日記みたいな呟きみたいな愚痴みたいな独り言みたいな何か



\ 好きなんです。バニラシェイク / 

14561  Thanks!!



24時間限定リアルタイム


そんで、今日も彼は出勤してたのですが。

私が受付やってた時に、扉のガラス越しに、作業場にいる彼の姿を見つけましてね。

ああ、私はまだまだ受付から離れられないし、今日は彼と挨拶もせず顔も合わせずに終わるかな、こりゃ……と、ちょっと思いました。

そのほうが、いいっちゃいいハズなのに、心の中で寂しいと思ってしまう自分がいる。

そんな自分がヤダ!

……でも、しばらくして、私が受付の台車にてんこ盛りになった荷物を作業場に持って行ったら、作業台の端っこに彼が立っていて、結局思いきり顔を合わせることになりましたね(*^^*)

お互い挨拶もしました。

で!

その時の私は、本当に忙しさに追われて泣きたいような状況だったから、つい……つい、彼に、「今日も忙しいよおおおぉぉーー(泣)」って、ちょっと甘えるような口調で言ってしまっ……た……っ!!!!

もっ、こんなことしてるから、私はいつまでも彼を忘れられないんじゃん!Σ( ̄□ ̄;)

彼は、私の気持ちを察するかのような苦笑を浮かべて、台車の荷物を作業台に移すのを手伝ってくれて。

それから、そこに私の仲良しの配達員のお姉さんが帰社してて、彼がそのお姉さんの集荷してきた荷物を片付け始めました。

本当は私が、受付を全然やんなくてよければ、そのお姉さんと少ししゃべりながら、荷下ろし手伝うところなんですがねー。

でも、お姉さんはいつも配達メインで、集荷はあんまりしないから、今日も集荷の荷物そんなには無かったぽくて、彼の作業もすぐ終わった模様。

そしたら彼はもう先輩配達員のところに行っちゃうかなー……っと思ってたら、なんと!私が受付から持ってきた荷物を片付けてたのを、彼も手伝い始めてくれまして!!

うわ〜〜、超嬉しいO(≧∇≦)O

受付の荷物の片付けまで手伝ってくれるなんて!!

はぁん、今日も私は助かりました♪

で、また1つ、うまく積み込めない大きな荷物が残っちゃって……、私が、既に積んである荷物の1つの向きをちょっと変えて、スペースを作り、残った荷物も無事にキレイに積み込むことができたのね。

そしたら彼が、「さすがですね」って。

えっ!?

ちょ……!!

さすがですね、なんて、もぉーー、彼も社会人経験を4ヶ月くらい積んで、先輩職員を立てる言い方を身に付けましたねっ(^q^)

正直こんなん全然さすがじゃないから!!(笑)

もー、何言ってくれちゃってんの、この子は。

それに、さすがなのはむしろ彼のほうであろう。

いつも、積み方が難しい荷物も、上手に見事に積み換えて、全てキレイに積み上げてくれるのは、彼である。

だから私は「いやいや全然、○○くん(彼の名前)ほどじゃないよっ!」と答えた。

彼も「いやいや……」とか何とか言いながら笑っていたけど。

嬉しい会話だよねー。

そして、全ての片付けが完了して、私は彼に「ありがとう」ってお礼を言ったんだが、今日はそれだけじゃなくて、「いつもありがとうね」とも言った。

本心から、心を込めて言いました。

いつも彼には本当に感謝してるのに、なかなかそれを伝えられないから……、今日は、少しでも伝えたくて、心から「いつもありがとうね」って言いました。

どれだけ伝わったか分からないけど、私の彼への感謝の気持ちは、できるだけ伝えたい。

いつも上手く伝えられないけど、本当はちゃんとしっかり伝えたいのだ。

私の恋心は一切伝わらなくても良いが、感謝の念は余すこと無く伝わればいいのにって思う。

彼は笑顔で「お互い様ですから」って答えてくれた。

いや、そんな……、お互い様って……、私はいつも彼に助けられてばかりで、逆に私が彼を助けることなんてあっただろうか?

