時間休憩取れなくても、別に気にならないんだそうな。

他の配達員も、キッチリ明確に休憩時間取らない、取れないことが、もう当たり前というかデフォルトになっちゃってて、誰も休憩など取りたいとか取ろうという意識も無いらしい。

休憩時間が無いのが当たり前になってるんだと。

私「ウチの会社もブラック企業だな」って、さっき休憩中にリアタイに書いたのと同じことを彼にも言いました(笑)

でも、そんな風潮がある中で、最近入社した若い新人さん達は、キッチリ一時間休憩を取りたがるんだって。

他のベテラン配達員みたいに、休憩無しで当たり前に仕事は、しないらしい。

新人さんの休憩時間に、配達員が仕事の用事で新人さんを呼んでも、新人さんは「休憩中だから」と、あくまでキッチリ休憩は決められた時間取るらしい。

ま、ね、それは間違ってないし、正しいことである。

本来は、職員全員が、そう在るべきなのだ。

それは彼もよく分かっている。

分かっているのだけど……、でも、他の配達員みんな休憩無しで仕事してるのに、新人さんだけキッチリ休憩時間を守るのが、なんか……、彼はビミョウな感じを抱いているようだった。

なんとも言えないビミョウな表情してたね彼は。

かと言って、新人さんにも休憩無しを強要するわけにはいかないしね。

休憩時間をキッチリ守る新人さんは、正しい……正しいのだけど、でも……うーん……って感じなんだね。彼は。

私は、彼の言ってることも、彼の気持ちも、よく分かったから、「難しい問題だね(´・ω・`)」って言ってあげたよ。

これは、やっぱり、配達員が間違ってるとか、新人さんが図々しいとかではなくて、会社の体制や体質に問題があるのであって、もっと会社が真剣にどうにか考えてくれないといけないと思う。

キッチリ一時間休憩を取らせてもらえる私は、恵まれてる(?)のかな。

本当は勿論、社員全員、休憩は取らなくちゃならないし、休憩をちゃんと取れるのが当たり前、なんだけどね。

彼は、なぜか休憩時間の話を、ペラペラ私にしゃべってくれました。

私は、彼が話を切り上げて彼が受付に戻ろうとするまで、彼とずっと外に居ることにした(^q^)

彼の気が済むまで、彼に合わせて、お話をしていようって思っちゃった。てへ☆

ちょっとした時間だったけど、このひとときが、今日はすごく幸せで良かった瞬間でした。

かけがえのない時間でした。

あと、夜、最終発送が終わってから、受付内で、彼が「あー、今日は疲れました」って言ってたんだよ。

今日の来店客は、そこまで激混みというほどでもなかったように思うけど、え、彼そんなに疲れたの?なんでかな?って思ったので、私は彼に「疲れた?何が疲れた?」って優しく訊いてみた。

あの、訝しげなトーンではなく、優しめな穏やかなトーンでね、訊いてみたのよ。

そしたら彼は、どうも配達が大変だったようで。

配達ということは、つまり、午前中か!

ああ、午前中の集配業務が、色々大変だったのね。

助手の身の彼でも、そんなに大変で疲れたというのは、なかなか今日は修羅場な日だったんですかね、配達員の方々にとっては。

で、私も「私も初日だったから、すっごく疲れたよーー!!」って、彼に言っちゃいました。

彼は少し苦笑みたいな表情して、「ああ、そうですよね」って言ってくれて、なんか、それだけの会話だったけど、私は嬉しかったかな。

彼が「そうですよね」って、私の気疲れを少しでも分かってくれて、もう、それだけでも私は良かったわ。

だから、彼が少しだけ私を癒やしてくれた。

初日の今日に、彼が社内業務で、本当に良かったよ。

で、今月度の新しいシフトが壁に貼ってあるのを見付けて、まぁた密かに彼のシフトをチェックしてしまいましたぁぁぁぁぁぁごめんなさいごめんなさいごめんなさいm(_ _)m

そしたら彼は、来週の火水も午後から受付みたいでぇぇぇ!

ふぉっ、そそそうなんですか!

ら、来週も私、頑張りますぅう!!

でも私はバイトの指導に追われるし、彼も彼で受付バイトの指導に追われるだろうな……。

忙しくて、彼とのんびりしゃべってらんない気がする。

でも、また彼の姿や顔を拝み放題にはなるので、嬉しいです(笑)

頑張ります!!

