日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

13513  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


Freeの録画、冒頭だけ観たけど、セミの鳴き声がうるさくて、音声聞き取りにくいから、観るのやめた。

でも、マコちゃんの笑顔は癒やしだ〜〜(*´ω`*)


会社の人が夢に出てきたぁ。


それで。

今日は、彼についてはどうだったのかというと。

ええ、なんか2回会えてしまいましたね、2回♪

1回目は、いつもの夕方に。

帰社した彼が荷下ろしをしてるところに、私が受付の荷物を何個か重ねて両手で抱えて作業場に出ていって、そこで出くわした。

私は彼の姿を横目で見付けたのだが、荷物抱えてたし、ちょっと、声かけてる余裕が無くて、荷物を片付けたら挨拶しよっかなーとか思ってたら、彼のほうから「お疲れ様です」って言ってきたので、うわん////

しょうがないんで、私、荷物抱えたまんま、ちょっと苦しかったけど、ちゃんと挨拶返しました。

また彼のほうから挨拶されてしまったね(*ノωノ)

そんで、それからは、私も手が空き、その時は他の配達員の荷物も何も残ってなかったんで、はい、もっちろん私は彼の下ろした荷物の片付けをやり始めましたよーー!!

彼は2回くらいに分けて荷下ろししてたかな。

で、下ろした荷物を所定の場所にどんどん置いていくのを、彼と二人で黙々とやりました♪

ホント、この時は二人きりで作業しましたね〜!!

私、もーぅテンション上がっちゃって、すっげ気分ノリノリで作業してましたです(笑)

他の配達員の荷物だと、量が多かったり重かったりする時は私げんなりして、内心ヒーヒー言いながら何とかフラフラ作業してんですけどね。

彼の持ってきた荷物を、彼と一緒に片付けてると思うと、私めちゃくちゃヤル気出てしまって、物量はけっこう多かったのに、超張り切って動いてたわ(笑)

もう、ヒーヒー言いながらフラフラなんてしていない!!

俄然ヤル気が出まくって、普段の自分にしては珍しいくらいキビキビとパパパッと作業したわ(笑)

なにこれ、この時の自分ホントすごかった(笑)

すんげええ一生懸命やったよ!

もっ、彼と一緒に仕事してるってだけで、私は幸せだから。嬉しいから。

他の配達員の荷物の片付けも、ずっと彼とやっていたいくらい。

彼の下ろした荷物は、そこそこ物量あったから、しばらく一緒に作業してたんですが、私は例によって何も雑談せず。

話そうと思えば何でも話せる絶好の機会であることは、分かりきっていたが、私はしゃべらない。

何もしゃべらなかったが、私は心の中で上がり続けるテンションだけはどうすることもできなかったよ/(^o^)\

おかげで仕事の効率は上がったという(笑)

で、作業終わったら、彼は「ありがとうございました」って言ってくれて、ああもう私は大満足でござるよ☆☆

作業後にお礼を言ってくれる配達員は多い、というかほとんどの配達員はみんな言ってくれるので、彼が私にお礼を言ってくれるのは、別に特別なことではないのだが。

だが、彼に礼を言われるってことは、私にとってはやっぱり特別なことなのだ!!

いやーん、もう、彼は挨拶は本当にしっかりしてるよね。

社会人としての基礎はちゃんとできてる子だな。

それから、夕方は到着便が来て、配達員がみんな慌ただしく作業をして、私も慌ただしく自分の作業をして、また荷物を台の上に黙ってごそっと置いてった人がいたから、私はげんなりしながら時間かかってフラフラとそれらの荷物をどうにかこうにか片付け、その間に、いつの間にか彼の姿も無くなってるという、いつもの日常。

で、2回目に彼に会ったのはいつなのかというと、なんと……私の退勤後である!!!

私は、発送時刻間際の騒動で、すっかり心が疲れきって嫌な気分で退勤したのね。

もうホントに「やだーっ!!」て心持ちで。

で、職員通用口から外の作業場のほうに出たら、ななななんと、目の前に彼のお姿がっっっ!!!?

いや実は、彼が帰社してること自体は、私、退勤前に知っていた。

今日は支店長もいなくて、あの騒動のせいで発送作業は遅れたし、大型トラックの出発が遅くなってもうたので、私は20分くらい残業になっちまったんだよ。

いつも、私が20分くらい残業してると、配達員も何人かは夜の集配終えて帰社してくるんです。

でもね、彼の乗ったトラックはいつもそんなに早くは帰社しないから、私は残業してもまず彼に会えずに帰ることになるんですが。

今日は珍しく、彼のトラックが早く帰社したんですね!

私がゴミ捨てとか、最後の作業をしていたら、帰社してきた何人かの配達員に交じって、彼の後ろ姿を発見したの。

おおっ珍しい〜!!って思ったけどね。

私は彼に用があるわけでもないから、その後ろ姿をチラリと見かけただけで、あとはさっさと受付に戻って退勤したんですが。

しっかし、それから帰宅すべく、受付を後にして作業場に出た時にね、彼がトラックのほうを向いて何かやってたんですよおおおっっっ!!!!

職員通用口を出た私の真正面、数メートル先。

けっこうまあ私の目の前ですよね。

彼はトラックに向かって立ってて、それはつまり私から見て真横を向いて立ってることになるんですけど。

私が通用口を出たら、すぐに彼は私に気付いたみたいで、体は横(トラックのほう)を向いたまま、顔だけ私のほうに向けて、私を真っ正面から真っ直ぐに見て、「お疲れ様です」って言ってくれたのでぇぇぇす!!!!

ま、ただの退勤の挨拶ですがね。

しっかし、思いがけない出来事に私は驚きつつ嬉しくなり\(^o^)/

彼が真っ直ぐに私の顔を見てくれたことも、すっげ嬉しくて。

はぁい、私の嫌な気分は、ちょっと緩和されました!!

残念ながら、嫌な気分がパッと吹っ飛んだ、とまではいかなかったです。

そのまま彼と雑談でもすれば、私は完全に元気を取り戻したかもしれないが。

しかし私は雑談などせず、「あっ、お疲れ様でーす!お先失礼しまーす」って言って、さっさと帰路につきました。

嫌な気分はくすぶり続けてたけど……、でも思いがけず最後に彼と会えちゃったから、まぁいいか〜って自分に心の中で言いながら帰った。

だから、ま、嫌な気分は、彼によっていくらか緩和されたって感じ。

いいんだ、でも。

嫌なことのあった日の、帰りがけに、彼に会って、最後に彼の姿を見て声を聞いて会社を後にできたなんて、すごくいいじゃん(≧▽≦)

なんか最近思うけど、彼に正面から見つめられるって、すごく嬉しい。

背ぇ高いからカッコいいしなぁ。

ううーん、やっぱり彼が好き、だな。