私は全っ然、彼の役に立ったことなんて一度も無い、気がする……。

とても、お互い様なんかじゃないのに。

来年、彼が配達員として一人立ちしたら、私はできるだけめいっぱい、社内で私ができる作業は何でも手助けしようと思ってるけどね。

彼のためなら、何でも私は断らずにやろう!!と。

でも、私が彼のためにまだ何もできてない今から、お互い様と言われるとは……。

ま、ただの社交辞令的な受け答えをしただけかもしれないけど。

でもねー、でもねー、私と話すとき、いつも彼は屈託の無い笑顔でさ、その笑顔がとっても素敵で眩しくてかわいくて、私は彼の笑顔が好きだ。

笑顔そのものも好きだし、あと、私に笑顔を向けてくれる、ってのも好き。

他の誰より良い笑顔をしている。

この笑顔が見られるだけでも私は嬉しいんだ、すごく。

後ろ姿を見れば、カッコいいな〜って思ったり。

ああ、やっぱり私はけっこう重症なんかな!?

次に会えるのは明日か、それともお盆明けか……どっちだろう?

次に彼に会える日はいつか?って、いつも考えてしまう。

会わないほうが私は落ち着いていられて良いって、分かってるのに、それでも毎日彼に会いたいんだ……。

明日は会えるのかどうか?気にしながら私は今夜も静かに彼を想って過ごす。

あの笑顔は忘れられないなあ〜(*´∀`*)


はい、今日のお仕事は!

私、そこそこ受付やってたわー。

バイトさんが昨日も今日も休みで、はぁ!?どーなってんの!?

まさか、また辞めちまったんじゃねーだろーな!?

と思って、事務員に聞いてみたところ、バイトさんは今日はシフト上休みになってるのだが、昨日は本当は出勤で、でも台風で出社しづらかったら無理して来なくていいよって別な事務員が連絡したらしい。

はぁああああ!?

ただでさえ人手が足りてない受付の状況、事務員は一番分かりきってるだろうが!!

台風だろうが何だろうが、他の職員はみーんな頑張って出社してんのに、そのバイトさんだけ、なんでそんな待遇なの?

私だって、台風で休んでいいんなら休みたかったわ!!

でもどんなにユウウツでも億劫でも、仕事は行かにゃならんから、頑張って出勤してんだよ!!

で、今日はバイトさん休みの分、私がけっこう受付やんなきゃなんなくなった。

昨日は割と事務員が頑張ってましたけどね、なんか今日は色々と忙しくて、私も自分の仕事が相変わらず沢山あって忙しいっつのに、受付にしばらくかかりっきりだったってばよ。

それでも、自分の仕事も何とかこなしてるんだからね、私ちょー頑張ってっぺよ!!

でも事務員も、それぞれの仕事がある中で、受付の接客も並行してやってるわけで、私だけが忙しいわけではないので……なんか文句も言えないよね。

事務員も忙しいって分かってるから、私も黙ってある程度は受付やります。

しかし、夕方、配達員の帰社がピークになる忙しい時間帯に、私は受付から離れられなくて、もう、外での作業はほとんど配達員にやってもらってたわ。

私がようやく受付から外の作業場に出てった時は、皆さんの荷物があらかたキレイに片付いていて、なんか……作業場が一番忙しい時に私が全然作業場にいられなかったのが申し訳なかったな。

とはいえ、荷物を片付ける作業って、確かに私の仕事ではあるが、本当は配達員もみんなでやる仕事なので……、まぁ、いいかな。

私は、受付で接客もまあまあやって、あと、受付での処理が終わった荷物を作業場に出すので精一杯……だった気がする。今日は。

配達員が集荷してきた荷物までは、ちょっと、手が回らなかった……かなぁ。

いや、それでも、できるだけは私が率先してやったけどね。

夕方のピーク時になる前は、2〜3人くらい先に帰社した配達員には、私から声をかけて、ちゃんと荷物の片付けをやりましたよ。

今日、支店長がいつの間にかいなくなってて、夜も戻らなくて、だから余計大変だったんだよ!!

そんで、最終発送の時間になっても、受付の荷物が全然、処理が追い付かなくて、いっや、今日の発送業務は地獄だったね!!!!