昼間の仕事に、慣れるまで、しばらく頑張ろう。

あとは、抑えられない彼への想いを、どうしよう……という問題だ。

彼が好きです。とても。


なんとか初日終わりました!!

ちょっと早いが退勤しまぁす。

これからお歳暮商戦が始まってくのが、ユウウツだなぁああ!!


休憩なうー。

あぁ、どっと疲れた!!

予想はしてたが、初日は精神的に疲れまくったぁぁぁ!!

だってさ、お昼の仕事するのは何ヵ月かぶりだし、今の支店長と前の支店長では、やり方が全然違うしーー。

私が以前お昼やってた時とは、作業場の配置やら何やら全然違う方法で作業してるんだよね、今のお昼って。

だから今日は、支店長に、1から昼の作業のやり方聞いて教わって、半ばオロオロしながら作業した。

あーーー、このやり方、また慣れるまでしばらく大変だなあ。

ぶっちゃけ嫌だ(笑)

昼の到着便のすったもんだが終わって、もう、どっと疲れて、私元気無い今。

休憩明けたら、これからはいつもの夜の作業だから、まあ慣れた事やるからいいけど。

でも、もう疲れて、気力もすり減らしてるから、ヘロヘロ……。

帰りたいー!

けど彼が受付に居るから、やっぱ帰りたくない(笑)

彼は、昼に帰社して、配達員としての作業を終えたら、受付に入ったよ。

今日は私が昼から作業してるからか、彼は作業場の整理とかの作業には一切手を出しにこなかったね。

ちょっとくらいは手伝ってもらえるのかなとか思ったけど、受付に客は次々と来店するし、彼は受付業務をやらなきゃなんないからね、私は甘えた考えしちゃいけないな……。

でも、今までいつも、こんなバタバタした昼間の雰囲気の中で、彼は作業場の整理とか少しでもやっててくれたのかと思うと、スゲェェなと思う。

受付やりながら、昼の作業場の整理って、フツー無理じゃね!?

で、さっき、私がようやっと仕事が一段落した時、彼が「○○さん(私)は、いつ休憩に行くんですか?」って訊いてきた。

私は、仕事にどうしても必要ではない内容の話を、彼から話しかけられて、内心嬉しい\(^o^)/

で私は「今から行きます!」って答えて、「支店長にも、4時台は配達員帰ってくるから、3時に休憩行くように言われたんだよ」って言って。

彼は「そうッスね」って同意してた。

そして私は「○○くんは、いつも休憩いつ行ってるの?」って訊いてみた。

実は前々から少し気になってたしー!

そしたら、なんと、彼は、お昼ご飯を食べるだけで、あとは休憩らしい休憩は取れないって答えててさぁ。

昼に帰社しても、色んな作業に追われて、結局休憩取るべき時間にその作業をしてるから、休憩なんてできないって。

先輩の配達員がみんなそんな感じなのに、自分だけキッチリ休憩取らせてもらうわけにもいかないって。

うわぁあ……そうなんだ……!!

配達員て、みんなそうなの?って訊いたら、まぁみんなそうなんだって。

休憩時間に、社内での作業をこなしてるんだって。みんな。

……なんだよ、会社の体制、全然改善されてないんじゃん!

……って打ってたら、なんか彼が今2階に来て、ガサガサ何かして、またいなくなった……ビックリした(^o^;)

とにかく、配達員の勤務は今でも過酷なのだな。

ちょっと衝撃だった……。

えええ、これじゃ、彼と一緒に休憩〜♪なんて、行けるわけも無いじゃんね!!!!

はぁぁぁぁ……。

私に「休める時に休憩して下さい」なんて、よく言うよ!

休める時にまじで休憩しなきゃなんないのは彼のほうじゃん!!

彼こそ、休みなよ!!

ってか、彼にも配達員にも、ちゃんと休憩取らせろよ、会社ぁあ!!

