日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

14564  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


今日は、昨日よりは若干マシかな!?

でもみんな大変なのは大変だけど。

昨日大量の荷物が作業場に残ってることに気付かなかった配達員は、今日も出勤で、この人が今日一番修羅場ってる感じだった(^_^;)

そりゃ昨日あんだけ残ってたんだから、今日も超絶大変だよねぇぇえ!!

で、その配達員に、昼間、「俺の荷物、あと他にどこかに残ってたりしないよね?無いよね?」って、念入りに訊かれた(笑)

いや笑い事じゃないんだけどもさ。

今日はもうホント抜かりなく配達しきゃなんないもんねぇえ。

私も、作業場の荷物が多くて、誰担当の荷物がどこに置いてあるかって、全ては把握しきれてないんだよ。

でも、配達員と一緒に、作業場内を見回って、残りの荷物が無いか確認してあげた。

で、もう無いから大丈夫かなーと思ってたんだが、それから私が他の作業をやり始めたら、ふと目の前に、その配達員の担当地域の荷物があるのに気が付いた!!

うおおおおお、、もしやコレもそうなんじゃね!?って思って、慌てて配達員呼びに行って、教えてあげた。

ふぅ、もうホントに、7月と12月はひっちゃかめっちゃかで修羅場で、ゼェゼェヒィヒィですぅぅうう!!!!

でも今日は、昼間から彼と話す機会がちょっとありましてね。

また昼の発送終わってから、彼が発送する荷物を抱えて作業場ウロウロしてたから、私もう、何も言葉を交わさなくても、すぐに彼が何してんのか察して、挨拶とかそんな余計な言葉無しにいきなり「○○くん、発送の荷物はそこのパレットボックスに突っ込んどいて!!」って言った。

彼も今回は「すみません」とか「申し訳無いです」とかの余計な言葉は無しに、素直に「了解でーす」って言って、荷物を私の指定したボックスに置いてってくれた。

うんうん、それでいい、それでいいよおおお(*^^*)

で、その後私が色々と作業してたらさ、なんとまた、彼が発送する荷物を持ってやって来た!!

今度は、小さな封筒系の荷物ばっか。

目ざとく気が付いた私は、また彼に駆け寄って、「私片付けるから」って言って、彼から荷物を受け取りました。

そしたらね、そしたらね、彼ね、「無理しないで……」って言ってくれたんだよおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!

はああああああああΣ(*゜Д゜*)

私、もーー嬉しくて嬉しくて、優しい声で「大丈夫だよ。全然無理してないから大丈夫。ありがとう(*^^*)」って、心から彼に言いました。

そんな、ね、私に「無理しないで」なんて言ってくれる人、ウチの会社で彼だけだから!!!!

はあっ、はあっ、もう、彼に心配してもらって気遣ってもらって、超っっっ嬉しくて感激!!!!

彼のこの一言で、今日の仕事は超頑張れるって思いました。

だから今日の私はとても元気でぇす(^q^)


あと、仕事中に私が「支店長帰っちゃったんだよ」って彼に言ったら、彼は「もう(どうでも)いいです」って投げやりな感じで言ったんだよ(笑)

あーあ、彼、完全に支店長に愛想つかしてんね(^o^;)

まあ私も、支店長のことはどうでもいいんだけどさぁ、しかしさ、発送作業の人手の数がね、少ないのは困るので、発送時は支店長が居て下さらないと、大変なんだよ……。

彼がずっと作業場に居てくれるなら、それこそ支店長は居なくても何でもいいんだけど。

で、彼、今日はね、午後からも集配に行かせてもらえるように、先輩配達員が支店長にお願いしてくれたんだって!!

この話、彼からいきなり私に話してくれたんだ。

私は、午後も彼が受付に居なかったことは、確かに気になったけど、でも彼にそのことを私から聞いてみたりとかは、しなかった。

んでも、彼からしゃべってくれたのねん♪

ああ、本当に彼は先輩配達員からかわいがられてるな!

まぁ今日はかなり配達員が修羅場だったから、配達員も切実に彼を必要としていたのだろう。

彼を午後も集配に行かせるよう、彼と同乗の配達員が、支店長にお願いしてくれたのだそうな。

そっかぁ、良かったねぇ(*^^*)

支店長は、しぶしぶ……、本っ当に、しぶしぶ、了承したらしい。

だいぶ苦い顔してたんだろうか?