発送時刻になっても、全っ然、受付の荷物の処理終わっていない。

私は今日は、デカイ水槽の荷物に緩衝材を巻き付ける梱包作業も頼まれていたから、余計に大変で、ホント、受付の荷物が何時になっても捌ききれなくて、とうとう大型トラックのドライバーがイライラし始めた。

私は受付から離れられなくて、作業場での発送作業はほとんど大型のドライバーさんにやってもらってしまい……。

更に、発送時刻をとうに過ぎて、どうやら最後は、帰社してた配達員が作業手伝ってたっぽい。

つうか、今日はさ、台風の影響なのか何なのか、発送時刻前に何人かの配達員は帰社してきたんだよ!

いつもよりだいぶ早い帰社だよねぇ。

そしたらさぁ、この受付の状況、みんな目にしてんだからさぁ、ちょっとくらい作業手伝ってくれても良くない!?

配達員みんな、誰も受付手伝おうとしない!

私が外で一生懸命、バカでかい重たい水槽梱包してても、誰も手を貸してくれない。

結局、大型トラックは、発送時刻を20分も過ぎてから、ようやく出発したんだよ。

20分てのは、さすがにオーバーしすぎ。

いつもは、発送遅れたとしても、せいぜい10分くらいなんだよ。

20分過ぎてもまだ出発できないってなると、そりゃドライバーもイライラするわなぁ。

それで最後の最後は多分、見かねた配達員の誰かが外で手伝ったっぽいけど。

でも、そうじゃなくてさ、もっと早い段階で、誰か手をさしのべてはくれないのかよ!?

配達員て、自分の集配が終わって帰社したら、それで仕事終わりなん!?

社内で、受付とかで、大変な状況になってたら、それ手伝おうって気持ちは無いの!?

同じ会社、同じ店舗の、職員なのに……。

私はいつも、配達員と事務員両方の手助けをしてるのに……。

前は、最終発送の作業は、配達員みんなで協力してやってたのに。

でも私が勤務時間をズラして、夕方の勤務になって、最終発送業務も私ができるようになってからは、配達員全員が夜の集配に出ちゃって、誰一人発送業をやらなくなった。

たまに早く帰社した配達員も、受付も発送業務も一切手伝わずに、さっさと帰る。

なんなの、なんでこうなったの?

そりゃ、私が夕方出勤して、夜の最終発送をできるようになったから、配達員がみんな気がね無く夜の集配に出掛けられるようになったってのは分かる。

配達員がみんな夜の集配に出られるようにするために、私が最終発送業務を一手に引き受けることになった、ようなものなのだ。

でもさー、でもさー、早く帰社できた配達員はさー、社内で発送業務手伝ってくれてもよくねーッスか!?

受付が忙しくなければ、私も発送業はスムーズにできるし、配達員もさっさと退勤してくれてもいいけど。

受付が忙しい時くらいは、配達員にも手伝ってほしいよー!!

何なんだろ、配達員は集配終わり次第さっさと退勤しろと言われているのかな!?言われてるかもしれない。

でもホント、今日みたいな日は悲惨すぎる。

大型トラックのドライバーはイライラしていたが、後で、ウチの店舗の配達員までもが「発送時刻20分も過ぎて、マズイよ。受付は締切時刻で切れないのか?」って、私に言ってきたし……。

なんで配達員にまで苦言を言われなきゃならんの私!?

受付はちゃんと締切時刻で、客の受付を切ってるし、それでも処理追い付かないんだから……配達員のあなた方が、もう少し手伝ってくれてもいいんじゃないの!って私は言いたくても言えない。

私は配達員に物申せる立場ではないから。

でも私だってクソ頑張って仕事してるし、自分に落ち度があったとは思ってないから、配達員には「申し訳ありません」なんて謝ることはせず、「そうですね」「マズイですね」って淡々と短く相槌を打っとくだけにした。

もーっ、とにかく今日は地獄すぎて悲惨だったってば!!

仕事終わってから、ケータイ開いて、待受のテツヤが目に入ってきたら、なんか癒やされたけどねぇ。

やっぱり私を癒やしてくれるのはテツヤだ!!と思いました。

はぁぁあーー、ホンットに嫌気がさすよぉ、この仕事。

でも辞めるわけにはいかないから頑張るけどね。

さて、そして、大事な彼のことについては、また別記事にて書きます☆ミ


今日の仕事は悲惨だったーー!!

人手が無いって本当に嫌だ!!

これ明らかに人手足りてないよおおお!!!!


んん、やっぱりテツヤを待受にしたら、いくらか効果はあったかも!