ウチもブラック企業かよ。

さて、そろそろ休憩終わりの時間かな。

後半の仕事も、なんとか頑張る……。

彼が社内に居るんで、気持ち上げて頑張りまする。

あんまり会話できなくても、姿が見れてるだけで、めっちゃ天使な子(*^^*)


あとですね、私が退勤する時、扉のすぐ横にある梱包機のところに、彼が居たんで。

私、まあ彼と話したい下心もあり、そして彼に今日一日の感謝を伝えたいという気持ちもあって、彼に「○○くん、今日もありがとう」って言ったの。

そんで、あとは「お疲れ様でした」とか言ってそのまま扉出て帰るつもりでいたんだが。

が、彼はまた予想外な話を私に聞かせてくれちゃいましてね!!

なななななんと、「自分明日も午後から受付やることになったんで、明日もこんな感じだと思いますよ」だって!!!!

私の目を見て、かわいい顔して、そう言ってきやがりました(^q^)

えっっっっ!?!?!?Σ(*゜Д゜*)

内心ビックリドッキリ&願ってもない嬉しさで、私は舞い上がってんですけど。

しかーし、その舞い上がりはおくびにも出さず、私は「あっ、そうなの!?じゃあ明日もよろしくお願いします」って言って頭を下げたわ。

彼も頭を下げてくれた。

そんでね、私、嬉しくなって、思わず調子に乗っちゃって、笑顔浮かべながら、彼に「実はね、私も明日からお昼から来ることになったんだ♪」って言っちゃったのん☆

彼は、ちょっと私の言葉をすぐには理解し難かったのか、「何何何何!?!?」って言って、私のほうに耳を傾けるようにして顔を寄せてきよったのです!!!!

ちょぉぉぉぉっっっっ//////

若干、顔が近い近い近い近い近いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ/(^o^)\/(^o^)\/(^o^)\

で、私、もっかい、明日からお昼に出勤することを彼に説明して。

彼に「何時まで(勤務するん)ですか?」って訊かれたから、「12時に出勤して20時まで。間に一時間休憩入れて」って、詳しく説明したったよ。

彼だいぶ驚いてたね。

私「七時間社員になれたよ。お陰さまで。ずっとダメだって言われてたのに、いきなり支店長から「もし良ければ……」って話があってね、七時間になれたんだ」って、彼に言った。

私は、本当は七時間働く気はあって、前の支店長も私を七時間にしたくて、人事のお偉方に何度も交渉してくれたのに、許可が下りなくて、今の支店長にもダメだと言われてるって話を、前に彼に話したことがあるんだよね。

その後も何度か、彼には七時間働きたいってこぼしたこともある。

それを彼はどこまで覚えててくれたのかは分からんが……、「良かったじゃないですか、良かったじゃないですか」って、笑顔で何度も言ってくれた。

で、私はこの件は支店長以外の誰にも話していなくて、現時点で知ってるのは支店長と彼だけだということも、彼に話した。

彼は「じゃあ明日みんなビックリするんじゃないですか!?サプライズ的な……」って言って、私は「そうそう」って答え(*^^*)

そうなんだよねー、実は私、明日から七時間社員になることを、本当に職場の誰にも言ってないんだよねー。

当日になるまで、誰にも、彼にすらも、一切言わないことにしてたんだ。

まぁ支店長が誰かに言わない限りは、職場の誰も、私が七時間になることは知らない、ハズだ。

支店長は、センター長か誰かには、話したかもしれないけどね、そこら辺はどうだか分からん。

だが多分、支店長も誰にも言ってないような気がするんだよねぇ。

今まで誰にも「今度七時間になるの?」とか話を振られたこと無いし。

もし支店長が誰かに話してれば、その誰かが、私本人にも軽く事実確認をしてきそうなもんだ。

だが、とにかく私は今までずっと、誰にも黙ってきたから、きっと明日私がお昼に出勤したら、職員の皆さんは驚くだろうな。

フフン( ̄▽ ̄)

そのうち事実を知ったババアも驚くんだろうな。

は〜、愉快愉快♪

で、本当は勿論彼にも、当日まで黙っとくつもりだったんだけど、思いがけず彼が明日も受付やるだとか、私を舞い上がらせるよーなこと言いやがるもんだから……。

私は舞い上がって、彼に前日のうちに暴露しちまったじゃんかよ!!(笑)

でもね、でも、いいの。

いいんだ。

彼だから。

彼だから、いいの。

彼は特別だからね。

彼にだったら、私の秘密を知られても、いいんだ。

ま、秘密にするようなことでもないけども。

ふふ、支店長以外に誰も知らないことを、彼だけに知らせて、彼だけが知ることとなったのは、彼の特権♪

あ〜、そんなこんなで、退勤前にも彼と楽しくお話ができて、良かったのですじゃ(^q^)

明日は、七時間の初日で、分かんないこともいっぱいあって不安もあるんだけど、彼が午後から社内に居てくれるんなら、楽しみだな。

良かった!