ちょ、そんっなに彼に受付やらせたいわけ!?

何のためにお歳暮商戦期の臨時バイトを雇ってるんだよ!?

ああ、だから支店長は昼間受付やってたのかー、と納得。

彼に「昼間支店長受付やってたよ」って教えてあげた。

彼は「支店長が受付やるのが当たり前ですよね」って、私や事務員が普段から思ってるのと同じことを言ってて、あー、やっぱり彼もそう思ってんだなぁって思った。

ま、そりゃそうだよね。

私は首を大きく縦に振って、彼に激しく同意しました!!

まったくだよホント!!

支店長が受付やれば、配達員の彼を受付に回さなくてもいいじゃん。

私は本当は、彼が社内に居てくれると嬉しいけど、彼の為を想うと、やっぱり配達員として配達員の仕事を毎日存分にやれるほうがいいし、そうあるべきだ。

自分は寂しくても、少しでも彼の為を想っていたい……。

あと、最終発送が終わった後に、作業場を女の子と一緒に整理していたらさ、なんか、ある地域の荷物が、やたら沢山残されてることに気付いたの。

今日は物量が多い日だから、夜になってもいつもより多くの荷物が作業場に残されてるのは、ま、しょうがないなとは思う。

けど、配達員は、夕方に帰社してから、夜に配達する荷物を原則全てトラックに積み込んで、夜間の集配に出掛けて、その日最後の集配業務をやってくるんです。

だからなぁ、最終発送後の時間に、荷物がそうてんこ盛りに残されてるのって、おかしいんですよ。不自然なんですよ。

でも今日は、ある地域の荷物だけ、昼間と変わらないくらいの数量がごっそり作業場に残ってたんです。

まあ、当日配達する荷物は、各担当の配達員がそれぞれ責任持って管理しなきゃなんないから、私がいちいち気にしなきゃならないってことは無いんだけど。

でも、それでも、あまりにも尋常じゃない数の荷物がごっそり作業場に残ってたんでぇぇ、やっぱり私は気にしちゃって、彼に相談してみたんだ。

彼は、助手っていう立場ではあるけれど、もう一人前の配達員並みに色んなこと分かってるので、一人前の配達員にするべきなレベルの話でもだいたい彼にも通じちゃうのね。

だからもう、私は配達員の仕事に関することは、彼に平気で質問したり相談したり、しちゃってるんだ。普段から。

で、今日、最終発送が終わった後も、彼はなんだかずっと作業場に居て、帰社してきた別なグループの先輩配達員と何かやったり話したりしてた。

そのうち彼はまた一人になって、尚も作業場に居たのでぇ。

私、彼に話し掛けて、ある地域の荷物が、尋常じゃないくらいいっぱい残ってるけど、これはいったい何なんだろうと、相談してみたよ。

彼は、その荷物の山を見て……、これはやっぱり今日配達しなきゃなんない荷物だけど、おそらく、担当の配達員が気付いてなくて、トラックにごっそり積まれないままに夜の集配に出てしまったのだろうというようなことを言っていた。

今日は物量多すぎて異常な日だったから、配達員もだいぶテンパってたのだろうな。

で、彼、すぐに担当の配達員に電話で連絡してくれた。

私は、それから女の子を退勤させたりとか、してたんだけど、再び作業場に出た時に、彼に「どうだった?」と訊いてみた。

そしたら彼は、担当の配達員は既に60件以上もの荷物を抱えていて、もうどうにもならんので、作業場に残ってる荷物はもう明日に回すことにしたのだと、教えてくれた。

夜7時をとうに過ぎて、まだ60件も配達する荷物が残ってるって、ちょ、まっじ修羅場すぎるあ!!!!

ただ、配達員は、やっぱり彼が電話するまで、作業場にそんなに荷物が残ってることは気付いていなかったらしい。

で、彼、作業場に残ってるその荷物の山は、「明日配達の荷物のところにしまって下さい」って言う。

でも、すーげぇ数あったから、私は、「てか、このままここに置いてっていい?」って彼に言ってみた。

いや明日の荷物を置いてあるところに、一緒にまとめてほしいのなら、私は当然そう致しますが、しかし、この量なら、このまんま置きっぱにしても、明日の朝の作業員の人達にはちゃんと目について、明日のトラックに積み込んでくれると思うんだよな。

彼は「あ、いいですよいいですよ」って二つ返事。

だから私は、荷物の山を、そのままそこに置いたままにしてきた。

ただ、彼が隣にあるパレットボックスを見て、何かしようとしたから、私「ん?何かする?何かするなら手伝うよ!」って、もう、彼の為に何かできる事があるなら何でもしたいと思って、めっちゃテンションのりのり♪で、彼に申し出た。

そしたら彼は、隣のボックスの荷物も、件の積み残しの荷物のところにまとめて置きたいと言うので、私は彼を手伝って、荷物をまとめた。

まあ、ね、ホント彼が作業場に居てくれて良かったよ!!