ケータイ開けると、萌え〜〜(///∇///)

これでテツヤへの萌えを忘れることはあるまい!!

で、この待受テツヤ、よく見たら鎖骨がチラリと見えてるし、私は鎖骨が大好きだから、うわぁぁ、いいねいいね〜〜!!!!

で、この鎖骨に触りたいとか、頭を撫でたいとか、特にうなじにかかってる髪のところを触りたいとか、このテツヤに抱きつきたいとか、いっそもう色んなところをぺろぺろちゅっちゅしたいとか、また変態なことを思いましたすいませんごめんなさいm(_ _)m

でもこれが通常の私!!

こんな変態なことを考えてるのが、通常運営の私なのですので!!

これでいいんです、はい(笑)

ちゃんと本来の私を、少しだけ取り戻せて、安心安心。

こんなアッフォな変態思考をしていると、心がいつも通りの平静さになって安定して、良いです。

私には、良いのです。

ふぅ。

……とは言っても、これが根本的な解決になったというわけでは全然ないので、まだまだ私は葛藤と悩みを続けますけどね。

うん、常に、心の中心にはあの彼がいて、ずっとずっと、どこで何してても彼が好きですね。

自分で、意識してもしなくても、自動的に彼を想いますね。

自分の心、自分の感情なのに、自分で制御できない。

ホントに今よくよく実感してますけど、リアルで好きになった人の存在は、二次元で好きになった人よりも、遥かに遥かに大きいですねー。

当たり前なことかもしれないけど、私にとってはちょっと当たり前ではないことだったかもしれない。

だって今まで約10年くらい、本当にリアルでの恋愛には全く興味も魅力も無くて、恋愛なんてしたいとも1ミリも思わなかったし、これからもするとは思ってなかったし、そして、約5年くらいはテツヤが好きで好きで好きで好きで好きで本当に大好きすぎる日々を送ってきたからね。

テツヤがいるだけで私は何の問題も無く、大満足だったからね。

リア充の人達と同じでしたよ、私。

私は、テツヤがいてくれてて、テツヤを想っているのが、リア充だったのよ。

だからまあー、今になって、まさかのリアル恋をしてしまったのは、色々戸惑いもあるんです。

私の当たり前が色々崩された感。

しかも相手未成年ていう!!

彼が私に向けてくれる笑顔は、デカイですよね存在が。

あー、30巻表紙のテツヤと同等じゃね!?とか、昨夜画像検索やってる時に思ったりとかしましたが。

でも、ホントこの、どうにもならないリアル恋、どうしましょうだよ!

これからどうしたらいいのか、まるで分からない。

分からないまま、ただ彼が好きでいる日々が、これからも続いていくのだろうか。

とりあえず、テツヤに少しずつでも助けてもらうかなー……とは考えてますが。

結局私はテツヤに頼ることしか、心の問題を解決する方法が思いつかんということだ。

そりゃそうだ、この5年間はずっと、何があっても、テツヤのことを考えることで、色んな嫌なことや辛いことを忘れてきたんだから。

テツヤがいれば私はいつも元気だったのだ!

も、しょうがないです!

テツヤ無しでは、万事どうしたらいいか分かりませぇんっ!!

私から二次元を無くしたら、ホント私、心が死ぬな。まったくだ!!


んで、今度はぐーぐるでテツヤの画像検索。

公式ではなく二次創作のイラストで、すっげ秀逸なやつ見つけたから、2点ほどダウンロード♪

あとは、自分のケータイのデータフォルダに入ってるテツヤ画像コレクションをもっかい眺めてみたり(^q^)

テツヤに萌えないと、私の心は死にますので、もう必死です必死(笑)

そして、コレクションの中から1枚、待受にしてしまいましたよ待受にぃぃ!!

今まで、二次元画像は、さすがに痛いので待受にはしないようにしてたんだけどね。

しかし今の私は非常事態で、もー、なりふり構ってらんないくらい深刻だからさぁ、とうとうやってしまったよ。

テツヤの公式イラストの画像をケータイの待受に。

いやっ、これでケータイ安易に他人に見せられないっ!(笑)

だがもう自分の心の健康を守るためには、何でもしないとね。

これで、私のどうにもならない気持ちが、少しでも落ち着いて楽になれれば、いいけど。