ホントは、彼と一緒に休憩行きたいなぁとか、思うんですが、それはおそらく無理だろなー……。

彼は、午前の集配から帰ってきたら、すぐに休憩取るのかな?

分からんけど、とにかく彼が休憩に行くのは、私より先だ。十中八九。

さて、そんなわけで、いよいよ明日から私は長時間勤務になります!

頑張ります!

……明日っつっても、もうあと九時間後だ(^_^;)

九時間後には私は会社に居るわ。

寝る時間が無いっorz

今から風呂入って寝るぅ。


で、彼との出来事の続き。

実は、昨日、店舗留め置きの荷物が一個、無くて、店舗に取りに来た受取人と一悶着あったらしいのね。

この件は、昨日のうちに彼から話を聞いて、私も知っていた。

で、多分、到着が遅れてるんだろうと言ってたんだけど。

今日、夕方の到着便の大型トラックが用を済ませて出て行った後、彼が作業場の奥に来てウロウロしてたから、私「どうしたの?」って訊いたの。

もう……彼は、何事かあっても、私に相談しないんだもん。

私から訊かないと、何も言ってこない。

配達員のサポートをするのが仕事である私に、他の配達員は多かれ少なかれ色々と用事を頼んでくるのに、彼は決して私を頼らない。

いつも私が忙しそうにしてるのを見てて、彼は私にこれ以上負担をかけまいとして、私に頼み事をしないようにしてるみたいなのだ。

そっんっな、余計な気遣いなど、私相手には無用なのにね!

で、私から心配して声をかけると、事情を説明してくれる。

今回は、なんと、昨日騒いでいた留め置きの荷物が、今日の夜になってもどこにも無いままなんだって。

私ビックリして、「ええ!?あの荷物まだ来てないの!?」って言ったよ。

彼いわく、担当の配達員もその荷物を見ていないし、トラックにも積んでいない、勿論受付の中にも無い、との事。

それで、夕方の到着便で到着してないか、彼は確認しに来たらしい。

それで作業場の奥に来たのね!

私は、昼の到着便でも夕方の到着便でも、その荷物見てないよ無かったよって言ったけど。

彼も、「そうですよね……」って困ってた。

その荷物の受取人の住所が、彼がいつも助手で集配に行ってるH地域ということもあって、彼は担当の配達員からも相談されていたようだ。

だから彼は、昨日からしきりに気にしていたんだね。

で、受付に無い、配達員も持っていない、となると、残る可能性は、作業場の奥……明日以降に配達する荷物を保管しとくスペース。

そこに、何らかの手違いで紛れ込んでしまっとる、という可能性は有り得る。

だが、明日以降の荷物ってね、すんげぇぇぇぇ数があって、これら全てをひっくり返して、たった一つの荷物を探し出すってね、なかなか、途方もなく大変な作業なのだよ。

しかも、本当にそこにあるのかどうかすらも確かではない物を、探すってねぇ……。

でも彼は、どうも探す気でいる様子で。

で、こういう荷物探しも私の仕事のひとつ!なので、私は、私もやるべきだろうと思ったけど、この時私はまだ他の仕事が残っていて忙しかった。

本当に今日は忙しい日だからね。

だから私は、彼に「最終発送が終わってからで良ければ、私探すよ。今はまだ忙しいから……」って言ったんだけど、そーしたら彼は「いやいやいやいや」って、めっちゃ断ってきてさぁ。

私にそんな事はさせられない!というような口ぶりで、私はやらなくていいと、しきりに言われたよ。

「(最終発送の後は、荷物探さずに)帰って下さい」なんて言う。

でも、そう言われたって、私はもう探す気100%。

荷物探しだって私の仕事であるし、だいいち彼がやるなら私も手伝うに決まってる!!

彼だって、今日は一日受付やらなきゃならなくて、作業場でじっくり荷物探してる時間なんて無いでしょ。

で、それから私は残ってる仕事を再開したんだけど、やがて彼は本当に、明日以降の荷物の保管スペースを、片っ端から探し始めた!