彼が居てくれたから、私は彼に相談できたし、彼から配達員に連絡してもらえたし、本当に彼が居て良かったああああああ!!!!

だーかーら、支店長居なくても、彼が居れば、ウチの店舗は安泰なのよっ(笑)

それから程なくして彼はさっさと退勤したようで、私が気付いた時には、彼の、職員駐車場のほうに歩いていく後ろ姿が遠目に見えた。

彼、退勤するときは私に挨拶してくれなかったのか……(泣)

まぁ私に挨拶する義務などどこにも無いけどぉっ!!

私は、どんどん小さくなってく彼の背中を、黙って寂しく見送るしかなかった……。

でも、何だかんだ今日も彼と少しお話することができたから、良かったんだ。

で、今日も微かにいい匂いがした彼だったああああああああ!!!!(爆)

香水とかそういうのの匂いって、私は好きくないのだが、彼のは超好きだああああああああああっっっすいませんっっっm(_ _)m


休憩明けて、しばらく女の子と作業をしてたらさ。

支店長が、作業場の私のところにやって来て、「俺帰る」と言い出した!!

理由は、自宅の冷蔵庫が壊れたと奥様から電話があり、今から新しい冷蔵庫を買いに行かなきゃいけないから、だと。

はあああああああああ!?(゜Д゜#)

で、私に最終発送をよろしくと、大型トラックの荷台に誰かに乗ってもらえと、隣の店舗に電話する必要があるかもと、簡単な指示を私に言い残して、お帰りになったよおおお!!!!

っちょ、このクソ忙しい時にぃぃいいいいいい!!!!

まぁ今日は女の子いたから、いいけどさあ。

女の子が色々頑張ってくれたから、私はまだ今日は何とかなったよ。

配達員の配達する荷物がクッソ多くて、いつまでも残っていたので、作業場の整理はちょっとビミョウだったけどー。

でも、男の子がいたら、もっと楽だったのにな。

やっぱ彼を外に呼ぶわけにもいかないし。

今日は、忙しいから彼は午後も集配に行くことになったのかなーと思っていたら、6時頃になって受付に姿が見えたので、ちとビックリ。

6時から受付ということは、やはり午後は集配に行って、夕方帰社して、夜の集配には行かなかったということだろうと思ったが。

しっかし6時とは随分遅いな。

通常なら、5時ちょっと過ぎに帰社して、5時半くらいには受付入れる。

でも12月は特別な時期だし、特に今日は配達員の皆様が修羅場りまくってたので、きっと彼の帰社もだいぶ遅かったのだと思う。

そういや彼が帰社したの全然気が付かなかったわ。

荷下ろしも、彼やってなかった……んじゃね!?

なんか、やっぱりそうとう忙しかったのかな。

あと、帰社して荷下ろしが終わった後も、夜の集配の準備やら何やらで配達員は色々と忙しいし、多分彼もそういう配達員の作業まで手伝って、そこまで終わってから受付に入るから、だから彼は帰社してすぐに受付をやり始めるわけではない。

そりゃ彼も配達員なのだから、配達員の仕事を最後までやるのは、理にかなっている。

先輩配達員の、夜の集配の準備まで、きっちり手伝うのは、配達員として当然。

本当は、彼が帰社したら、なるべく早く受付に入ってほしいところだとは強く思うが、でも配達員である彼にそんな身勝手なことを望んではいけないのだ。

で、彼の配達員としての仕事が全て終わったのが、6時なのか……と思うと、本当に今日は配達員クソ超絶大変だったんだろうな。

うわぁぁ!

そして、午後、彼がいない受付の穴を埋めるために、支店長が珍しく受付しばらくやってたのかな!?

んまあ本当は毎日支店長がやるべきなんだよね。

配達員の彼を、こんなに毎日毎日受付やらせるって、おかしいんだよ!!

