日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

14573  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


学バサ観たよー!

ツッコミどころ満載でワロタ。

オクラ様が、本家のアイジー版と全然見た目が違うから、一瞬誰だか分かんなかった。

でも中原さんのお声で、ああ元就かコレって分かった。

やっぱりブレベじゃなくてアイジー制作のほうが良かったんじゃないかなぁ。

前田けーじは本家で幸村寄りなんだっけ!?

バットで打ってる小十郎のワンカットが、めったくっそカッコよくてビックリしましたΣ(*゜Д゜*)

小十郎って、ま、いつもカッコいいけど、たまーにクソ萌え死ねるほどべらぼうにカッコいい瞬間がありますよね。

さて私は、学バサの政宗様はちょっとビミョウかなと、キービジュ見た時点で思ったけど、実際にオンエア(の録画)を観たら、やっぱり学バサでも政宗様が一番かなと思いました(^q^)

顔は、そりゃアイジー版が良いに決まってるし、うん、学バサのはホントにビミョウなんだけど、でも中井ヴォイスのヤバさと筆頭英語にキュンキュンで、やっぱ政宗様最高(*´艸`)とか思ってしまいました!!

なんっか、男にキュンキュンしたの久しぶりで、やっぱり私は二次元好きだなあ、二次元は良いなあと、思うね(笑)

最近まじで二次元から離れていたから、本当に久しぶりにこんなキュンキュンした。

テレビでアニメを楽しんだのも、久しぶりだったね。

まだ私は二次元を楽しめる!

二次元を好きでいられる!

自分の生き甲斐、自分の心の拠り所、自分の最大の趣味が、まだ自分の中から失われていなくて、本当に良かった!!!!

ただ学バサは完全にギャグなようなので、ちょっと嫌なところもあるけど……しかし、あのBASARAのパラレルなので、ギャグでもまあイケるな。

キャラみんな大好きだし。

予告が無いから、次回どんな話なんだか分かんないけど、次回も楽しみでぇす♪


今日は、新しい毛布と靴下と下着と通勤用バッグを買いました。

秋冬の洋服も欲しいなあ。

滅多に服を買わない私は、何年も同じ服を着ている(^_^;)


あと、最終発送ん時に、彼、私よりも要領が良くて、私が気にしてない事でも彼がよく気にかけてくれて、色々やってくれて、なんか、良かった。

発送作業は基本私がやってるから、何の問題も無いけど、彼は気になったのか作業場に出てきて、色々細かいことをやってくれたり助言してくれて。

はー、もう、私より発送作業も上手くできるわこの子。

入社一年も経ってないのに、もう私より手慣れてんじゃね!?

で、発送作業終了後、受付でゴミをまとめてた時、客いなくて、彼が手持ち無沙汰みたいな感じで居たから、私は思いきって彼に話しかけてみた!

そう、仕事の用事は無いのに、話しかけた!

「○○くん(彼)は、発送作業も手慣れてるね!」って。

ええ、まあ彼とお話がしたい下心があったのでぇ(^q^)

それとね、彼のこと、とにかく褒めれることは何でも褒めよう、褒めたい、って思ってるから。

彼にはいつも褒め言葉を伝えたい!!

彼は「そうですか……!?」って、訝しげな顔で答えてた。

けど、いいの!

それでも彼のことは、いつだって褒めるの私は!!

そんで、それから彼と発送作業のことについて、色々とお話をしてたんだけど。

うん、仕事に関係してる話だから、周りの職員に何か不審に思われることも無いし!

彼がちょっと質問してきたから、私は答えて教えてあげたり。

で、仕事の内容とはいえ、彼とのお話を楽しんでたワタクシ(^q^)

もっと話して、もちょっと彼を褒めときたいなとも思ってたんだけど、話の途中で、事務員が私に話しかけてきて、また作業場での荷物探しを頼んできたので……、せっかくの彼との貴重な会話がそこで終了してしまいました(泣)

くっそ……なんでこんな時にそんな仕事頼んでくんだよ!と、事務員を恨みましたけども。

しょうがないか……。

しかしね、なんと、そこで、私と一緒に彼も作業場に来てくれましてね!!

私が何も頼んでないのに、彼は一緒に探してくれるご様子で。

探す荷物は、早上がりだった配達員が持ち帰ってきた配達物の1つ。いや正確には2つ頼まれてたか。

でも作業場には、明日以降に配達する荷物の山ばかりで、配達員が今日持ち帰ってきた荷物などはどこにも見当たらない。

まさか明日の荷物の山の中には紛れてないよねって、その山の前に二人で突っ立って、言い合った。

で彼が、普通は早上がりの配達員が持ち帰ってた荷物は、夜の担当の配達員に引き継いで、夜の配達員がトラックに積んで集配に出るから、まあ作業場に残されてるってことは無いのだと、私に教えてくれた。

えっ、じゃあ、それを事務員に伝えてきたほうがいいかな?って私は言ったのだが、彼は「いや、それは事務員は知ってるから、多分もう夜の配達員には電話で確認してると思うんです。でもその配達員が持ってない(早上がりの配達員から引き継がれてない)って言うから、作業場を探せってことになったんだと思います」って。

へえええええええ!!

いや、さっすがだな彼!!

もう一人前の立派な配達員だよ貴方はああああああああ!!!!

私より色々詳しいこと分かってるじゃん知ってるじゃんΣ(*゜Д゜*)

私はやっぱり社内の作業員だから、社内での雑務は色々分かるが、配達員の仕事のやり方までは詳しく知らない。

で、彼は色々知ってるから、事情を考慮して、作業場にまず無いであろう荷物でも、一応作業場に来て、どこにあるのか私としばらく考えてくれたのか。

でも、絶対にここには無いよねっていう結論。

目の前には、明日の荷物しか無いもん、どう見ても。

最終的に彼「無いッス!」って言い切った!

しょうがないけど、しかし私、事務員にどう報告しようか、ちょっと困った……。

ただ「作業場には無いです」の一点張りで事務員は納得するのかどうか……うーん……と。

しかし、そんな私をよそに彼はスタスタと受付内の事務員のところに先に行って、事務員にうまく説明したらしく、で、もしかしたら前にセンター長やってた配達員が受け持ってるんじゃないかとか何とか、事務員と話し出した。

ええっ、なんかもう、私の出る幕無いというか、まるで私、用済みだった(笑)

私もうそこに居る意味無くなったから、黙ってゴミ捨てを再開したけどさ。

しっかし、彼は本当にすっかり、ベテラン配達員みたくなりよったな。

まだ一度も自分でトラックは運転してないし、一度も独りで集配に出たことは無いのに。

はぁ、もう私いなくても、社内の作業も彼がいればバッチリだし。

彼は本当にすごい。

そして、私が頼まれた荷物探しを、彼が一緒にやってくれようとして、私に色んなことを教えてくれたのが、すっごくすっごく助かったぁぁああ!!

もし、この時彼がいなかったら、私は作業場で独りオロオロしただろうな。

彼が居てくれて、彼が色々知ってたから、荷物が作業場には無いってすぐに判断できた!

あーー、本っ当に良かったよ!!

そんなこんなで、また彼に助けられた私(*´艸`)

で、勤務の最後にこうして彼としばらく一緒に居れて話もできて、あぁ、良かったわ。

今日は全然話せないと思って、昼間は悲しかったのにね。

最後に話せたから、良かった♪

帰りは、また後ろ髪引かれて帰りたくなかったんだけど、あまり気にしないようにして退勤してきました。