おいおい、受付に居なくて大丈夫なのかよ!?

事務員も一人、休憩に行かなきゃならんだろうし、彼をこのまま作業場に居させてはマズイだろ、と私は思ったので……。

私、自分のやるべき仕事をまず片付けて、それから彼のところへ行って、「○○くん、私探すよ!○○くんは受付やらなきゃならないでしょ」って言ったの。

そしたら彼は、やはり事務員が一人休憩に行かねばならない事を分かっていたからなのか、サッとその場を退いて、「お願いします」って言って、受付に戻っていったのね。

で私は、彼に代わって、荷物を探したよー!!

14日配達予定の荷物が、16日以降配達の荷物を置く場所になんて、おそらく無いだろうな、あるわけが無い、と思ったけど、私は全部探したかんね!!

一応、作業場の半分まで探してから、受付に行って、彼に「無いよ」って報告して、もう半分も探すかって話をしたら、彼はまた私に気を遣って、探さなくていいって言ってきて。

「少し休んで下さい。休める時に休憩して下さい」なんて、私に言うんだよ!

勤務時間短い私には、休憩時間なんて無いし、必要も無いし、全然大丈夫なんだがな。

で、尚も私は「探す」って言ってんだけど、彼は「いやいやいやいや」って言うし、やがて「時間のある時でいいですよ」と言ってきた。

そうこうしてるうちに、彼は、受付で承った小さい軽い荷物1個、処理を終えて、あのイタズラっ子なカワユイやんちゃな笑顔で、私に「はい、お仕事ですよ!」っつって、その荷物を台車に置かずに直接私に手渡しでポンッと渡してきやがった。

そりゃま、作業場に持ってって片付けるのは私の第一のお仕事なんで、いいんですけどね。

彼が時々見せる、イタズラな一面も、かわいくてかわいくて大好きで//////

年下のくせに、たまに冗談でワザと生意気な態度を取ってきやがるところも、好きで、キュンとするぅぅぅぅ(*´艸`)(*´艸`)(*´艸`)

反則なんだよ、ちくしょ、コノヤロ!!!!

もう、どっちが年上で先輩なんだか分からん(爆)

確実に、彼は私よりしっかりしてるし、多分精神年齢も私よりずっと上だ。

……で、結局私は、作業場のもう半分も全部探して、あと少しで探し終わるって頃に、彼もそこに来てくれて、一緒に探したけど、案の定とうとう目当ての荷物はついぞ出てこなかった。

ま、出てこないだろうとは思っていて、「無いほうに賭ける!」なんて彼に言ったりしてたんだけどね。

後で、作業場で支店長が彼に言ってる話を、私は近くに居て聞いてしまったんだが、その支店長の話によると、結局その荷物は代品を手配したらしく、明後日に代品が届く予定になったのだそうだ。

勿論、後で担当の配達員にも話すんだろう。

だが、助手をする彼にも、支店長はキチンと話すってことは、やはり彼は支店長にもちゃんと認められてるんだねぇ。

入社して一年経たずに、ここまで仕事できるようになったんだもんなあぁ、やはり将来センター長になる男だぜ\(^o^)/

あと、私、荷物探しが終わった後、ちょっと経ってから、彼に「また何かあったら言ってね」って、つまり、いつでも私に何でも頼みなよって意味で、言ったんだけど。

そんでも彼は遠慮し続けていて、「いやいや、(私が)忙しいんで……」って言っていた。

んもう!んもう!

彼は普段、色んなことやってくれて、私を助けてくれてんだから、逆に私に何か頼んでくれたって、全然いいんだよ!!

私は、彼の為なら、私にできることは何だってやるんだから!!

彼の頼みなら決して断らないわ。

でも彼は絶対私に頼らないんだよねぇ。

というか他の人にも頼らないよな。

まー職場内で彼が一番年下なんだから、そりゃ頼み事もしづらいかもしれんが。

だが、アシストである私くらいには、気軽に頼ってくれていいのに。

いつか、そのことを、もっと強く詳しく彼に伝えたい……と思ってるんだが、なかなか上手く言えぬな。

とにかく彼がいい子すぎて、目が眩む。いつも。

……という今日でした。

忙しくても幸せだた♪