私は嬉しいけど←

でも彼にとっては良くないことだと思うと、手放しで喜べないよねぇ(´・ω・`)

配達員として仕事するなら、まだ作業場で私のヘルプをさせるほうが、理にかなってると思うよ。

私が作業場でしてる作業は、本来配達員がやる仕事だからね。

あー、ホンット彼に私の仕事を手伝わせたい!!!!

そんで、今日はとりあえず夜の受付は、バイトも含めて数人スタッフがいた。

なので。

作業場は、男の子いない、支店長も退勤しちまったで、最終発送の作業をする人手が、私と女の子だけでは、ちとキツい……から、彼の手を借りたいなーと、また私は思ってしまった。

んで、最終発送までまだしばらく時間があるって時に、つい、受付の扉のところで彼に、「○○くんさぁ、」って彼に呼び掛けてしまった。

彼は「はい」って返事してくれたけど。

が、私はまた彼に甘えちゃうのは悪いなっと思って、とっさに「何でもない」って答えた(^o^;)

何でもないって何だよ、私ちょっと変な人だよね!!(笑)

んでも、やっぱり「何でもない」で終わらせるのは、なんか気持ち悪かったんで、すぐに私「いやー、もし(受付に)お客さんがいないようだったら……、発送を手伝ってほしいなぁ……」って、結局正直に彼に言ってしまいました!!!!

彼は「やりますよ、様子見て……」と言ってくれた。

そりゃね、受付が混んでたら、私は無理に彼を作業場に呼んだりしないよ!

もしも、お客さんが全然いなくて受付暇そうだったら、彼には作業場のほうに来てほしいなあって思ったの!

いや今日は支店長いないからさあ、フォークリフトは大型トラックのドライバーさんがやってくれることになる。

そうすると、トラックの荷台に誰か一人乗っかってもらって、リフトで積まれたパレットボックスを荷台の奥まで寄せる作業を、やってもらわないといけないんだよね。

これを、まあ私がやってもいいんだが、そしたら作業場でパレットボックスをリフトの近くまで引いてくるのを、女の子一人にやらせなければならなくなる。

10数本もある、重たいパレットボックスを全部、女の子一人が引いてくんのは、ちょっとキツいかなと思う……。

やっぱり発送作業てのは、人数が何人もいたほうがいいんだよ!!

で、だから作業場では私と女の子がリフトのところまでボックスを引いてきて、トラックの荷台には彼が乗ってくれると、とても助かるのよね。

で、実際、最終発送の大型トラックが来たら、ドライバーさんには「支店長は?」と訊かれたし、「荷台に誰か乗ってくれ」とも言われたよ。

そんで私、受付に、彼の様子を見に行ったよねえ。

幸い受付は客はいなかったけど、彼は端末を持って、処理作業中。

私はちょっと焦ったが、彼に、その処理が終わったら作業場に来てくれるようにお願いした。

彼は快く了承してくれて。

やがて作業場に出てきてくれたから、私は「荷台に乗って!荷台に!」って彼に指示。

彼は、おそらく作業場でボックスを引く手伝いをするつもりでいたのか……、私の指示を理解するまでにホンの少しの間を置いて、それからすぐ合点のいった様子で、トラックにサッと走って行ってくれた。

おかげで、今日の発送は、支店長いなくてもスムーズにできました♪

やっぱり彼が居てくれると、とってもありがたいな(*´∀`*)

結局今日も彼に甘えちゃったけど……、発送作業は配達員の仕事のひとつだから、まあ彼に頼んでも、いいっちゃいいことなんだよね!?

もしも彼が事務員とかだったら、私は彼に発送作業を頼んだりはしないよ!!

は〜、要するに、支店長いなくても、彼さえいれば、ウチの店舗は安泰なのです\(^o^)/

それにしても今日は本当に配達員が異常に修羅場りまくってる日でした!!


うへ。

彼は夕方から受付でした。

夕方つっても、6時くらいから受付に入ったと思うけど……。

今日は配達員がむっちゃくちゃ修羅場りすぎてました!!


たまにはせっかくのテレビを活用してみようかと、電源入れて、色んなチャンネル回してみたが……、この時間て面白い番組が無い件( ̄▽ ̄;)

ニュースも、つまらん話題ばっか。

ドラマの再放送は興味無いし。

やっぱ私にはアニメ専門チャンネルが無いと、ダメだな(笑)